中島

「中島はポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得された」byポルティモネンセ監督


1/30(水) 9:53配信
ポルティモネンセ中島が移籍退団 フォリャ監督明かす
サッカーのポルトガル1部リーグでMF中島翔哉が所属するポルティモネンセのフォリャ監督は29日、中島が移籍退団すると明言した。地元メディアによると0―1で敗れたホームでのシャベス戦後に「ポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得されたからだ」と述べた。中島はベンチ外だった。
24歳の中島は一昨年8月にJ1のFC東京からポルティモネンセに1シーズンの期限付きで移籍し、活躍が認められて昨年に完全移籍した。3月に日本代表デビューし、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のアジア・カップ代表にも選出されたが、けがで辞退した。(共同)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000043-kyodonews-socc

続きを読む

【悲報?】中島翔哉、カタール移籍が決定した模様・・・


ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉(24)が、カタール1部の名門アルドゥハイルに移籍することが決まった。
30日、クラブ関係者が「中島は既にメディカルチェックを受け、契約書にサインをした。移籍金の額は明かせないが、既にクラブ間契約も終わった」と明かした。
現在はビザなどの事務手続きを進めており、2月1日以降に正式発表される見通しという。
ポルティモネンセのフォリャ監督は29日、中島の退団を明言。地元メディアによると、中島がベンチ外だったシャベス戦後に「ポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得されたからだ」と説明。
移籍先については「知らないし、知りたくもない」と明かさなかった。「彼と一緒に仕事ができたのは素晴らしいことだった。これからも凄いプレーをして成功してくれることを願っている」とエールを送った。
1/30(水) 18:05配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000136-spnannex-socc

続きを読む

中島翔哉はカタール経由で即PSG移籍できるのか?


ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)がカタール1部アルドゥハイルに移籍する件について、これはパリサンジェルマン(フランス)が「ファイナンシャル・フェアプレー・ルール(FFP)」をかいくぐる方策だと、30日の英紙サン(電子版)が報じた。
FFPとはクラブの財政健全化を目指し、支出が収入を上回ることを禁じるなど欧州連盟が独自に施行しているルール。
アルドゥハイルのオーナーはカタール王室であり、パリSGも所有している。同時にパリSGは高額な選手への報酬や移籍金などを厳しく調査されている状態で、中島の移籍金は3500万ユーロ(約43億8000万円)とされる。そんな中、アルドゥハイル経由で期限付き移籍という形を取れば、同ルールに抵触せずに中島を獲得できることが可能になるという説だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464855-nksports-socc
即レンタル移籍や

続きを読む

「ポルト中島翔哉」爆誕!5年契約で背番号は8!契約解除金は約97億円!


日本代表のMF中島翔哉は現地時間5日、ポルトガル1部のポルトに加入することが決定した。同国メディア『O JOGO』などが、取引の詳細を伝えている。
これによると、ポルトはアル・ドゥハイルに1200万ユーロ(約14億5000万円)を支払い、選手の権利の50%を獲得する。
ポルトは中島と2024年までの5年契約を交わしたことを発表した。報道によると、契約解除の違約金は8000万ユーロ(約97億円)。
『O JOGO』によると、これはクラブ史上2番目の高額設定だ。
中島の背番号は「8」に決定。これはFWヤシン・ブラヒミが2018/19シーズンまで着用していた番号だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00329592-footballc-socc

続きを読む

中島翔哉、5日中に強豪ポルトと契約!?現地ポルトガル紙が一面報道!


ポルトガル紙「O JOGO」が中島のポルト移籍が最終局面に入ったと報じる
日本代表MF中島翔哉の周囲が、騒がしくなってきた。ポルトガル紙「O JOGO」が一面で日本人アタッカーを大きく取り上げ、その動向について伝えている。
イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、ポルトガル各紙の一面を紹介。そのなかで、中島が大きく取り上げられていた「O JOGO」紙の表紙写真も掲載されている。
同紙は記事のなかで、「中島は今日にもサインする」と見出しを打ち、「日本人サッカー選手はポルトへの移籍が近づいており、細かい条件を確認するのみとなっている」と言及。現地時間5日中に契約が成立する可能性を伝えた。
中島は今年2月にポルトガル1部のポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルに移籍し、リーグ戦7試合に出場して1得点、AFCチャンピオンズリーグでは6試合に出場して1得点を挙げていた。
6月下旬からは、ポルトガルを中心に欧州各国のメディアでも頻繁に話題にあがり、その移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)と言われている。森保一監督の率いる日本代表でも、中心選手として活躍を続ける小柄なアタッカーの欧州再挑戦が、いよいよ現実となりそうだ。
7/5(金) 18:48 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00201619-soccermzw-socc

続きを読む

「中島翔哉のパリSG行きはあり得ない!」by仏レキップ紙記者


24歳の若き日本人フットボーラーが1月、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイル・スポーツ・クラブ(旧レフウィヤ・スポーツ・クラブ)に3500万ユーロ(約45億5000万円)で売却されると報道されてからというもの、「パリ行き」の噂も急加速している格好だ。
このカタールのクラブは、アル・タニ首長の所有物で、同首長はパリSGのオーナーでもある。このため短絡的な憶測が容易に飛び交っているのだ。一部の人びとは「ナカジマがドーハをトランジット(経由)する形で、半年後にパリにレンタルされるのではないか」と想像を逞しくしているのである。
そのココロはこうだ。フランスのチャンピオンクラブはUEFA(欧州サッカー連盟)が定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を巧みに迂回し、高いポテンシャルを持つ若い選手を”裏ワザ”で獲得することで、スカッドを増強できる──という論法である。
だが、UEFAは数年前から、パリSGの一挙手一投足を事細かに監視している。
もしパリSGがこのような手法で、ルールを弄ぶかのようにUEFAに挑戦状を叩きつければ、取り返しがつかない事態を招くだろう。リーグ・アン王者は、決定的にUEFAを敵に回してしまうことになるからだ。そんな愚行に及ぶだろうか。
もっと言えば、このカタールのクラブが「パリ行き旅客機の経由地」としてクローズアップされるのは、今回が初めてではない。
2013年にも、チュニジア人MFのユセフ・マアクニが、「レフウィヤ・スポーツ・クラブ(当時)を経由してパリに移籍する」という噂が、複数の報道で流れたものだった。だがこの選手は一度として、パリに足を踏み入れることはなかった。
したがって、ナカジマが近い未来、フランス・チャンピオンの元にやってくる可能性も、ほとんどないと見られる。いずれにせよ当面は、まずあり得ない。
文●ダミアン・ドゥゴール(フランス『L’Equipe』紙記者)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190203-00053785-sdigestw-socc

続きを読む