リーグ

JリーグがFIFA17に収録!全18クラブがフルライセンスで収録!

Jリーグのトップパートナー、Electronic Arts Inc.
(代表取締役社長:Andrew Wilson、本社:Redwood City, California、以下「EA」)から
今秋9月に発売されるEA SPORTS?『FIFA 17』に明治安田生命J1リーグ全18クラブと
所属選手(*1)を収録することになりましたので、お知らせいたします。
明治安田生命J1リーグに所属する全18クラブのロゴ、ユニフォーム、
選手は全て実際と同じ形で収録されるJリーグオフィシャルライセンスゲームとなります。
『FIFA 17』では業界で最も最先端をいくゲームエンジンの一角をなすFrostbite(*2)が採用され、
リアルで、現実味のあるアクションが可能となり、プレイヤーを新たなサッカーの世界へと誘い、
さらにキャラクターの深み、感情全てが表現されることとなります。

2016/06/24 12:00
http://www.jleague.jp/release/post-43856/

続きを読む

【スカパーおわた】DAZN「今季までJリーグを中継しているスカパーにサブライセンス契約で映像を提供することには否定的な考え」

ジェームズ・ラシュトン氏
2017年から10年間にわたるJリーグの放映権を約2100億円で獲得したパフォーム社(英国)の日本法人、パフォーム・インベストメント・ジャパン最高経営責任者(CEO)のジェームズ・ラシュトン氏(37)が毎日新聞社のインタビューに応じた。
同社が23日に開始したサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)はプロ野球やF1、サッカー・ドイツ1部リーグなどを月1750円(税抜き)で配信し、「幅広いスポーツを手ごろな価格で提供すれば認知されると信じている」と語った。
また、今季までJリーグを中継しているスカパーJSATにサブライセンス契約で映像を提供することには否定的な考えを示した。【聞き手・大谷津統一】
–なぜ今、日本でサービスを開始したのか。
◆日本は膨大な人口がインターネットに接続可能だ。一つのスポーツだけではなく、複数の競技に情熱をもつファンが多い。サッカーファンがF1も野球も同じくらい愛している。これは世界的にも珍しい。
そして、日本のスポーツ市場はファンにとって、最適で公平で割安な環境ではない。幅広いスポーツを、テレビを含むマルチデバイスで、手ごろな価格で提供すれば認知されると信じている。
–少子高齢化に直面する日本は有望な市場といえるのか。
◆スポーツ観戦や映画鑑賞の手法は変わりつつある。「今すぐ、今使っているデバイスで見たい」という人が増えている。コード・カッティングという現象だ。OTT(インターネット上で動画、音声などを提供するサービス)のターゲットは25歳以下と思いがちだが、そうではない。
OTTはスポーツ放送の未来だと確信している。年齢層は関係ない。日本にスポーツファンがいて魅力的なコンテンツを提供できれば、サービスは成功する。
–それでも40歳以上が多いJリーグのファンを取り込むには工夫が必要だ。
◆Jリーグや各クラブと協力し、ファンとコミュニケーションを取ることを考えている。「ダ・ゾーン」ブランドのアマゾン・ファイアTVスティック(スティック型の映像受信端末)などをクラブのアイテムにするのはどうか、と話し合っている。利用可能なデバイスが増えればユーザーの数も増える。
–目標とする数字は。
◆目標の利用者数などは開示していない。はっきり言えるのは、日本で長期的なビジネスに100%取り組んでいるということだ。
–スカパーJSATとの関係に結論は出たのか。
◆スカパーとの取引はない。我々はJリーグの10年間の独占放映権を購入し、ファンを最優先にしたサービスを提供することに集中している。

http://mainichi.jp/articles/20160830/ddm/035/050/133000c

続きを読む

元日本代表・中澤佑二(40歳)、現役引退へ


1/8(火) 3:00 スポニチアネックス
40歳中沢 現役引退へ 横浜から契約延長オファーも左膝などの状態上がらず決断
横浜の元日本代表DF中沢佑二(40)が現役引退を決意したことが7日、分かった。近日中に発表される。長年抱える左膝痛などの影響で、昨年8月にGKを除くフィールドプレーヤーでは歴代最多だったリーグ戦連続出場記録が199試合、連続フル出場が178試合でストップしていた。横浜は新シーズンに向け契約延長を求めたものの、「納得できる状態でなければ戦えない」と潔くスパイクを脱ぐことを決断した。
高校時代はプロになる目標が周囲に笑われるような無名選手だった。卒業後に留学したブラジルでは用具がなくなり、練習中はパスが回ってこなかった。契約がかなわず帰国すると、母校で練習。苦難と挫折を味わいながら夢にしがみついた。年齢を偽り、後輩と出たV川崎(現東京V)との練習試合で得点。練習生からプロ契約にこぎ着けた。02年に横浜に移籍し、03年からのリーグ連覇に貢献。日本代表でも長く活躍し、日本サッカー史に残るセンターバックにのし上がった。
普段の生活からプロフェッショナルを貫いた。ストレッチや体のケアに時間を割き、酒や揚げ物、スナック菓子などは一切、口にしなかった。チームの精神的支柱としても、ピッチ内外で存在感を発揮。加入間もない若手を食事に連れて行き、プロサッカー選手としてのイロハを説いた。
近年は慢性的な左膝痛に悩まされており、シーズン開幕前には「最後の一年」とキャリアの終焉(しゅうえん)が近いことを示唆していた。昨季限りで引退したGK川口能活(J3相模原)、MF小笠原満男(鹿島)に続き、一時代を築いた名選手がまた1人ピッチを去ることになった。
◆中沢 佑二(なかざわ ゆうじ)☆経歴 1978年(昭53)2月25日生まれ、埼玉県出身の40歳。三郷工技高卒業後、ブラジルへ1年間留学。99年V川崎でプロデビュー。02年横浜に移籍。
☆サイズ 1メートル87、78キロ。利き足は右。血液型AB。
☆愛称 「ボンバー」は若手時代に目立つためにしていた髪形のアフロヘア(ボンバーヘッド)に由来。空中戦でヘディングに強い意味も。09年からはユニホームの名前も「BOMBER」に。
☆代表歴 日本代表として06年W杯ドイツ大会、10年南アフリカ両大会に出場。国際Aマッチ出場は歴代6位タイの110試合で17得点。
☆練習生 V川崎の練習生時代、埼玉県内の実家から都内の練習場まで片道2時間、自費で電車を乗り継いで練習参加。
☆タイトル プロ1年目の99年に新人王。横浜でリーグ連覇に貢献した04年に日本人DFとして初のリーグMVPを獲得。ベストイレブンは6回受賞。
☆ストイック 夜10時就寝、朝6時起床と早寝早起き。
☆趣味 18年に引退した歌手・安室奈美恵さんの大ファンを公言。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000001-spnannex-socc

続きを読む

【悲報】ミラン本田、2017年リーグ戦でいまだ出場ゼロ・・・


エースFWバッカの決勝弾で辛勝のミラン 本田はリーグ戦10試合連続出番なし
日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは現地時間26日のリーグ戦、敵地サッスオーロ戦で1-0の勝利を収めた。 本田はベンチスタートも最後まで出番がなく、2017年に入ってからリーグ戦では2カ月間出場ゼロとなった。
ミランは前半11分にMFユライ・クツカがファウルを犯してPKを与えた。
しかし、FWドメニコ・ベラルディのキックはゴール右の枠外に飛んだ。
すると逆にミランは同20分過ぎにMFアンドレア・ベルトラッチがPKを獲得すると、これをFWカルロス・バッカが足を滑らせながらも決めて先制。
キックの瞬間に両足に連続でボールが当たったとサッスオーロは抗議したが認められず、同22分の先制ゴールとなった。 先日、現地メディアに中国移籍を断ったことを明かしたエースは今季リーグ9ゴール目、PK4本目のゴールになった。
ミランはサッスオーロの攻撃に手を焼いて一進一退のゲーム展開になったが、ゴール前に攻め込まれながらも最終ラインが耐えてゴールを許さず。 ミランはFWスソやDFクリスティアン・サパタが後半に訪れた決定機を次々に外して追加点を奪えず、最後まで苦しいゲーム展開を強いられたがそのまま1-0で勝利した。
ミランはこれで勝ち点を47に伸ばし、7位をキープして来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権を争う戦いに踏みとどまっている。 そのチームにあって本田は昨年12月12日の第16節ローマ戦で後半40分から途中出場して以来、リーグ戦10試合連続で出番がなく、年が明けてからのリーグ戦出場もいまだゼロ。 アメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のシアトル・サウンダースへの移籍が取り沙汰されているが、ミランで出場への道が開かれそうな気配は見えてこない
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00010001-soccermzw-socc
Football ZONE web 2/27(月) 5:40配信

続きを読む

ポーランド1部ブロツワフ所属の森岡亮太にブンデス1部などドイツを中心に複数クラブが興味!

日本代表経験のあるポーランド1部ブロツワフMF森岡亮太(25)が、ブンデスリーガ2部ドレスデンから正式オファーを受けていることが31日、分かった。
昨冬、J1神戸から移籍したブロツワフでは10番を背負い15戦7得点の活躍を見せ、ドイツの古豪・ドレスデンから声がかかったという。
ただ、ブンデス1部などドイツを中心に複数クラブが興味を示すほど注目を集めており現時点で去就は未定。
今季すでに開幕しているポーランドリーグで2試合出場も、森岡はオファーを模索しながら決断することになりそうだ。
日刊スポーツ 8月1日(月)10時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00000070-nksports-socc
写真

プロフィール
http://slaskwroclaw.pl/strona/druzyna/ryota-morioka-150-108

続きを読む