ドイツ

ドイツ5部女性監督、セクハラまがいの質問に鋭い返し!「私は○○の大きさでスタメンを選んでいる」


イムケ・ウーベンホルストは、現在ドイツフットボールで注目を集める指揮官のひとりである。今シーズンからドイツ5部リーグのBVクロッペンブルクの監督に就任、ドイツで始めて男子チームを率いた女性監督になったからだ。
降格の危機に瀕しているチームには課題が山積みなのだが、メディアがイムケに質問するのはいつもくだらないものばかりである。例えば先日は、「あなたがドレッシングルームに入るとき、選手はパンツをはくんですか?」と、セクハラまがいの質問を受けた。
しかし、彼女は動じるどころか、次のように答えている。「私がドレッシングルームに入るからって、選手はパンツを履く必要ない。私はプロフェッショナルよ。当然、スタメンを選ぶときは、彼らのあそこの大きさで決めているわ」
・・・からかう記者を沈黙させる鋭いカウンターだった。
1/17(木) 20:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010002-mdjp-socc

続きを読む