ドイツ

5つの数字で知る、ポドルスキってこんな選手!

ヴィッセル神戸への移籍が噂されるルーカス・ポドルスキ。
ディエゴ・フォルラン以来となる大物選手の来日に期待がかかる。
そんなポドルスキとは一体どんな選手なのだろうか?5つの数字から紐解いてみる。
「18」 – プロデビューを果たした年齢
ルーカス・ポドルスキは1985年6月4日生まれの31歳。
“Podolski”という名前から分かるようにポーランドにルーツを持ち、ハンドボールのポーランド代表選手である両親の下に生まれた。
父方の祖父母が第二世界大戦前にドイツ国籍をもっていたこともあり、2歳の時にドイツへと渡り、ケルンのユースで育った。
するとBチームにあたるケルンBでのプレーが評価され、2003-04シーズンに18歳の若さでトップチームデビュー。このシーズンには19試合に出場し10得点をあげ、一躍シンデレラボーイとして注目を集めた。
随分と昔から活躍している印象があるだけに、まだ31歳というのは少し意外かもしれない。それほどポドルスキのデビューは早かったのだ。
ちなみに、ドイツとポーランドの二重国籍を持っているが、世代別代表から一貫してドイツでプレーしている。ポーランド語での名前の表記は「?ukasz Podolski」となり、発音的には「ウカシュ・ポドルスキ」と読む。
「129」 – ドイツ代表での出場試合数
18歳でプロデビューを果たし、すぐさま世界的プレーヤーに成長していったポドルスキ。
ドイツ代表からもすぐさま声がかかり、これまで129試合に出場し48得点をあげている。出場試合数と得点数は、ともにドイツ代表史上3位の記録である。
出場試合数ではフランツ・ベッケンバウアー(103試合)やフィリップ・ラーム(113試合)を凌ぎ、ゴール数でもルディ・フェラーやユルゲン・クリンスマン(ともに47得点)を上回っている。サッカー大国ドイツにおいて、これだけの成績はそう簡単に残せるものではない。
ルディ・フェラー、ユルゲン・クリンスマン、ヨアヒム・レーヴといった指揮官からの評価も高く、10年以上にわたって代表の常連となった。
出場した国際大会は多く、ワールドカップを3度(2006年、2010年、2014年)、欧州選手権を4度(2004年、2008年、2012年、2016年)経験。2006年ワールドカップでは3得点を奪い、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドを抑えて「最優秀若手選手」に選ばれた。
他にも、ドイツ史上最速で100試合出場を達成するなど(2012年、27歳13日で)記録を打ち立てた。ポドルスキは、クラブ以上に代表で輝いた選手と言えるかもしれない。
なお、EURO2016をもってドイツ代表から引退を発表している。
「3.2」 – 30mダッシュのタイム
強靭な足腰を持つポドルスキ。
30mを3.2秒で走る俊足を武器としており、流れの中で中央へ入り込み、コンビネーションからフィニッシュへ持っていくパターンを得意とする。
また左足も非常に強烈で、いわゆる「弾丸」系のパワフルショットは迫力満点。エリア外から積極的にミドルシュートを狙うタイプではないが、抑えの利いたシュートが上手く、セットプレーを蹴ることも。
センターフォワードやセカンドトップを本職とするが、ケルンで起用されたようにサイドハーフでもプレーが可能だ。
本人曰く、「運動量があり、シュートも得意」。元々はMFであり、FWにコンバートされたことでその能力を開花させたという。
「10」 – お気に入りの背番号
ポドルスキは背番号「10」を好む。
なかでもドイツ代表では長い間お馴染みの番号とあり、2010年以降の主要国際大会では常にポドルスキがつけていた(ポドルスキの引退後はメスト・エジルが受け継いでいる)。
10番以外にもエースナンバーを数多くつけており、バイエルンやインテル、ガラタサライでは11番、アーセナルでは9番を背負った。
なお、ヴィッセル神戸では昨季ニウトンが「10」をつけていた。

続きを読む

【動画】ドルトムントのトーク番組に出演した香川真司!ドイツ語のジョークも披露!?

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はクラブの公式チャンネルの番組に出演した。クラブの英雄でもあるスタジアムアナウンサーのノルベルト・ディッケル氏が司会者を務める対談形式のトーク番組で、多くの質問にドイツ語で答えている。
熱いキャラクターとして好まれるディッケル氏は「コンニチハ、シンジ!」と香川を歓迎。まず最初にドルトムントは日本ではどう見られるかと聞かれた香川は「2年前、ドルトムントのチームと日本に行きましたが、スタジアムも満員ですごく良かったと思います」と回想し、笑いながら「僕よりクラブが人気を集めているのではないかな」と語った。
香川は、ドルトムントは日本で「年々ファンが増えていると思います。2年前にきたことですごく注目されているのではないかな」という。今夏の日本ツアーについては「とても楽しみにしています。素晴らしいスタジアムで試合ができるのでし、相手も素晴らしいので良い試合になればいいなと思います」と7月15日に埼玉スタジアムで行われる浦和レッズとの対戦を心待ちにしていることを明かした。
またドイツの何が好きかと聞かれると、「ビール!」と即答し、ディッケル氏とともに爆笑。「カリーヴルスト(カレー味のケチャップソースがかかったソーセージ料理)はすごく美味しい。先週、フェニックス湖の方に出かけて食べたところです。もう最高ですね」と現地の”B級グルメ”を絶賛した。「日本人としてドイツではおかしいと思うのは何か」との質問に対して香川は「あなたです」と返し、再び笑い声が響いた。
一方で、ドルトムントは13日にアウクスブルクとのアウェーマッチを戦う。香川は「コンディションはすごく良いですし、リーグのあと2試合は必ず勝てるように集中してやっていければと思っています」とコメント。これまで6回対戦しながらゴールを決めていない相手なだけに、「もちろんチームとして勝利したいと思いますし、ゴールとアシストを決めたいです」と意気込みを示した。
27日にはDFBポカール決勝の地ベルリンで、フランクフルトとの対戦が待っている。香川は、バイエルン・ミュンヘンに5-2で勝利した2012年のファイナルで1ゴール1アシストを記録した。その試合について、「バイエルン相手にとても良いプレーができましたね。試合後、ビールをたくさん飲みました。ケヴィン(グロスクロイツ)らとね」と振り返り、「(優勝)パレードもありましたね。もう一度経験できればと思います」とも話し、ドルトムント復帰後の初タイトルへ意欲をうかがわせた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000006-goal-socc
動画 香川真司インタビュー | FC Augsburg – Borussia Dortmund

続きを読む

元ドイツ代表バラックがイタリアのW杯予選敗退についてツイート!→炎上ww

元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏が13日、ツイッターを更新し、ワールドカップ出場を逃したイタリア代表を皮肉った。
イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。
イタリアのW杯予選敗退は60年前の1958年にまで遡り、以降は世界最高峰の大会への連続出場が続いていた。アッズーリの勝利を信じていたファンは途方に暮れ、主将のGKジャンルイジ・ブッフォンが涙ながらに代表引退を表明する中、イタリアの敗退に歓喜する声も聞こえた。
2006年ドイツ大会の準決勝において、イタリアに敗れ涙をのんだ元ドイツ代表のバラックは、試合終了の笛が鳴るとすぐにSNSを更新。皮肉のメッセージを立て続けに投稿している。「イタリアのために祈ろう」と綴ったほか、「世界チャンピオンが今は?!」と挑発的なコメントを掲載。2006年に世界の頂点に立ったアッズーリの凋落を揶揄した。
すると当然ながら、バラックの投稿にはイタリアのファンから抗議のメッセージが殺到し、炎上する始末となっている。「(ファビオ)グロッソと(アレッサンドロ)デル・ピエロを覚えているか?それでドイツは帰宅した!」や「グロッソとデル・ピエロがよろしく言ってるよ」など、ドイツ戦で得点を挙げた2選手に言及するものが多く、ゴールシーンの動画も添付された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000004-goal-socc

続きを読む

【ハイライト動画】コンフェデ杯!豪州は世界王者に1点及ばず…若手ドイツが打ち合い制して白星発進

■ドイツ 3‐2 オーストラリア
[Fisht StadiumSochi]
http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334890/index.html#nosticky
05分 [ド]シュティンドゥル
41分 [オ]ロギッチ
44分 [ド]ドラックスラー(PK)
48分 [ド]ゴレツカ
56分 [オ]ユリッチ
<オーストラリア>
ライアン、デゲネク、ミリガン、ライト、ベヒッチ、セインズベリー■、
ムーイ、ルオンゴ(46分クルーズ)、ロギッチ(71分トロイージ)、レッキー、ユリッチ(86分ケイヒル)
<ドイツ>
レノ、ムスタフィ、ヘクター、リュディガー、キミヒ、
ドラックスラー、ゴレツカ■、シュティンドゥル(78分エムレ・ジャン)、ブラント(63分ジューレ)、ルディ、ヴァグナー(58分ヴェルナー)
FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB第1節が19日に行われ、オーストラリア代表とドイツ代表が対戦した。
アジアカップ 2015を制したオーストラリアと、2014 FIFAワールドカップで世界王者に輝いたドイツが激突。
オーストラリアは、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクや、マシュー・レッキー、マッシモ・ルオンゴらが先発出場し、ティム・ケーヒルはベンチスタートとなった。
若手主体のドイツは、キャプテンのユリアン・ドラクスラー、シュコドラン・ムスタフィらに加え、初選出のサンドロ・ヴァーグナーとラース・シュティンドルもスタメン入りした。
試合は開始5分、ドイツが先制に成功した。ユリアン・ブラントがペナルティエリア内右に進入し、マイナスの折り返しを送ると、中央でフリーのシュティンドルが右足ダイレクトシュートをゴール右隅に決めた。
その後も攻勢を続けるドイツは23分、ヴァーグナーが浮き球パスでエリア内左に抜け出し、左足シュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。
劣勢のオーストラリアはセットプレーからチャンスを迎える。37分、左サイドからのFKで、トレント・セインズベリーがゴール前に抜け出してフリーでヘディングシュートを放つが、枠を捉えられなかった。
すると直後の40分、オーストラリアが試合を振り出しに戻す。敵陣中央でパスを受けたトム・ロギッチがドリブルで持ち上がり、エリア手前から左足ミドルシュート。
これはムスタフィにブロックされるが、自らこぼれ球を左足ダイレクトで振り抜き、ゴール右に沈めた。
だが、直後の43分にドイツは、レオン・ゴレツカがエリア内でルオンゴに倒されてPKを獲得。キッカーのドラクスラーが落ち着いてGKと逆のゴール右に流し込み、再びリードを奪った。
後半に入って48分、ドイツがリードを広げる。右サイドのジョシュア・キミッヒが前線へ浮き球スルーパス。エリア内右に走り込んだゴレツカが右足シュートでゴールネットを揺らした。
オーストラリアは56分、ロギッチがエリア手前右からミドルシュートを放つと、ゴール前のトミ・ユリッチに当たりコースが変わるが、GKベルント・レノにセーブされる。
だが、こぼれ球をユリッチが左足で押し込んでゴール。ユリッチのハンドが疑われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定により、得点が認められた。
ドイツは75分、途中出場のティモ・ヴェルナーがエリア内で相手DFをかわし、右足シュートを放つが、これは左ポスト直撃。
あと1点が遠いオーストラリアは87分にユリッチを下げてケーヒルを投入する。だが、スコアはこのまま動かず、ドイツが3-2でオーストラリアを破り、白星スタートを切った。
なお、大会は21日にグループA第2節の2試合が行われ、ロシアとポルトガル、メキシコとニュージーランドがそれぞれ対戦する。
サッカーキング6/20(火) 1:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00602505-soccerk-socc
PHOTO

ゲキサカ コンフェデレーションズ杯特集ページ
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?216000-216000-fl
TV
http://www1.nhk.or.jp/sports2/soccer

続きを読む

U20中国代表チームがドイツ4部リーグに参戦!?


U-20中国代表チームが新シーズンからドイツ4部相当のレギオナルリーガ・ズュートヴェスト(南西部)に加わることになるようだ。ドイツ『キッカー』『ビルト』などが伝えている。
2016-17シーズンはレギオナルリーガ・ズュートウェストにはアイントラフト・トリーア、キッカーズ・オッフェンバッハ、シュトゥットガルター・キッカーズなど古豪が所属。シュツットガルトやホッフェンハイム、カイザースラウテルンなどのそれぞれの2軍も所属する。だが、同リーグは19チームにより構成されるため、前半戦・後半戦において各チームにそれぞれ試合が開催されない節が1節ずつあった。
そして、新シーズンからその“穴”を埋めるのは中国のU-20代表チームになるかもしれないとのこと。DFB(ドイツサッカー連盟)の副会長兼レギオナルリーガ・ズュートウェスト幹部のロニー・ツィンマーマン氏は各クラブは「このアイデアに対して前向きだ」と語り、同リーグの「クラブのゼネラルマネジャーたちが近々に行われる集会で、そのアイデアの実現について決めなければいけない。試合日程もそこで決定されるのでね」と明かした。
中国のU-20代表チームは順位表には現れず、相手チームの勝ち点数にも影響しない。2020東京五輪のサッカー大会に向けた練習試合を行うといった位置づけで、中国側は対戦ごとに相手に1万5000ユーロ(約190万円)の報酬を支払うという。また同チームの拠点はハイデルベルク市近辺に置かれる予定で、ホームスタジアムを所有しないため、全試合がアウェーマッチになるそうだ。
なお、この極めて異例なU-20代表チームの他国リーグへの“加入”は去年11月にドイツと中国、DFBとDFL(ドイツサッカーリーグ)が締結した両国の
サッカーにおける提携契約の一角と見られる。
http://www.sanspo.com/soccer/news/20170622/bun17062221070007-n1.html

続きを読む

【日本代表】背番号柴崎岳→「7」香川真司→「10」杉本健勇→「14」

2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選、オーストラリア代表戦に臨む日本代表メンバー23名と背番号が、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトで発表された。
本田圭佑(パチューカ)や香川真司(ドルトムント)らが順当に選出されたほか、代表初選出となった杉本健勇(セレッソ大阪)もメンバー入り。背番号は「14」に決定した。
なお、今回は27名が招集されているため植田直通(鹿島アントラーズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)、小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)、武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)の4名が外れている。
日本対オーストラリアの一戦は31日、埼玉スタジアム2002にて19時35分キックオフとなっている。
■GK
1 川島永嗣(FCメス/フランス)
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)
■DF
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
5 長友佑都(インテル/イタリア)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
■MF
2 井手口陽介(ガンバ大阪)
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
6 髙萩洋次郎(FC東京)
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
■FW
8 原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
11 久保裕也(ヘント/ベルギー)
13 乾貴士(エイバル/スペイン)
14 杉本健勇(セレッソ大阪)
15 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
18 浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00636123-soccerk-socc

続きを読む