プレミア

武藤嘉紀だはゴールする力もアシストする力もない・・・プレミアのレベルにない


ニューカッスルは19位に低迷…
今季プレミアリーグ初先発を飾ったニューカッスルFW武藤嘉紀だが、サポーターはそのプレーに落胆を隠せないようだ。英『HITC』が伝えている。
29日に行われたプレミアリーグ第7節で、レスターと対戦したニューカッスル。
直近公式戦4試合で勝利のない(2勝2分)中で、スティーブ・ブルース監督は武藤をリーグ戦で初めて先発起用。サプライズ抜擢した日本代表アタッカーにチームの活性化を託した。
しかし武藤は、14分に訪れた絶好機を逃し、シュートは「0」。
タッチ数はわずか「10回」と、ほとんど見せ場を作れず。
前半終了間際に中盤のアイザック・ヘイデンが一発退場したことに伴い、前半のみのプレーでベンチへ下がった。
チームはその後大量失点を喫し、0-5と大敗している。
好調レスターとのアウェイゲームという難しい試合で存在感を放つことができず、チーム事情から45分間のプレーのみにとどまった武藤。
ファンは27歳FWに対し、SNS上で辛辣な言葉を綴っている。
「ゴールする力もアシストする力もない」「どっちのサイドでプレーしてるの?」「ムトウはプレミアリーグのレベルにない。軽すぎて、タックルもパスもできず、得点もない」
「チャンピオンシップ(英2部)がベストだろう」「役に立たないな」
これでニューカッスルは1勝2分け4敗、降格圏の19位に沈んでいる。
チームの不甲斐ない戦いにストレスを溜めるサポーターは、武藤を槍玉に挙げている。
2018年に900万ポンドの移籍金でニューカッスルへ加入した武藤だが、これまでリーグ戦では21試合の出場に留まり、得点はわずかに1点のみ。チームとともに苦しい状況が続いている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00010004-goal-socc
10/1(火) 7:31配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
成績

続きを読む

ブンデスリーガの放映権が凄い!史上最高額の5600億円で放映権契約!

【AFP=時事】
ドイツ・ブンデスリーガは9日、4年間の放映権を史上最高額で売却し、同国サッカー界にとって「将来の生き残り」を確保するための重要なステップを踏んだと発表した。
有料チャンネル大手の独スカイ(Sky)、スポーツ専門放送局ユーロスポーツ(Eurosport)、および独テレビ局ZDFは、合わせて年間平均14億ユーロ(約1690億円)でブンデスリーガ1部と2部の放映権を獲得し、国内外で試合を生中継することになった。
ブンデスリーガによれば、2017-18シーズンから2020-21シーズンまでの国内の放映権料だけでも46億4000万ユーロ(約5620億円)に達し、現行契約と比較して年間平均85%増になるという。
一方、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)のクリスチャン・サイファート(Christian Seifert)CEOは、
「ハイライト」放送のカテゴリーについては金額の折り合いがつかなかったと明かしたものの、中国など海外メディアの放映権についても交渉が進行中としている。
「全ての試合、全てのゴール」のキャッチコピーで知られるSkyは、生中継の独占権は失ったものの、
週末に行われるほとんどの試合の放映権を確保。ユーロスポーツは、入れ替え戦を含めリーグ戦43試合を放送することになった。
米インターネット小売り大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)も、ブンデスリーガを音声放送で中継する権利を獲得しており、 新規参入を果たしている。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000022-jij_afp-socc

続きを読む