リーグ

「イチロー引退は喪失感がすごい・・・ちょっと休んでカムバックしてもいいんじゃないですか」byキングカズ


J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が22日、横浜市内の練習場で取材に応じ、21日に現役引退を発表した米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)について「まだまだ続けてくれるのかなとと思っていたので、ちょっと複雑な気持ちです。喪失感がすごいですね」と心境を明かした。21日のマリナーズ-アスレチックス戦をテレビ観戦していたというカズは「引退に関しては本人の気持ち。その気持ちを尊重したい。これからの人生はまだまだ長いので楽しみにしています」とねぎらいの言葉を送った。
イチローとは20年来の親交があり、よく食事をともにした間柄でもある。2人は顔が似ていると言われることもあったといい、カズは「僕自身がイチローさんに間違えられることがありましたね。イチローさんも間違えられたことがあって“カズダンス”を踊ったと言っていたのを聞いたことがありますね」と懐かしそうに話した。
最近では米大リーグのマーリンズを退団した17年12月末に神戸で会ったといい、「大リーグのチームがなければ、きっぱりやめるという覚悟、その強い意思を感じました。僕は個人的に、イチローさんは大リーグじゃなくても野球を他のところでもやるという考えが少しはあるのかなと、イチローさんのことをそう思っていた。でもその時に、そうじゃないんだと、そのレベルで自分がなくなったら終わりだと、その時のの覚悟、迫力はすごいなと思いました」と振り返った。
さらに「僕の個人的は意見ですが」と断った上で、「どんなカテゴリーであっても続けて欲しかった。本当に理想が高い、10割打ちたいとか、そういう戦いをずっとしてきている人なので、なかなかカテゴリーを落としてというのは難しいのかもしれませんけど、イチローさんにしか分からないと思いますけど、個人的にはそういうふうに思っていましたね。世界中にイチローさんを必要とするチームはあると思う。そこに行ってやる姿を見てみたかった」。
今後のイチローにるいては「カムバックしてもいいんじゃないですか。ちょっと休んで、プロリーグはたくさんありますよね。中南米にも。日本だけでなく。中南米とか行ってほしいね。とにかくもうプレーしている姿を見たいです。、もちろん大変なんですけど、個人的に言えば三振しようが何だろうが、ずっと立ってやってほしいなと思います」。先月26日に52歳を迎えたサッカー界のレジェンドは、寂しそうな表情で話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000057-dal-socc

続きを読む

DAZNプロ野球の視聴者が2番目に見ているのはJリーグ!

3月19日、JFAハウスにて2019年3回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。
理事会後の会見の冒頭、村井チェアマンは「(開幕戦の)入場数のトレンドであったり、DAZNの視聴者のトレンドであったり、そういった報告事項がたくさんありました。感触としては、なんとかいいスタートが切れたのかなと思います」と挨拶
「BリーグやVリーグ視聴者の6割以上がJリーグを見ていて、プロ野球の視聴者が2番目に見ているのはJリーグでした。他の競技団体と一緒に盛り上げたり視聴環境をアナウンスすることが今後重要な手段という議論が出ていた
(Jリーグ・村井チェアマン)」2019年3回目のJリーグの理事会を開催。

【ニュース】「BリーグやVリーグ視聴者の6割以上がJリーグを見ていて、プロ野球の視聴者が2番目に見ているのはJリーグでした。他の競技団体と一緒に盛り上げたり視聴環境をアナウンスすることが今後重要な手段という議論が出ていた(Jリーグ・村井チェアマン)」2019年3回目のJリーグの理事会を開催。

続きを読む

「プレミアリーグは過大評価」byイブラヒモビッチ


LAギャラクシーFWズラタン・イブラヒモヴィッチにとって、プレミアリーグは「過大評価」のようだ。
母国スウェーデンを離れた後、オランダ、イタリア、スペイン、フランスと行く先々でリーグタイトルを手にしてきたイブラヒモヴィッチ。計12回のリーグ優勝を経験した後、2016年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入。2シーズンで53試合に出場し、29ゴール10アシストを記録した。
現在はアメリカのMLSでプレーする37歳FWだが、英『デイリー・ミラー』のインタビューでプレミアリーグの印象について語っている。
「思い描いていたのとまったく同じだった。過度に宣伝され、とても激しく、非常にテンポが速い。それは良かったが、クオリティについては過大評価だ。技術的な面から見ればね。だが、ペースとインテンシティは激しかった。この2つに対処できなければ、生き残ることはできない」
「10年早く来ていれば、1つだけ想像できる。違ったストーリーになっただろう。ファンにとってはより残念だ。もしもっと早く来ていれば、違うアニマルを見ることができただろう」
そして、2010年のバルセロナ退団時にマンチェスター・シティへ移籍する可能性があったことを明かした。
「バルセロナにいた時、シティへ行くチャンスがあった。だがバルセロナでの出来事の後、幸せを見つける必要があった。イタリアに戻り、そこで幸せだった。戻れば幸せをつかめると知っていたしね。シティへ行った場合、幸せになれるかわからなかった」
「新しいクラブだ。ミランもそうだったが、インテルに3年いたのでミラノを知っていた。少し安全なカードをとったね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010002-goal-socc

続きを読む

お金は人を優しくする?中島翔哉が"キャラ変"!?優しくなった模様

初招集DF安西、先輩・中島翔哉の“キャラ変”に驚き「昔は厳しかった」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?269203-269203-fl
畠中とは一昨季まで共に東京Vでプレーしていたが、中島とはプロで一緒にプレーしたことはなく、会うのも数年ぶりとのこと。思わぬキャラクターの変化に驚きもあったという。
「翔哉くんは5年前とはいろんなことが変わっていてびっくりしたというのがあった。なんか、優しくなったというか(笑)。昔は厳しかったんですけどね。ピッチ外ではすごく優しい人なんですが、ピッチ内では厳しくて。しばらく話していて『思ってた翔哉くんと違うな』って思ってました(笑)」。

お金は人を優しくするんかな

続きを読む

J2は世界で一番過酷なリーグだった?


17日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(後7:00)は「熱いぞ!J2スペシャル」としてサッカー2部リーグのJ2を大特集。
現役J2リーガーたちがJ1との格差や様々な悲哀をぶっちゃけた。
J2横浜FCの元日本代表MF松井大輔(37)はチームから選手に支給されるユニホームが少ないことを嘆き「2枚しか支給されない」
「J1では長袖と半袖があるんですけど(横浜FCでは)半袖が2枚だけ」「(試合後に相手選手とユニホームを)交換すると給料(から)天引きになる」などと愚痴りまくり、
チームメートのGK南雄太(39)は「GKも同じです」と同調。
番組MCの浜田雅功(55)に大笑いされながらも同情された。
さらに南はシーズン後に選手本人がもらえるユニホームは横浜FCでは1枚だけで、もう1枚はアカデミー(育成部門)の子どもたちに回されると説明。
アカデミーでGKとしてプレーする南の息子が、パパの“お古”のユニホームをもらって帰って来たというコントのような?話も披露した。
J2大宮のFW大前元紀(29)は「大宮は8枚あります。長袖と半袖が4枚ずつある」とJ2内でも“格差”があるとしたが、
J2水戸のレジェンドGK本間幸司(41)は「自分たちでスポンサー探してチームにつなげたりしないといけない、ベテランは」とJ2チームの苦しい台所事情を説明。
さらにJ2は「世界一過酷なリーグ」だとした上で「J1は大都市が多いけど、J2は大都市が少ないから移動が大変」と現状を語り、
水戸からの移動が大変なチームとして1位はバスで4時間以上かかる山形、2位は飛行機2時間&バス2時間の山口、
3位は新幹線2時間&バス2時間の金沢と3チームの名前を挙げ「パーキング(エリア)でのストレッチは欠かせない」と苦労している様子を明かした。
大前もJ2降格後、新幹線での移動がグリーン車から普通車に変わったと告白。
「外国人だったり大きい選手は結構文句言ってました」とぶっちゃけていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/16174964/
2019年3月17日 21時31分 スポニチアネックス

続きを読む

J2選手たちが明かすJ1との格差・・・


日本プロサッカーリーグ、通称「Jリーグ」には39都道府県55チームが参加。チームの実力で分けられたJ1、J2、J3の3つのカテゴリーでリーグ戦が行われている。
今回特集したのはその中でもJ2。
J2には日本サッカーのレジェンド・三浦知良選手、元W杯日本代表の松井大輔選手、田中マルクス闘莉王選手、大黒将志選手など、J1に負けない一流選手が多数在籍しており、
1月に行われた「AFCアジアカップUAE2019」の日本代表でも、槙野智章選手や乾貴士選手など、23人の日本代表のうち13人がJ2経験者。
世界で活躍する日本人ストライカーの香川真司選手もJ2でプロデビュー。Jリーグ通算125試合のうち114試合をJ2でプレーし、日本でのキャリアをほぼJ2で過ごして世界へと旅立った。
さらに、J1とJ2の実力差も縮まり、1993年のJリーグ開幕時から参加している“オリジナル10”と呼ばれる10チームのうち、J2を経験していないのは「横浜F・マリノス」と「鹿島アントラーズ」の2チームだけ。
J2といえど侮れない。今、大注目のリーグなのだ。
3月17日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系列)では、大前元紀選手、大山啓輔選手、本間幸司選手、松井大輔選手、南雄太選手のほか、OBの岡野雅行さん、
久保竜彦さん、J2サッカークラブ「V・ファーレン長崎」の社長でもある高田明社長らが登場し、J1とのさまざまな面で違いを明かした。
ユニフォームの支給枚数が少ない!?
南アフリカW杯で日本の決勝トーナメント進出に貢献し、フランスリーグでも活躍した元日本代表で現在「横浜FC」に所属している松井選手。そして、そして、J1で246試合、J2で330試合に出場した、同じく「横浜FC」の守護神・南選手。
2人はJ1との違いを「ユニフォームが少ない」と訴えた。
松井選手は「J1の時は半袖も長袖もあったんですが、J 2は半袖の2枚だけ。アンダーウエアを着るのが嫌なので、半袖に手袋をしたりしてます。
ユニフォームは交換すると給料からの天引きになるんです」と告白し、番組MCの浜田雅功さんも驚きを隠せないでいた。
南選手も「キーパーも同じです。ユニフォームが(デザインなどが)新しくなった時、普通は着たものもすべて貰えるんですが、1枚だけ貰えて、もう1枚は育成の下部組織の子たちに回すんです。
息子が育成にいて同じキーパーなんですが、僕のユニフォームをもらって家に帰ってきました」と明かすと、浜田さんも思わず爆笑した。
一方で同じJ2でも「大宮アルディージャ」の大前選手は「大宮は8枚あります。長袖と半袖が4枚ずつ…」と明かし、チームによってもユニフォーム事情はそれぞれ違うようだ。
そこで年間300試合もJリーグの試合を観戦する芸能界きっての“Jリーグ通”である平畠啓史さんに、J1とJ2の収入面での違いを説明してもらった。
優勝賞金はJ1が3億円、J2は2000万円で、優勝と関係なく全チームがもらえるリーグからの年間分配金はJ1が3億5000万円、J2は1億5000万円で「これくらい差があるんです!」と熱弁。
さらに、J2になるメディアで取り上げられることが減り、人気チームも限られるため観客も減ってしまうという現状を説明。「チームの平均収入はJ1が40億円、J2は14億円、ほぼ3分の1です」と解説した。
「大宮アルディージャ」や「ジェフユナイテッド市原・千葉」は大企業がスポンサーについているので裕福だが、そうでないチームは経営が厳しいのが現状だという。
「水戸ホーリーホック」の本間選手は「あまり言いたくないですけど、僕たちはお金がないのを知っているので、自分たちでスポンサーを探してチームにつなげたり、ベテランはそうしなければいけないと思っています」と話した。
3/17(日) 20:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00010008-fnnprimev-ent&p=1

続きを読む

女子サッカーの救世主か。なでしこリーグを70試合無料放送、新興外資系配信企業「mycujoo」の正体

女子サッカーの救世主か。なでしこリーグを無料放送、新興外資系配信企業「mycujoo」の正体
3/20(火) 11:34配信
フットボールチャンネル
なでしこリーグは2011年のワールドカップ優勝以降で最も危機的な状況に置かれている

昨季はテレビ放送やインターネット上での映像配信がほとんどなくなってしまい、観客数の減少にも悩まされていたなでしこリーグ。
そんな日本女子サッカーのトップリーグを救うかもしれない新たなパートナーが現れた。
今季から1部リーグの試合をリーグ公式サイト上で配信する「mycujoo」とはいかなる企業なのか。 日本では馴染みのない新興勢力のビジョンに迫った。(取材・文:舩木渉)
mycujooの創業者である双子のプレサ兄弟。左がペドロ氏、右がジョアン氏。オフィスの壁にはボアヴィスタのユニフォームが飾られている【写真提供:mycujoo】

●岐路に立つ日本女子サッカー。新たなパートナーと再出発
いま、日本女子サッカー界は岐路に立たされている。なでしこジャパンのワールドカップ優勝から7年経ち、代表も国内リーグもかつての勢いを完全に失ってしまった。
特になでしこリーグの現状は深刻と言わざるをえない。世界一に輝いたワールドカップの前年、2010年のリーグ全90試合の平均観客動員数は912名だったが、
なでしこジャパンの活躍が起爆剤となって1試合で2万人以上の観客を集める試合も出るようになった。
しかし、ロンドン五輪でのなでしこジャパンの銀メダル獲得以降は減少傾向に転じ、代表チームがリオデジャネイロ五輪出場を逃したことでさらなる打撃を受けた。
なでしこリーグ3連覇中の日テレ・ベレーザでさえ2016年は1134人だったホームゲームの平均観客動員数が、2017年には1039人にまで減少。
リーグ全体を見ても、いまや観客動員数はワールドカップ優勝前の水準に近づきつつある。
また、テレビ放送が激減したこともリーグ戦の観客動員数に影響しているかもしれない。
2017年はリーグ全体の放映権を取得した組織がなく、継続的な全国ネットなどでのテレビ放送はなかった。
2016年までは存在していたインターネット上での配信もなくなり、INAC神戸レオネッサがクラブ公式サイト上で展開していたライブ配信以外には
ほとんど映像で試合を視聴する機会がなかった。消費者がなでしこリーグに触れ、ファンを獲得する機会を失っていたのである。
そんな中、今月21日に開幕する2018シーズンのなでしこリーグは1部リーグの70試合がインターネット上でライブ配信されることになった。
新たにパートナーシップを結んだのは「mycujoo(マイクージュー)」という日本ではほとんど馴染みのない企業。
オランダの首都アムステルダムに本拠地を置く“救世主”は、いかなる組織なのか。
電話での取材に応じてくれたmycujooのコミュニケーション担当を務めるラファエル・モルグリス氏は、
同社の成り立ちについて「非常に個人的な思いから生まれた」と明かしてくれた。
mycujooが立ち上げられたのは2014年のこと。創設者はポルトガル人の双子の兄弟だった。
そのうちの1人、ペドロ・プレサ氏が母国のボアヴィスタというクラブの大ファンだったが、2009年から2014年にかけて
過去の八百長問題に対しての処分などの影響で3部リーグに降格していた同クラブの試合を視聴することができず困り果てていたという。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010001-footballc-socc

続きを読む