ブラジル

c始まった!?元ブラジル代表レアンドロを獲得へ


『Lance!』『Globo』などブラジルのメディアは、「日本の鹿島アントラーズがパウメイラスのFWレアンドロと交渉している」と報じた。
J1優勝後に出場したクラブワールドカップでレアル・マドリーと激闘を演じ、世界中を驚かせた鹿島。天皇杯でも昨日、準決勝で横浜F・マリノスを2-0で下し、元日に開催される決勝戦へ駒を進めた。
来年にはアジア・チャンピオンズリーグでの厳しい戦いも控えているが、そんな彼らに王国ブラジルから補強の話題が飛び込んできた。
その対象とは、今年のブラジル全国選手権を制したサンパウロ州の名門パウメイラスに所属するレアンドロだという。
レアンドロは1993年生まれの現在23歳。2011年にグレミオでデビューし、すぐに頭角を表したFWだ。2013年、元アルゼンチン代表FWエルナン・バルコスらとの交換で当時2部のパウメイラスへ移籍すると、13ゴールを記録してチームを昇格に導いている。
同年にはルイス・フェリペ・スコラーリ監督のもとワールドカップの自国開催を控えるブラジル代表に選出され、ボリビア戦でデビュー。翌年にはガンバ大阪のアデミウソンらとともにU-21代表としてトゥーロン国際大会に出場した。
2015年にサントスへ貸し出された際には、バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキとの比較から「レアンドロフスキ」などとも呼ばれ、現インテルのガビゴウことガブリエウ・バルボーザともプレーしている。しかし目立った活躍はできず、今年はコリチーバに貸し出されていた(今年の全国選手権の成績は25試合5ゴール)。
報道によると、クラブ間でレンタル移籍を前提にした交渉が行われているようだ。レアンドロとパウメイラスの契約は2017年末までとなっているが、もし、レンタルが決定した場合、1年間延長されるのだという。
気の早いWikipediaのポルトガル語版は、既にレアンドロの所属を鹿島に書き換えている。
http://qoly.jp/media/18f51c45-9f03-4cc1-81d7-fa5e14f189f9
ジーコの古巣ということでブラジルでの知名度がもともと高かった鹿島。しかし、レアルとの激闘はもちろん、アトレティコ・ナシオナルを倒したことによりさらに南米で一目置かれる存在となったようだ。
http://qoly.jp/2016/12/30/kashima-antlers-want-to-sign-with-leandro-hys-1

続きを読む

「今のままでは、日本代表は来年のW杯で1次リーグ敗退する!」byブラジル紙記者

FIFAランク44位の日本代表は、親善試合で同2位のブラジル代表に1―3で敗れた。ビデオ判定で与えたPKをFWネイマール(25)=パリSG=に決められるなど前半の3失点で勝負あり。
後半にDF槙野智章(30)=浦和=が1点を返したが実力差を見せつけられた。現地で取材したブラジル日刊紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」のセルジオ・ハンジェル記者(46)が観戦記を寄せ「日本は今のままではW杯1次リーグで敗退する」と語った。
【観戦記】
6人の控え選手が入ったブラジル代表が、さしたる困難なく日本代表を下した試合だった。後半のブラジル選手は、まるで練習試合のように気楽にプレーしていた。
日本には、サッカーにおいて最も重要な要素のひとつである創造性が欠如していた。この試合を見る限りFW本田圭佑、MF香川真司、FW岡崎慎司といった実績のあるベテランが日本にはまだまだ必要なのだ、と思わざるを得ない。
ブラジルも多くの控え選手を試したが、チームの根幹となる部分は変えていない。ハリルホジッチ監督の意図がどこにあったのかよく分からないが、貴重な欧州での強化試合にチームの柱となるべき選手を招集しなかったのは理解に苦しむ。
記者会見でハリルホジッチ監督は「最初のPKで選手が精神的なダメージを受けた」と語り、ビデオ判定によってPKを取られたことを大きな敗因に挙げた。しかし、これはもちろん言い訳に過ぎない。
あのプレーは明らかにDF吉田の反則だったし、主審がブラジルにPKを与えていなくても、試合内容と結果に大きな違いはなかったはずだ。
日本選手で目立ったのはGK川島だ。ネイマールのPKをストップしたセーブは見事だったし、3失点はいずれも彼の責任ではなかった。DF酒井宏はネイマールをかなり抑えたし、攻撃にも参加していた。
他には、良くも悪くも目立ったのがセンターバックの吉田だ。全く無駄なファウルでPKを与えたが、FKのチャンスにほぼ完璧なキックを放った。攻撃陣では、違いを作り出せた選手は見当たらなかった。
今のままでは、日本は来年のW杯で1次リーグ敗退するだろう。細心の注意を払って失点を抑え中盤でのパスミスを減らし、少ないチャンスをモノにするのが1次Lを突破する唯一の方策ではないか。
◆セルジオ・ハンジェル 1971年5月21日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。46歳。93年に日刊紙「オ・エスタード・デ・サンパウロ」に入社し、97年から日刊紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」運動部に勤務。
W杯は02年日韓から4大会連続で、五輪は12年ロンドン、16年リオを取材。
11/12(日) 5:56配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000220-sph-socc


続きを読む

サッカーほどの求心力日本の競技にはない

日刊スポーツ 8月22日 12時24分配信
<リオ五輪・男子サッカー:ブラジル1(5PK4)1ドイツ>◇20日◇決勝◇マラカナン競技場
国歌の大合唱に、身震いが止まらなかった。マラカナンでのサッカー決勝。相手はドイツ。ブラジル人が興奮しないわけがない。記者席でも、メモをとる記者などいない。惜しいシュートに立ち上がると、手にしたビールが飛び散る。完全にサポーター。PK戦では総立ちで歓声とブーイングを繰り返す。あまりの興奮ぶりに、観客のショック死まで心配になった。
「ブラジルが優勝すれば五輪は成功、優勝を逃せば失敗」と言われていた。サッカーで悲願の金メダルがとれるかどうかがすべて。各会場でのサッカー風な応援も問題になった。「ブラジル人には、五輪精神がない」という声もあった。
開幕前に聞いたタクシー運転手の青年の言葉を思い出す。「ブラジル人はサッカーばかり。他の競技にもいい選手はいるのに、そこには金を出さない。サッカーに費やす金を少しでも回せば、もっと活躍できるのに」。 20日までで金6、銀6、銅6個のメダルで14位。目標としていた「10位以内」は絶望的。それでも、サッカーが勝てばいいのだ。
日本は違う。今大会、競泳、柔道、体操、レスリングをはじめ11の競技でメダルを獲得した。公的資金も額の違いこそあれ多くの競技に投入されている。五輪を目指そうとする時、子どもたちの選択肢は広い。 素晴らしいことだと思う。
ただ、隣で大声をあげるブラジル人記者を見ながら「日本で、これほど求心力のある五輪競技はない」とも思った。会場には他競技のブラジル人選手も大勢集まっていた(ドイツ人選手もだけど)。国を挙げて応援し、一緒に戦う。残念だが、日本の競技にはない。
吉田沙保里や内村航平は知られていても、レスリングや体操は決してメジャーな競技ではない。柔道も知名度があるのは井上康生監督だし、競泳にも北島康介はいない。4年に1度、注目されるのはスター選手だけ。五輪のスポーツは、まだまだ知られていない。
「サッカーボールを抱いて生まれる」というブラジル人。生活の中にサッカーが密着している。
「スポーツ文化」が熟成している。少なくとも、彼らの人生におけるスポーツの役割は大きい。4年後、
さらにその先へ、日本人とスポーツの関わりはどうなっていくのか。終わることのない聖地マラカナンのお祭り騒ぎを見ながら、そう思った。【荻島弘一】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000085-nksports-spo

続きを読む

ブラジルに”ピカチュウ選手”がいることが判明!

ブラジルにピカチュウという選手がいることを、あなたはご存知だろうか。
ブラジル2部のパイサンドゥに所属するDFヤーゴ・ピカチュウだ。
もちろん、ヤーゴ・ピカチュウは本名ではない。
彼の名前はグライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボア。
しかし、ブラジルでは「ロナウジーニョ」や「カカ」のように、自ら任意の名前で登録することが一般的だ。ヤーゴもまた、そうして登録名にピカチュウを選んだ。
ヤーゴがピカチュウという名を選んだ理由は、意外にもゲーム「ポケットモンスター」が好きだったからではない。 ブラジル版ESPNが同選手のインタビューを紹介している。
「フットサルをしていた時に、コーチにそう呼ばれたんだ。僕は背が低く、すばしっこかったからね。
もちろん初めはピカチュウと呼ばれるのは好きではなかったよ。怒りもした。でも、時間が経つにつれて慣れたんだ」
今ではすっかりピカチュウの名で知られ、ファンからは同選手と本家ピカチュウがコラボレーションした動画を作られているほどに愛されている。
なお、ポルトガル語の発音ではピカチュウではなく、「ピカシュウ」となる。
また、実はブラジルにはピカシュウという登録名の選手がもう一人存在する。
同じくセリエBのボア・エスポルテに所属するFWウアリソン・ピカチュウだ。
パイサンドゥとボア・エスポルテの戦いは5月26日の第4節に予定されている。
運が良ければ「ピカチュウ・ダービー」を観ることができるかもしれない?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150411-00010003-footballc-socc

続きを読む

「ベルギー戦は“惜敗”ではない。世界との差を直視するべきだ!」byセルジオ越後

立ち上がり15分は良かったが…。
[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)
先日のブラジル戦(1-3)に続き、ベルギー戦も0-1で落とした日本は、今回の欧州遠征を2連敗で終えた。
ベルギー戦は圧倒されたブラジル戦の反省を活かしたのか、立ち上がり15分はよく走り、攻守で上々のパフォーマンスを見せた。
でも、時間が経つごとに日本の足は止まってしまった。
当たり前だがサッカーは90分トータルで考えなくてはいけない。
今回は6人交代制だったから体裁を保てたけど、終盤にはスタミナを消耗し、口を大きく開けている選手が何人もいたよ。
一生懸命走って相手にプレッシャーをかける戦い方は悪くはない。
ただ、それを90分続けるのは無茶な話だ。ハリルホジッチは試合後に「可能性を感じた」と語っていたらしいが、どのへんに可能性を見出せたのか疑問だね。
失点シーンでは守備陣の集中力が切れていたし、吉田を筆頭にあんな軽い対応をしていたらワールドカップ本大会は絶対に勝てないよ。
それに自陣に人数を割いてベルギーの攻撃を凌いだからこそ、カウンターに出る力が不足していた。
大きなチャンスと言えば、前半に吉田がセットプレーからヘッドを放ったシーンと、相手のミスから杉本がドリブルで持ち運んで左足で狙ったシーンくらいだった。
アジアレベルでは的確なポストプレーが光った大迫は潰される場面が多く、浅野、原口らも仕掛けた後のアイデアが乏しかった。
ベルギーは立ち上がりこそ面を食らっただろうが、その後は楽に試合を運べたはずだよ。
現にエースのE・アザールを外し、デ・ブルイネをボランチで起用するなど、通常とは異なるメンバー構成だったけど、焦りは感じられなかったからね。
日本の選手たちは「決め切るところで決め切れなかった」と嘆いていたようだが、そこが大きな差なんだ。
目立つ活躍をした選手はいなかった。
70パーセントほどの力しか出さなかったベルギーに、日本は120パーセントの力でぶつかって敗れた。それが現実なんだ。
試合後には「惜敗」という言葉をよく目にしたけど、惜しいなんて感覚でいたら困る。
ブラジル戦を含めて世界との差は大きく開いていると危機感を持つべきだ。
今の日本代表、そして彼らを取り囲むひとたちはワールドカップ6大会連続出場という言葉に、自分たちは強くなったと錯覚しているんじゃないかな。
ベルギーのように組織的に戦うチームには善戦したように見えたが結果的に負けているわけだし、ブラジルのように個人技の高いチームには滅法弱い悪癖も変わっていない。
この4年間、どこが成長したのか僕には分からないよ。
ベルギー戦では、個人として目立った選手もいなかったね。
先発でA代表デビューを飾った長澤は“悪くない”レベル止まりだったし、ブラジル戦に続いて途中出場した森岡は違いを作り出せなかった。
スタメンで起用された浅野は粗さが目立ち、アンカーを務めた山口もパスミスが何度かあった。ほかの選手が出てもさして変わらなかったはずだ。
要するに強豪国を相手に質の高いプレーを維持できる選手が今の日本にはいないんだ。タレントの質は明らかに落ちている。
メンバー外だった本田、香川、岡崎が出場しても結果が変わったかは分からないけど、今回の欧州遠征を通じて一番得をしたのは彼ら3人じゃないかな。
2連敗して、今後は彼らへの期待感が再び高まりそうだからね。
ブラジル戦、ベルギー戦の収穫は少ないが、世界との差を体感できた点はプラスに捉えるべきだろう。
本来はもっと早く強豪国とのマッチメイクを実現し、自分たちの実力を測っておくべきだったが、ワールドカップの前でもレベルの差を知ることができた点はポジティブに考えたい。
ハッキリしたのは日本は弱者の戦い方をするしかないということ。守備を固めながら、少ないチャンスをモノにする。
そのためにはセットプレーの精度を上げる必要がある。
吉田やブラジル戦でゴールを奪った槙野らを軸にサインプレーを用意したいね。ゴールをDFに頼るのも皮肉な話だが……。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00032589-sdigestw-socc
11/15(水) 17:00配信

続きを読む

浦和への乱闘事件で仲裁に入った済州のマルセロ・トスカーノがJリーグへ!

▽大宮アルディージャは22日、済州ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWマルセロ・トスカーノ(32)の完全移籍加入が内定したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。
▽マルセロ・トスカーノは、パウリスタやパラナ、フィゲイレンセ、アメリカ・ミネイロなどブラジル国内のクラブで長らくプレー。2010年8月から2013年1月まではポルトガルのヴィトーリアに所属すると、ポルトガル・プリメイラリーガで通算61試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。
▽2016年1月に済州ユナイテッドFCに移籍すると、今シーズンはKリーグ・クラシックで13試合出場6ゴール、AFCチャンピオンズリーグで8試合に出場。グループステージではガンバ大阪と同居し1ゴールを記録。ラウンド16では浦和レッズと対戦し、1stレグで1ゴールを記録していた。マルセロ・トスカーノはクラブを通じてコメントしている。
「まずは今回、このような機会をくださった大宮アルディージャに感謝の言葉を伝えたいです。大宮アルディージャに加入することができ、とても光栄ですし、チームの目標を達成できるようにベストを尽くします。新しいチームメートやスタッフたちとの出会いも楽しみですし、素晴らしいファン・サポーターの前で、良いパフォーマンスでこたえたいと思います」

超ワールドサッカー2017年6月22日16時23分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_280484
◆マルセロ・トスカーノ選手 大宮アルディージャ加入内定のお知らせ
http://www.ardija.co.jp/news/detail/12760.html
■ポジション:FW
■生年月日:1985年5月12日(32歳)
■身長/体重:184cm/83kg
■出身:ブラジル
■利き足:右
■選手歴:
パラナ・クルーベ(ブラジル) – ヴィトーリア・ギマランエス(ポルトガル) – フィゲイレンセFC(ブラジル) – ECコメルシアウ(ブラジル) – ヴィラ・ノヴァFC(ブラジル) – クイアバEC(ブラジル) – ミラソウFC(ブラジル) – アメリカ・ミネイロ(ブラジル) – 済州ユナイテッド(韓国)
■コメント:
続きを読む

【ハイライト動画】開催国ブラジル、南アフリカにまさかの無得点…リオ五輪初戦は引き分けスタート!

【ブラジル 0-0 南アフリカ リオデジャネイロオリンピック1次リーグ】
現地時間4日にリオデジャネイロオリンピック1次リーグが行われブラジル代表は南アフリカ代表と対戦。 開催国として金メダル獲得の期待がかかるブラジルだが、南アフリカを相手に0-0で引き分け初戦は引き分けスタートとなった。
オーバーエイジ枠として選出されていたネイマール、GKウェベルトン、レナト・アウグストの3人は先発出場を果たす。 強力な戦力を揃えるブラジルだが、なかなか得点を奪うことができない。
すると59分、ムバラが退場し南アフリカの選手が一人少なくなった。
その後はブラジルの猛攻が続きシュート20本以上も放ったが、それでもゴールを決めることはできず。 開催国として挑んだリオ五輪初戦は0-0となり引き分けスタートとなってしまった。
【得点者】
なし
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160805-00010001-footballc-socc
フットボールチャンネル 8月5日(金)6時13分配信
続きを読む

【日本代表】ロシアW杯の課題は「いかに点を取るか」にある!?

先週末に閉幕した東アジア4カ国の対抗戦『E-1選手権』で、日本代表は韓国に惨敗して優勝を逃した。北朝鮮、中国を連破したあとの敗戦は、どこか2017年を象徴しているような印象を与えた。
2015年6月から16年3月まで行われたロシアW杯アジア2次予選は、14年のブラジルW杯に出場した本田圭佑、香川真司、岡崎慎司らを中心に戦った。しかし、16年9月に開幕した同最終予選では、本田や長友佑都らが所属クラブで出場機会を得られず、コンディションに不安を抱える状況が続く。
ここでチームを支えたのが、原口元気、大迫勇也だった。所属クラブで好調だった二人に加え、久保裕也や浅野拓磨らの次世代も、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の選択肢となっていく。
6大会連続6回目のW杯出場を決めた2017年8月31日のオーストラリア戦は、世代交代を強く印象づけるものだった。浅野が先制点をあげ、代表出場3試合目の井手口陽介が2点目をマークしたのだ。守備陣では代表出場5試合目で24歳の昌子源が、29歳の吉田麻也とセンターバックのコンビを組んでいる。
◆W杯への課題は「攻撃」にあり
2017年最大のターゲットだったW杯の出場権は確保した。しかし、2018年6月開幕のロシアW杯の見通しは厳しい。
11月に実施した欧州遠征で、日本は世界ランク2位のブラジルに1ー3で敗れた。ブラジルが試合途中からペースダウンをしなければ、もっと点差が広がってもおかしくなかった。
直後に対戦した世界ランク5位のベルギーにも、0ー1で屈した。
世界のトップクラスが相手でも、ディフェンスのやり方を整理すればある程度は守れる。接戦に持ち込める。その一方で、チャンスを作り出すのは難しいことが、ブラジル、ベルギーとの2試合で明らかになった。攻撃に人数をかければ、カウンターを浴びるリスクが高まる。そうかと言って、人数をかけずに個人で勝負できるほど、日本人選手のクオリティは高くない。
ハリルホジッチ監督の戦術も、日本人選手の特徴を生かしきれていない。奪ったボールを素早く前線へ供給する狙いは、現代サッカーの方向性としては間違っていない。ただ、パスの受け手となる選手が孤立する場面が増え、せっかくのマイボールを失ってしまうことが少なくないのだ。結果的に、日本サッカーが大切にしてきた連動性が、担保できなくなっている。
◆W杯前最後となる3月のテストマッチはどうなるか?
各国代表の活動は基本的に国際サッカー連盟(FIFA・フィファ)の管理下にあり、次の活動期間は2018年3月だ。19日から27日までの間に、2試合を組むことができる。
日本は欧州遠征を予定する。W杯で同グループのコロンビア、セネガル、ポーランドを想定した試合を見込むが、W杯に出場する同タイプの国のなかには、すでにマッチメイクを終えたところもある。
実質的にW杯前最後となる3月のテストマッチは、選手の最終チェックの機会としても重要な意味を持つ。果たしてどのようなマッチメイクに着地するのか、注目していただきたい。
戸塚 啓
12/29(金) 20:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00007994-nallabout-socc

続きを読む