ベルギー

「ベルギー強すぎる。俺らこんな怪物たちに真っ向勝負挑んでたんか」by長友佑都

ロストフで死闘を繰り広げた好敵手へ

日本代表を「ロストフの死闘」で下した“赤い悪魔”がブラジルとの準々決勝に臨み、鮮やかな2-1の快勝を飾った。実に32年ぶりとなるワールドカップでのベスト4進出だ。
序盤からフルスロットルでセレソンと対峙したベルギー代表。13分に敵のオウンゴールで先制点を挙げると、31分にはケビン・ブ・ブルイネが世界を震撼とさせる無回転ミドルを突き刺してリードを広げた。
後半はブラジルの反撃を食らって76分に1点を返されたが、それ以上はシャットアウト。守護神ティボー・クルトワのスーパーセーブも飛び出したベルギーが勝ち名乗りを上げた。
その美しき勝利に感銘を受けたのが、ほかでもない西野ジャパンのDF長友佑都だ。自身のツイッターで、「ベルギー強すぎる。俺らこんな怪物たちに真っ向勝負挑んでたんか。。」と驚きを表現。
世界最高レベルのバトルとサムライブルーのパフォーマンスを少しばかり重ね合わせたのかもしれない。最後は「ベルギーに優勝してほしい」との一文で締め、ロストフで互角以上の壮絶戦を繰り広げた最高の“好敵手”にエールを贈ったのである。
やはり日本の快進撃を止めたチームだけに、ベルギーの動向は気になるところ。彼らの次なる準決勝の相手はフランスに決まった。こちらも熱い熱い、隣国ダービーである。
サッカーダイジェスト 7/7(土) 7:07配信
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=43573

続きを読む

ブラジルvsベルギー!これはベルギー応援するよな?

7/6(金) 16:06配信
ブラジルが先発を公表、マルセロ復帰…ベルギーはフェライニ先発とFIFAが予想
6日の2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント準々決勝で、ブラジル代表とベルギー代表が対戦する。試合に先駆け、ブラジルサッカー連盟(CBF)は5日に先発メンバーを発表。また、ベルギーの予想スタメンを国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトが発表している。
すでに先発メンバーを発表したブラジルは、フィリペ・コウチーニョやネイマール、ガブリエル・ジェズスといったメンバーが順当にスタメン入り。脊椎の痛みで1回戦を欠場したマルセロが、左サイドバックに復帰した。また、出場停止となったカゼミーロの代役にはフェルナンジーニョが起用されている。
一方、ベルギーもメンバーの入れ替えが予想される。ヤニク・カラスコに代わってナセル・シャドリが入ると見られるほか、1回戦・日本代表戦でゴールを決めたマルアン・フェライニがドリース・メルテンスに代わって先発起用されると予想されている。前線にはエデン・アザールやここまで4得点のロメル・ルカクが起用されそうだ。
優勝候補同士の激突となるこの一戦は、6日21時(日本時間7日3時)にキックオフを迎える。
CBFが正式に発表したブラジルの先発メンバーと、FIFAによるベルギーの予想先発メンバーは以下の通り。
■ブラジル代表
▼GK
アリソン
▼DF
ファグネル
ミランダ
チアゴ・シウヴァ
マルセロ
▼MF
フェルナンジーニョ
パウリーニョ
フィリペ・コウチーニョ
▼FW
ウィリアン
ネイマール
ガブリエル・ジェズス
□ベルギー代表
▽GK
ティボー・クルトワ
▽DF
ヤン・ヴェルトンゲン
ヴァンサン・コンパニ
トビー・アルデルヴァイレルト
▽MF
アクセル・ヴィツェル
ケビン・デ・ブライネ
ナセル・シャドリ
トーマス・ムニエ
▽FW
マルアン・フェライニ
エデン・アザール
ロメル・ルカク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00789918-soccerk-socc

続きを読む

「10人の相手に1勝しただけ・・・2敗1分のチームがどうして強いと言える」byセルジオ越後

辛口サッカー評論家のセルジオ越後氏(72)が3日、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」(月~金曜後3・30)にゲスト出演。
サッカーW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに惜しくも2―3で敗れた日本代表に対する国内の感動ムードに物申した。
セルジオ氏はベルギー戦を振り返り、「試合の読みが思った通りにならなかったから西野監督が困った」と2点を先制したことが逆に采配を難しくしたと持論を展開。「試合後のインタビューで(西野監督)『何が足りないんでしょう』って言っていたけど、彼は答える立場。頭が真っ白になっていたと思う」と語った。
「どっちがチャンス多かったということを考えたら、惜敗というよりは内容的にはもっと大きな差があった」と試合を分析し、「冷静になって全部振り返ってみてください。10人の相手に1勝しただけで、あとは2敗1分のチームがどうして強いと言えるんですか」と大会全体を総括した。
また、国内が代表チームの健闘を称えるムードにあることにも「こんなに勝てない国にどうして辛口が僕一人なの。これでよくやったと言ったら勝たなくてもいいってことになる」と苦言。「外国なら負けたら慰めはない。負けても慰めるのは強くない証拠。負けは負け。負けたときに厳しくやらないと」と辛口評論を続ける意図を説明した。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000144-spnannex-socc

続きを読む

ベルギー代表MF「日本は2-0になった後、なぜか前線で動き続けて僕らにスペースを与えたんだ」

「日本に驚いた」。決勝弾アシストのベルギーMF、相手の試合運びに…【ロシアW杯】
【ベルギー 3-2 日本 ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦】
現地時間2日に行われたロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、日本はベルギーに2-3で敗れた。
MFトマ・ムニエは、日本の戦い方に驚き、それが自分たちにとって良い方向に働いたとも感じている。ベルギー『Het Nieuwsblad』が伝えた。
ムニエは後半アディショナルタイムの決勝点をアシストした選手。右サイドでケビン・デ・ブルイネのパスを受け、ナセル・シャドリのゴールを演出した。
この場面についてムニエは「最後の数秒は失うものがなかった。だから全力で行こうと思ったんだ」とコメント。
「ケビンが完璧に時間をつくって僕にパスをくれた。ただ、正直なところ、僕はナセルを見てなかったんだ」と振り返っている。
また、日本が2点リードとなったときについても話した。
同選手は、「日本のプレーに僕は驚いた。2点差になっても、彼らの前線は動き続け、スペースを与えたんだ。僕たちはパスでそこを突いた。
効率さえよければ、もっと得点できていたかもしれないね」と述べている。
2点を追う状況となったベルギーにとっては、守備を固められた方が嫌だったようだ。

誰からも愛される男、本田圭佑。イメージと異なる実像。その精神力が日本にもたらしたもの【ロシアW杯】

続きを読む

日本代表・西野監督がベルギー戦で2点リードで守りに入らなかったのはポーランド戦の影響だった!?

16強敗退に責任痛感…西野監督が語った2つの「後悔」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-01655914-gekisaka-socc
7/4(水) 5:09配信
ベスト16敗退に終わったロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)から一夜明けた3日、日本代表はベースキャンプ地のカザンに戻り、西野朗監督が報道陣の取材に応じた。
2大会ぶり3度目のベスト16という結果には「目標にしていたところではある。最低限の目標にはしていた」としながらも、2-0から3失点で逆転負けしたベルギー戦について「チームとすれば良いコンディションで臨めていたと思うし、実際、パフォーマンス的にもかなり戦えるゲームができたと思う。さらに勝てる状況があったわけで、最終的に勝ち上がれなかったのは少し残念ではある」と悔しさをにじませた。
後半24分、29分の連続失点で同点に追いつかれ、後半アディショナルタイムに決勝点を献上。2点差をひっくり返される展開に「ベンチワーク、私の動きも影響すると思う。そういう意味では(日本代表に)足りない部分の大きな一つではないかと思う」と、自身の采配についても反省の言葉を口にした。
後半3分、7分の連続ゴールで2点を先行する展開から果敢に3点目を狙いに行った。その理由について指揮官は「グループリーグ3つ目のゲームの取り返しというか、そういう気持ちもあった」と明かした。
グループリーグ最終戦のポーランド戦(0-1)で日本は終盤の約10分間、リードされているにも関わらず、後方でパスを回して時間を稼ぎ、他会場の結果にグループリーグ突破の命運を委ねた。その采配は国内外で賛否両論を招き、多くの批判も浴びた。このことがベルギー戦の采配に影響した。
4月の就任からわずか2か月で挑んだW杯。報道陣から「監督として喜びを感じた場面はあったか」と聞かれた西野監督は「ないですね」と答えた。その一方で、「後悔していることは」という質問には「ありますね」と即答。「3つ目の試合(ポーランド戦)の戦い方とか、昨日(ベルギー戦)の戦い方とか、それは後悔します」。そう率直に認め、自分自身の責任を痛感している様子だった。

続きを読む

日本代表・山口蛍、「棒立ち」の原因とは?

7/3(火) 18:51配信
残り1分の3点目、ベルギーカウンターは誰の責任? 山口蛍、「棒立ち」の原因とは
日本のロシア・ワールドカップ(W杯)は、後半残り1分を切ろうかという時間に突き刺さったベルギーのカウンターで、決勝点を奪われた。
このシーンで注目されている選手がいる。途中出場のMF山口蛍だ。カウンター時、高速ドリブルを仕掛けたMFケビン・デブライネと正対する位置におり、対応をめぐって議論が起きている。
■約9秒の高速カウンター
2018年7月3日未明のW杯決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦は、原口元気、乾貴士のゴールで2点先制後、ベルギーのフェルトンゲン、フェライニのゴールで2-2。目安4分の後半アディショナルタイムに入ると、本田圭佑の直接FKをGKクルトワがセーブし、日本がCKを獲得した。
本田がCKでゴール前に放り込んだボールは、クルトワが直接キャッチ。いち早く中央で前線へ走り出していたデブライネへと素早くパスを投げ、高速カウンターがスタートした。
デブライネがハーフラインを越えた時、相対したのがボランチ山口蛍だ。半身になってジリジリとバックステップを踏んだが、パスコースのカットや十分なディレイ(遅らせること)ができず、ほぼトップスピードを維持されたまま、ベルギー右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエにスルーパスを出される。ムニエはグラウンダーのクロスを上げ、逆(左)サイドからゴール前に走り込んだMFナセル・シャドリの決勝点につながる。クルトワがボールを投げてからわずか9秒ほどだった。
この場面、ツイッター上では「なんで山口蛍棒立ちだった」と、山口の対応を問う声があがった。だが「棒立ち山口無能説を唱えたい人はどうして欲しかったの?」との反論も出た。
具体的に山口はどんな状況だったか。デブライネのドリブル時、ベルギーのカウンターに参加していたのはムニエとシャドリ、さらに左にFWエデン・アザール、最前線にFWロメル・ルカクがおり、少なくとも計5人。
一方、CKのため前線に人数をかけていた日本の守備陣は、山口と、ルカクをマークしていたDF長友佑都、中央~逆サイド(シャドリとアザール)のスペースをケアしていたMF長谷部誠の計3人。山口は目の前のデブライネと、長友・長谷部がケアしきれないムニエの2人を気にしなければならないような状況にも映る。
そのムニエは、ルカクがいったん右サイドに張り出してから斜めに中央へ、マーカーの長友を引き連れながら走ってできた広大なスペースを使い、デブライネのスルーパスを引き出した。スルーパスの瞬間、長友は受け手のムニエへやや遅れてチェイス、その分空いたルカクのマークは長谷部にスイッチした。
マークがつくルカクは、ムニエのクロスをスルー。ルカクの先でフリーだったシャドリがダイレクトでゴールに流し込んだ。相手ゴール前から全速力で戻っていた昌子源は、あと少しのところでシュートに間に合わなかった。
「難しい判断であり、周りの選手も影響している」
9秒間でベルギーは複数の選手が有機的に連動した。しかも日本が数的不利な状況にあって、ボールホルダーに一番近い山口の取るべきディフェンスについては議論が噴出した。
サッカージャーナリストの河治良幸氏はツイッターで3日、「この試合内容で誰か選手を責めるつもりはない。ただ強いていうと山口蛍選手の最後の守備はせっかく(編注:デブライネの)縦を切ったのに、そこから下がりながら対応しようとして深い位置に進出され、(ムニエへの)パスから裏を取られてしまった。あのシーンこそハリルの3年間の教えを発揮して欲しかった」と指摘。ただ、「飛び込めとは言ってないです」とし、「難しい判断であり、周りの選手も影響しているシーンなので、異論や結局やられたのではという意見があるのは当然」と答えが出ない様子だった。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000011-jct-ent&p=2

続きを読む

「日本代表からレッスンを受けることができた」byベルギー代表デ・ブライネ

●日本に劣勢を強いられるも壮絶な打ち合いの末に逆転勝利
日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表に2-3と惜敗。FIFAランキング3位の優勝候補をあと一歩のところまで追い詰めたが、初のベスト8進出は果たせなかった。ベルギー代表の司令塔を担うMFケビン・デ・ブライネは、予想外の苦戦を強いられた日本戦について「レッスンを受けることができた」と語っている
ベルギーは後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士にゴールを奪われ、2-0とリードを許した。しかし、そこからギアを上げて怒涛の反撃。後半24分、同29分、そしてアディショナルタイム4分と日本のゴールネットを揺らし、壮絶な打ち合いを制した。
デ・ブライネは決勝点の場面、自陣でGKティボー・クルトワからボールを受けると、そのままスピードに乗ったドリブル突破でカウンターを発動。右サイドにパスし、途中出場のMFナセル・シャドリのゴールの起点となった。
優勝候補ベルギーにとっては、FIFAランキング61位の日本にあわやアップセットを食らう窮地に追い込まれたが、デ・ブライネはこの苦戦も改めて気を引き締める好機としてポジティブに捉えているようだ。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」オーストラリア版がコメントを伝えている。
「僕たちは、対戦した日本からレッスンを受けることができただろう。それをブラジルとの試合で役立ててみせるよ。できる限りW杯の舞台にとどまりたい。ブラジルをノックアウトしてね」
プレミアリーグで独走優勝を果たしたマンチェスター・シティの中心選手であり、現在世界屈指のゲームメーカーと評されているデ・ブライネ。日本戦で学んだ教訓を、ベスト8で顔を合わせる王国ブラジル戦に生かすことができるだろうか。
ZONE 7/3(火) 20:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00118916-soccermzw-socc

続きを読む