ドイツ

長谷部誠が将来についてコメント!「日本に帰ることは想像できないです」


アイントラハト・フランクフルトに所属し日本代表でキャプテンを務める長谷部誠が、ドイツ紙『Bild』のインタビューに応じた。
長谷部は、2008年の1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入した。以来ドイツでのプレーを続け、ブンデスリーガの日本人出場記録で奥寺康彦を抜き歴代1位に躍り出た。もうすっかりドイツに溶け込んだ長谷部だが、来独当初について次のように振り返っている。
「今となっては当たり前ですけど、天気は良くなかったです。夕方4時には暗くなってしまうことには驚かされました。言葉や食についても驚きはありましたが、フェリックス・マガト監督のトレーニングは衝撃的でした」
また、規律や秩序など、ドイツに来る前から抱いていたイメージと相違がなかった面もあったようだが、サッカーに関しては「ファイトが必要でした。それに180cmという身長は、日本では大きい部類に入るのですが、ブンデスリーガでは一番小さい方でした」と、想像と異なっていたことを明かしている。
続けて、お手本としているドイツ人選手についても言及。今シーズン限りでの引退を表明しているバイエルン・ミュンヘンのDFフィリップ・ラームの名前を挙げ、「彼はどこでもプレーができます。右サイドバック、左サイドバック、中盤と高いレベルでこなすことができる」と、ポリバレント性を称えた。
■将来について
最後にドイツにあるもので、日本に持ち込みたい物を問われた長谷部は「静寂」と回答し、「日本では皆が僕のことを知っているんです。ここでは、何も気にすることなく外に出られます」とその理由を説明。さらに長谷部は「だから今の段階では日本に帰ることは想像できないんです。どちらかというとドイツで暮らすことを考えています」と、将来的にもドイツに留まる可能性を示唆した。
現在33歳の長谷部だが、一番の成功を問われた際には「個人で言えば、ここフランクフルトです」と現在が最も充実していることを明かした。フランクフルトは11日、ドイツ王者バイエルンと対戦する。敵地でのバイエルン戦とあって難しい試合が予想されるが、手本とするラームにも勝る活躍が期待されるところだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000012-goal-socc

続きを読む

日本代表、クリンスマン新監督が来月末にも誕生!?

ロシアW杯を16強で終えたサッカー日本代表が5日、成田空港に帰国。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が会見で、任期満了の7月末で西野朗監督(63)が退任することを発表した。
次期監督はドイツ、米国代表監督を歴任した元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏(53)が最有力となった。20日の技術委員会での議論を経て、早ければ今月末に2022年カタール大会への強化を託す新監督が誕生する。
帰国会見で、田嶋会長が口にしたのは西野監督の退任だった。バヒド・ハリルホジッチ前監督解任後、田嶋会長は、後任に指名した西野氏と「結果がどうあれ、この大会で終わるから」とロシアW杯限りという約束をしていたことを明かし「この約束を守る。慰留はしなかった」と、予定通り7月末の任期満了での退任を決めた。
現時点で22年カタールW杯を目指す新生日本代表監督の最有力候補がクリンスマン氏だ。西ドイツ(当時)代表としてW杯で優勝するなど世界的FWで、引退後は監督として、06年ドイツW杯で母国を3位に導き、14年ブラジルW杯ではサッカー不毛の地と言われた米国を16強入りさせた実績を持つ。16年11月、同国監督を退任後は監督業に就いていないが、解説者として世界のサッカーを学んでおり、ロシアW杯では日本戦の解説も行い、西野ジャパンの戦い方を評価していた。
日本との関係は薄いと思われるが、元ドイツ代表DFで元浦和監督のギド・ブッフバルト氏(57)とは親友で日本の情報は耳に入っている。また米国監督時代には長年、信頼する日本人フィジカルコーチと仕事をしており、日本人の性格も把握している。
田嶋会長「いい人」 クリンスマン氏に近い関係者によると、田嶋会長はW杯開幕前に、ドイツ国内を訪問。交渉のキーマン、ブッフバルト氏と組閣も含めた話し合いを行った模様だ。また大会期間中にクリンスマン氏と接触したとの情報もある。田嶋会長は以前からクリンスマン氏の印象について「すごくいい人だよ」と語っており、人間性の面でも評価は高そうだ。
日本協会の技術委員会は、ロシアW杯前から候補者のリストアップを進めてきた。当初は日本人を基本線としていたが、有力候補の西野氏の続投が消滅し、A代表との兼任案もあったU―21日本代表監督の森保一氏(49)は20年東京五輪も控え、負担が大きいと判断された。外国人候補だった元名古屋監督で、今季限りでプレミアリーグ強豪アーセナルの監督を退任したフランス人のアーセン・ベンゲル氏(68)は金額面などがネックとなった。
田嶋会長は監督人事について「白紙」とするが、9月7日には新生日本の初陣があり、来年1月にはアジア杯を控えるため「早い時期に決めたい」と7月末までには決定したい意向だ。20日の技術委員会の議論を経て、今月末の理事会で承認される見込み。技術委員からは別の候補が挙がることも考えられるが、水面下での動きがあるクリンスマン氏が次期監督に就任する可能性が高い。
◆日本代表のW杯後の監督交代劇
▼98年フランス大会(1次リーグ敗退) 初出場も3戦全敗に終わり、岡田武史氏は退任。8月7日の技術委で南アフリカ代表を率いていたフィリップ・トルシエ氏の新監督就任が内定。9月10日の理事会で正式決定した。
▼02年日韓大会(16強) 初の16強に導いたトルシエ氏が契約満了で退任。日本協会は6月中旬にジーコ氏を後任の最有力候補にリストアップ。技術委が7月3日に要請し、20日の理事会で就任が正式に決まった。
▼06年ドイツ大会(1次リーグ敗退) 敗退後、日本協会の川淵三郎キャプテン(当時)が6月24日の帰国会見で、ジーコ氏の後任候補として交渉を進めていた千葉のイビチャ・オシム監督の名前を「あっ! 言っちゃった」と世紀の“ポロリ”。7月1日に日本協会と千葉、本人の3者協議が行われ、大筋合意した。
▼10年南アフリカ大会(16強) 後任候補が複数挙がって難航し、W杯閉幕から1か月半後の8月30日、日本初のイタリア人監督となるアルベルト・ザッケローニ氏と契約。9月の国際親善試合2試合は当時の原博実強化担当技術委員長が監督代行を務めた。
▼14年ブラジル大会(1次リーグ敗退) ザッケローニ氏は史上初の8強以上なら契約延長の可能性もあったが、退任が決定した。日本協会はW杯前から後任候補選定を進行。メキシコ人のハビエル・アギーレ氏と7月22日に合意し、24日の理事会で承認された。

スポーツ報知 7/6(金) 4:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000092-sph-socc

続きを読む

武藤嘉紀がニューカッスルでプレーできない理由は英語力?


ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀が出場機会に恵まれない理由を現地メディア『クロニクル・ライブ』が伝えた。
2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤。昨夏の移籍市場でクラブ最高額となる950万ポンド(当時約14億円)で移籍した同選手だが、
ここまでプレミアリーグで先発5試合を含む12試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッド戦で挙げた1ゴールのみと期待されるだけの活躍はできていない。
また、先発出場した昨年11月のワトフォード戦でふくらはぎを故障して戦線離脱。
さらに1月上旬からは日本代表としてアジアカップ2019に参戦するなど12月以降はリーグ戦2試合に出場のみと多くのプレー時間を手にできていない。
そんな中、『クロニクル・ライブ』は、昨シーズンにドイツで10ゴールの活躍を見せた武藤が出場機会を得られていない理由について報じた。
これによると、加入当初から指摘されていた英語能力に問題があるようだ。
ラファエル・ベニテス監督も同選手が試合中に流暢にコミュニケーションを取れないことを問題視しているようで、これが定期的にピッチに立てない1つの原因として考えられている。
2018年夏にニューカッスルを退団したシャンセル・ムベンバも言語の問題により、ベニテス監督の信頼を勝ち取れず、同指揮官が就任して以降は大幅に出場機会を減らしていた。
そのため、“言語の壁”を超えない限り、武藤は十分なプレー時間を手にできないようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010002-goal-socc
2/8(金) 6:42配信

続きを読む

「今、Jリーグ戻ることを想像すると不安しかない・・・」by宇佐美貴史

現地で直撃取材、第5回目のテーマは「他クラブへの移籍とJリーグ復帰の可能性」

MF宇佐美貴史の海外移籍が初めて実現したのは2011年7月だ。ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンからのオファーを受けてのことだった。翌シーズンにホッフェンハイムへ移籍したが、結果的にその2年間は宇佐美にとって挫折とも言うべき時間となってしまう。
その後、古巣のガンバ大阪に復帰したが、16年夏に彼は再びドイツの地に活躍の場を求めた。アウクスブルクを経て、現在はブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフで闘いの日々を送っている。
思うように出場できない苦境に立たされるなか、宇佐美も決して現状に満足しているわけではない。Jリーグも含めた他クラブへの移籍を期待する声も聞こえてくるなか、本人は今後の進路についてどのような考えを抱いているのか。
全5回にわたってお届けしてきた「独占告白」の最終回は、他クラブへの移籍、そしてJリーグ復帰の可能性について迫る。果たして、宇佐美はどのような未来を思い描いているのだろうか。
◇ ◇ ◇
今の僕の現状を踏まえ、それでも海外にこだわるのなら、他の国のリーグを考えてみてはどうか、という声も聞こえてくる。ブンデスリーガよりリーグのレベルが劣る国に行けば、確実に試合に出場できるんじゃないか、と。
いやいや、現時点ではそういう考えはない。まずどのリーグでも、チームでも、確実に試合に出場できる保証なんてないし、やるべきことをやって、必要とされる選手にならなければピッチには立てないしね。加えて、ドイツ以外の国でのプレーも……正直、今の僕には想像がつかない。
初めて海外にチャレンジしたのがドイツで、そのドイツで何も残せていないのに違う国に行くのは、自分の中で何かが違う。それならばJリーグに戻ってプレーするのも同じじゃないか、とも思う。
「一生負い目を感じサッカーをすることに…

ただ、だからと言って、仮に今のままの自分でJリーグに戻ることを想像すると……正直、不安しか浮かんでこない。
そこで、自分がどういうモチベーションでプレーするのか全く見えてこないし、ドイツで結果を残せなかった僕に一生負い目を感じてサッカーをすることになるんじゃないか、とも思うから。
13年の夏に、日本へと戻った時には「Jリーグでもう一度自分を鍛え直して、再びブンデスリーガにチャレンジする」というモチベーションが自分を奮い立たせてくれたけど、二度目のJリーグ復帰は目標をどこに据えればいいのかも分からなくなる気もする。
いや、先のことなんて分からないし、もしかしたら「もう一度、ヨーロッパに戻ってやる」と思ってサッカーをしているかもしれないよ。普通に「タイトル」に欲を燃やしている可能性もあるし、単に「楽しくサッカーをやれたらいいよ」という気持ちでいるのかもしれないしね。
でもそうなった時に、果たしてそのメンタリティーを僕自身が許すのか?
「Jリーグに復帰した自分に当てはまるのか」
海外のサッカー選手を見ていると、いろんなことを考え過ぎるより、「サッカーが楽しければいいわ」くらいのメンタリティーでいたほうが、力も抜けて、結果も残せる気もするけど、その考えがJリーグに復帰した自分に当てはまるのかと言えば違う気もするしね。
という感じで、今は日々いろんな自問自答を繰り返しているけど、結局のところ、行き着くのは……というかハッキリと見えているのは「このウインターブレイク(※取材時)でしっかり積み上げて、残りの半年で何ができるか」ということのみ。
そこに向かって進んでいけば、今は見えていない未来も少しは明確になってくるんじゃないかな。
1/25(木) 20:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00010020-soccermzw-socc

続きを読む

堅牢なスウェーデンの守備を、韓国は崩すことができるか!?

好調のソン・フンミンは「北欧の壁」を攻略できるか。
ロシア・ワールドカップ グループF・第1戦
スウェーデンー韓国
6月18日(月)15:00(日本時間21:00)キックオフ/ニジニ・ノブゴロド(ニジニ・ノブゴロド)
大本命のドイツがメキシコに敗れ、波乱の幕開けとなったグループF。ベスト16進出を目指す両国にとって、ここは是が非でも勝利し、勝点3を確保しておきたいところだろう。
ヨーロッパ予選でオランダ、イタリアを敗退に追い込んだスウェーデンの最大の武器は、持ち前の高さやフィジカルの強さを活かした堅守と、そこから繰り出す鋭いカウンターだ。
早い時間帯に先制点を奪い、相手が前に出てきたところをさらにカウンターで突き崩す。そうした展開に持ち込めれば彼らにとって理想だろう。
そこで鍵となるのは、10番を背負い、攻撃をオーガナイズするフォシュベリ。必殺カウンターの起点にもなる選手だけに、彼に対する国民の期待は小さくない。

一方の韓国は、登録メンバー決定前に怪我人が続出。チーム編成に不安を残すなかで、好調を維持するエース、ソン・フンミンの存在は大きい。彼を中心とした攻撃陣が、アンドレアス・グランクビストやヴィクトル・リンデロフといった長身DFが居並ぶスウェーデンの最終ラインを攻略できれば、勝点3を獲得する可能性はぐっと高まるだろう。
攻め込まれる時間帯が多くなりそうな韓国でキーマンとなるのは、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクで研鑽を積むFWのファン・ヒチャンだ。
サイドからのクロスやロングボールに対しては、絶対的な強さを見せるスウェーデン守備陣だが、スピードにはやや難がある。背後への飛び出しを得意とし、決定力も高いこの22歳のアタッカーが限られたチャンスを活かせれば、十分勝機を見出せるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00042354-sdigestw-socc

続きを読む

移籍交渉はほぼ合意!宇佐美貴史、3年ぶりガンバへ!


サッカーの元日本代表で、ドイツ1部リーグ、デュッセルドルフのMF宇佐美貴史(27)が古巣のJ1、G大阪に3年ぶりに復帰することが23日、分かった。
関係者によると移籍交渉はほぼ合意に達しており、今月中にもまとまる見込み。G大阪は今季、J1で下位に低迷。宮本恒靖監督が進める若手への世代交代とともに、攻撃力強化が課題だった。
G大阪の下部組織育ちの宇佐美は11年に19歳でドイツ1部の強豪バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍。13年途中にG大阪に復帰し、14年の国内3冠獲得に貢献した。日本代表として18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した。
6/23(日) 15:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000049-kyodonews-socc

続きを読む

【スシ・トランスファー】ポドルスキの神戸移籍は母国で賛否両論!?


3月2日、ヴィッセル神戸はドイツ代表のルーカス・ポドルスキを獲得したことを発表した。ワールドカップ優勝経験もあるビッグネームのJリーグ移籍は日本で大きな話題となったが、現地ドイツでも大々的に報じられたという。ポドルスキの日本に理解を示すファンもいれば、中には反対という意見のファンもいるようだ。(文:本田千尋【デュッセルドルフ】)
衝撃はドイツを駆け巡った。「スシ・トランスファー!」と記したのは、ケルンの地元紙『エクスプレス』である。
「コンニチワ、ポルディ! センセーションはパーフェクト。世界王者は夏に日本へ向かう!」
17年3月2日10時11分、『エクスプレス』電子版は、トルコ・スーパリーグのガラタサライに所属するFWルーカス・ポドルスキの、ヴィッセル神戸への移籍が決定したことを報じた。他には、移籍金の額が260万ユーロ(約3億1500万円)であること、そして年俸が手取りで年間800万ユーロ(約9億6800万円)であることなどが記されている。
『エクスプレス』が、今回のポドルスキの移籍劇を「スシ」と形容したことに、悪意のようなものはないだろう。日本人が「ドイツ」と聞けば、なんとなくビールとソーセージを連想するような、軽いノリである。
もっとも一定数のドイツ人は、Jリーグのレベルは低いと考えているようだ。記事内で『エクスプレス』はアンケートを取った。お題は「ルーカス・ポドルスキは日本に移籍します。あなたはこのステップをどう考えますか」である。
回答は以下の二択。
[1]彼が新しい挑戦を追い求めるのは良いことだ
[2]この移籍は不可解。彼はそこで何をするつもりだ? リーグのレベルは低い
有効回答数7,407の内、[1]に回答したのは56%、[2]に回答したのが38%、そして“どちらでもない”が6%である。過半数はポドルスキの決断に理解を示した。しかし4割近い者は、14年ブラジルW杯の世界王者が今季限りでトルコを離れ、日本に向かうことが理解できないようである。
つづく
フットボールチャンネル3/6(月) 11:17
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00010014-footballc-socc&p=1

続きを読む