レスター

レスター岡崎慎司、欧州に複数クラブからオファー!?


サッカーのプレミアリーグ、ハダースフィールドを含む複数のクラブがレスターFW岡崎慎司(32)の獲得に興味を示していると10日、英スカイスポーツが報じた。
岡崎は今季限りでレスターとの契約が満了するが、2022年のワールドカップ(W杯)へ欧州でのプレーを希望しているという。
レスター加入4年目となる岡崎は今季、ここまでリーグ戦で先発1試合にとどまっている。
関係者によると、ハダースフィールドは既にレスターと接触を図ったとしているが、
ハダースフィールドのワーグナー監督は「私は何も聞いていない。個人名について語ることは好きじゃない」と話すにとどめた。
岡崎は昨年12月にレスターマーキュリー紙に「レスターを家族のように愛しているが、欧州で新たな挑戦がしたい。 残るか出て行くか分からないが、ただ欧州には残りたい。ただW杯までまだ4年ある。もう一度W杯でプレーがしたい」などと答えている。
ハダースフィールドは現在2勝4分け15敗の勝ち点10で最下位と苦しんでいる。
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00442489-nksports-socc

続きを読む

「レスターあの戦術をCLでやったら、痛い目に合うよ」byリオ・ファーディナンド

プレミアリーグとチャンピオンズリーグでは大きく事情が異なる。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレイし、自身も国内リーグとUCLを制覇した経験のあるリオ・ファーディナンド氏が、レスターにそう警告している。
イタリアの名将クラウディオ・ラニエリが率いるレスターは、徹底した堅固な守備からの鋭く効率的なカウンターアタックにより多くの国内ビッグクラブを粉砕。
抜群の決定力とテクニックを備えるジェイミー・バーディやリヤド・マフレズ、そして90分間ボールを追い回す岡崎慎司やエンゴロ・カンテらのパフォーマンスが絶妙に融合した彼らだが、ファーディナンド氏はそのスタイルが欧州の舞台では通用しないだろうと推測している。英『THE Sun』が同氏のコメントを伝えた。
「今季のプレミアリーグで安定したパフォーマンスを見せていたのはレスターとトッテナムの2チームだけだ。でも彼らは単純にヨーロッパ最高のクオリティを持っているわけではない。
レスターは引きこもるサッカーで対戦相手を誘発する戦術を敢行したが、もしもあれをチャンピオンズリーグでやったとしたらきっと痛い目に合うよ。あの大会にいるようなトップストライカーは、たった半分のチャンスでゴールを決めるからね」
現役時代に何度もチャンピオンズリーグを戦ってきた百戦錬磨の男が、同大会における“ビギナーたち”を怖がらせている。いずれにせよ、プレミアリーグを席巻したレスターは来季、経験したことのない熾烈なコンペティションに臨むことになるのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00010014-theworld-socc

続きを読む

レスターの“おとぎ話”を完結させるには、岡崎慎司のよな勇者が欠かせない

イングランド・プレミアリーグは現地時間24日に第35節が行われ、首位に立つレスター・シティがスウォンジーを4-0と一蹴している。残り3試合。地方クラブ(昨季がクラブ史上最高14位)のレスターの快進撃が続いており、奇跡とも言える優勝にまた一歩近づいた。
日本人FW岡崎慎司は、そのおとぎ話の主人公の一人となっている。
スウォンジー戦、岡崎は決して目立った活躍を見せていない。
試合前の焦点は、「前節に退場処分を受け、出場停止になったジェイミー・ヴァーディーの穴をどう埋めるか」だった。走力を活かしてカウンターの軸となり、22得点を記録してきたエース。その代わりを務めたのは、スピードに関しては左サイドに入ったMFジェフリー・シュラップだったし、高さによって得点力を補ったのは長身FWレオナルド・ウジョアだった。ウジョアは貴重なゴールを叩きだし、チームを勝利に導いている。
しかしレスターのスタイルベースを貫き通し、地力を支えていたのは岡崎だったと言えるだろう。
「我々は走って、走って、走って。それでも走るのをやめられない。まるでフォレストガンプのようにね」(クラウディオ・ラニエリ、レスター監督)
走ることがチームの哲学だが、岡崎はそれを率先して示している。前線で相手の攻撃にふたをし、プレスバックで守備をサポートし、敵を休ませない。前半10分、レスターは先制に成功しているが、まさに岡崎が先頭に立ったプレッシングの賜だった。敵陣内でプレッシャーのストレスを与え、パスミスを誘発。それを拾ったMFリャド・マフレズが左足で叩き込んだ。
「走る」と言っても、ガムシャラに足を動かすのではない。正しいポジションを取ることで守りの網を縮め、敵を圧迫する。一方で攻撃も、休まずポジションを修正し、いい距離感を保つことで、こぼれ球さえも自分たちの足下に転がってくる。とても知的で、戦術的な動きと言える。
岡崎はその体現者となっていた。抜群の献身性を見せると同時に、ダイレクトでボールを叩き、プレーにテンポも作った。何気ないスキル精度の高さが、チームに余裕を与えていた。日本人FWがレスターの戦いを示すことで、抜擢された二人も自由に仕事ができたのである。
「私は選手にマッチョな戦いを求める。FWから最後の砦を守るような闘争をね。もちろん、戦いは頭も使えなければならない」
指揮官ラニエリは言うが、岡崎はその先兵ということか。おとぎ話を完結させるには、岡崎のような勇者が欠かせない。
レスターは次節、5月1日に敵地で名門、マンチェスター・ユナイテッドに挑む。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160425-00000131-sasahi-socc

続きを読む

レスター戦完封のサウサンプトン吉田麻也に英紙が合格点!4試合連続フル出場でチーム3位タイ評価


相棒ファン・ダイクの負傷交代にも対応 ピンチ招くも全体的に安定したプレーを披露
プレミアリーグ第22節のサウサンプトン対レスター・シティの一戦は3-0と一方的な展開でホームのサウサンプトンが5試合ぶりの勝利を収めた。リーグ戦4試合連続フル出場と足場を固め、この試合では完封勝利に貢献した吉田に合格点が与えられている。
試合はサウサンプトンがレスターに見せ場を作らせずに圧勝。前半にMFジェームズ・ウォード=プラウズとFWジェイ・ロドリゲスが得点して2-0で折り返すと、後半にはMFドゥサン・タディッチがPKを決めて3-0と完勝した。
サウサンプトンの吉田は不用意なボールロストでピンチを招いたシーンもあったが、全体的には安定したプレーを披露。CBとして岡崎らレスター攻撃陣を封じ込め、クリーンシート達成に貢献した。
相棒DFファン・ダイクが負傷交代するアクシデントにも冷静に対応し、途中投入されたDFステファンズとのコンビも無難にこなしている。攻撃では、後半にセットプレーのチャンスでゴール前へ飛び込んでオウンゴールを誘発したかに見えたが、直前でオフサイドと判定された。
英紙「デイリー・メール」の採点(10点満点)で、吉田はチーム3位タイの7点だった。正確なキックで攻撃陣を操ったウォード=プラウズが8点でチームトップ。タディッチが7.5点で2位。ロドリゲス、DFセドリック、MFロメウが吉田と並ぶ7点だった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」では6点にとどまったが、レギュラーの座を確保しつつあることで、自身に溢れたプレーを披露した。
Football ZONE web1/23(月) 9:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00010003-soccermzw-socc

続きを読む

「チャンスは少ないのかな・・・」byレスター岡崎慎司


◇イングランド・リーグ杯準々決勝 レスター1―1マンチェスターC
次々と攻撃的な交代カードが切られる中、レスターのFW岡崎はベンチに座ったまま終了の笛を聞いた。
リーグ戦でも出場機会が限られ「今までの流れでいうとチャンスは少ないのかな、と思っていた」。 コンディションは良好だが、「契約をあと半年残して、もしかしたら冬に(移籍の)噂になっている選手を使うよりは未来ある選手を使うのは当然」と自らの厳しい立場に唇をかんだ。
(レスター・田嶋康輔通信員)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000010-spnannex-socc
12/20(木) 6:00配信

続きを読む

【動画】英紙も称賛する韓国代表ソン・フンミンの衝撃ミドル弾!


ペナルティーエリア外から左足一閃、トットナムの2-0勝利に貢献
トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間8日に行われたレスター・シティ戦(2-0)に先発出場。前半終了間際にペナルティーエリア外から左足で強烈なミドルシュートを叩き込み、英メディアから「スペクタクル」と称賛された。
0-0で迎えた前半アディショナルタイム1分、ソン・フンミンはペナルティーエリア手前の右サイドでパスを受けると、ドリブルで中央へ切れ込む。そして対峙したDFのプレッシャーを受ける前に左足を振り抜くと、カーブのかかった鋭いボールが勢い良くゴール左隅に突き刺さった。
この一撃を英紙「デイリー・メール」は、「スペクタクルな先制点」「鮮やかカールショットがゴール左隅に」と報じた。今季序盤戦はアジア大会参加のために出遅れたソン・フンミンだが、直近4試合で3得点1アシストとゴールに絡む活躍を続けている。
また、ソン・フンミンはレスター相手に愛称が良いというデータも残っている。特に先発した際には確かな結果を残しているようで、データ分析会社「オプタ」によれば今節を含むスタメン出場したレスター戦では、2試合で3得点1アシストだと伝えた。
ドイツ時代には“ドルトムント・キラー”として知られていたソン・フンミンだが、イングランドでは新たに“レスター・キラー”ぶりを発揮している。
https://www.football-zone.net/archives/153024

続きを読む