レスター

レスター岡崎慎司に英メディア賛辞!「最高のパス」「確かなスピリット」

後半からムサと躍動 高速カウンターで名門脅かす
日本代表FW岡崎慎司は3日(日本時間4日)にストックホルムで行われた親善試合インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバルセロナ戦後半開始から途中出場。巧みなポストプレーでコンビを組んだナイジェリア代表FWアーメド・ムサのゴールをお膳立てするなど精力的な働きで地元メディアから「最高のパス」「確かなスピリット」と賛辞を送られている。チームは2-4で完敗している。
試合は前半にバルセロナがFWリオネル・メッシを起点として攻撃からFWムニル・エル・ハムダウィが2得点、FWルイス・スアレスが1ゴール1アシストと活躍し、3-0と大きくリードした。
バルセロナが攻撃の手を緩めた後半の2分に岡崎が背後からのパスをワンタッチでうまく新加入のムサへつなぎ、これを受けたスピードスターはハーフウェイラインからの単独突破で最後は冷静なシュートを決めた。同20分にもムサがこの試合2点目を奪って1点差に詰め寄ったが、最終的にバルサが終盤に1点を加えて4-2で勝利した。
後半から爆発したレスターの2トップは地元メディアから賞賛されている。 レスターの地元紙「レスター・マーキュリー」は、スペイン王者相手の健闘を称えている。そこには岡崎に代表される闘志あふれる戦いぶりが見られたとレポートされている。
「(レスター・)シティにスアレスやメッシのクオリティーを持つ選手はいないかもしれない。しかし、彼らは岡崎に代表されるように、後半開始から確かなスピリットを持っていることを証明した」
ヴァーディ軸に前線のポジション争い激化へ
スペイン二冠王者の世界のバルサに前半0-3で力の差を見せつけられたが、後半からの出場で反撃を見せたレスターは高く評価されていた。
ムサの50メートル独走ドリブルからのゴールシーンについても「岡崎からムサへの最高のパスが渡り、バルセロナの4バックの誰よりも早く走ってムニルのゴールに匹敵する得点を生み出した」と描写されており、侍ストライカーの確かな貢献は地元メディアからも高く評価されていた。
クラブレコードとなる1600万ポンド(約22億円)の移籍金に見合うプレーを披露したムサと、献身的なスタイルでの評価を確立している岡崎。昨季24得点のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディを軸としたレスターの前線のポジション争いは、今後も目が離せなそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160804-00010002-soccermzw-socc
続きを読む

【レスター】ドリンクウォーターも移籍か!?レスターとの契約延長を拒否!

レスター・シティの優勝メンバーがまた1人移籍するかもしれない。MFダニー・ドリンクウォーター(26)がレスターからの契約延長オファーを拒否したようだ。英『サン』が報じている。
マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のドリンクウォーターは、トップチームに昇格も出場機会を得られず、カーディフやワトフォードなどへのレンタル移籍を繰り返した。2012年1月にはユナイテッドのトップチームでプレーすることなく、レスターに完全移籍。当時所属していたチャンピオンシップ(2部相当)で優勝を経験し、昨季は奇跡といわれたプレミアリーグ制覇を中心メンバーとして成し遂げた。
レスターはドリンクウォーターと2014年に週給3万ポンド(約390万円)の4年契約を結んでいるが、昨季の活躍からドリンクウォーターに週給8万ポンド(約1040万円)の新契約を提示。しかし、ドリンクウォーターの代理人に拒否され、その状況を注視しているトッテナムが獲得に興味を示しているとのこと。レスターは流出阻止に向けて週給10万ポンド(約1300万円)で再び交渉へ臨むとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-01630397-gekisaka-socc
続きを読む

【ハイライト動画】岡崎ピンチ!?レスター新加入スリマニの2得点などでシーズン2勝目!岡崎は出番なし

レスター、新加入スリマニの2得点などでシーズン2勝目 岡崎に出番なし
SOCCER KING 9月18日(日)0時51分配信
プレミアリーグ第5節が17日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとバーンリーが対戦した。岡崎はベンチスタートとなっている。
前節、敵地でリヴァプールに4失点を献上し、シーズン2敗目を喫したレスター。大勝したチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のクラブ・ブルージュ(ベルギー)戦を挟んで迎えた今節は、ホームに勝ち点で並ぶバーンリーを迎えた。レスターのスタメンにはイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディのほか、新加入のアルジェリア代表FWイスラム・スリマニらが名前を連ねている。
最初にチャンスを迎えたのはレスター。7分、CKをウェズ・モーガンが競り合うと、こぼれたところにダニエル・アマーティが反応。すぐさま左足を振りぬいた。しかしこのシュートはクロスバーの上へ外れ、得点には至らない。
さらにレスターは28分、右サイドでボールを持ったリヤド・マフレズがドリブルで一気にエリア内へ進入し、そのままシュートまで持ち込んだ。しかしこれはGKトム・ヒートンがブロック。失点を許さない。
その後もペースを握ったのはレスター。すると前半アディショナルタイム1分、左サイドでFKを獲得すると、クリスティアン・フクスの蹴ったボールをエリア内でスリマニがヘディングシュート。ボールはゴール中央へ突き刺さり、レスターがついに先制点を挙げる。
1-0で後半に突入して48分、レスターのマフレズがエリア右でドリブルからクロス。これはヴァーディのかかとに当たってコースが変わるが、エリア内へ走りこんだスリマニが頭で合わせる。するとボールはGKヒートンが触るものの、そのままゴールへ吸い込まれた。レスターがリードを広げる。
さらに勢いに乗るレスターは68分、CKのこぼれ球をフクスが右足でミドルシュート。しかしこの弾道の低いシュートはGKヒートンが落ち着いて処理した。
しかし78分、スリマニからパスを受けたマフレズが右サイドからドリブルを仕掛け、グラウンダーのクロスを供給。すると、パスカットを試みたDFベン・ミーの伸ばした足にボールが当たってコースが変わり、そのままゴールネットを揺らした。オウンゴールで試合が決定づく。
3点リードしたレスターは、その後もバーンリーにチャンスを与えず。高い集中力を保ったまま、攻撃をシャットアウトし、3-0の勝利を収めた。白星を挙げたレスターはこれで今シーズンのリーグ戦の成績を2勝1分け2敗、勝ち点7ポイントとしている。なお、岡崎の出場機会は無かった。
次節、レスターは24日に敵地でマンチェスター・Uと、バーンリーは26日にホームでワトフォードと対戦する。
【スコア】
レスター 3-0 バーンリー
【得点者】
1-0 45+1分 イスラム・スリマニ(レスター)
2-0 48分 イスラム・スリマニ(レスター)
2-0 78分 ベン・ミー(OG)(レスター)
SOCCER KING
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00494380-soccerk-socc
続きを読む

「シンジには得点能力ある!我々は彼が持つ運動量のクオリティも理解しているし、彼はとても良い選手だ」byレスター指揮官


指揮官は信頼
レスター・シティ所属の日本代表FW岡崎慎司に足りないのはゴールだ。
今でもレスターではジェイミー・バーディの相棒を任されているが、とにかくゴールが足りない。岡崎の献身性、ガッツ溢れるプレイは誰もが認めるところで、もう少し得点を決められれば……との物足りなさだけが残る。
「岡崎は23試合連続でゴールがない」
地元紙『Leicester Mercury』も岡崎がここ23試合得点を決めていないことを取り上げており、バーディの相棒を今後も任せるべきなのかといった疑問も呈している。
しかし、指揮官のクレイグ・シェイクスピアは岡崎にゴールを奪う能力があると信じており、その献身性を含め次のように評価している。
「シンジには得点を奪う能力があるよ。私はそれをトレーニングで見ている。
シンジはチームの中でも重要な役割を担っているし、彼の働きはチームスタッフもチームメイトも非常に評価している。 我々は彼が持つ運動量のクオリティも理解しているし、彼はとても良い選手だ」
シェイクスピアはクラウディオ・ラニエリから暫定的に指揮官の仕事を引き継いでから、
バーディと岡崎の2トップを基本布陣としてきた。
岡崎のことを評価しているのは間違いないはずで、その能力を信頼しているのだろう。
岡崎はその期待に応える必要があるが、再びゴールを決めたあとの快心の笑顔を見せてもらいたい。
theWORLD(ザ・ワールド) 5/3(水) 20:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00010014-theworld-socc
続きを読む

レスター岡崎がCL初先発で待望の初ゴール!クラブ史上初参戦での16強進出に貢献!


クラブ・ブルージュに2-1と勝利 連続無失点は途絶える
レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、現地時間22日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦でスタメン出場すると、開始5分で待望のCL初ゴール。チームを2-1の勝利に導き、グループステージ突破を決めた。
アルジェリア代表FWイスラム・スリマニが欠場となったこのゲームでスタメンのチャンスを掴んだ岡崎は、わずか5分でクラウディオ・ラニエリ監督の期待に応えてみせた。左サイドからDFクリスティアン・フクスが入れたクロスに対してニアサイドに走り込むと、バウンドするボールに左足をコンパクトに振り抜いてボレーシュート。相手GKのニアサイドを破り、1-0の先制ゴールを挙げた。CL3試合目の出場、初スタメンで待望の初ゴールとなった。
勢いに乗るレスターは、左サイドからドリブル突破を仕掛けたMFマーク・オルブライトンが相手DFに倒されてPKを獲得。これを同30分にMFリヤド・マフレズが相手GKの動きを見極めてゴール正面に蹴り込み2-0とリードを広げ、ハーフタイムに入った。
レスターは後半7分、相手FWホセ・イスキエルドにフクスがかわされて左サイドを一気に突破されると、イスキエルドにニアサイドへ強烈なシュートを決められて失点。2-1とされ、今大会の連続無失点はここで途絶えた。
後半23分にグレイと交代しピッチを後に
追い上げを許したレスターは同13分にコーナーキックの二次攻撃で上がったクロスを、FWジェイミー・ヴァーディが右足ヒールで合わせる芸術的なゴールを決めたかに見えたが、惜しくもオフサイドの判定で追加点とはならなかった。
岡崎は同23分にMFデマレイ・グレイと交代でピッチを退いた。
レスターは、この試合を含めて2連勝しか3位でのUEFAヨーロッパリーグ進出の可能性がないブルージュにボールを支配されて押し込まれたが、このままリードを守り切って勝利。クラブ史上初のCL出場で、見事にグループステージを突破し決勝トーナメント進出を決めた。
フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161123-00010000-soccermzw-socc
続きを読む

CL準々決勝・・・逆転進出の可能性!レスターは40%、バルサ5.6%、ドルトムントは3%!?


UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦が18日と19日に行われる。4強進出をかけた意地がぶつかり合う。
uefa.comは過去に行われたUEFA主要大会の2連戦のデータをもとに、勝ち上がりの確率を算出。公式サイトに掲載している。
今回の第1戦ではすべての試合で勝敗がついたため、どちらかがアドバンテージを持って第2戦に臨む。 しかしホームとアウェーを入れ替えることで試合結果が大きく変わることも予想される。
最も逆転に近いのがFW岡崎慎司の所属するレスター・シティ(イングランド)だという。
第1戦、敵地でアトレティコ・マドリー(スペイン)と対戦したレスターは、0-1で敗戦。
しかしこのパターンは過去に991回あり、そのうち40.7%にあたる403回で第2戦のホームチームが勝ち上がりを決めているのだという。
逆に逆転が最も難しいと予想されているのが、MF香川真司の所属するドルトムントだ。
ホームでの第1戦を2-3で落としたドルトムント。この例は過去に100回あるものの、逆転したのはわずかに3回のみ。 3%の壁を破るためには香川の大活躍が必要不可欠だ。
決勝トーナメント1回戦で奇跡の大逆転を演じたバルセロナは今回も難題に挑むことになる。敵地で0-3で敗れたチームが、第2戦ホームで逆転する確率は5.6%。
しかし決勝トーナメント1回戦の時は第1戦を0-4で落としての大逆転。この時は確率0%だったことを考えれば、希望を持てそうだ。
(4月18日)
レスター・シティ 27:45 A・マドリー
第1戦(0-1)
過去のUEFA男子クラブ大会における同じパターン:991回
第2戦のホームチームが突破:403回(40.7%)
第2戦のアウェーチームが突破:588回(59.3%)
R・マドリー 27:45 バイエルン
第1戦(2-1)
過去:352回
第2戦のホームチームが突破:331回(94.0%)
第2戦のアウェーチームが突破:21回(6.0%)
(4月19日)
モナコ 27:45 ドルトムント
第1戦(3-2)
過去:100回
第2戦のホームチームが突破:97回(97%)
第2戦のアウェーチームが突破:3回(3%)
バルセロナ 27:45 ユベントス
第1戦0-3
過去:467回
第2戦のホームチームが突破:26回(5.6%)
第2戦のアウェーチームが突破:441回(94.4%)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-01638893-gekisaka-socc
続きを読む

「得点だけではない仕事が岡ちゃんのストロング!そういうスピリットが代表には必要」by日本代表・西野監督

◇プレミアリーグ・第37節 レスター0-2ウェストハム(2018年5月5日)
日本代表の西野朗監督(63)が30日のW杯壮行試合ガーナ戦(日産)に向けた21日からの国内合宿に、左足首痛で離脱中のレスターFW岡崎慎司(32)を招集する可能性を示唆した。
5日のレスター―ウェストハム戦に足を運び、岡崎と会談。今季リーグ残り2試合での復帰は微妙だが、日本に呼び寄せ31日発表のW杯メンバーに入れる可能性を探る方針だ。
レスターの本拠キングパワー・スタジアム。西野監督は左足首痛でベンチ外だった岡崎と顔を合わせた。ハリルホジッチ前監督の解任経緯を説明し、ケガの状態を確認。
「軽くあいさつして、話した」(岡崎)程度の会話だったが、試合後に報道陣に囲まれると、プレミアで今季6得点を記録しているFWへの大きな期待を口にした。
「ハイレベルなステージでやっている。得点を取れていないことはないし、得点だけではない仕事が岡ちゃんのストロングでもある。チームのため、他の選手のため、そういうスピリットが代表には必要」
岡崎は「(西野監督が)来てくれた時点で、駒として考えてくれてると思うし、モチベーションになる」と笑顔を見せた。日本代表に選ばれたのは昨年9月5日のサウジアラビア戦が最後。
ハリル体制下では“冷遇”されたが、実はハリルホジッチ前監督が解任通告された4月7日にボヌベー前コーチがレスター―ニューカッスル戦を視察しており、前体制でも5月の復帰が検討されていた。
レスターは9日のアーセナル戦、13日のトットナム戦で今季日程を終了する。岡崎は「(ケガは)結構、やっかいな場所。やれるなら来週かな」と話すが、残り2試合での復帰は微妙だ。
西野監督は「ハイリスクを負って試合にもっていけば、その後にも影響する」と指摘。30日のガーナ戦に間に合う見通しなら「W杯メンバー入りの可能性は求めたい」と21日からの国内合宿に招集する方針を示唆した。
「名前は関係ない」と過去の実績を選考に反映させなかった前任者とは対照的に、経験値なども参考にして柔軟にメンバーを絞り込む構えだ。
5/7(月) 6:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000042-spnannex-socc
写真

続きを読む