スペイン

セルタのスペイン代表FWノリートのマンC移籍合意!違約金1800万ユーロ(約21億円)を満額支払い

セルタのスペイン代表FWノリート(29)のマンチェスターC移籍が合意に達したと、スペインのテレビ局「TV3」が伝えた。契約は3年。
公式発表はまだだが違約金はセルタが設定した1800万ユーロ(約21億6000万円)が満額支払われるという。
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1667131.html

続きを読む

スペインへ出発した柴崎、移籍先はラス・パルマスではない可能性!?


スペインへ出発した柴崎、移籍先はラス・パルマスではない? クラブ側は現時点での獲得否定
28日にスペインへと向かった鹿島MF柴崎岳だが、その移籍先がラス・パルマスではない可能性が浮上している。
柴崎は28日にスペインへと出発。その理由は、かねてから移籍先と噂されていたラス・パルマスと契約を結ぶためとみられていた。
しかしながらラス・パルマス関係者は、現時点で柴崎と契約を結ぶことを否定する。同クラブは日本人MFをあくまで“プランB”の獲得候補と捉えており、プライオリティーを置いているのはFWヘセ・ロドリゲス、ウェスト・ハムFWジョナタン・カジェリ、フィオレンティーナMFエルナン・トレドといった選手の獲得であるようだ。
またスペインのラジオ局『カデナ・コペ』で、カナリア諸島のスポーツ報道を担当するフアン・フランシスコ・クルス記者は、柴崎の移籍先がラス・パルマス以外のクラブになるとの見解を示す。『ツイッター』で、「柴崎はマドリードで、欧州担当の代理人と会うことなる。しかし彼の移籍先はラス・パルマスにはならない」と記した。
柴崎がスペインへと向かった明確な理由は、現時点では不透明だ。ラス・パルマスから声がかかるのを現地で待つか、それとも違うクラブに加わるのだろうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000030-goal-socc
続きを読む

U-18日本代表がスペイン撃破で“初”タイトル!田中が大会MVP、堀が得点王!


スペイン遠征を行っているU-18日本代表は10日、『コパ・デル・アトランティコ』の最終戦でU-18スペイン代表と対戦し、2-0で勝利した。この結果、3戦全勝の日本の優勝が決定した。
2勝同士で優勝が懸かった一戦。前半はスコアレスに終わったが、試合は後半の立ち上がりに動く。日本は後半3分、左サイドからのMF田中陸のアーリークロスに反応したFW堀研太が裏に抜け出し、左足で先制のゴールネットを揺らす。さらに同23分、FW田川亨介の左クロスを最後はFW郷家友太が左足で上手く合わせ、GKの手を弾いて追加点を挙げた。
試合は堀の3試合連続ゴール、郷家の2試合連続ゴールの日本が2-0で逃げ切り、強豪スペイン完封勝利。チームの立ち上げとなった大会でU-18日本がタイトルを獲得した。なお、大会MVPを田中、得点王を堀が受賞した。
日本サッカー協会(JFA)によると、影山雅永監督は、「初戦から3試合通して、1試合90分ごとに選手が成長し、勇敢に戦ってくれた結果、優勝を勝ち取ることができました。ただ、最後の強豪スペイン戦の前半のように、気持ちに緩みやスキができると自分達のサッカーできない弱さがあります。その辺をこれから修正していけたら、楽しみなチームになると信じています。ただ、今回は選手達によく戦ってくれたと感謝したいです」と優勝を喜んだ。
以下、出場メンバー
U-18日本 2-0(前半0-0)U-18スペイン
■得点者
[日]堀研太(48分)、郷家友太(68分)
■出場メンバー
GK 大迫敬介
DF 杉山弾斗
DF 橋岡大樹
DF 中川創
DF 川井歩
MF 田中陸
(85分→DF 俣野亜以己)
MF 伊藤洋輝(Cap)
MF 藤本寛也
MF 堀研太
(74分→MF 井澤春輝)
FW 安藤瑞季
(67分→FW 田川亨介)
FW 郷家友太
(74分→FW 中島元彦)
■控え
GK 若原智哉
DF 阿部海大
DF 生駒仁
MF 酒井将輝
MF 山田康太
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-01636776-gekisaka-socc
続きを読む

「スターと契約!来シーズンのスペイン1部昇格のレバンテが本田獲得へ!」byスペイン紙

「スターと契約!」本田圭佑のレバンテ行きをスペイン紙が報じる
SOCCER DIGEST Web 5/11(木) 19:59配信

すでにレバンテは本田の身分照会も済ませている。
ACミランに所属する日本代表MFの本田圭佑の新天地候補として、スペインのクラブの名前が浮上している。スペイン紙『スーペル・デポルテ』が報じた。
同紙が本田の新天地候補として挙げたのは、現在は2部リーグに在籍するレバンテだ。
レバンテは今シーズン、第37節終了時点で2位ジローナに9ポイント差をつけて首位を快走。すでに来シーズンの1部昇格が決定済みだ。そうした背景を踏まえて、スーペル・デポルテ紙は、「スターと契約」と見出しをつけて本田獲得を報じた。
レバンテはすでに1部リーグ戦うための補強に着手し、そのなかで6月30日にミランとの契約が満了となる本田に白羽の矢を立て、すでに身分照会も済ませるなど具体的な動きも見せているという。
今シーズンは公式戦通算で98分間の出場と完全にバックアッパーに甘んじる本田。ミランに契約延長の意思はなく、今夏の移籍が確実視されている。アメリカ、オーストラリア、イングランド、中国なども噂に挙がっているが、日本代表でも久保裕也や原口元気の台頭によって居場所を失っているだけに、次の移籍先が自身のキャリアにおいて重要になることは言うまでもない。
依然として去就に関しては沈黙している本田は、はたしてどのような決断を下すのか? 今後の動向に注目したい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170511-00025580-sdigestw-socc
続きを読む