ロナウド

クリロナさん、名言キターーー!!「記録が僕の方にやってくるんだ」


ペレ、プスカシュらに次ぐ史上6人目の快挙
サッカー史に名を刻んだ稀代のスーパースターが“名言”を残した。
現地時間10月14日に行なわれたEURO2020予選グループリーグBのウクライナ戦で、ポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドは、キャリア通算700ゴール目を決めた。
2点のビハインドを追っていた72分にPKを沈めたC・ロナウドは、2002年にスタートさせたプロキャリアで積み上げてきたゴールを大台に乗せ、ヨーゼフ・ビカン(805ゴール)、ペレ(779点)、ロマーリオ(748点)、フェレンツ・プスカシュ(709点)、ゲルト・ミュラー(701点)に続く、史上6人目の快挙を達成した。
試合後、C・ロナウドはメディアの取材に応じ、自身のゴール記録達成を次のように振り返った。
「僕の記録がいくつあるか? それは僕も分からないよ。今、この瞬間を楽しんで、この記録に到達することを助けてくれた人たちに感謝しなければならない」
さらに現代サッカー界屈指のスーパースターは、自らの記録達成について、自信を感じさせる言葉で、こう表現した。
「誰もが辿り着ける記録ではないことは分かってる。ただ、記録そのものが自然とやってくるんだ。僕が追い求めたことはない。記録が僕のことを追い求めてくるのさ」
ちなみに代表通算得点を「95」に伸ばしたC・ロナウドは、元イラン代表FWアリ・ダエイの持つ代表通算世界最多ゴール(105)も射程圏内に捉えており、現在のペースで得点を重ねることができれば、来年には世界記録を打ち立てる可能性も十分にありえそうだ。
34歳となってベテランの領域に達しているC・ロナウドだが、そのパフォーマンスにいまだ陰りは見られない。
なお、C・ロナウドの全得点の内訳は、以下の通りだ。
スポルティング:5ゴール(31試合)
マンチェスター・ユナイテッド:118ゴール(292試合)
レアル・マドリー:450ゴール(438試合)
ユベントス:32ゴール(51試合)
ポルトガル代表:95ゴール(162試合)
右足:442ゴール
左足:129ゴール
ヘディング:127ゴール
その他:2ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00010001-sdigestw-socc

続きを読む

クリロナさん、サッカー史上6人目の偉業を達成する!


EURO2020予選グループリーグB組、ウクライナ代表対ポルトガル代表の試合が現地時間14日に行われた。この試合で、34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算700ゴールを達成している。
C・ロナウドはウクライナ戦で先発出場。試合開始して6分にウクライナのロマン・ヤレムチュクに先制点を決められると、27分にはウクライナのアンドリー・ヤルモレンコに追加点を決められた。それでも72分、C・ロナウドがPKを決めて1点を返す。だが、反撃はここまで。ポルトガルは1-2の敗戦を喫している。
ヨーゼフ・ビカン氏(805ゴール)、ペレ氏(779点)、ロマーリオ氏(748点)、フェレンツ・プスカシュ氏(709点)、ゲルト・ミュラー氏(701点)に続き、C・ロナウドは史上6人目のキャリア通算700ゴールを達成した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00342834-footballc-socc

続きを読む

元ブラジル代表のロナウドがメッシやクリロナよりスゴイ理由!

メッシ
ひょろひょろ
走るスペース消せば何も出来ない
イニエスタシャビがいないとしょぼい
C・ロナウド
周りのお膳立てありきの選手
ブラジルロナウド
体がっしりでドリブルで突っ込まれるとdfは吹っ飛ばされ
gkから見ればぐんぐん迫って来るので恐怖でしかない
シュートは重く速い
ブラジルロナウドが一番に決まってるでしょ

続きを読む

名将モウリーニョが選ぶ"サッカー歴代最高選手"はメッシでもクリロナでもない?


マンチェスター・ユナイテッドなどの元監督であるジョゼ・モウリーニョ氏は、これまで目にしてきた中で最高の選手として、元ブラジル代表FWのロナウド氏を挙げた。『LiveScore』のインタビューに語ったとしてスペイン紙『マルカ』などが伝えている。
これまで複数のビッグクラブで監督を務め、レアル・マドリー在籍時のクリスティアーノ・ロナウドをはじめとする多くの名選手たちを指導してきたモウリーニョ氏。だが最高の選手に挙げたのはそのC・ロナウドでもなければ、ライバルのリオネル・メッシでもない。
「“怪物”ロナウドだ。クリスティアーノ・ロナウドやレオ・メッシはより長くキャリアを過ごし、15年間にわたって毎日トップを守り続けてきた。だが厳密に才能や能力について言えば、ロナウドを超える者は誰もいない」とモウリーニョ氏は語る。
1996年、モウリーニョ氏がバルセロナでアシスタントを務め始めたのと同時期にロナウド氏はバルサに加入した。「ボビー・ロブソンとともにバルセロナにいた時、彼は今までピッチ上で見た中で最高の選手だと分かった。より驚異的なものになったはずのキャリアが負傷でダメにされたが、19歳の彼が秘めていた才能は信じがたいものだった」とモウリーニョ氏は振り返った。
ロナウド氏はバルサで37試合34得点という活躍をみせリーガエスパニョーラ得点王に輝いたあと、翌年に移籍したインテルでもゴールを量産。1999年の靭帯断裂以降は負傷に苦しめられるキャリアを過ごしたが、その後も2002年日韓ワールドカップ得点王やレアル・マドリーでのリーガ得点王などの実績を残した。
フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00342553-footballc-socc

続きを読む

クリロナは代表とクラブでは別人!?岡田武史氏「ロナウド、大したことないねぇ」


「6月10日からフランスで開催されたユーロ2016(欧州選手権)で目の当たりにしたポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド。 12月に横浜でクラブW杯の優勝を懸けて鹿島と戦ったレアル・マドリードのロナウド。この“2人”は、とても同一人物とは思えませんでした」
そう話すのはフリーカメラマンの六川則夫氏である。
「ユーロのロナウドは鬼の形相を浮かべ、全身全霊を捧げてプレーしていた。
攻撃のお膳立てからフィニッシュまで『すべてオレひとりでやってポルトガルを欧州王者に導く!』という凄まじい気迫が、レンズ越しにビンビン伝わってきました」
一方、クラブW杯決勝でのロナウドは、序盤から主戦場の左サイドで所在なげに突っ立っているシーンが多く、テレビ解説の元日本代表監督の岡田武史氏に「ロナウド、大したことないねぇ」とコケにされる始末だったが、前出の六川氏は「岡田さん、ロナウドのプレーをあまり見てないのでしょうか? 見立て違いです」と言う。
「もちろん鹿島戦でもそうでしたが、レアルのロナウドは『流している時間帯』が多く、
鹿島戦なんて『サボっている』と表現してもいいくらいでした。
W杯常連の列強国の主軸ばかりのレアルでロナウドは『ゴールを決める』ことだけに集中すれば良く、それ以外は手抜きでもOKです。
鹿島戦の前半9分にFWベンゼマが先取点を決め、ロナウドはムリする必要がなくなり、1-2とリードされてから本気モードのスイッチが入り、3ゴールを決めてクラブ世界王者となった。
『大したことないねぇ』ではありません。
サラリと流しながら、ここぞという局面で涼しい顔をしてゴールを決める。それがレアルのロナウドなのです」
マッチアップした鹿島の選手たち。スタジアムの観客。テレビ桟敷のファン。だれもがロナウドの本領を確認した──。
2016年12月25日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/196538/1

続きを読む

【公式発表】2016年度バロンドールはクリロナ!CL制覇やユーロ優勝に貢献


レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年度のバロンドールに輝いた。
フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12日に今年度のバロンドール(年間世界最優秀選手賞)を発表。ジャーナリスト173名の投票により、C・ロナウドが2年ぶり4度目(FIFAバロンドールを含む)の受賞を果たした。
C・ロナウドは2015-16シーズンのチャンピオンズリーグで12試合出場16ゴールを記録し、レアル・マドリードの11度目の欧州制覇に貢献した。さらに今夏に行われたユーロ2016では全7試合に出場し、3ゴールをマーク。開催国フランスとの決勝はケガにより開始25分で涙の負傷交代となったが、キャプテンとして最後までチームメイトを鼓舞し続け、ポルトガル代表を初のヨーロッパ王者へと導いた。
C・ロナウドはマンチェスター時代の2008年度にバロンドールを初受賞。翌2009年度からメッシの受賞が4年続いたのち、2013年、2014年にC・ロナウドが2年連続でタイトルを手にした。前年度はメッシが最多5度目の受賞を達成している。
1956年に創設されたバロンドールは、2010年からFIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めていたが、2015年度をもって契約満了となり、
今年度から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活した。それに伴い、候補者も旧制度の23名から30名となり、最終候補者の発表は廃止。投票はジャーナリストのみによって行われ、バロンドール受賞者と得票数に応じた各候補選手の最終順位も発表される。
SOCCER KING12/13(火) 4:08配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00526945-soccerk-socc

続きを読む

レアル「クリロナの移籍金は1240億円です」


レアル・マドリーは、同クラブ退団を希望しているFWクリスティアーノ・ロナウドについて、同選手の気持ちが静まることを待つ方針のようだ。スペイン『マルカ』が報じた。
メディアやファンからの批判などによって、これまでにもレアル・マドリーで不満を溜め込んできたとされるC・ロナウドだが、マドリー検察から脱税の疑いで起訴されたことをきっかけについに退団を決意したとされる。『マルカ』によると、レアル・マドリー側は選手本人が怒りを爆発させていることを認識しているという。
『マルカ』は、レアル・マドリー理事会メンバーの「ロナウドはここ数週間の自身を取り巻く状況に大きな怒りを感じている。もし自分が犯罪者のように扱われていると話したならば、そう言いたい理由があるのだろう」とのコメントを紹介。理事会メンバーは、C・ロナウドがポルトガル『ア・ボラ』に同クラブ退団の意思を漏らしたことに驚きを感じながらも、時間の経過が同選手の気を静め、その姿勢を変化させることに期待している様子だ。
理事会メンバーは「この問題は電話ではなく、顔を突き合わせて話すべき」との見解のもとで、C・ロナウドがポルトガル代表として臨むコンフェデレーションズカップが終了するまで静観を決め込む模様。その後フロレンティーノ・ペレス会長とホセ・アンヘル・サンチェスGD(ゼネラルディレクター)が、同選手に説明を求めるとみられる。
なおレアル・マドリーは、C・ロナウドが実際に退団する場合には、移籍金として契約解除金10億ユーロ(約1240億円)を求める考えとされる。
http://www.goal.com/jp/news/73/1/2017/06/17/36429082/1

続きを読む