ドイツ

フランクフルト長谷部、ドイツで"神"となる・・・


長谷部がリベロとして起用されるようになり、フランクフルトの成績も右肩上がり
フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、ドイツ12年目のシーズンを迎えている。35歳にして、キャリア最高とも言えるシーズンを過ごしていると評価されるなか、現地時間24日付のドイツの有名サッカー雑誌「11FREUNDE」が長谷部を特集し、「神は日本人だった」と称賛した。
“神は死んだ”とはドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの言葉で、同誌はニーチェが19世紀末の社会を分析した末に、ニヒリズム(虚無主義)に辿り着いたと紹介。「キリスト教文明が自らの基盤を追放し共生原理を破壊した状況で、将来が陰鬱なものに見えていた」と綴ると、今季開幕時のフランクフルトもそこまで劇的とは言えないまでも、似たような状況にあったと表現した。
実際、今季のフランクフルトはニコ・コバチ監督がバイエルンへと移り、そのドイツ王者と対戦したスーパーカップでは0-5と完敗。アディ・ヒュッター新監督が採用した4-2-3-1システムはなかなか奏功せず、ブンデスリーガ3試合を終えて勝ち点3と苦しんだ。長谷部は開幕戦を体調不良で欠場すると、第2節はベンチ外、第3節は90分間出場なしと、一時は構想外に陥ったかと懸念する声も上がった。
しかし、ヒュッター監督は第4節RBライプツィヒ戦(1-1)から前任者の使っていた3バックにシステムを戻すと、守備の“重鎮”である長谷部をリベロとして投入。長谷部はそこから筋肉の問題で欠場した3試合を除いて国内リーグですべてフル出場を果たしており、昨年11月にはアジアサッカー連盟(AFC)から「アジア最優秀年間国際選手賞」に選出されたほか、ウィンターブレイク中にはドイツ誌「キッカー」から「前半戦最高のCB」にも選ばれた。
ヒュッター監督は長谷部を上等のワインと比較「年を重ねるほど良くなる」
視野の広さと身体能力の強さを武器に“リベロ2.0”として活躍する長谷部について、ヒュッター監督は「チームの絶対的なキープレーヤー」と信頼を寄せ、「マコトの場合は、ワインと同じだね。年を重ねるほど良くなる」と絶賛。上等のワインと比較し、年齢が上がるにつれ、パフォーマンスが素晴らしくなると述べた。
チームメイトのドイツ人DFマルコ・ルッソも、長谷部がAFCから賞を受けたと知った際に「凄いね。45歳で彼はもう一度受賞すると思うよ」と語り、今後も長きにわたって活躍するだろうと期待を述べている。
「11FREUNDE」は「フランクフルトでは誰もがその言葉に即座に同意するだろう。キャリア最高のフォームを見せているマコト・ハセベと一緒なら、フランクフルトの将来は輝かしいものに見える」と言及。ニーチェの言葉を引き合いに、「神は死んでいない。その逆だ。神はほんの35歳。そして彼は日本人だった」と、長谷部に最大限の賛辞を送っている。
6位をキープするフランクフルトで、日本が誇る“神”がどこまで進化を続けるのか楽しみだ。
2019.02.25 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00172493-soccermzw-socc

続きを読む

酒井高徳はもうJに帰ってくるべき!?クラブ会長が痛烈批判「最大の弱点」


来季も2部のHSV、会長が酒井らチームのリーダー格を痛烈批判…「最大の弱点にもなった」
ブンデスリーガ2部ハンブルガーSV(HSV)のマルセル・ヤンセン会長兼監査役は、元日本代表DF酒井高徳を含むリーダー的存在の3人を痛烈に批判した。地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』が伝えている。
昨夏にクラブ史上初の2部降格を味わったHSV。
1シーズンでの1部復帰を目指し、チームをけん引する存在として元ドイツ代表MFアーロン・ハントやルイス・ホルトビー、そして元キャプテンの酒井の契約をそれぞれ延長した。
しかし、2部でのシーズンは予想よりも苦しい展開に。
元ドイツ代表DFで今年1月に会長に当選したヤンセン氏は、選手名こそ具体的に挙げなかったものの、その要因として昨夏に新キャプテンに指名されたハント、また副主将のホルトビー&酒井がまとめ役としての仕事を果たせなかったことを示唆して、そのためチームに「安定性が欠けていた」と述べた。
ヤンセン氏は続けて「リーダー格の選手たちは競技面において結果を残さなかった」と発言し、また「それだけではなく彼らはチーム最大の弱点ともなった」と批判的な言葉も口に。
シーズン終盤に4位に転落し、昇格を逃したのは、主にこの3人の責任であることをうかがわせるような表現を選んだ。
契約が満了となったホルトビーはすでにHSVを退団。それぞれ2020年までの契約を残すハントと酒井は、所属クラブのフロントからの言葉を、どう受け止めるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00010028-goal-socc

続きを読む

フンメルス(30)、ボアテング(31)、ミュラー(29)の3選手がドイツ代表のキャリアを終える・・・


ドイツ代表が衝撃決断!14年W杯制覇3選手の代表キャリア終焉を発表「新たなスタートを切る」
ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーの代表キャリアの終焉を認めた。
2014年のブラジル・ワールドカップの優勝に大きく貢献したフンメルス、ボアテング、ミュラーの3選手。現在はいずれもバイエルンで活躍し、ブンデスリーガ6連覇を果たすなど依然としてトップレベルでプレーできることを証明している。
しかしレーヴ監督は、ドイツ『ビルト』でバイエルン3選手を今後代表に呼ぶことはないだろうと語った。先日にはバイエルンを訪れ、3選手に説明したと明かしている。
「2019年はドイツ代表にとって新たなスタートを切る年だ。我々は昨年末から開始した変革を続けていきたいと考えている。ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス、そしてトーマス・ミュラーが代表チームのメンバーに入ることはもうないだろう。選手たちとバイエルンの監督に私の考えやプランを説明することが大切だった」
「彼らはいまだにワールドクラスだ。私はマッツ、ジェローム、トーマスと成功に満ちた素晴らしい年月を一緒に過ごせたことに感謝している。しかし、代表チームにとって将来の準備をすることが重要だ。我々はチームに新戦力を加えたいし、これが正しいステップだと確信している。EURO2020の予選が始まるこの年に、若い選手たちが成長するためのスペースを用意し、今から責任を背負ってもらいたい」
2014年のW杯制覇以降、ドイツ代表は苦難が続いている。EURO2016ではベスト4で敗退し、2018年のロシアW杯ではグループ最下位で敗退。さらにUEFAネーションズリーグでは、Aリーグ降格の憂き目に遭うなど世代交代が叫ばれている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010001-goal-socc

続きを読む

【画像】U16ドイツ代表の14歳がスゴイらしい・・・今季43得点!U17ブンデスの新記録更新が目前!


ドルトムントU-17に所属する14歳のU-16ドイツ代表FWユスファ・ムココが今季8度目のハットトリックを達成。 24試合出場で43得点7アシストを記録し、U-17ブンデスリーガにおける最多得点記録を更新する可能性が高まっている。
現地時間25日にアルミニア・ビーレフェルトU-17戦が行われ、ムココは4得点のゴールラッシュでドルトムントU-17の6-1勝利に貢献した。
年齢詐称疑惑が浮上するほど大活躍した昨季の自身の記録(25試合出場で37得点6アシスト)を、大きく上回っている。
現在、オランダ1部のヴィレムIIでプレーする22歳のコソボ代表FWドニス・アヴディヤイが当時17歳の時にシャルケU-17で達成した、
1シーズンで44得点のU-17ブンデスリーガ最多得点記録まで、あと1得点という状況まで迫っている。
シーズン最後の試合となるMSVデュースブルクU-17戦(現地時間6月1日)の試合で2得点決めれば新記録も更新だ。
果たして、ムココは最終節で歴史に名を刻むのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00323130-footballc-socc
5/26(日) 20:00配信

続きを読む