ブラジル

東京五輪出場という本田圭佑の野望はどうなる?


南米ブラジルで開催されているコパ・アメリカ2019はベスト4が出そろい、日本時間3日にブラジル代表対アルゼンチン代表、同4日にチリ代表対ペルー代表の顔合わせで準決勝が行われる。
準々決勝は4試合のうち3つがPK戦にもつれ込む熱戦となり、4大会ぶり9度目の優勝を目指す開催国ブラジルも90分間を通してパラグアイ代表からゴールを奪えず、かろうじてPK戦を制している。
グループCの最終戦で森保ジャパンがエクアドル代表を下していれば、ブラジルの対戦相手は日本だった。エクアドルに勝つチャンスが十分にあったことと、本気を出したサッカー王国と真っ向勝負できる価値を考えれば、逃した魚の大きさをあらためて感じずにはいられない。
もっとも、現時点で22歳以下となる東京五輪世代が18人を占める若いチーム編成で臨み、惨敗を予想する声が大勢を占めていたなかでチリ代表との初戦で大敗。最悪の状況からあと一歩まで巻き返した戦いの軌跡は、修羅場を経験したホープたちが自信と課題を得た点でポジティブにとらえていい。
しかも、ブラジルから持ち帰った手土産はまだある。五輪代表監督を兼任する森保一監督(50)は、東京五輪でのオーバーエイジ枠行使を視野に入れている。東京五輪世代の主力を招集せざるを得なくなったコパ・アメリカは、同時にオーバーエイジ候補選手との融合が図れる舞台になった。
最大で3人まで招集できるオーバーエイジ枠の歴史を振り返れば、過去の五輪では開幕直前にチームへ合流するパターンが繰り返されてきた。ひるがえって森保監督は「呼べるのであれば早い方がいい」と対照的な構想を描き、兼任監督のメリットを生かす形でタイミングを探ってきた。
「経験豊富なベテラン選手から言葉で伝えてもらいながら一緒にプレーをすることで、あるいは背中を見せてもらうことで、若い選手や経験の浅い選手は刺激を受けて成長していく。いろいろなタイミングがあると思うので、そういう(融合できる)環境を作ることを考えていきたい」
続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010001-wordleafs-socc

続きを読む

ブラジルで開催されているコパアメリカで異変!?


コパ・アメリカ2019(南米選手権)はグループリーグの全日程を終え、27日からは8ヶ国による決勝トーナメントへと突入する。
27日のブラジル対パラグアイを皮切りに、28日にはベネズエラ対アルゼンチンとコロンビア対チリ、29日にウルグアイ対ペルーが行われる。いよいよ負けたら終わりの一発勝負だ。
だが、開催国ブラジルはとてもコパ・アメリカ開催中とは思えないほど平穏だ。確かに各都市の空港やスポーツ量販店などに赴くと出場国のユニフォームや大会グッズが販売されてはいるものの、お祭りムードは一切ない。
サンバカーニバルが有名で、お祭り好きな国だと知っていたので相当な盛り上がりを期待して現地入りしてから拍子抜けな日々が続いている。もちろんサッカーは国民的スポーツなので、「コパ・アメリカ」と言えば知らない人はいないくらいだが、街中を歩いていても特別な雰囲気は感じないし、試合開催日に社会活動がストップするような光景も未だに見られていない。
観客動員数も大会への熱量の低さを物語る。開幕戦となったブラジル対ボリビアを取材した際、会場に集まったのは4万7260人と発表された。サンパウロの歴史あるモルンビー・スタジアムでの試合だったため、ブラジルサポーターで満員になると予想していたが、実際は約6万7000人を収容するスタジアムに空席が目立った。
もちろんブラジルの試合は毎回4万人を超える観客動員を記録しているが、現時点で4万人以上を集めたのは18試合中5試合だけ。そのうち3試合がブラジル絡みで、最多動員はリオデジャネイロの聖地マラカナン・スタジアムで開催されたチリ対ウルグアイの5万7442人だった。それでも映像を見る限りでは約7万5000人を収容する会場には空席が目についた。
実際のところ、観客動員1万人を割った試合もある。今大会最少は日本対エクアドルの7623人で、その2日前に同じ会場で行われたボリビア対ベネズエラも8091人と、ベロオリゾンチのエスタディオ・ミネイロンは空席だらけ。両試合とも現地で取材したが、スタジアム内の様子に虚しさすら感じた。
特に日本対エクアドルは試合直前までスタンドにほとんど観客がおらず、さながら無観客試合のような様相に。徐々に人は増えたが、少数のエクアドルサポーター以外は招待された団体客のような集団が大半を占めていたようだった。
地元のブラジル人の大半は、普段と変わらない日常生活を送っている。サッカーを愛していながら、コパ・アメリカの観戦には自国の代表を除いてほとんど関心を示していないと言っても過言ではないだろう。開幕戦前日に行われたリーグ戦のパルメイラス対アヴァイーは平日にもかかわらず3万1946人を集めていたから、国内リーグへの関心の方が高いこともうかがえる。
他にも例を挙げると、コパ・アメリカの試合開催日はスタジアム周辺に交通規制が敷かれるが、それすらほとんど周知されていないようで、毎回そのことを知らない帰宅ラッシュの一般車が殺到して大渋滞が発生している。日常と非日常が交差する象徴的な光景だった。
果たして決勝トーナメントに入って、開催国の盛り上がりは加速するだろうか。現時点では周辺国からやってくるアウェイサポーターに支えられている状態。ブラジル代表が敗退すればさらに深刻になりかねないが、サッカー大国ブラジルの秘めたる情熱の解放に期待したい。
(取材・文:舩木渉【ブラジル】)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190627-00328367-footballc-socc

続きを読む

【ハイライト動画】ブラジル決定力なさすぎ・・・コパアメリカ準々決勝!「ブラジルvsパラグアイ」試合結果!


コパ・アメリカ2019の準々決勝が28日に行われ、ブラジル代表とパラグアイ代表が対戦。PK戦の末にブラジルがパラグアイを下して、準決勝進出を決めた。
ブラジルは、グループAを2勝1分の無敗で首位通過。一方のパラグアイは、グループBを2分1敗で終えて3位になりながら、各グループ3位チームの中で成績上位2位以内に滑り込み、決勝トーナメントに駒を進めてきた。
ブラジルは、試合開始からペースをつかむ。3分にはロベルト・フィルミーノが振りの早いシュートでゴールに迫り、4分にはエヴェルトンがミドルシュートを放った。だが、それ以後ブラジルはボールを保持するものの、なかなか決定的なチャンスをつかめなくなる。
28分には、パラグアイにビッグチャンスが到来する。エルナン・ペレスが左から入れたクロスにデルリス・ゴンサレスが反応。胸トラップから右足シュートを放つも、ブラジルGKアリソンのファインセーブに阻まれた。前半はこのまま、0-0で終了した。
後半もブラジルペースで試合は推移していく。そして53分、フィルミーノがファビアン・バルブエナに倒されたとして、ブラジルにPKが与えられる。だが、その後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が発動。ファウルはペナルティエリアの外で起こったとして、判定がPKからFKに変更され、F・バルブエナは決定機阻止で一発退場を命じられた。このFKをダニエウ・アウヴェスが蹴るも、ボールはギリギリゴールの外に外れた。
その後もブラジルは10人のパラグアイを攻め立てるもゴールを奪えず、後半もスコアレスで終了。大会規定により、準々決勝のみ延長戦を行わないため、勝負の行方はPK戦にもつれ込んだ。
PK戦では、パラグアイの1人目グスタボ・ゴメスが、アリソンにシュートをストップされる。一方のブラジルは、4人目のフィルミーノがシュートをゴール左に外してしまう。だが、パラグアイの5人目デルリス・ゴンサレスのシュートもゴール左に外れる。最後はブラジルの5人目のキッカーであるガブリエル・ジェズスがキックを成功させ、何とか準決勝進出を決めた。
【スコア】
ブラジル代表 0-0(PK 4-3) パラグアイ代表
【得点者】
なし
【スターティングメンバー】
ブラジル代表(4-2-3-1)
アリソン;D・アウヴェス(82分 L・パケタ)、マルキーニョス、T・シウバ、F・ルイス(46分 A・サンドロ);アルトゥール、アラン、G・ジェズス、コウチーニョ、エヴェルトン、フィルミーノ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00952737-soccerk-socc

続きを読む

日本代表・中島翔哉の過去・・・原点は南米


中島翔哉の原点は南米 涙の訴えで留学延長の過去も
<南米選手権(コパ・アメリカ):日本1-1エクアドル>◇1次リーグC組◇24日◇ベロオリゾンテ
東京五輪世代が中心の日本代表にあって“オーバーエージ”のMF中島翔哉(24=アルドハイル)が、チームを勇気づける1発を決めた。前半15分、FW岡崎へスルーパスを送る。飛び出したGKにクリアされたが、そのボールにいち早く反応。無人となったゴールに右足で蹴りこんだ。1度は岡崎のオフサイドと判定されたものの、VARによってゴールが認められた。「うまく入ってよかった」と短い言葉で振り返った。
前半40分には久保の絶妙な縦パスから抜け出し、GKが一瞬前に出たのを見て放ったループシュート。わずかにゴールの上へと外れた。「選択に後悔はないが、技術が足りなかった」。後半ロスタイム4分には、ゴール至近距離からフリーでシュートを放ったが、相手選手のスライディングに阻まれた。1点こそ決めたが、追加点を奪えなかった悔しさが上回った。
思い入れの強い場所で再び決めたゴールだった。中学時代はブラジルの名選手ロナウジーニョに憧れ、中1から中3にかけて4度もブラジルへサッカー留学を経験。中3の最後には、サンパウロから母親に「帰国したくない」と泣きながら国際電話をかけ「日本の高校に行かず、このままブラジルに住んでプロになる」と頼んだ。留学期間を延長してもらうほど王国でのサッカー生活にひきこまれ、日本ではポルトガル語の塾に通った。そして16年リオデジャネイロ五輪のコロンビア戦に続き、今大会もクロスバーに当てながらの1発。日頃から口にする「楽しさ」を教わった国で着実に成長した姿を見せた。
A代表ではMF南野、堂安との「三銃士」が確立されているが、今大会は久保と三好に加え、安部も台頭。2列目のポジション争いが激化することは間違いなく、10番を背負う中島と言えども安泰ではない。ゴールを決めてなお「2点、3点と取れなくて残念だし、悔しい」と、さらなる決定力向上を誓った。
決勝トーナメントに進めばブラジルとの対戦が待っていたが、夢はかなわなかった。2分け1敗と未勝利に終わった南米での苦い記憶を、成長の糧にする。【岡崎悠利】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-06250762-nksports-socc

続きを読む

Jリーグ、外国出身選手のランキング!韓国出身選手が昨年の52人から40人に


・外国出身選手トップはブラジルで昨年から20人増! スペインも倍増で二桁到達
外国出身選手のランキングも見ていこう。今年も1位の座は王国・ブラジルで揺るがない。昨年よりも22人増えて88人となった。100人超えの日も、そう遠くはないか。
また、韓国出身選手が昨年の52人から40人に減った一方で、スペイン人選手が10人に倍増。
昨夏神戸に加入したアンドレス・イニエスタ、同じく鳥栖に加入のフェルナンド・トーレスをはじめ、今季から加入のダビド・ビジャ、イサック・クエンカら元バルセロナの名手たちに加え、福岡がスペイン1部のレガネスからGKセランテスを獲得している。
4位のタイは、母国で英雄のティーラシンが帰国したものの、大分にMFティティパンが加入。今季も代表選手3人(チャナティップ、ティーラトン、ティティパン)を含む5人のタイ人選手が在籍する。

1位:ブラジル 88人(昨年:66人)
主な出身者:ジョー(名古屋)、レアンドロ・ダミアン(川崎)、レオ・シルバ(鹿島)
2位:韓国 40人(昨年:52人)
主な出身者:チョン・ソンリョン(川崎)、チョン・スンヒョン(鹿島)
3位:スペイン 10人(昨年:5人)
主な出身者:アンドレス・イニエスタ(神戸)、ダビド・ビジャ(神戸)、イサック・クエンカ(鳥栖)
4位:タイ 5人(昨年:5人)
主な出身者:チャナティップ(札幌)、ティーラトン(横浜)
5位タイ:アメリカ 4人(昨年:3人)
主な出身者:富樫敬真(町田)、丹羽詩温(愛媛)
5位タイ:オーストラリア 4人(昨年:4人)
主な出身者:ランゲラック(名古屋)、アンドリュー・ナバウト(浦和)
7位タイ:2人
ウズベキスタン、オランダ、クロアチア、コスタリカ、スウェーデン、セルビア、ポーランド、マケドニア、マレーシア
16位タイ:1人
アルゼンチン、アルバニア、イタリア、イングランド、カナダ、キュラソー、ケニア、コロンビア、ジャマイカ、中国、トルコ、ナイジェリア、ニュージーランド、ノルウェー、パラグアイ、フランス、ベネズエラ、ペルー、ポルトガル、マラウイ、南アフリカ、モザンビーク
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00054694-sdigestw-socc&p=5

続きを読む

【全ゴール動画】第1戦でアメリカとドローのなでしこ、ブラジルと対戦!<試合結果>


3/3(日) 5:51配信
サッカー女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」で日本代表「なでしこジャパン」は2日(日本時間3日)、米テネシー州ナッシュビルでの第2戦でブラジルと対戦、3―1で今大会初勝利を挙げた。
前半は双方が広くピッチを使った攻めを見せたが、時間がたつにつれブラジルが度々ゴールに迫った。日本の守備陣が冷静に対処し得点を許さず迎えた44分、一瞬の隙を中島が突いてボールを奪うとゴール前で右にパス、受けた籾木がループシュートを決めて先制した。日本のリードで折り返した。
後半に入ると、ブラジルの攻めが激しくなり、12分にゴール前の混戦からデビーニャに決められて同点とされた。この後も防戦が続いたが、36分、籾木の右からのクロスを小林が頭で決めて勝ち越した。
リズムの良くなった日本は40分、籾木のパスを抜け出した長谷川が受けると、ゴール前でディフェンスをかわして左足で追加点を決めた。この後、ブラジルの反撃をしのいでこの大会初勝利を飾った。
日本は5日(日本時間6日)にイングランドと対戦する。
▼高倉監督の話 我慢しながら勝ちを引き寄せる展開になればと思っていた。90分で勝ち切れてよかった。よく耐えてやってくれた。
▼籾木の話 (2戦連発となった先制点は)中島選手がタメを作ってくれた。感謝したい。最後の試合も勝利できるように準備したい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000063-spnannex-socc

続きを読む

日本代表戦、ブラジルはコウチーニョが欠場濃厚!なお、ネイマールは・・・

10日に行われる日本代表との国際親善試合に向けて、ブラジル代表が6日にパリでトレーニングを実施した。 ブラジルメディア『グローボ』によると、MFフィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)は左足の負傷で欠場が濃厚となっているようだ。
報道によると、コウチーニョは左足大腿の内転筋を負傷しているという。
ブラジル代表のチームドクターを務めるロドリゴ・ラスマール氏は「回復の最終段階にある。 まだ完全な状態ではなく、日本と対戦する可能性は低い」とコメント。
10日にリールで行われる日本代表戦は欠場するとの見通しを語った。
また、コウチーニョと同じく左足の負傷で日本代表戦の出場を危ぶまれているのがFWネイマール(パリ・サンジェルマン)だ。
5日付のスペイン紙『マルカ』によれば、同選手は10月31日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節のアンデルレヒト戦で左足を負傷し、診察を受けて検査結果を待っている状態とのことだった。
6日付のイギリス紙『デイリーメール』によると、ネイマールは同日のトレーニングに参加。
笑顔を見せながら軽快な動きを披露しており、日本代表戦に出場する可能性が高いと報じられている。
ブラジル代表は10日に日本代表と対戦した後、14日にはイングランド代表との国際親善試合に臨む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00665565-soccerk-socc
11/7(火) 8:31配信

続きを読む

パーティ三昧の主将ネイマールがドゥンガ解任論に憤怒!「地獄へ落ちるだろう」「セレソンのユニ着用は名誉でアモーレがある」

リオ五輪専念で今大会は回避のパーティ三昧の主将が憤怒
“神の手ゴール”によりコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)で29年ぶりのグループリーグ敗退の屈辱を味わったブラジル代表には、国内外から多くの批判が寄せられた。ドゥンガ監督には解任論も渦巻くが、リオデジャネイロ五輪専念で南米選手権を回避したキャプテンのFWネイマール(バルセロナ)は、自身のSNS上で「彼らは地獄に行くだろう」と指揮官解任を求める世論に対して呪いの投稿に打って出た。
ブラジルは現地時間12日のペルー戦で、後半35分に相手FWラウール・ルイディアスが右手を使って叩き込んだゴールが認められたことで、0-1と敗戦。グループ3位に終わり、大会を早々と去ることになった。 この疑惑の一撃はブラジル国内だけでなく、宿敵アルゼンチン国内でも「ルイディアスのとんでもない行動によって、コパ・アメリカを去る羽目になった」と大きく報じられるなど、世界中で物議を醸している。
チームを率いるドゥンガ監督は「理解できない」と語るなど怒りを露わにしたが、
まさかの敗退劇を受けて更迭の可能性が高まっている。
セレソン史上最大の危機を迎えているなかで、黙っていられなかったのは今大会招集外となったネイマールだ。
ドゥンガ監督はセレソンの10番にしてキャプテンの重責を担う“魔法使い”に対し、
パリ・サンジェルマンのDFマルキーニョスと同様に、南米選手権と8月に行われるリオデジャネイロ五輪の兼任を要求していた。
だが、所属するバルセロナの強烈な抵抗に遭い、南米選手権を回避し、リオ五輪に専念することが決まった。
「僕はブラジル人、最後までともに歩む」
そのためネイマールは、南米選手権の開催中にアメリカでオフを満喫していた。
MLBニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドやNBAファイナルを戦うゴールデンステート・ウォリアーズを訪問し、スター選手と交流を深めた。またポップスターのジャスティン・ビーバー宅でビールを片手にリフティングに興じ、水着姿の女子テニスのセレーナ・ウィリアムスとのツーショット写真をSNSに掲載するなど、オフを謳歌していた。
王国ブラジルが苦戦するなか、エースのパーティ三昧には批判も出ていた。
だが、よもやの決勝トーナメント進出失敗という事態に、ネイマールは目が覚めた様子だ。
敗退を受けた主将兼エースは、自身のインスタグラムにブラジル代表の集合写真を載せた。
「セレソンのユニホームを着用することは名誉で、そこにはすべての“アモーレ”があるんだ」と忠誠を誓った。
それと同時に怒りを露わにしたのは、国内外で渦巻くドゥンガ監督の解任論に対してだった。
ブラジル人アタッカーは「今、多くの人々は解任のことを話そうとしている。そんな彼らは地獄へ落ちることになるだろう」 と過激な表現で批判に対抗。パーティモードから急転、呪いの言葉を発している。
ネイマールは「サッカーとはこのようなもの。僕はブラジル人で、最後までともに歩んでいく」と締めた。 母国ブラジルの大ピンチにいてもたってもいられなかったのは間違いない。
逆風が吹くセレソンの信頼回復を果たすためには、地元で開催される五輪での金メダル獲得が必須となった。 ナンバー10を背負う予定のネイマールは、大バッシングで陥落寸前のドゥンガ政権を支えられるのか。 この重圧に打ち勝ち、雑音を封じ込める輝きを見せることが、セレソンのエースには求められている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160614-00010007-soccermzw-socc

続きを読む