チーム

噂されるソフトバンクのJリーグ参入説!

2017年シーズンのプロ野球で日本一に輝いた、福岡ソフトバンクホークス。そのオーナーである孫正義氏が次なる目標として「Jリーグ参入」を考えていると報じられ、話題となっている。
11月7日発売の写真週刊誌『FLASH』は、「ソフトバンク日本一 裏MVPは“通訳”の達っちゃん」と題して、ソフトバンクの日本一に達川光男ヘッドコーチが大きく貢献したと報じた。そして、その記事の中に孫正義オーナーの次なる目標が「Jリーグへの参入」であるとの球団関係者の証言が紹介されているのだ。
さらに、クラブワールドカップに出場し、レアル・マドリードと対戦する野望を持っていると報じられた孫正義オーナー。Twitterでは、
“出身地は鳥栖市で、その後は北九州市、福岡市で育った孫社長。 鳥栖は無いだろうから福岡の2チームのどちらかか?”
“ソフトバンクが本当にJリーグ参入するならやっぱヴェルディを狙うんだろうな。”
“北九州と手を組みそうな気がする。 大宮を買収したら凄いと思うけどね”
などと、既存チームの買収や新チームの立ち上げなど、様々な展開が予想されている。
なかでも多く名前が挙がっていたのが、ホークスと同じ福岡県に拠点を置くアビスパ福岡やギラヴァンツ北九州、さらにはJリーグ初代年間王者の名門、東京ヴェルディなどだ。特に東京ヴェルディについては、
“ソフトバンクがJリーグに参入するかも?なのか。 福岡とか、九州をホームにしてるチームの買収か、新規参入が規定ルートだと思うけど、ヴェルディを買収して、首都東京に絶対王者を復活させて欲しいな。”
“ヴェルディ買収して国立ホームになったらよい。”
“個人的にはヴェルディ復活させて欲しい。 つーか23区内に専用スタジアム建ててくれんかな。出来れば荒川区内に。”
“地域を限定しないならヴェルディに出資してほしいな。 首都の名門古豪クラブの復活とかさ。 できたらユニ復刻してほしいな。”
と、孫正義オーナーの力で古豪の復活を望むサッカーファンも多いのだ。
『フォーブス』がまとめた日本国内の2017年長者番付で堂々1位の孫正義氏。大富豪が有名サッカークラブを買収するという話は海外ではよくあることだが、果たして孫氏はどう動くのか。
(大塚ナギサ)
http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/13880095/

続きを読む

レスター岡崎慎司、1年目で味わった“屈辱”!奇跡的な優勝目前も「悔しい・・・」

岡崎慎司、奇跡的な優勝目前も「悔しい」。レスター1年目で味わった“屈辱”【現地レポート】
フットボールチャンネル 4月30日(土)11時30分配信
レスター・シティは、現地時間5月1日に行われるマンチェスター・ユナイテッド戦に勝利すれば悲願のプレミアリーグ優勝が決まる。
達成すれば「世紀の大番狂わせ」と言われる快挙だが、その中で岡崎慎司は悔しさを口にしている。
奇跡の優勝を目前に控える裏で、日本代表のストライカーは“屈辱”を味わっていた。
(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【レスター】)

レスター、奇跡の優勝目前も…岡崎は「悔しい」
明日1日に行われる敵地オールドトラフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦に勝利すれば、レスターの優勝が決まる。
実現すればクラブ史上初のリーグ制覇となり、それだけでも素晴らしい快挙だ。だが、さらにそれはプレミアリーグ、いや、
サッカーの歴史を紐解いてもなかなかあり得ない偉業といえ、現代スポーツの世界では稀に見る「世紀の大番狂わせ」である。

その証拠に、開幕前に英国の大手ブックメーカーのウィリアム・ヒルが設定したレスター優勝のオッズは5000倍だった。 この数字のすごさは、ほかの大穴オッズと比較すると分かりやすい。
例えば、「ディビッド・ベッカムがマンチェスター・シティの監督に就任する」オッズは750倍で、同国の 「ディビッド・キャメロン首相がアストンビラの監督に就任」は2500倍に設定されていた。
それほど奇跡的な事柄で、だからこそ国内外で大きく取り扱われているニュースになっているのである。
そんな中で、日本代表のエースストライカー岡崎慎司は、シーズンを通して先発出場26度、ここまで計33試合に出場。
直近の15戦はスタメンの座を譲ることなく、プレミアリーグ挑戦1年目ながら十分な活躍を見せてきた。
得点面では、ここまでリーグ戦5ゴールと過去2シーズンのブンデスリーガや、日本代表でも見せる決定力を発揮できずに物足りなさは残る。
しかしその貢献度の高さは、解説者や同業の選手、サポーターやメディアからも称賛されているとおり、 チーム内でもトップレベルといっていいだろう。
それでも本人はまるで納得していない。奇跡ともいえる「優勝」の二文字が目前まで迫ったこの状況でも、 岡崎が発するのは「悔しい」や「もっとやれた」という反省に近い言葉ばかりだ。
続く
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00010007-footballc-socc

続きを読む

W杯は次回のカタール大会から48チーム出場・・・アジア枠は「8.5」に!?


国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、カタールで開催される2022年ワールドカップの出場チーム数を32チームから48チームに拡大する可能性に言及している。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えた。
1998年大会以来32チームで開催されてきたワールドカップは、アメリカ・メキシコ・カナダの北米3ヶ国で共催される2026年大会から48チームに拡大されることが決まっている。2022年カタール大会までは現行の32チームで開催される。
だがインファンティーノ会長は、予定を前倒ししてカタール大会から参加チーム数を拡大することに取り組む姿勢を示した。アジアサッカー連盟(AFC)年次総会で見通しを述べている。
「2026年からワールドカップの参加国数を増やすことを決めたが、2022年からそうなるだろうか? 検討を行っているところだ。可能なのであればもちろんだ」とインファンティーノ会長は語った。
出場国数を拡大する場合、大会をカタールだけでなく周辺諸国でも開催する可能性にも言及した。「可能なのかどうか、カタールの友人たちと話し合っているし、地域の友人たちとも話し合っている。実現することを願っているが、そうならないとしても少なくともトライはする」
現状の32ヶ国開催では、アジアの出場枠は開催国カタールとは別に「4.5」となっている。48チームに拡大する場合、アジアには「8.5」枠が与えられることが見込まれるという。
10/31(水) 22:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00295333-footballc-socc

続きを読む