中島

コロンビアに惜敗の日本代表、どこよりも早い採点!最高点は中島の「6.5」!


日本代表は22日、キリンチャレンジカップ2019・コロンビア代表と対戦して0-1で敗戦。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。
東口順昭 6
PKは反応し触ったが、弾き出せなかった
佐々木翔 6
簡単に入れ替わられる場面はあったが、強さを生かして対応する場面も
昌子源 5.5

ァルカオは自由にさせなかったが、後半に入りスピードで剥がされる場面も
室屋成 6
後ろに引きすぎず、なるべく前で対応。果敢なオーバーラップも見せた
冨安健洋 5.5
故意ではないが、ハンドによりPKを献上。先制されることに
山口蛍 5.5
行くべきところ、待つべきところの判断が整理されていた印象
柴崎岳 5.5
キャプテン務めた。シンプルなプレーに徹したが、もう少し存在感を示して欲しいところ
中島翔哉 6.5
得意のドリブルでチームに推進力をもたらす。後半も仕掛け続けた
南野拓実 6
強烈なシュートでゴールを狙った。ポジションは渡さないという意欲が感じられた
堂安律 6
積極的な突破でボックス内に侵入。相手を慌てさせた
鈴木武蔵 6
裏への抜け出し、ポストプレーとまずまず。前半の決定機はせめて枠に飛ばしたかった
香川真司 5.5
ロシアW杯以来の代表戦。積極的にボールを呼び込んだが、チャンスは生まれず
乾貴士 5.5
右サイドで途中出場。精力的に動き回った
小林祐希 6
精度の高いキックでチャンスを演出した
鎌田大地 5.5
1トップとしてピッチに立った。短い時間で違いを生むことはできなかった
安西幸輝 出場時間短く採点なし
森保一監督 5.5
鈴木武蔵を最前線でテストし、香川も起用。しかし勝てなかった
フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00314533-footballc-socc
3/22(金) 21:16配信

続きを読む