サッカー

日本代表選手に中国リーグ移籍禁止令!?「中国サッカーを見下すというのは…」


2016年11月24日、日本メディアが報じた本田圭佑に関する記事が中国でも報じられ、中国のサッカーファンがコメントを寄せている。
日本メディアは先日、所属クラブのACミランで出場機会を得られていない本田に対して、日本代表のハリルホジッチ監督が欧州残留を求めたと報じた。監督は出場できるクラブへの移籍を促したものの、米メジャーリーグサッカー(MLS)や中国スーパーリーグなど、欧州以外のリーグでプレーすることには「クオリティーが維持できない」ことを理由に強く反対したという。本田にはMLSの複数のクラブからオファーがあったほか、中国の上海上港も獲得に興味を持っているとの情報も出ていた。
中国の小メディアはこれについて、「すべての日本代表選手に中国スーパーリーグへの移籍を禁止。彼にとって中国リーグはレベルが低く、選手の成長につながらない上、中国のサッカーは落ちぶれていて日本との差は大きい」といささか誇張して報じ、さらに「日本代表監督が中国を重視していないことは容易に見て取れ、見下しているともいえる態度だ」と指摘した。一方で、先日行われた15歳以下の大会で日本のコンサドーレ札幌が中国のクラブを相手に9-1で圧勝したことに触れ、「不満ではあるが確かに日本との差は大きい」とも伝えた。
これについて、中国のサッカーファンからは「ACL(アジアチャンピオンズリーグ)で優勝してから言え!」といった批判の声がある一方、「中国サッカーを見下すというのは正しいことだ」「はっきり言って、中国がこんなサッカーやってるのが恥ずかしい」「中国サッカーは確かにひどい。後れていることは認めないといけない。特にサッカー協会は」「やはり実力で勝負しよう。反論しても意味がない」といった声も少なくない。中国では腐敗などでサッカー協会に対する批判の声が根強く、一向にレベルの上がらない男子代表に対しても厳しい見方が大勢を占めている。(翻訳・編集/北田)
http://www.recordchina.co.jp/a155903.html

続きを読む

「今は中国で仕事をしているが、私の心の中には、いつも日本が息づいている」byストイコビッチ


──中国での日々はいかがですか?
「とても満足している。仕事も、環境もいい。広州はとてもモダンな都市だ。気候がよくて、緑や花も多く好感が持てる。中国に対して私と異なる印象を持っている人もいるが、それは実際に来たことがないからだと思う。中国はポジティブに変わっているよ」
──サッカーに関しては?
「私が来たときには、すでにサッカーへの巨額投資が始まっていた。彼らは本気でチームを強くしようとしていて、年々レベルは高まっている」
──日本のサッカーは今もフォローしていますか?
「もちろん。名古屋はここ何年か苦しんでいるようだが、今年は大きなことを成し遂げるかもしれない。名古屋で一緒にプレーしていた、大岩剛監督が鹿島を率いてACLを制したこともすごくうれしかった。
それから、川崎は実に興味深いスタイルで、見事にJ1連覇を果たしたね」
──日本代表については?
「アジア杯決勝でカタールに敗れたが、ハンドでPKが与えられるなどアンラッキーだった。カタールがいいサッカーを披露し、驚きを提供したのは事実だ。しかし決勝で日本が敗れたのは、それほど悲観すべきことではない。
若い選手の多いチームだったが、可能性を見せた。日本のスタイルは私好みだ。高い技術をベースに、スピード、知性、連係を駆使して相手を崩していく。アジア杯での彼らの出来には賛否両論あるだろう。
ただ私は、若い日本にとって、準優勝は胸を張れるものだと思う」
──確かに日本代表は、ロシアW杯を終えてから世代交代を迎えています。
「なかなか簡単にはいかないものだけど、今の日本代表は前向きにそれを進めているように見える。あくまでこれは私の個人的な見解だが、例えば中国では、ほとんどの人が今のことしか考えていない。
しかし日本のサッカー界は長期的な展望に立ち、未来を見据えているね」
──長年住んだ日本のことは恋しくなりますか?
「ああ、ものすごく。日本は私の第二の故郷だ。現役時代に美しい時間を過ごし、監督としては名古屋に史上唯一のリーグ優勝をもたらすことができた。すべてが素晴らしい経験だ。日本の文化を知れたのは、自分の人生にとって非常に大きなものとなった」
──最も恋しいものは?
「すべてだね。食事、人々、彼らの行ない、落ち着いた生活……。今は中国で仕事をしているが、私の心の中には、いつも日本が息づいている。その思い出は絶対に忘れることはない。いずれまた、日本に戻りたいよ」
──あなたの帰りを待っているファンもたくさんいます。
「それは、私と日本のファンが常に心を通わせ、互いを理解し、リスペクトしていたからだと思う。現役時代の私は、プロのフットボーラーとして『観戦しているファンに、いかに楽しんでもらおうか』と、いつも考えていたんだ。
私がそう思い、実際にプレーすることでサポーターは喜び、心が通じ合う。彼らがどれほどサッカーに情熱を傾けているかも知っているよ」
──今でも、ベンチ前からボレーシュートを蹴ろうと思うことはありますか?
「いや、もうやらないよ。あのときも、とっさに体が動いたんだ。結果的に信じられない”ゴール”を決めてしまったわけだけど(笑)。
正直、私はボールを大きく返そうとしただけなんだ。あのシーンの前に、われわれは大きなチャンスを逃していた。選手がクロスボールにボレーを合わせられなくてね。
それが私には簡単なシュートに見え、なぜ外したのか理解できなかった。そんなことを考えているところにボールがやって来たから、『ボレーはこうやって打つんだよ』と教えようとしたのかもしれない」
──話を日本代表に戻しますが、彼らがさらに成長していくには何が必要でしょうか?
「どこかのマネをする必要はない。日本人のサッカーを突き詰めていくべきだ。日本には独自のスタイルがあると私は思う。スペイン、ドイツ、ブラジルなど、どこの模倣もしなくていい。
日本には優れた環境があり、選手は幼少期からしっかりと指導を受けている。Jリーグも成熟していて、そこから欧州に巣立っていった選手たちは数え切れない。それは長期的な成功であり、今後もアイデンティティを失わずにいてもらいたいね」
3/20(水) 6:10配信 週プレニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-01084460-playboyz-socc&p=1

続きを読む

スカパー!の新たな試み・・・24時間サッカー専門のチャンネルが新生開局


スカパー!メディアラウンドテーブルが3日(金)に行われ、小牧次郎専務が登壇。4日(土)に新生開局する24時間サッカー専門のチャンネル『スカサカ!』の特別番組に出演する水沼貴史さん、日比野真理さんと共にトークセッションを行った。
そのトークセッションでは、2001年のコンフェデレーションズカップからスカパー!で解説者を務めてきた水沼さんの裏話を、当時プロデューサーだった小牧専務が暴露。
小牧専務が、「水沼さんが番組に出演した初日に、いきなり言った言葉が『なげぇーよ』だった(笑) 試合開始の1時間前からしゃべって、終わってからも誰もいないスタジアムで延々としゃべってもらった。すっごい怒っていて(笑)」と明かすと、水沼さんも苦笑いしながら、「他の放送局だと、こっからここまでで収めてくださいとなる。それに慣れていたのでね」と釈明した。
その一方で、「今は語るという部分ではそれが一番楽しかったりしますよね。」と話し、1999年からピッチレポーターや司会を務めてきた日々野真理さんも「(放送が)終わった後も皆が残って話をしていた。そのとき、サッカーの語る楽しさを知った」と、サッカーには“観る”“やる”以外の魅力があることを強調。
また、水沼さんは翌日に控えた『スパサカ!』の新生開局を前に、「(番組では)多くの人がサッカーをああでもないこうでもないと語ると思う。それがぶつかり合って、“日本のサッカーが良くなるためには”とか、“選手が成長するためには”とか、日本のサッカーを良くするというのが土台にあるので、そこを大切にしていきたい」との思いを語った。
新生開局記念の特別番組『スカサカ!新生開局記念特番 スカサカだよ!全員集合!~日本サッカーの未来 激論トークSP~』は、4日(土)の20時から3時間にわたって生放送。なお、4日20時から32時間は無料で『スカサカ!』を視聴できる。
<MC>
西岡明彦、日々野真理
<スタジオゲスト(スカサカ!イレブン)>
原博実、金田喜稔、川勝良一、水沼貴史、都並敏史、福田正博、山口素弘、鈴木隆行、後藤健生、平畠啓史、北条聡
<スペシャルゲスト(VTR)>
岡田武史、倉敷保雄

スカパー!の新たな試み 24時間サッカー専門のチャンネルが新生開局

続きを読む

アプリダウンロード数1,300万を突破した「AbemaTV」が3月に「サッカーチャンネル」を追加予定!


サイバーエージェントは26日、2017年度第1四半期決算を発表し、映像配信サービス「AbemaTV」の状況を報告するとともに、3月末に縦型表示対応、3月末~4月に新オンデマンド機能「Abemaビデオ」を開始することを明らかにした。
AbemaTVのアプリダウンロード数は1,300万を突破した。12月の月間アクティブユーザー数(MAU)は686万人、週間アクティブユーザー(WAU)は約400万人規模となっており、特に年末年始には過去最高の514万人を記録。年明けもベースアップ基調で進んでいるという。
なお、AbemaTVは「WAU 1,000万のマスメディア」を目指しており、「2年ぐらいは先行投資期」と位置づけ、2017年度も200億円規模の投資を予定している。
年末年始には、「フリースタイルダンジョン 東西口迫歌合戦」が過去最高の視聴者を記録し、
年末年始の3日間はDAU(1日のアクティブユーザー)が200万を突破。結果、若年層の利用者が増え、 「10~30歳台で大半を占めるようになってきた。想定通りに、テレビを見ない特性の人を取り込めている」(藤田晋社長)という。 また、女性比率も開始当初の20%から、12月には35%まで上昇した。
’16年後半にAbema TVは、Fire TV、Apple TV、Chromecast、Android TVなど、多くのテレビデバイス対応を実現。 テレビ利用者については、「初速はすごく伸びたが、そのまま高止まりという状況。
これらのデバイスがもっと普及し、使われると、AbemaTVにとっても助かる状況になる。
個人的には、’17年はDAZNやスポナビなどサービスに後押しされて、これらのスマートテレビデバイスの普及が進むことを期待している」(藤田社長)という。
今後のロードマップについては、「一番大きな期待をかけている」というのが縦型表示対応で、3月末の対応予定。
「Abema TVを作り直すぐらい大変だが、バックグラウンド再生対応するので、LINEの返事をしながらAbemaTVを見たり、番組へのお便りを書きながら再生、といった使い方ができるようになる」という。
さらに、3月末から4月にかけてオンデマンドサービス「Abemaビデオ」をスタート予定。
藤田社長は「TVerとNetflixの間ぐらいのサービス」と語り、見逃し番組などを用意する。
「AbemaTVの放送で見たいものがない場合は、オンデマンドで、自分が見たいものを探すイメージ。
一部は無料にするが、今のプレミアサービス(960円/月)を契約していれば、全部見放題になる。
午前やお昼など、AbemaTVの編成が弱い時間でも、みたい番組を見つかるようにしたい」と説明した。
チャンネルについては、2月に「将棋チャンネル」、3月には「サッカーチャンネル」を追加予定。
サイバーエージェントの2017年度第1四半期売上高は過去最高の865億円(前年比16.9%増)、
営業利益63億円(同51.1%減)。AbemaTVへの50億の投資を行なったため、メディア事業の営業赤字は45億円となっているが、’17年度は引き続きAbemaTVへの投資期と位置づけている。
Impress Watch 1/27(金) 22:19配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000148-impress-ind
AbemaTV
https://abema.tv/

続きを読む