ベルギー

日本代表・西野監督がベルギー戦で2点リードで守りに入らなかったのはポーランド戦の影響だった!?

16強敗退に責任痛感…西野監督が語った2つの「後悔」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-01655914-gekisaka-socc
7/4(水) 5:09配信
ベスト16敗退に終わったロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)から一夜明けた3日、日本代表はベースキャンプ地のカザンに戻り、西野朗監督が報道陣の取材に応じた。
2大会ぶり3度目のベスト16という結果には「目標にしていたところではある。最低限の目標にはしていた」としながらも、2-0から3失点で逆転負けしたベルギー戦について「チームとすれば良いコンディションで臨めていたと思うし、実際、パフォーマンス的にもかなり戦えるゲームができたと思う。さらに勝てる状況があったわけで、最終的に勝ち上がれなかったのは少し残念ではある」と悔しさをにじませた。
後半24分、29分の連続失点で同点に追いつかれ、後半アディショナルタイムに決勝点を献上。2点差をひっくり返される展開に「ベンチワーク、私の動きも影響すると思う。そういう意味では(日本代表に)足りない部分の大きな一つではないかと思う」と、自身の采配についても反省の言葉を口にした。
後半3分、7分の連続ゴールで2点を先行する展開から果敢に3点目を狙いに行った。その理由について指揮官は「グループリーグ3つ目のゲームの取り返しというか、そういう気持ちもあった」と明かした。
グループリーグ最終戦のポーランド戦(0-1)で日本は終盤の約10分間、リードされているにも関わらず、後方でパスを回して時間を稼ぎ、他会場の結果にグループリーグ突破の命運を委ねた。その采配は国内外で賛否両論を招き、多くの批判も浴びた。このことがベルギー戦の采配に影響した。
4月の就任からわずか2か月で挑んだW杯。報道陣から「監督として喜びを感じた場面はあったか」と聞かれた西野監督は「ないですね」と答えた。その一方で、「後悔していることは」という質問には「ありますね」と即答。「3つ目の試合(ポーランド戦)の戦い方とか、昨日(ベルギー戦)の戦い方とか、それは後悔します」。そう率直に認め、自分自身の責任を痛感している様子だった。

続きを読む

日本代表・山口蛍、「棒立ち」の原因とは?

7/3(火) 18:51配信
残り1分の3点目、ベルギーカウンターは誰の責任? 山口蛍、「棒立ち」の原因とは
日本のロシア・ワールドカップ(W杯)は、後半残り1分を切ろうかという時間に突き刺さったベルギーのカウンターで、決勝点を奪われた。
このシーンで注目されている選手がいる。途中出場のMF山口蛍だ。カウンター時、高速ドリブルを仕掛けたMFケビン・デブライネと正対する位置におり、対応をめぐって議論が起きている。
■約9秒の高速カウンター
2018年7月3日未明のW杯決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦は、原口元気、乾貴士のゴールで2点先制後、ベルギーのフェルトンゲン、フェライニのゴールで2-2。目安4分の後半アディショナルタイムに入ると、本田圭佑の直接FKをGKクルトワがセーブし、日本がCKを獲得した。
本田がCKでゴール前に放り込んだボールは、クルトワが直接キャッチ。いち早く中央で前線へ走り出していたデブライネへと素早くパスを投げ、高速カウンターがスタートした。
デブライネがハーフラインを越えた時、相対したのがボランチ山口蛍だ。半身になってジリジリとバックステップを踏んだが、パスコースのカットや十分なディレイ(遅らせること)ができず、ほぼトップスピードを維持されたまま、ベルギー右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエにスルーパスを出される。ムニエはグラウンダーのクロスを上げ、逆(左)サイドからゴール前に走り込んだMFナセル・シャドリの決勝点につながる。クルトワがボールを投げてからわずか9秒ほどだった。
この場面、ツイッター上では「なんで山口蛍棒立ちだった」と、山口の対応を問う声があがった。だが「棒立ち山口無能説を唱えたい人はどうして欲しかったの?」との反論も出た。
具体的に山口はどんな状況だったか。デブライネのドリブル時、ベルギーのカウンターに参加していたのはムニエとシャドリ、さらに左にFWエデン・アザール、最前線にFWロメル・ルカクがおり、少なくとも計5人。
一方、CKのため前線に人数をかけていた日本の守備陣は、山口と、ルカクをマークしていたDF長友佑都、中央~逆サイド(シャドリとアザール)のスペースをケアしていたMF長谷部誠の計3人。山口は目の前のデブライネと、長友・長谷部がケアしきれないムニエの2人を気にしなければならないような状況にも映る。
そのムニエは、ルカクがいったん右サイドに張り出してから斜めに中央へ、マーカーの長友を引き連れながら走ってできた広大なスペースを使い、デブライネのスルーパスを引き出した。スルーパスの瞬間、長友は受け手のムニエへやや遅れてチェイス、その分空いたルカクのマークは長谷部にスイッチした。
マークがつくルカクは、ムニエのクロスをスルー。ルカクの先でフリーだったシャドリがダイレクトでゴールに流し込んだ。相手ゴール前から全速力で戻っていた昌子源は、あと少しのところでシュートに間に合わなかった。
「難しい判断であり、周りの選手も影響している」
9秒間でベルギーは複数の選手が有機的に連動した。しかも日本が数的不利な状況にあって、ボールホルダーに一番近い山口の取るべきディフェンスについては議論が噴出した。
サッカージャーナリストの河治良幸氏はツイッターで3日、「この試合内容で誰か選手を責めるつもりはない。ただ強いていうと山口蛍選手の最後の守備はせっかく(編注:デブライネの)縦を切ったのに、そこから下がりながら対応しようとして深い位置に進出され、(ムニエへの)パスから裏を取られてしまった。あのシーンこそハリルの3年間の教えを発揮して欲しかった」と指摘。ただ、「飛び込めとは言ってないです」とし、「難しい判断であり、周りの選手も影響しているシーンなので、異論や結局やられたのではという意見があるのは当然」と答えが出ない様子だった。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000011-jct-ent&p=2

続きを読む

「日本代表からレッスンを受けることができた」byベルギー代表デ・ブライネ

●日本に劣勢を強いられるも壮絶な打ち合いの末に逆転勝利
日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表に2-3と惜敗。FIFAランキング3位の優勝候補をあと一歩のところまで追い詰めたが、初のベスト8進出は果たせなかった。ベルギー代表の司令塔を担うMFケビン・デ・ブライネは、予想外の苦戦を強いられた日本戦について「レッスンを受けることができた」と語っている
ベルギーは後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士にゴールを奪われ、2-0とリードを許した。しかし、そこからギアを上げて怒涛の反撃。後半24分、同29分、そしてアディショナルタイム4分と日本のゴールネットを揺らし、壮絶な打ち合いを制した。
デ・ブライネは決勝点の場面、自陣でGKティボー・クルトワからボールを受けると、そのままスピードに乗ったドリブル突破でカウンターを発動。右サイドにパスし、途中出場のMFナセル・シャドリのゴールの起点となった。
優勝候補ベルギーにとっては、FIFAランキング61位の日本にあわやアップセットを食らう窮地に追い込まれたが、デ・ブライネはこの苦戦も改めて気を引き締める好機としてポジティブに捉えているようだ。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」オーストラリア版がコメントを伝えている。
「僕たちは、対戦した日本からレッスンを受けることができただろう。それをブラジルとの試合で役立ててみせるよ。できる限りW杯の舞台にとどまりたい。ブラジルをノックアウトしてね」
プレミアリーグで独走優勝を果たしたマンチェスター・シティの中心選手であり、現在世界屈指のゲームメーカーと評されているデ・ブライネ。日本戦で学んだ教訓を、ベスト8で顔を合わせる王国ブラジル戦に生かすことができるだろうか。
ZONE 7/3(火) 20:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00118916-soccermzw-socc

続きを読む

ベルギー代表で香川の元同僚・ヤヌザイ、日本戦は欠場する模様・・・

現地時間2日に行われるロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦するベルギー代表だが、その試合でプレーできない選手がいるようだ。
ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、1日に行われた記者会見で、FWアドナン・ヤヌザイについて「彼は外れる。(30日の)トレーニングで膝を打った」と明かした。なお「休息をとって、他の選手たちは全員フィットしている」と、ヤヌザイ以外の選手の状態が良好であることも強調している。
かつてマンチェスター・ユナイテッドやボルシア・ドルトムントで香川真司とともにプレーした経験を持つ23歳のウィンガーは、グループリーグ第3戦のイングランド戦に先発出場し、初出場&初ゴールでベルギーを勝利に導いていた。
今季から在籍しているレアル・ソシエダでプレーの切れ味を取り戻し、リーグ戦28試合出場3ゴール5アシストという成績を残してワールドカップ出場を勝ち取ったが、大一番への出場は微妙な状況となっている。
もちろんヤヌザイ負傷の情報は、マルティネス監督による“ハッタリ”かもしれない。日本戦では前線のトリオにロメル・ルカクやエデン・アザール、ドリース・メルテンスといった本来の主力選手たちの起用が予想されており、ヤヌザイはこれまで通りスーパーサブ的な役割を担うと見られていた。
日本にとって初めてのベスト8進出に挑むベルギー戦は、日本時間3日3時キックオフ予定となっている。

7/2(月) 19:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00279326-footballc-socc

続きを読む