中国

中国のサッカー環境はあまりに悪すぎる!?


闘将マガトの誘いを受けて中国まで行ったが…
昨今のサッカー界で毎年のように話題を集めるのが、欧州トップリーグで名を馳せた選手たちの中国スーパーリーグ移籍だ。
今夏も、ウェストハムから上海上港へ加入したマルコ・アルナウトビッチや、3年総額4800万ユ―ロ(約60億円)という高待遇を提示されて、ローマから上海申花へ移ったステファン・エル・シャーラウィが、中国へ籍を移した。
その一方で中国挑戦を諦めた選手もいる。ブンデスリーガ2部のハンブルクに所属するマルティン・ハルニクだ。
シュツットガルトやブレーメンなどでも活躍し、日本代表の岡崎慎司や大迫勇也ともプレーした経験を持つオーストリア代表FWは、ハンブルクの地元メディア『Rautenperle』の取材に対して、3年前に山東魯能と合意寸前にまで至っていたことを告白している。
その当時、シュツットガルトとの契約が満了となり、フリーとなっていたハルニクは、ドイツ人の闘将フェリックス・マガトの誘いを受け、山東魯能との契約をまとめるべく、中国まで足を運んでいた。
「娘と妻をドイツに置いて、単身で中国へ行ってプレーするつもりでいた。家族には涙で別れを告げた。新シーズンを中国で迎えるつもりでいたから、バッグやスパイクなど、必要なものをすべて持って東アジアへと旅立ったんだ」
しかし、最終的に契約は成立しなかった。いったい何があったのか? ハルニクによれば、交渉がこじれた理由は、「環境があまりに悪すぎたから」だという。
「中国に到着すると街はスモッグで曇っていて、環境が明らかにおかしいと感じたんだ。メディカルチェックを翌日に控えて、僕にも異変が起こった。ホテルで眠ろうとしてもとても気分が悪くて、眠れないんだ。腹痛もひどくなってくるし、食事も全然合わない。何も食べることができなくてね。あのときは本当に病気のような、酷い状況になったよ。環境が悪すぎて、身体が拒否感を示したようだった。
メディカルチェックではいろんな検査を受けたんだけど、血液検査の後にクラブの医師から、『あなたはアルコール中毒ですか?』って言われたんだ。僕はそんなわけないとすぐ否定したよ。その時に僕は『ここでフットボールをしたくない』と思ったんだ」
その後、ドイツへとんぼ返りをしたハルニクは、結局ハノーファーへと移籍。そのシーズン、当時2部だったチームをトップリーグに昇格させる活躍を披露した。
今夏から自身の生まれ故郷のクラブでもあるハンブルクに加わったハルニクは、『Rautenperle』の取材に対して、こう言い残している。
「マガトには謝った。せっかくの話だったけど、僕は中国でプレーすることはできないと感じた。お金の問題ではなく、あそこに行けば、後悔すると思った」
10/15(火) 6:12 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00010001-sdigestw-socc

続きを読む

【AFCU23選手権予選】U22中国代表に痛恨の敗戦・・・U20日本代表、予選突破は他グループの結果次第

[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]
U-20日本代表は23日、AFC U-23選手権予選第3戦でU-22中国代表と対戦。前半40分に中国に先制を許した日本は同アディショナルタイムに追加点を献上し、前半だけで2点のリードを許してしまう。後半9分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で1点差に詰め寄ったが、1-2で敗れた。中国に首位通過を許した日本は2位に転落し、AFC U-23選手権への出場は他グループの結果次第となった(グループ2位の成績上位(10チーム中)5チームがAFC U-23選手権出場権獲得)。
引き分け以上で来年1月に中国で行われるAFC U-23選手権出場が決定する日本は、21日の第2戦カンボジア戦から先発5人を入れ替えた。4-4-2のシステムを採用してGKに小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右から藤谷壮(神戸)、DF板倉滉(川崎F)、DF中山雄太(柏)、DF舩木翔(C大阪)、ボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF原輝綺(新潟)を並べ、右サイドハーフにMF坂井大将(大分)、左サイドハーフにMF遠藤渓太(横浜FM)、2トップにFW田川亨介(鳥栖)とFW旗手怜央(順天堂大)を配置した。
日本はボールを保持する時間こそ長いものの、なかなか2トップの田川と旗手までパスを届けることができずにフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続く。最終ラインの板倉らがロングパス1本で裏を突こうとするが、味方の動きと合わずに好機に結び付けられない。だが、時おり繰り出される中国のカウンターにはきっちり対応して、相手にも簡単には決定機を創出させなかった。
しかし前半40分、最終ラインの裏を突かれて左サイドからクロスを上げられると、その流れからフリーになったFWウェイ・シハオにミドルシュートを突き刺され、中国に先制を許してしまう。さらに同アディショナルタイムにはグラウンダーのクロスをFWドン・ハンウェンに流し込まれ、一気にリードを2点差に広げられてしまった。
2点のリードを許した日本は後半開始から旗手に代えてFW小松蓮(産業能率大)、さらに同6分には市丸に代えてMF伊藤洋輝(磐田U-18)をピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。
徐々に攻勢を強める日本は後半8分、小松の落としを受けた坂井が左サイドに展開すると、切れ込んだ遠藤が右足シュートを狙うもボールはゴール右に外れてしまう。しかし同9分、右サイドを駆け上がった藤谷のグラウンダーのクロスを小松がヒールで合わせたシュートは相手GKに阻まれたが、こぼれ球に反応した遠藤が蹴り込んで1点差に詰め寄る。
一気に同点に追い付きたい日本は後半20分、田川に代えてMF高木彰人(G大阪)を投入し、早くも交代カードを使い切った。同27分には中国に好機を作られたがウェイ・シハオのシュートに対して距離を詰めた小島がゴールを死守。直後にはカウンターから日本がゴールに迫るが、小松、遠藤とつないだボールからPA内に進入した伊藤のシュートは相手GKに阻まれてしまった。同39分にはまたもや小島がビッグセーブで中国に追加点を許さず。
同点に追い付きたい日本だったが後半アディショナルタイムに伊藤が退場して数的不利に陥ると、中国に逃げ切られて1-2で敗れた。

7/23(日) 19:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-01642034-gekisaka-socc

続きを読む

中国クラブへ移籍して3カ月・・・早くも後悔するエルシャーラウィ


イタリア紙は「ユベントスという選択肢も」
十分な覚悟をして、人生の新しい冒険に挑んだはずだった。だが、中国のクラブへ移籍して3カ月。ステファン・エル・シャーラウィは早くもイタリアへの“帰国”を考えているという。
イタリア紙『Corriere dello Sport』は10月5日、エル・シャーラウィが母国へのノスタルジーを感じていると報じた。セリエA、ないし欧州のトップリーグへの復帰を望んでいるというのだ。
ミランで頭角を現し、昨夏まで3年半にわたってローマでプレーしたエル・シャーラウィは、約1500万ユーロ(約18億8000万円)とされる高額年俸を提示した上海申花に移籍した。
だが、8月中旬に公式戦2試合連続で3得点をマークしたものの、ゴールやアシストを記録したのはこの2試合のみ。前節はベンチに座り、出番がなかった。
同紙によると、エル・シャーラウィは現状にフラストレーションを感じ、ローマの友人に不満を訴えたという。加えて、遠い東アジアに来たことで、代表選出への影響を懸念しているようだ。10月の代表戦には招集されたが、来夏のEUROまで中国で戦い続けるのはハンディキャップとなる。
そのため、同紙はエル・シャーラウィが再び移籍することになっても「サプライズではない」と報道。1月の移籍でなくても、来夏の可能性はあると示唆した。

さらに、ローマと契約延長で合意できていなかったエル・シャーラウィが、中国に移籍していなければ、2020年夏にユベントスにフリーで移籍する可能性があったことも報じている。これが事実であれば、イタリア王者が今後、再びエル・シャーラウィに関心を寄せるかどうかも気になるところだ。
来年のEURO2020が終わっても、2022年にはカタール・ワールドカップが開催される。その時、エル・シャーラウィは30歳。フットボール最大の祭典を視野に、“ファラオーネ”の動きが注目される。
10/7(月) 6:32サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00064982-sdigestw-socc

続きを読む

【日本代表】E-1・北朝鮮戦スタメン発表!室屋成と中村航輔が先発デビューへ!

続きを読む

中国スーパーリーグに日本人選手が来ない理由


2018年11月21日、中国のポータルサイト捜狐に、「サッカーの中国スーパーリーグ(1部)
に日本人選手がいない秘密を暴く、彼らはお金に全く興味ないのか?」とする自メディア(新興メディア)の記事が掲載された。
記事はまず、「中国スーパーリーグを長く見ていると、多くのファンは日本人選手がいないことに気づくだろう。アジア圏の選手のほとんどが韓国人だ。実力から言えば、日本サッカーのレベルは韓国より上なのに」とした。
その上で、日本人選手がいない原因として、まず「中国クラブが求める外国人選手のタイプ」が関係しているとした。記事は「中国スーパーリーグの各クラブは一般的に、アジア人選手を1人登録しているが、
そのポジションの多くがDFやボランチだ。日本人はテクニックにたけているがフィジカルが弱い選手が多く、中国スーパーリーグのフィジカル重視のスタイルに合わない」とした。
これには「外国人枠」の問題もあり、これまでは非アジア圏の選手3人とアジア圏の選手1人の計4人が試合に出場できたが、現在は出場できるのは延べ3人までとなったため、アジア圏の選手は出場機会を失っていると指摘した。
次に「日中関係」を挙げた。記事は「中国との歴史上のもつれは深い。日本人選手は、たとえ国内や小国のリーグで控えに甘んじるとしても中国には来たがらないようだ。
近年の日中関係の緊張もあり、中国クラブのオーナーも大金をはたいて日本人選手を獲得する気はない」とした。
さらに「中国サッカーの実力」も関係しているとし、「日本人選手は、レベルの低い中国でプレーすることはキャリアの後退と考えているようだ。南米や欧州のピークを過ぎた選手が金目当てに中国に移籍するのとは異なる。
香川真司や本田圭佑のように世界5大リーグでプレーすることが日本人選手の目標なのだ」とした。
記事はこうした分析をした上で、2016年のサッカーのクラブワールドカップ決勝で、スタメンがオール日本人の鹿島が欧州王者のレアル・マドリー相手に大善戦したことなどを挙げ、
「将来的に、中国スーパーリーグのピッチに立つ日本人選手も出てくるだろう。彼らが中国サッカーのレベルアップに貢献してくれるのなら大歓迎だ。だが金もうけのためという考えならお断りだ」と結んだ。(翻訳・編集/柳川)
2018年11月24日(土) 14時0分
https://www.recordchina.co.jp/b664353-s0-c50-d0054.html

続きを読む

W杯日本代表監督の西野さん、中国クラブへ!?

W杯16強で評価急上昇 西野氏に中国クラブがメガオファーか
日本代表次期監督に東京五輪男子代表の森保一監督(49)が再浮上だそうである。
10日に日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)がW杯ロシア大会視察のために渡欧。
有力候補に挙がっていたドイツ代表前監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)について、「99%ない。どっから出てきたの? 寝耳に水という感じ」と真っ向否定したことで、
スポーツマスコミは「やっぱり森保か」と節操なく書き立てている。就任すれば2020年東京五輪代表監督との兼任になる。
次期監督選びが混迷する中、今月限りで退任する西野朗監督(63)はウハウハだ。
日本を16強に導き、知名度と評価が急上昇。中国の複数クラブが興味を示し、年俸は5億~10億円というからビックリだ。
中国スーパーリーグの金満ぶりは世界トップクラス。例えば広州恒大を率いる元イタリア代表DFのカンナバーロ監督は、44歳の若さで年俸約15億円という厚遇である。
昨年、中国のクラブが英プレミアリーグのニューカッスルを指揮するベニテス監督を「年俸42億円の巨額オファーで引き抜きを画策」と英紙などが報じた。
実現したら、指揮官として世界最高額の年俸となっていた。
これが選手になると、金額はさらに跳ね上がる。17年の年俸は、上海申花の元アルゼンチンFWテベスがトップで約49億円。
18年は上海上港の元ブラジル代表MFオスカルが32億円、河北華夏の元アルゼンチンFWラベッシが30億円、上海上港の元ブラジル代表FWフッキが26億円で続く。
世界的なスーパースターであるRマドリードのC・ロナウドでも28億円。中国リーグのベラボーさが分かる。
元日本代表監督のザッケローニ氏も16年に年俸5億円超で北京国安の監督を務めた。アジアでの指揮経験があることが有力な材料となったという。
西野監督には複数の日本のJクラブが招聘を検討中。復帰の可能性が高いとみられるが、Jクラブなら年俸1億円が関の山。
もし10億円のオファーが届けば、気が変わっても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITAL 2018年7月11日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/233089
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/233089/2

続きを読む