サッカー

消えた天才ストライカーアイドル級の人気も…リーグ戦出場なしで戦力外になった理由

“消えた天才”の第2の人生を追跡するTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後7・00)。
18日の放送では「スポーツ名門校No.1の天才SP」と題し、高校サッカーの名門・市立船橋の関係者が同校歴代最高と口を揃える天才ストライカーの人生に迫る。
市立船橋は全国高校選手権5回、インターハイ9回の優勝を誇り、最多79名のプロサッカー選手を輩出している名門。
数多くの名選手を送り出す同校において、歴代No.1と評されるストライカーが存在する。
その天才選手は1994年の全国高校選手権・決勝でハットトリックを達成。計8得点で大会得点王に輝いた。
当時は「(バレンタインの)チョコレートは段ボール5箱が山積み」とアイドル並みの人気を誇り、鳴り物入りでJリーグに入団した。
ところが、日本サッカー界を背負うと思われていたにもかかわらず、日本代表に選ばれるどころか、リーグ戦に1試合も出場することもなく、わずか2年で戦力外通告。
そのまま表舞台から姿を消した。
なぜ、天才ストライカーは消えたのか―。サッカーへの情熱を失った裏には、大物ルーキーとしての苦悩が存在した。
番組では本人がプロ入り後に「モチベーションが完全に無くなった」理由を激白。
サッカーへの思いが再燃した“事件”についても明かす。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000068-spnannex-socc
11/17(土) 12:00配信

第73回全国高校サッカー 市立船橋、選手権初制覇

続きを読む

FIFAの新ルール提案にドイツからは反対の声!一部のルールには受け入れる動きも


FIFA技術開発部門のチーフオフィサーであり、元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステンが提案したサッカーの新ルールについてドイツの関係者は否定的な反応を見せている。
ファン・バステンは先日、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』の独占インタビューで『オフサイドの廃止』や『PKではなくシュートアウト』といった新ルールを提案した。革新的とも言えるアイディアだが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督をはじめ、バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督など“新ルール”を前向きに受け取る関係者は多くない。
今シーズン、ブンデスリーガで旋風を巻き起こしているラルフ・ハーゼンヒュットル監督は一部のルールに賛成の意を示しながら、オフサイド廃止には反対としている。
「一定時間の退場はアイディアの中で唯一良いものかもしれない。カウンターが意図的にファウルで防がれたら、イエローカードより5分間の退場のほうが有効だ」
「サッカーでは多くのことや戦術がオフサイドに依存しているので、大きな変化をもたらすことになってしまう」
また、ボルシア・メンヒェングラッドバッハのマックス・エーベルSDも「FIFAは多くのクレバーなアイディアを持っているが、オフサイドなしのサッカーはちょっと想像できないね」と語っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00010001-goal-socc

続きを読む