ファルカオ

【動画】コロンビア代表ファルカオ、韓国に怒り狂う!


コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(モナコ)は26日、ソウルワールドカップ競技場で行われた国際親善試合の韓国戦に途中出場するも、1-2で敗戦。試合終盤に医療用アイスボックスを投げ飛ばす行為に出たことが物議を醸しているが、英紙もコロンビアエースの振る舞いを「怒り狂ったファルカオが医療用ボックスを投げつけて“時間稼ぎ”に抗議」と取り上げている。
22日に行われた日本戦を1-0で制したコロンビアは、ファルカオ、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)らトップクラスの主力を温存して、敵地ソウルでの韓国戦に臨んだ。しかし、前半17分に相手エースFWソン・フンミン(トットナム)に先制点を奪われて出鼻を挫かれる。後半4分にMFルイス・フェルナンド・ディアス(アトレチコ・ジュニオール)が同点弾を決めるも、同13分に相手FWイ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)に決勝弾を奪われて敗れた。
そして問題のシーンが起きたのは、コロンビアが1-2と1点を追う後半44分だった。ゴール前でファルカオと交錯したDFホン・チョル(水原三星)がピッチに倒れ込むと、プレーは一時中断され、手当のためにスタッフらが駆け寄った。するとファルカオは試合の早急な再開を訴えるかのようにピッチ内に置かれた医療用アイスボックスをつかみ、ゴールラインの外へ放り投げるという驚きの行動に。それを見た主審は迷わずイエローカードを提示した。
ファルカオの乱暴なジェスチャーに対し、韓国メディアも「眉をひそめるファルカオの非マナー」「理解できない行動」「マナーでも韓国に完敗した」と断罪していたが、英紙「ザ・サン」は「怒り狂ったファルカオが医療用ボックスを投げつけて“時間稼ぎ”に抗議」と見出しを打って報じ、ファルカオが苛立ちを露わにした原因についても触れている。
「ホスト国(韓国)は時間を浪費するため、やけくそになっているように見え、試合を終わらせるためにあらゆる手段を引き出していた。しかし、ファルカオは韓国の駆け引きを察知し激怒すると、ただの親善試合にもかかわらず、怒りに任せて医療用ボックスを放り投げた」
1点差でリードを許している場面だったため、ファルカオには韓国が露骨な時間稼ぎを演じているように映ったようだ。百戦錬磨のストライカーにも、耐え難い瞬間だったのかもしれない。
3/27(水) 18:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00179261-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】マンUファルカオ終了の予感・・・U-21トットナム戦に出場しさらに評価を下げる!


「惨めなキャリアはさらなる底を打つ」
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは10日、
U-21チームの一員としてU-21トットナム戦に出場するという“降格人事”の屈辱を味わった。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。
9日のFAカップ準々決勝アーセナル戦は、ベンチから1-2でチームが敗れる姿を見守った。
自分と入れ替わる形でマンUを去ったアーセナルのFWダニー・ウェルベックが豪快な決勝点を沈めても、ルイス・ファン・ハール監督からはお呼びはかからなかった。
そのストライカーには翌日、屈辱の宣告が待っていた。リザーブリーグU-21ト ットナム戦への出場を命じられたというのだ。
記事では「ラダメル・ファルカオのマンUでの惨めなキャリアは火曜日にさらなる底を打った。 彼はルイス・ファン・ハール監督によりリザーブチームに投げ捨てられた」と伝えられた。
アシスタントコーチのライアン・ギグス氏がスタンドから鋭い視線を送る中、ファルカオは72分間プレーしたが、無得点に終わった。
試合は、トップチームで出場機会を激減させているDFラファエルのゴールで1-1のドローに終わっている。
ファルカオは今季、週給26万5000ポンド(4800万円)という高待遇で、モナコから期限付き移籍してきた。
だが、今季は4得点4アシストと、期待通りの結果を残せていない。今回のリザーブリーグ降格は、ファルカオの実戦感覚 を高める目的があるが、
記事では「マンUの監督は通常トップチームの選手に関してはけがから回復途中の場合のみ、このレベルでプレーすることを要求する」と指摘した。ファルカオは現在故障を抱えていない。
フランスメディアはマンUがすでにモナコにファルカオの買い取りオプションを行使しない旨を伝えたと報じている。
完全移籍に必要な金額は4350万ポンド(79億円)。ファン・ハール監督には今オフも昨夏に続き270億円の補強費を準備されているという。
だが、この非情な“降格人事”で、ファルカオをモナコに送還する意思を明確にしたのだろうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150311-00010001-soccermzw-socc
続きを読む

「後半に入って日本はとても冷静に戦ってきた!勝つためにどうすべきかを知っていた・・・」byコロンビア代表ファルカオ

[ロシアW杯グループH] 日本2-1コロンビア/6月19日/モルドビア・アレーナ(サランスク)
敗北に肩を落とすも視線は次のポーランド戦へ「勝つか、負けるかだ」
自身のキャリア初となる夢舞台に臨んだコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、日本代表との接戦を落としたことを悔やんだ。
試合前の国歌斉唱時には高ぶる感情を抑えきれずに涙したファルカオは、この試合で気迫のこもったプレーを見せる。
チームが開始早々の3分にカルロス・サンチェスがハンドによって退場し、同時にPKを献上。それを香川真司に決められる苦しい展開となるなかで、ファルカオは身体を張ってボールをキープしてはフリースペースを生み出してチャンスを演出。そして37分には長谷部誠に身体をぶつけてファウルをもぎ取り、ファン・フェルナンド・キンテーロの直接FKによる同点弾を呼び込んだ。
結局、数的不利となったことが仇となって時間の経過とともに運動量が落ちたコロンビアは敗戦。力強く、そして狡猾でもあったプレーの数々で決定機を創出したファルカオは、「僕たちは全力を尽くした。でも…」と黒星スタートの主因となったC・サンチェスの“スピード退場”を嘆いた。
「試合は開始3分で全てが難しくなったね。前半は僕らもいくつかのチャンスをつくって悪くはなかったけど、後半に入って日本はとても冷静に戦ってきた。彼らは勝つためにどうすべきかを知っていた。チームはあらゆる手を尽くしたけど、日本が勝利をさらっていたんだよ。前を向くしかない」
敗北に肩を落とした“エル・ティグレ(ファルカオの愛称。虎の意)”だが、気落ちしている余裕はない。4日後にはポーランドとの大一番がやってくる。東欧の雄も19日に行なわれたグループリーグ初戦でセネガルに1-2と敗戦している。そのため、ともに負ければ、決勝トーナメント進出が絶望的となる一戦だ。
早くも訪れた生き残りを懸けたサバイバルマッチに向けてファルカオは、並々ならぬ闘志を滾らせた。
「悲しい結果だけど、僕はこの逆境を誰もが望む結果に変えられると信じている。僕らには2つのエンディングしか残されていない。勝つか、負けるかだ。チームが更なる高みへ前進するための良い機会だ。やるしかない」
次戦へ向けて強い気持ちを示した32歳のベテランFWファルカオ。その想いは結果に繋がるのだろうか。ポーランドとの決戦の行方から目が離せない。
サッカーダイジェスト6/20(水) 6:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00042550-sdigestw-socc

続きを読む