スポンサー

【画像】浦和レッズが新背番号&ユニホームを発表!ケンタッキーフライドチキンがトップパートナーに!

三菱重工がACLの胸スポンサー。クラブ設立25周年を記念するデザインに。
浦和レッズが1月11日に新加入記者会見と新ユニホームの発表会を行なった。
クラブは日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)と新たにトップスポンサー契約を結び、
同社がリーグ戦の背中スポンサーにつくことが発表された。
同社がJリーグのクラブチームに協賛するのは初めて。
また、ACLの胸スポンサーとリーグ戦の背中スポンサーには三菱重工がついた。
リーグ戦の胸スポンサーは、引き続きポラス(POLUS)。

新背番号は、ラファエル・シルバが8番、田村友が17番、長澤和輝が15番、オナイウ阿道が19番、榎本哲也が25番、福島春樹が28番、菊池大介が38番、
そして矢島慎也は39番。石原が着けていた11番は空き番となった。
2017シーズンの新ユニホームは、クラブ設立25周年を表わす“25”を、ローマ数字『XXV』とダイヤモンドで表現したグラフィックがフロント部分に大胆にデザインされている。
ピンストライプの束は12本で形成され、チームワークやファン・サポーターとの結束を表わしている。
アウェーユニホームはリーグ、ACLともに、白がなく、黄色が採用された。
中央の大きなダイヤモンドの中の25本のストライプも25周年を意味し、太さの異なるピンストライプの先端部分を鋭く描くことで、流れるようなスピード感と躍動感を与えている。
新背番号は以下のとおり。カッコ内は生年月日。
GK
1 西川周作(86.06.18)
23 岩舘 直(88.08.17)
25 榎本哲也(83.05.02)
28 福島春樹(93.04.08)
DF
4 那須大亮(81.10.10)
5 槙野智章(87.05.11)
6 遠藤 航(93.02.09)
17 田村 友(92.11.22)
31 イリッチ(83.02.06)
46 森脇良太 (86.04.06)
MF
3 宇賀神友弥(88.03.23)
7 梅崎司(87.02.23)
10 柏木陽介(87.12.15)
14 平川忠亮(79.05.01)
15 長澤和輝(91.12.16)
16 青木拓矢(89.09.16)
18 駒井善成(92.06.06)
22 阿部勇樹(81.09.06)
24 関根貴大(95.04.19)
26 伊藤涼太郎(98.02.06)
38 菊池大介(91.04.12)
39 矢島慎也(94.01.18)
FW
8 ラファエル・シルバ(92.04.04)
9 武藤雄樹(88.11.07)
13 高木俊幸(91.05.25)
19 オナイウ阿道(95.11.08)
20 李忠成(85.12.19)
21 ズラタン(83.12.15)
30 興梠慎三(86.07.31)
SOCCER DIGEST Web 1/11(水) 12:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170111-00021807-sdigestw-socc
浦和レッズ公式
http://www.urawa-reds.co.jp/?i=1
“ケンタッキー”が浦和のユニフォームスポンサーに! 三菱重工のロゴが入ることも発表
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170111-00010008-soccermzw-socc
写真


続きを読む

「ハリル解任劇サッカー協会のスポンサーの影響」byトルシエ

4/13(金) 13:01配信
Football ZONE web
2002年の日韓W杯を指揮したトルシエ氏がアルジェリアメディアで独自見解
トルシエ元代表監督が語る“ハリル解任劇” 名伯楽が挙げた独自の“二大要因”は?
日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督は、7日付で代表チーム指揮官を解任された。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)を指揮したフィリップ・トルシエ氏は電撃的な監督交代について「サッカー協会のスポンサーの影響」と独自分析している。アルジェリアサッカー専門サイト「コンペティション」が報じている。
ハリルホジッチ監督と負けず劣らず、日本代表時代にエキセントリックな言動で話題を提供したトルシエ氏も、W杯を2カ月後に控えたなかでの解任劇に驚きを隠せなかった。
「驚いたかって? もちろん、ウィ(イエス)と言いたい。私は日本サッカー協会のバヒドをW杯数週間前に解任する決断に驚いている。それと同時に、私はクビにならなかったことも告白しなければいけないが…」
“トルシエ節”を炸裂させると、解任劇の背景について独自の考察を示している。
「私はメディアによって驚かされたことはない。日本代表監督の仲間はここ数カ月、プレッシャーに苛まれてきた。それはスポンサーも含むものだ。日本で協会に資金をもたらしているのはスポンサーだということを忘れてはいけない。国によるものではないんだ。彼らは大企業で、かなり重要な力を持っている。日本サッカー協会が決定する重要事項においてもだ」
E-1選手権の日韓戦大会も大きな痛手に…
監督解任には日本サッカー協会と契約するスポンサーの働きかけがあった可能性を指摘。その上で、“因縁の対決”で大敗したことも災いしたと語っている。
「親善試合を含む代表の最近の結果も、バヒドの役に立たなかった。W杯本大会出場にもかかわらずだ。昨年12月にホームの韓国戦に1-4で負けた。これが日本のシステムでは汚点となる。日本での友人から感じた内部事情だ」
国内組で臨んだE-1選手権で日韓戦に大敗したことは、ハリル政権に大ダメージを与えたという。
選手との関係悪化もトルシエ氏は感じていたようだ。
「バヒドの要求に対し、全ての選手に亀裂が存在していた。これはキープレーヤーをベンチに置き、チームに呼ばなかったことがその象徴だ。グループに疑念が産まれた。バヒドと選手、スタッフ関係にひずみが生まれたと私も自問自答してしまった」
続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00010007-soccermzw-socc

続きを読む

ゲンダイ「Jクラブ社長がエミレーツ航空との巨額の契約をブチ壊した!」

観光気分のJクラブ社長がエミレーツ航空との契約をブチ壊し
3/1(木) 9:26配信
日刊ゲンダイDIGITAL

C・ロナウドの胸に燦然と輝くエミレーツ航空のロゴ(C)AP
【Jリーグ 噂の真偽】
UAEのドバイに本社を構えるエミレーツ航空といえば、サッカー界屈指の高級ブランド。
スペインのレアル・マドリード、英プレミアのアーセナル、フランスのパリSG、セリエAのミランなどユニホームの胸にロゴが入っている。
「たとえばアーセナルでは06年にスタジアムの命名権を年間1億5000万円で契約。
本拠地球場はエミレーツ・スタジアムと呼ばれている。それから胸スポンサー契約などが加わった。
14年に見直しを行い、胸スポンサー料だけで5年総額225億円。命名権は28年まで延長された。
金額もさることながら、エミレーツのスポンサードを受けるということは、由緒正しき強豪クラブとして認知されたことに他ならず、
世界中のクラブにとってエミレーツは垂涎の的です」(放送関係者)
その強大ブランドがJリーグのあるクラブに白羽の矢を立て、スタジアム命名権と胸スポンサーなど巨額の契約話が進められたが、
そのクラブの社長の不手際で水泡に帰したともっぱら。前出の放送関係者が続ける。
「代理店Jが奔走して交渉が進み、エミレーツ本社からビジネスクラスのチケット2枚が送られていた。
サッカー事情に詳しい人が『このチケットは使わないように。足元を見られます。あくまで正規の値段で購入。監督とGMが赴くべき』とアドバイス。
ところが大口のスポンサー話に舞い上がったクラブ社長が『そのチケットを使って妻と一緒に行きたい』と言い出し、観光気分でドバイに向かった。
結局、監督もGMもいないことにエミレーツ側は不信感を抱き、夢のようなスポンサー話は立ち消えた」
何ともお粗末な顛末である……。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000014-nkgendai-socc.view-000

続きを読む

「香川真司の日本代表落選でアディダス怒り心頭!10番はアディダスと契約している選手に優先的に与える!」byゲンダイ

スポンサー怒り心頭 10番・香川“戦力外”のテンヤワンヤ
11/10(金) 12:03配信
日刊ゲンダイDIGITAL
日本代表の背番号10といえば「ドルトムントMF香川真司(28)」だが、今回の欧州遠征
(10日=ブラジル代表戦、14日=ベルギー代表戦)メンバーから外れ、スペイン・エイバルMF乾貴士(29)が背負うことになった。
エースナンバーといわれる10番。仏リール市内の練習場で
「これまでつけていた真司の背番号だと思っている」と迷惑そうな雰囲気で話していた乾には、厄介なシロモノのようである。
そもそも香川が遠征メンバー外となったことで10番を巡り、日本サッカー協会(JFA)やスポンサー企業を巻き込んでドタバタが繰り広げられている。
実は香川の背番号10には、JFAと2023年まで8年契約・250億円のスポンサー契約を結んでいるアディダスが深く関与している。
1999年からJFAをスポンサードしているアディダスにとって、注目度の高い10番は自社契約選手につけさせたい。
JFAも大スポンサーの意向は無視できず、アディダスと契約している選手に「優先的に与える」ことが不文律となっている。
2010年8月に日本代表監督にザッケローニが就任後、香川以外の選手で背番号10をつけたのは3人しかいない
(11年の川崎MF家長昭博、12年のG大阪MF藤本淳吾、アギーレ体制の14年のベフェレンMF森岡亮太)。
3人とも代表主軸ではないが、香川がケガで不在だったことで10番が回ってきた。「アディダス契約選手からムリヤリに選んだ。
当人たちもイヤがっていた」(サッカー関係者)という経緯がある。
■香川はアディダスの看板選手
今回もトラブルが続出し、アディダスとJFA関係者は怒り心頭だ。
アディダスは7日に「18年W杯用の新ユニホーム」を発表。初お披露目は注目度の高いブラジル戦。
プロモーション用の画像には、自社の看板選手である香川が使われている。
さらにリール市内にはブラジル戦の告知ネオンサインがあるが、香川とブラジル代表FWネイマールの姿が大きくあしらわれている。
その香川がハリルホジッチ構想から外れ、周囲はテンヤワンヤなのだ。
「スペインリーグのバルセロナ戦、レアル・マドリード戦での活躍で存在感を示している乾が、どれほど背番号10のプレッシャーを感じるのか、実際に試合を見ないと何とも言えませんが、余計な重圧をはね飛ばし、持ち味のドリブル突破からゴールを狙ってほしいと思います」 (現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)
ちなみに乾のスパイクはアシックス。乾に罪はないが、ブラジル戦で活躍すればするほど、アディダスは複雑な気持ちに襲われる……。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000014-nkgendai-socc

続きを読む