リーグ

コパアメリカ日本代表メンバー選考、さらに困難な状況に・・・


日本代表メンバー選考が混迷を深めている。日本サッカー協会は17日、都内で行われたJリーグ契約担当者会議の席で森保ジャパンが臨む南米選手権(6月、ブラジル)への選手派遣を各クラブに要請したが、Jリーグの原博実副理事長(60)は厳しい見解を示した。
この日の会議に出席したJクラブの強化担当者は「(協会から)お願いはあったが、具体的な話は特にない。進んでいない」という。今大会に向けては、クラブに選手派遣の義務がないため、森保一監督(50)も「難しい」と頭を抱えていたが、いまだに打開策は見いだせない。それどころか、さらに困難な状況が浮き彫りになった。
これについて原副理事長に聞くと「国際Aマッチデーではないので(派遣は)難しい」と話した上で「(同じアジアから参戦の)カタールみたいに(シーズンが)秋春制ならともかく、Jリーグはシーズン真っ最中。しかもACL(アジアチャンピオンズリーグ)だってある。Jからすれば、そちらが公式戦だ」と強調した。
南米選手権は、J1リーグ戦に加えてACL決勝トーナメント1回戦と日程が重なる。さらに人数や年齢で制限する枠組みも設定しておらず「それは出場すると決まった時からそういう前提になっている。クラブと個別の交渉になる」(原副理事長)。クラブが拒否すれば、もはや打つ手なしというわけだ。
さらに原副理事長は海外組についても「(試合に)出ている選手は休ませないといけないし、出ていない選手もチームを移ったりするから余計難しい」。自身が2014年まで技術委員長を務めた経験を踏まえ「向こう(欧州)のクラブに話をしても『なんで南米選手権に日本人が出るんだ』という反応がほとんどだった」と話し、すでに絶望的な状況だ。
まさに八方ふさがりの森保ジャパン。南米の強豪とガチンコ勝負できる貴重な強化の場と期待されていたが、それ以前にチームを編成できるのだろうか。
2019年04月18日 16時30分 東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/1358484/

続きを読む

ドルトムント香川真司「次はレアルなので準備したい」

CL初戦のレギア・ワルシャワ戦では出番のなかった香川真司
サッカーキング編集部
サッカー総合情報サイト
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が14日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)はアウェーでレギア・ワルシャワ(ポーランド)に6-0と大勝した。
10日に行われたブンデスリーガ第2節のライプツィヒ戦を負傷欠場していた香川はベンチ入りメンバーに復帰したものの、出場機会は訪れなかった。試合後、「もちろん出たい気持ちは常々ありますけど」と述べたうえで、「足の状態もパーフェクトではないので、監督とも話して、出ないかなとは思いました。無理するところではないですし」と、足首の打撲が完治していないことを明かしている。
チームの勝利については、「前半の15分で3点入る試合ってなかなかないですけど、こういうスタートはすごく良かったんじゃないですかね」とコメント。リーグ戦で昇格組のライプツィヒにまさかの黒星を喫したことで、チームは緊張感を持ってCL初戦に臨んだという。
「緊張感はすごくありましたし、練習においても、改めてもう一回切り替えるじゃないですけど、いい緊張感というのはありました」
そして2年ぶりとなるCLの舞台について「やはりいい雰囲気ですし、あとは他のチーム、リーグを見てもこういう中で競い合えるというのは幸せですし、次はレアル(・マドリード)なので準備したい」と次戦への出場に意欲を見せると、「同時に、リーグが1勝1敗なのでもう一回しっかり、この勢いを続けていけるようにしたいです」と、この日の快勝をリーグ戦につなげていきたいと述べた。
CL白星スタートを切ったドルトムントは17日にリーグ戦第3節でダルムシュタットと対戦する。

http://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20160915/493320.html?cx_top=newarrival

続きを読む

「Jリーグ原博実副理事長は言葉を選んで欲しい!いい気分はしない」by神戸・三浦淳寛SD

神戸・三浦SDがJリーグ原副理事長に不快感「言葉を選んでほしい」
ttps://www.daily.co.jp/soccer/2019/04/11/0012230951.shtml
J1神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター(44)が、Jリーグの原博実副理事長(60)の発言に不快感を示した。
DAZNで配信された「Jリーグジャッジリプレイ」の内容を受けたもの。
番組では第6節松本-神戸戦で神戸FWウェリントンのゴールがファウルの判定で取り消されたシーンが取り上げられた。
混戦の中で神戸DF大崎が相手選手のユニホームを引っ張っている映像が流され、原副理事長は大崎のファウルを指摘した上で「ヘタ。もうちょっとうまくやらないと」と発言。
三浦SDは「言葉を選んで欲しい。本人を含め神戸関係者はいい気分はしない」と苦言を呈した。

プロレスキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!

続きを読む

中島翔哉の中東移籍にイラつく理由・・・


サッカー日本代表の新エース・中島翔哉選手がポルトガルのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルへ約44億円で移籍した。多くのサッカーファンは中島選手の欧州での活躍を期待していたようで、批判の声が目立つ。だが心理カウンセラーの小倉広氏は「批判する人たちは、自分自身のネガティブな欲求や感情を他者に押し付けているだけだ」と指摘する――。
■お金目当ての「年金リーグ」を選んでガッカリ
サッカー日本代表のエース中島翔哉(以下、中島選手)が、ポルトガルのポルティモネンセからの移籍先としてカタールのアル・ドゥハイルを選んだことは、日本のサッカーファンに大きな衝撃を与えました。
なぜならば、私を含む多くのサッカーファンが移籍先として、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスの欧州5大リーグ、中でもビッグクラブと呼ばれる強豪への移籍を期待していたでしょうから。
中島選手は、ヨーロッパでは5大リーグに次ぐ二番手リーグと言われるポルトガルで月間MVPを受賞するなど大活躍をし、一躍世界から注目されるようになりました。そして、5大リーグの複数のチームから関心が寄せられ、「移籍間近! 」との記事が紙面をにぎわせていたのです。
また、カタールなど中東リーグは別名「年金リーグ」とも呼ばれ、盛りを過ぎた有名選手が晩年にお金を目当てに過ごす二流の「金満リーグ」だともいわれています。だが、中島選手は、24歳という若さで中東を選んだ。そのことに、多くのファンが失望してしまった、とも言えるでしょう。
■中島選手にイラっとした理由
この一連のプロセスを意識化するのです。具体的には、先に挙げた「投影のメカニズムが自分の中にある」と認め、メカニズムが働いていることを「思考」で確認するのです。
———-
①「中島選手がカタールに移籍する、と聞いた時にイラッときたなぁ」

②「そんなことは本来、気にするほどのことではないはずなのに、少し過剰な反応のような気がするな」
③「ということは、おそらくこれは“投影”に違いない」
④「私が“認めたくない”“なかったことにしたい”と考える社会通念に反する欲求や感情って何だろう? 」
⑤「そうか。私は“現状維持でいたい”“ステップアップしたくない”という気持ちが本当は無意識下にあるんだな」
⑥「そんな自分を認めよう。私は、現状維持でいたいと思う時があるんだな。確かにそうだな」
このように自問自答を繰り返し、それを否定せず、受け容れるのです。
これらのプロセスは、一人でできる場合もありますが、アドラー心理学などカウンセラーの力を借りながら意識化させることも可能です。
全文掲載
4/11(木) 15:15 プレジデントオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00028356-president-life&p=1

続きを読む

Jリーグでも「VAR」導入へ!


Jリーグでは今季、YBCルヴァンカップのプライムステージ(準々決勝以降)の全試合とJ1参入プレーオフの決定戦でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入が決まっている。
これまでも様々な大会で実施テストや試験導入が行われてきたVARについて、Jリーグは11日にメディア向けの説明会を行った。
そこではロシアワールドカップやAFCアジアカップなどでも導入されてきたVARについて、改めて介入の基準や運用方法などが説明され、実機によるデモンストレーションも公開された。実際にピッチ上の主審とVARがやり取りする中で使用される用語や、臨場感あるコミュニケーションも再現され、メディアがモニターなどを操作して体験できる時間も設けられた。
説明会には、サッカーの競技規則の策定や改正などを司る国際サッカー評議会(IFAB)からテクニカルディレクターを務めるデイビッド・エラリー氏も出席。かつてプレミアリーグなどで活躍した名審判でもある同氏は「VARを用いることで、非常に重要な判定の正確性は99%となっている」と欧州などで導入が進む最新テクノロジーの有用性を強調し、映像も交えながらVARの仕組みを解説した。
実際、すでにVARが導入されているセリエAでは、その初年度に悪質なシミュレーションが約40%減り、イエローカードの枚数も10%以上削減に成功するなど、よりフェアなプレーが増えているという。エラリー氏はこうしたデータも示しながら、VARが主審の判定をサポートすることによる効果も説明していた。
VARは「あくまで予備の目を担うもの」で「最終的な判定を下すものではない」ため、その意識がしっかりと浸透すれば主審がテクノロジーによる助言に頼りすぎることもないとエラリー氏は見ている。介入の基準は「PKか否か」「ゴールがノーゴールか」「一発レッドカードか、そうでないか」「人違い」の4つのみ。イエローカードや単なるファウル、またはスローインなどはVARの介入・助言対象にならない。
重要な判定を、より正しく下すためにVARが活用されることで、ピッチ上のプレーのみならず審判たちへの好影響もありそうだ。エラリー氏は「私も多くの間違いを犯した」と自らの経験も踏まえた上で、「レフェリングに関するスキャンダラスな事象は、どうしてもメディアの見出しに載りがちだが、そういったことも減って主審への必要以上のプレッシャーも軽減される」と語っていた。
JリーグとしてはVARのリーグ戦などでの本格導入も、前向きに検討していく方針だという。まずはルヴァンカップやJ1参入プレーオフの最大14試合で、実際にどのような効果を発揮するか注目が集まりそうだ。
4/11(木) 16:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00317345-footballc-socc

続きを読む

平成はサッカーの時代だった!?


平成はサッカーの時代だった。
……と大上段に書き出したのは、もちろん改元が迫っているからだ。
史上最高値に沸き立つ東証の手締めの映像、「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから」と涙ながらに叫ぶ社長の記者会見。そんな平成を象徴するシーンをテレビで目にするたびに、その認識は強くなる。
「バブル」とその「崩壊」から始まった時代だった。「失われた20年」を過ごした30年間だった。
そんな時代にあって、数少ないサクセスストーリーを演じたのが、サッカーだった。
「もし1年遅かったらJリーグは……」
日経平均株価が3万8915円の史上最高値を記録したのは平成元年(1989年)の大納会である。世界の企業ランキング(時価総額)トップ20社のうち14社を日本企業が占め、三菱地所がロックフェラーセンターを、ソニーがコロンビア映画を買収。(いさかかヒンシュクを買いながらではあったが)ジャパン・マネーはまさしく世界を席巻していた。
平成の幕開け、日本は紛れもなく絶頂にいたのだった。
このときJリーグはまだ存在していない。しかし、(以前にも書いたが)日本リーグ活性化委員会で「スペシャルリーグ」構想が立案されたのがこの平成元年。まだアマチュアリズムが強かった当時、「プロ」という言葉を巧みに伏せながら、それでもプロリーグ設立へと動き始めたのは、小渕恵三官房長官が「平成」の額を掲げた2カ月後のことである。
このタイミングで踏み出すことができた背景にあったのは、もちろん活況な日本経済だ。活性化委員会の委員長を務めた小倉純二(後にサッカー協会会長)が「もし1年遅かったらJリーグは誕生しなかったかもしれない」と語ったことがあるが、企業の業績がよく、自治体の税収も豊かだったこの時期だったからこそ、プロ化というギャンブルに打って出ることができた。
バブル期だからできたW杯招致。
プロリーグだけではない。この平成元年、日本サッカーはもう一つ、大胆な挑戦を始めている。「ワールドカップ招致」である。
この時点ではサッカー協会内のごく一部による小さな招致活動。それでもFIFAに乗り込み、立候補の意思表示をしたのだ。
言うまでもなく、このとき日本代表はまだワールドカップに出場したことがない。それどころか川淵三郎(当時日本リーグ総務主事)が「競技力ない、人気ない、スタジアムない」と自虐的な表現でしばしば振り返っていた通り、「出場」はおろか、「開催」など夢のまた夢という立場である。
にもかかわらず、そんな無謀な意思表示をFIFAは極めて好意的に受け止めた。なぜなら当時、大会スポンサーの半数近くを日本企業が占めていたからだ。
付け加えれば、国内でも愛知県の刈谷市をはじめ20都市が開催都市となることに前向きな姿勢を示している。スタジアム建設が必要にもかかわらず、だ。
やはりバブル期だったからこそである。
4/11(木) 17:01配信 ナンバー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00838937-number-socc

続きを読む

今は日本代表よりJリーグの方が人気?

これマジ?

https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20190415-00121202/
今年1月にアラブ首長国連邦で開催されたアジアカップでも日本人の少なさは目立った。日本代表を海外まで追いかけていくファンは激減の一途を辿っている。
先のコロンビア戦、ボリビア戦のスタンドを眺めれば、満員には埋まっているものの、青いユニフォームを着て歌い続けるサポーターは大幅に減った。
他方、Jリーグのサポーターは元気がいい。アウェー戦にも足を運ぶ。アジアチャンピオンズリーグでは、海外のアウェー戦にも大挙駆けつける。
アジアカップが行われたUAEは、昨年12月にクラブW杯も開催しているが、その時、駆けつけた鹿島サポーターは、アジアカップ観戦に出かけた日本代表サポーターとは比較にならぬほど多かった。

続きを読む