リーグ

韓国代表の正GK、Jリーグ入り!?


ロシアW杯出場、アジア大会で優勝に貢献のチョ・ヒョヌに日本行きの可能性浮上
Jリーグでは何人もの韓国人GKがプレーしているが、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)で韓国代表の正GKを務めたチョ・ヒョヌ(大邱FC)に、日本移籍の噂が浮上している。韓国紙「スポーツ京郷」が、「欧州? 日本? 残留?」と報じた。
現在27歳のチョ・ヒョヌは、2013年から大邱FCでプレー。年代別代表を経験し、17年にはKリーグ年間最優秀GKに選出された。韓国代表としては15年にドイツ人のウリ・シュティーリケ監督(当時)の下で初招集されると、そのまま定着。今夏のロシアW杯では正守護神としてグループリーグ3試合に出場し、第3戦のドイツ戦(2-0)では圧巻の守備を披露し、金星に貢献した。
また8月のアジア競技大会では、オーバーエイジとしてU-23韓国代表に招集。最後尾からチームを支えると、決勝で森保一監督率いるU-21日本代表と対戦し、延長戦の末に2-1と勝利して金メダルを獲得した。同じオーバーエイジ枠で招集のFWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、FWソン・フンミン(トットナム)とともに、兵役を免除されている。
そんな現役韓国代表の実力者に、Jリーグ移籍の噂が持ち上がっているようだ。韓国紙「スポーツ京郷」は、「海外進出か、残留か。チョ・ヒョヌが去就を巡って悩んでいる」と報じた。さらに「欧州? 日本? 残留?」と選択肢に触れた一方、「ヨーロッパでは冬がシーズン途中で、(GKの)移籍が活発でないことも悩みだ」と触れている。
クラブ社長は「いつでも送り出す」スタンス 本人も「欧州や日本など海外で挑戦したい」
そこで浮上しているのがJリーグだという。記事では「もう一つの道は日本行きだ」と記し、すでにJリーグで活躍している韓国人GKを紹介。川崎フロンターレでリーグ連覇に貢献したチョン・ソンリョンをはじめ、鹿島アントラーズでAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献したクォン・スンテ、セレッソ大阪のキム・ジンヒョン、ヴィッセル神戸のキム・スンギュ、北海道コンサドーレ札幌のク・ソンユンらの名前を挙げている。
大邱FCのチョ・グァンレ社長は「良いオファーがくれば、いつでもチョ・ヒョヌを送り出す」という立場を鮮明にしている。残留の可能性も残しているが、記事では「欧州や日本など海外で挑戦したいという思いはある、クラブと話し合い、慎重に決定を下す」というチョ・ヒョヌのコメントを伝えた。
昨今では韓国人GKのJリーグ移籍という流れが生まれているが、ロシアW杯で正守護神を務めた韓国代表GKも来季、日本での新たな船出を決断するのだろうか。
Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00154063-soccermzw-socc

続きを読む

「世界的なスターがいて観衆も多いJリーグが羨ましい!」by韓国紙


2018年シーズンのJリーグが終了したが、今年はバルセロナを退団した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に移籍し、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがアトレチコ・マドリードからサガン鳥栖に加入するなど話題を集めた。
さらに、神戸は来季に向けて元スペイン代表FWダビド・ビジャ(←ニューヨーク・シティ)の獲得も先日発表しており、大物外国人選手のJリーグ行きに韓国も大きな注目を寄せる1年となった。
そんななか、スポーツ・経済専門紙「韓国スポーツ経済」が「“Kリーグとは違う”スター、観衆も多いJリーグが羨ましい」と見出しを打ち、JリーグとKリーグの違いについてまとめている。
「Jリーグにはイニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、トーレスなど、名前だけ見ても世界的なスターがいる。これは投資だけで日本に来た選手ではない。リーグのインフラと現地での生活条件、付加価値など、すべてを考慮してのことだ。お金だけではなく、全般的な環境など、総合的な要件を考慮すれば、中国スーパーリーグよりもJリーグのほうがより魅力的なリーグだ」
また、「Jリーグは“インフラ改善→投資→スター→観衆”の好循環の構造を継続している」と、リーグ全体の歯車がかみ合い、盛り上がっていると分析。さらに同紙は、今年Jリーグの開幕戦、鳥栖対神戸のハーフタイムショーに、韓国のアーティストグループ“JYJ”のジェジュンが登場したことについて触れ、「こうした例を見ても、Jリーグはアジアで“スポテインメント(スポーツ+エンタテインメント)”のインフラがもっともよく構築されたリーグだ」と指摘している。
指導者や選手の流出・ファン離れに危機感 「Kリーグが発展するためには投資が必要」
そうしたJリーグの盛り上がりと対照的に、「Kリーグが発展するためには、投資が必要だ」と言及。「全北現代のチェ・ガンヒ監督や、韓国代表DFキム・ミンジェが中国行きを決断したのも、お金と投資という側面がある」と、実力のある指導者や選手の流出によってファンが離れていくのではないかと警鐘を鳴らしている。
そのうえで、「まずは韓国プロサッカー連盟が、ビジョンとともに、事業モデルを示さなければならない。投資インフラ構築と方法を模索すべきだ」と締めくくっている。
いずれにしても今年のJリーグの盛り上がりは、様々な側面から感じ取れるが、Kリーグとしては指をくわえて見ているだけというわけにはいかないだろう
12/14(金) 18:50 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00153628-soccermzw-socc

続きを読む

Jリーグのクラブが「世界のビッグクラブ」に追いつく日は来るのか?

2018年は海外のスター選手がJリーグへ久々に参加し、注目を集めた。ワールドカップ ロシア大会にスペイン代表として出場した元バルセロナFCのアンドレス・イニエスタ選手がヴィッセル神戸へ、元スペイン代表で元アトレティコ・マドリードのフェルナンド・トーレス選手がサガン鳥栖へそれぞれ加入したのは記憶に新しい。彼らが出場する試合のチケットが売り切れるなど、Jリーグは一段と活気を帯びた。
アジアにおけるJリーグの躍進も目覚ましかった。アジア各国のクラブチームが対戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018では、鹿島アントラーズが同クラブ創設以来の悲願だった初優勝を果たしている。
昨年は浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)が優勝しており、2年連続で日本のクラブチームが、アジアで最も権威のあるこの大会を制した。
Jリーグではご存じのように、「クラブ」という組織単位によってサッカーチーム(以下、クラブチーム)が運営されている。
各クラブは、Jリーグで試合を行うプロチームの運営のほか、次世代選手の育成なども含めた幅広い活動を行いつつ、収入と支出をバランスさせる「経営」が求められている。
しかし、Jリーグのクラブを「経営」という観点でみた場合、欧州など世界のビッグクラブとの差がいまだに小さくないのも事実だ。それは一体どれくらいの差なのか。
さらに今後、Jリーグのクラブが世界へ飛躍する戦略としてどのようなものが必要になるのか?今回はこのテーマについて考えてみたい。
■Jリーグクラブに活気を与えた「DAZN(ダゾーン)」マネー

2016年7月、Jリーグの運営組織である公益社団法人 日本プロサッカーリーグは、スポーツ専門のネット中継サービス「DAZN(ダゾーン)」を提供する英パフォームグループと、
2017年から10年にわたる約2100億円の放映権契約を締結したと発表し、パフォームはJリーグのオフィシャルブロードキャスティングパートナーとなった[1]。
この「ダゾーン」マネーとも呼べる約2100億円もの放映権収入を原資にして、各クラブへの賞金なども増額された。
Jリーグの1部リーグである「J1」で優勝したクラブチームには、「J1優勝賞金」などが支払われるが、同賞金が2017年シーズンから3億円へ増額になった(それ以前は1億円)。
さらに、J1上位(1~4位)のクラブへ2018年シーズンから支給する「理念強化配分金」が新設されている。この理念強化配分金は、前年シーズンの順位で傾斜配分されて支給される。
1位の場合、3年合計で15.5億円(1年後に10億円、2年後に4億円、3年後に1.5億円)である。
たとえば、今シーズン優勝した川崎フロンターレはおおまかにいうと、J1優勝賞金3億円と理念強化配分金15.5億円の合計18.5億円を受け取ることができる。
もちろん2017年、2018年シーズンと連覇を果たした川崎フロンターレはそれを連続して受け取ることができるわけである。補足となるが、J1クラブチームに均等に支払われる「J1クラブ均等配分金」が別途3.5億円ある。
こうした放映権収入の増加を通じた増収のインパクトを理解するため、J1を構成する各クラブが公表している業績や財務内容を見てみよう。
図1は、2017年度の営業収益が多い順に、各クラブの営業収益を並べたグラフである(各クラブの決算期は多少異なる)[2]。営業収益は、広告料収入、入場料収入、Jリーグ配分金、アカデミー関連収入、物販収入などからなる。
すぐわかるように、営業収益が最も多いのは浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ)で約80億円ある。続いて、ヴィッセル神戸と鹿島アントラーズの約52億円、川崎フロンターレの約51億円、ガンバ大阪の約50億円と続く。
一方、ベガルタ仙台やコンサドーレ札幌はそれぞれ約27億円だ。また、クラブによって差はあるが、18クラブを平均した営業収益は約41億円となる。
つまり、リーグ優勝した場合の18.5億円は、浦和レッズにおける営業収益の約4分の1、コンサドーレ札幌の営業収益の約7割にも相当する。
12/10(月) 13:11 nkbizgate
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181210-00010001-nkbizgate-bus_all&p=1

続きを読む

Jリーグの歴代ガッカリ外国人選手5人!

Jリーグ開幕から25年、多くの外国人選手がプレーし日本サッカーのレベル向上に貢献して来た。前評判通りの活躍を見せた選手がいる一方で、鳴かず飛ばずのまま退団した選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、期待されながら結果を残せなかった助っ人たちを紹介する。<br />
・最強アーセナルの一員

フレドリック・ユングベリ(清水エスパルス/スウェーデン代表)
生年月日:1977年4月16日(当時34歳)
在籍期間:2011年8月~2012年2月
Jリーグ成績:8試合出場0得点
アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルは03/04シーズン、ティエリ・アンリ、デニス・ベルカンプ、ソル・キャンベルら錚々たるメンバーを擁しプレミアリーグを無敗で制覇。『インビンシブルズ』と呼ばれるチームは伝説となったが、ユングベリはその一員だった。労を惜しまず走り続け、ダイナミックなドリブルでチャンスを演出するなど存在感を発揮した。
スウェーデン代表としてワールドカップやEUROも経験している。清水エスパルスに加入したのは34歳とすでにピークは過ぎていたが、随所に好プレーを披露。しかし結局、リーグ戦8試合0得点、加入から約半年で契約解除となった。
・常勝軍団の新ストライカーと期待されたが・・・

カルロン(鹿島アントラーズ/ブラジル)
生年月日:1986年8月1日(当時24歳)
在籍期間:2011年~同7月
Jリーグ成績:5試合出場1得点
ブラジル出身のカルロンの名が知られるようになったのは、ポルトガルリーグで活躍してからだった。レイリアというクラブでゴールを決め、1部昇格に貢献。190cmとしなやかなプレーが持ち味で、鹿島アントラーズでも活躍が期待された。
史上初の3連覇達成の立役者となったマルキーニョスのような働きは見せられず。リーグ戦5試合で1得点と期待外れの出来に終わり退団した。その後はスイス、中国、ギリシャなどでプレーしている。
・ドイツ代表のW杯戦士

カカウ(セレッソ大阪/元ドイツ代表)
生年月日:1981年3月27日(当時33歳)
在籍期間:2014年8月~2015年6月
Jリーグ成績:24試合出場7得点
ドイツ代表としてワールドカップにも出場したカカウはブラジル出身。若くしてドイツに渡り、国籍を取得した。ブンデスリーガではシュトゥットガルトで大車輪の働きを見せた。多くのゴールを奪っただけでなく、重要な局面での一発もあった。ドイツ代表でも存在感を放った。
セレッソ大阪に加入した2014年、クラブはディエゴ・フォルランも獲得。優勝候補にも挙げられたが、まさかのJ2降格。カカウも全盛期の輝きを見せることができなかった。J2で半シーズンプレーし、クラブを去っている。
12/10(月) 10:00 フットボールチャンネル

中島翔哉獲得噂の英クラブ、バルサ下部組織出身ウインガーを半年で放出か

続きを読む

世界的ビッグネームが相次いでJリーグ参戦する理由・・・


(左から)トーレス、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャ、ジョー
元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸への移籍が発表された。プレーするのは来季からだが、これで神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ビジャとワールドカップ優勝経験者を3人擁することになる。
スペイン代表の最多得点者であるビジャは、バレンシアやバルセロナなどでプレーした後、ニューヨーク・シティFCの契約第1号選手となり、2015~18年まで4シーズンにわたってプレー。124試合で80ゴールと、37歳となった今も得点力は衰えていない。
神戸の3選手以外にも元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)、元ブラジル代表FWジョー(名古屋グランパス)と立て続けにビッグネームがJリーグに参入している。来季から外国籍選手の登録が無制限(J1の試合出場上限は5人)になることもあり、こうした流れは今後も続きそうだ。
1993年にJリーグが開幕した頃は、海外から「年金リーグ」と揶揄されていたものだ。元イングランド代表FWギャリー・リネカー(名古屋)、元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー(ジェフユナイテッド市原/当時)、元アルゼンチン代表FWラモン・ディアス(横浜マリノス/当時)、元ブラジル代表MFジーコ(鹿島アントラーズ)など、すでに第一線を退いたスターたちが集結していたからだ。
当時のJリーグは好景気で、年俸が高かった。イニエスタについては破格だが、現在は年俸なら中国のほうがJリーグよりもはるかに好待遇である。つまり、かつてとは外国籍選手にとってのJリーグの魅力も違ってきているのだ。
欧州第一線から退いた選手にとって大切なのは、家族が快適に暮らせる環境
移籍で見逃せないのは「環境」だ。選手が単身赴任で日本に来るわけではなく、大抵は家族も一緒である。あまり表には出ないかもしれないが、奥様方の意向は無視できない。いや、むしろかなりのウエイトを占める。すでにヨーロッパの第一線から退いたスタープレーヤーにとって、お金はそこまで重要ではない。それよりも家族が快適に暮らせる環境が第一と言っていいかもしれない。
元デンマーク代表MFのミカエル・ラウドルップが1996年に神戸へ移籍してきた時、「一つ階段を下りる」と話していた。ヨーロッパのトップレベルから少し楽にプレーできる場所として、Jリーグを選んでいる。階段を下りるといっても二段も三段も下りるのではなく、ヨーロッパほど厳しくはないが、そこそこのレベルではプレーしたい。過度のプレッシャーからも解放されたい。そういう選手にとって、Jリーグはちょうど良いわけだ。ラウドルップは神戸からオランダのアヤックスに移籍して再びヨーロッパに戻っているが、もう一度階段を上りたいと思う選手はそんなにはいないだろう。
家族が生活する場として、日本ほど安心して暮らせる国はそうない。オーストラリアは快適そうだがAリーグのレベルが落ちる。中国の年俸は素晴らしいが、家族が住む環境としては微妙だ。そうなると現在は、アメリカか日本かという選択になるわけだ。
日本は治安も良く、サッカーに対する過度のプレッシャーもない。億万長者のスターにはあまり関係ないかもしれないが、最近は物価も安い。リーグやクラブのオーガナイズもしっかりしている。言葉の問題はあっても、あまりストレスなく暮らせるはずなのだ。
Jリーグには元々ブラジル人選手が多い。どの国のリーグにもブラジル人は多いのだが、日本とブラジルの関係の良さもあるのだろう。さらにスーパースターのジーコが、かつてプレーした国というイメージもある。そうしたなかで、意外と馬鹿にできないのが「口コミ」なのだ。
12/8(土) 18:30 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/152887

続きを読む