ブラジル

ブラジル地元各メディアがU22日本代表を称賛!「終始冷静さを保っていた」「最高の出来を見せたのは日本」


田中、中山の豪快なミドルシュート3発でブラジルを粉砕
ブラジルに遠征中のU-22日本代表が現地10月14日、レシフェでU-22ブラジル代表との国際親善試合に臨み、3-2で勝利を収めた。
今夏のトゥーロン国際大会、PK戦の末にブラジルが勝利した決勝と同じ顔合わせ。ブラジル代表のメンバーには、昨季までラ・リーガの強豪バルセロナでプレーし、現在はゼニトに所属するマウコム、今夏に久保建英とともにレアル・マドリーに加入したロドリゴら、ヨーロッパの最前線で戦う選手たちが顔を揃える、豪華な顔ぶれだ。
それだけに現地での注目度は高く、スタジアムには8000人近いサポーターが集ったという。現地メディア『globo』は「前半は両チームともにミスが目立つ内容だったが、後半に最高の出来を見せたのは日本だった」と若き日本代表に賛辞を送っている。
「ブラジル五輪代表チームは、この敗北でレシフェでの準備が終了。トゥーロンで決勝を戦った日本とのテストマッチにおいて、ブラジルのDF陣はパッとせず、3点を奪われる体たらく。期待のロドリゴが投入されても、試合終了間際にコウキ・マチダ(町田浩樹)がレッドカードで退場となってからも、ブラジルの状態が好転することはなかった」
また、田中碧、中山雄太というふたりのスコアラーについても称賛した。特に田中のゴールセンスは印象的だったようで、「先制点を挙げたアオ・タナカの2点目は、ドウグラス・ルイスに当たって軌道を変えながらも、GKクレイトンを“殺した”」と伝え、3点目の中山のミドルシュートについては「ゴールのはるか遠くから撃ち込まれた、美しいゴールだった」と評している。
ブラジル紙『Terra』は「敗北にもかかわらず、ブラジルはいいスタートを切った」と自国チームを称える一方で、「終始冷静さを保っていたのは日本だ。DF陣が落ち着いて守り、試合を支配し、先制点を奪われても決して慌てることはなかった。我々のチームは、日本のGKを怖がらせることがほとんどできなかった」と日本チームを称賛している。
現地でも注目度の高い試合で、見事にトゥーロンのリベンジを果たした若武者たち。現地メディアも賛辞を贈る以外、選択肢はなかったようだ。
10/15(火) 7:06 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00065324-sdigestw-socc
現地メディアがキャッチした、2点目を決めた直後の田中のポーズに注目!

続きを読む

ブラジルメディアのブラジル選手への採点・・・


14日、東京五輪世代にあたるU-22ブラジル代表は、ホームでU-22日本代表と国際親善試合を行い、2-3で逆転負けを喫した。地元メディアの『グローボ』は、五輪連覇を目指すブラジルの敗戦に落胆している。
6月に行われたトゥーロン国際大会決勝で日本と戦ったブラジルは、同点に追いつかれながらも、PK戦の末にPPK5-4で勝利をおさめ、2014年以来5年ぶりの優勝を果たした。その再戦の注目度は高く、アレナ・ペルナンブーコには7911人のサポーターが集まったという。
だが、試合は前半16分にFWマテウス・クーニャがPKを決めて先制したものの、日本に3本のミドルシュートを決められて逆転。後半37分にはFWペドロがPKを決めて1点差とし、終盤に日本に退場者が出たが、同点に追いつくことができなかった。
同メディアは「ブラジルの攻撃は、日本を打ち負かすには至らなかった。試合中、日本人を危険にさらすことは、ほとんどなかった」と厳しい評価。さらに選手採点では、DFホージェル・イバニェスにチーム最低の『3.5』をつけ、「多くのパスミスを犯した。特に前半は、チームメイトに謝りながら手を挙げた彼を見るのは簡単だった」と寸評をつけた。
また、『4.0』をつけたFWパウリーニョについては「パフォーマンスは非常に悪かった。ネガティブなハイライトの1つ」。トゥーロン決勝で先制点を挙げたFWアントニーに対して「10日のベネゼエラ戦とは大きく違った。チャンスをつかむことができず、ほぼすべての1対1で負け、予想をはるかに下回った」として、『4.5』をつけた。
さらに後半13分から途中出場したレアル・マドリーのFWロドリゴ・ゴエスには『5.5』をつけ、「左サイドで攻撃を加速させるために入り、時間が経つにつれて良くなかったが、危険な存在ではなかった」と厳しい言葉を添えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-43472796-gekisaka-socc

続きを読む

あのロナウジーニョの今の預金額が半端なかった・・・!


足のアウトサイドでボールを外へ押し出し、即座に足の爪先に引っかけて切り返して相手を抜き去る妙技・エラスチコ。これをボールを浮かせてやってしまう、空中エラスチコ。
蹴る方向を見ないでパスを出すノールックパスを、あえてパスを出すのと反対を向いて出す、あっち向いてほいノールックパス。
後方からのパスを背中で止めると同時に、近くの味方に渡す、背中トラップ&パス。
独創的、華麗にしてどこかユーモラスでもあるプレーでマーカーをキリキリ舞いさせ、世界中のサッカーファンを魅了したロナウジーニョが、第2の人生で迷走している。
2015年9月末、リオの名門フルミネンセでプレーしたのを最後に、彼は現役を退いた。
以後は、世界各地で行なわれるサッカーやフットサルの記念試合や各種イベントに参加し、華麗な足技でファンを楽しませる「サッカー伝道師」を務める。
指導者にも解説者にもならず、「ロナウジーニョ」であり続けることを選んだ。
兄と購入した土地での違法建設。

一方、私生活では夜遊び好きのボヘミアン。正式に結婚したことはないが、2005年、ブラジル人ダンサーとの間に息子をもうけている。
選手として大きな名声と人気を手に入れ、莫大な金を稼ぎ、盛大に使ってきた。麻薬問題や反社会的勢力との関係が疑われたこともない。
しかし、近年、多くのトラブルを抱えている。
故郷ポルトアレグレ郊外の大きな湖のほとりに、兄で代理人を務めるアシスと共同で890ヘクタールの土地を購入した。
2009年、敷地内に全長142mの桟橋を建設し、橋の先端に船着き場と魚釣り用のスペースを設けた。周辺に水路やアスファルト道路も造った。
ところが、湖の一帯は環境保護地区に指定されており、市はこれらの建造物を違法とみなして撤去を求めた。
罰金の利子が4億7000万円に膨らむ。
ここで素直に従っていれば、何の問題もなかった。しかし、兄弟はこの要請に従わず、監察官の立ち入りも拒んだ。
市は2人を違法行為で訴え、2015年、地方裁判所が兄弟に桟橋の撤去と罰金80万レアル(約2080万円)の支払いを命じる判決を出した。
ところが、兄弟はこの判決も無視する。
昨年1月、この罰金が利子を含めて850万レアル(約2億2000万円)まで膨れ上がり、昨年9月、裁判所は兄弟のパスポートを没収した。
引退後のロナウジーニョは、収入の大半を国外での活動で稼ぐ。
外国へ出られなくなり、収入が激減した。
それだけではない。彼は57の不動産を保有するが、うち19の不動産の土地家屋税を長年滞納しており、昨年末、それが罰金と利子を含めて約1800万レアル(約4億7000万円)となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191001-00840920-number-socc
10/1(火) 8:01配信

続きを読む

【訃報】ブラジル・サンパウロFCの選手が惨殺遺体で発見される…局部切断、喉を切り裂かれて頭部が落ちる寸前の状態

カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のサンパウロFCに
所属するMFダニエル・コレア選手(24)が、惨殺遺体で発見されたことが判明した。このニュースを受けて同国サッカー界は29日、衝撃に見舞われ、各チームと選手が哀悼の意を表した。
サンパウロFCは同日の練習前、2015年にチームに加入したコレア選手に1分間の黙とうをささげた。クラブのコメント文によると、期限付き移籍で2部のサンベントでプレーしていたコレア選手は、「先週末に遺体で発見された」という。
ブラジル南部パラナ州の地元警察は、コレア選手の遺体が州都クリチバ郊外の田園地帯で27日に発見されたと発表。事件の捜査は「進展」していることに加え、同選手の家族が事情聴取を受けることになると明かした。
現地紙フォーリャ・デ・サンパウロは警察の話として、コレア選手が刃物で喉を切り裂かれて頭部が落ちる寸前の状態であったほか、局部も切断されていたと伝えた。
ブラジルは世界で最も治安の悪い国の一つとして知られており、昨年は人口10万人当たりで30.8人に相当する過去最多の6万3880人が殺害された。
ミナスジェライス州出身のコレア選手は、地元の強豪クルゼイロECのユース選手として期待され、2013年にリオデジャネイロに本拠地を置くボタフォゴFRでプロデビューし、元オランダ代表のクラレンス・セードルフ氏らとプレーした。
ドリブルの技術に定評があることから「ダニエル・メッシ」との異名を持ったコレア選手だったが、2014年に深刻な膝のけがをすると活躍の機会が限られ、当初の期待に応えることはできなくなっていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000027-jij_afp-socc
カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のサンパウロFCでプレーしたダニエル・コレア選手。

続きを読む