ブラジル

「日本代表からレッスンを受けることができた」byベルギー代表デ・ブライネ

●日本に劣勢を強いられるも壮絶な打ち合いの末に逆転勝利
日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表に2-3と惜敗。FIFAランキング3位の優勝候補をあと一歩のところまで追い詰めたが、初のベスト8進出は果たせなかった。ベルギー代表の司令塔を担うMFケビン・デ・ブライネは、予想外の苦戦を強いられた日本戦について「レッスンを受けることができた」と語っている
ベルギーは後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士にゴールを奪われ、2-0とリードを許した。しかし、そこからギアを上げて怒涛の反撃。後半24分、同29分、そしてアディショナルタイム4分と日本のゴールネットを揺らし、壮絶な打ち合いを制した。
デ・ブライネは決勝点の場面、自陣でGKティボー・クルトワからボールを受けると、そのままスピードに乗ったドリブル突破でカウンターを発動。右サイドにパスし、途中出場のMFナセル・シャドリのゴールの起点となった。
優勝候補ベルギーにとっては、FIFAランキング61位の日本にあわやアップセットを食らう窮地に追い込まれたが、デ・ブライネはこの苦戦も改めて気を引き締める好機としてポジティブに捉えているようだ。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」オーストラリア版がコメントを伝えている。
「僕たちは、対戦した日本からレッスンを受けることができただろう。それをブラジルとの試合で役立ててみせるよ。できる限りW杯の舞台にとどまりたい。ブラジルをノックアウトしてね」
プレミアリーグで独走優勝を果たしたマンチェスター・シティの中心選手であり、現在世界屈指のゲームメーカーと評されているデ・ブライネ。日本戦で学んだ教訓を、ベスト8で顔を合わせる王国ブラジル戦に生かすことができるだろうか。
ZONE 7/3(火) 20:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00118916-soccermzw-socc

続きを読む

ベルギー地元紙「サッカー日本戦でウォーミングアップしたあとブラジルに対して全力でいくべき」

7月2日(日本時間3日)の決勝トーナメント1回戦で日本(FIFAランキング61位
)と対戦する優勝候補の一角、ベルギー(同3位)
地元紙『HLN』は29日、「ベスト16で日本を相手にウオーミングアップした後、
ブラジルに対してその力を証明する必要がある」と日本を“スパーリングパートナー”扱い。視線はその次、 ブラジル対メキシコの勝者と対戦する準々決勝に向いている。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180630/spo1806300012-n1.html

続きを読む

ネイマールはやっぱりダイバー・・・テクノロジーは欺けなかった模様!

【ブラジル 2-0 コスタリカ ロシアワールドカップ・グループリーグE組第2節】
現地時間22日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグE組第2節でブラジルはコスタリカと対戦し、2-0の勝利を収めている。だが、ブラジルにとってはスコアほど簡単な試合ではなかった。
ブラジルが攻めてコスタリカが守る展開となったこのゲーム。コスタリカのGKケイラー・ナバスが好守を連発したこともあり、ブラジルはなかなか得点を決められず苦しんだ。
先制点を急ぐブラジルは0-0で迎えた78分、ペナルティエリア内でネイマールが倒れて主審は笛を吹いた。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認したところ、主審はPKではないとジャッジ。判定が覆り、コスタリカボールでリスタートとなった。
映像によると、コスタリカDFジャンカルロ・ゴンサレスの手は確かにネイマールに触れていたため、議論の余地は残るところ。ただ、ネイマールの過度なリアクションは、PKをもらいにいったという印象を与えかねないものだった。
試合は後半アディショナルタイムにブラジルが2点を奪って勝利を収めたため、このVARによる判定が大騒動になることはないかもしれない。それでも、軽度の接触ではPKをとってもらえないという感覚がネイマールの中に生まれた可能性はありそうだ。
6/22(金) 23:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00276830-footballc-socc

続きを読む