中島

【日本代表10番】ウルグアイ戦ではっきりした…中島翔哉と香川真司の差


【そういうことだろ~】ウルグアイ戦ではっきりした…新旧「10番」中島と香川の“差” –
zakzak
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181019/spo1810190001-n1.html
「勝因はズバリ、10番。MVPは中島翔哉(ポルティモネンセ)です。
はっきり言うよ。新10番の中島と、旧10番の香川の差が明白に出た」
–具体的には
「中島はさ、自分で仕掛けて、ほぼ必ずシュートで終わるだろ?
香川も自分で仕掛けるが、最後の局面で誰かに“どうかゴールしてね”ってパスを送る。その差だよ」

続きを読む

「日本代表史上、最強のスペクタクル!ポジティブな要素は数え切れない」by英誌・熟練記者


10/18(木) 5:14配信
「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!
「我々は日本アタッカー陣のスピードとコンビネーションに屈した」

試合後、ウルグアイ代表を率いるオスカール・タバレス監督の言葉が印象的だった。
新生日本代表は4-3の快勝に終わったウルグアイ戦で、その長所と短所を鮮明に描き出していた。長所とはもちろん、攻撃である。ここまで攻撃がストロングポイントとして浮かび上がったチームを私は知らない。四半世紀以上、日本代表を取材してきて、初めての感覚ではないかと思う。
ポジティブな要素は数え切れない。
明らかに勝ちにきた骨のある相手に、3試合で10得点を挙げた。南野拓実はそのうち4得点を決め、本物のストライカーであることを証明。中島翔哉の卓越したプレービジョン、高精度のパス&キックの精度、そしてどこからでも貪欲にシュートを撃つ姿勢が目を引く。森保ジャパンにおける変革の旗頭は間違いなく彼だ。
堂安律も素晴らしい。ウルグアイ戦では代表初得点を綺麗に決めたし、とりわけその後半、右サイドで構築した酒井宏樹との連携が圧巻だった。急造とは思えない円滑さで、ホットラインと形容するに相応しい。日本の波状攻撃を引き出し、ウルグアイ守備陣にとっては脅威以外のなにものでもなかった。中島と長友佑都の左サイドも然りで、日本の両翼は躍動したばかりでなく、娯楽性も十二分だったと言える。
これまで長きに渡って、日本代表の強みは常に中盤にあった。中田英寿、中村俊輔、小野伸二らが活躍した時代、日本が誇る世界的な名手はいずれもミッドフィルダーだった。換言すれば、サッカー少年や若手が目ざした憧れの対象もまた彼らミッドフィルダーで、香川真司や本田圭佑らがバトンを受け継いだ。
とはいえ、最大の長所なりチームカラーは攻撃だ、と断言できる時代はなかった。ロシア・ワールドカップが良い例だろう。前述の3選手のほか、大会では大迫勇也や乾貴士、原口元気、柴崎岳といったタレントが異彩を放ったが、かならずしも“攻撃的”ではなかった。FIFA(国際サッカー連盟)のテクニカルレポートによれば、出場32か国で「敵ペナルティーエリア内に侵攻した平均回数」で、日本は下から4番目。韓国、パナマ、イランをわずかに上回ったに過ぎない。数字上でも明らかで、攻撃的とは言えないチームだった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048926-sdigestw-socc

続きを読む

「中島は若い時に出てきた香川真司を見ているよう!ドリブルお化けでしょ!」by長友佑都

「ビッグクラブに行けるだけの能力はある」

2018年10月16日、日本代表がウルグアイを4-3で下したが、試合後、左サイドバックを務めた長友佑都に同サイドでプレーしていた中島翔哉の印象を訊いてみた。「中島選手のドリブルとパスの使い分けについて、どう感じましたか?」と。

すると、長友は「使い分けとかじゃないでしょ」と即答。「ドリブルお化けでしょ、アイツ。びっくりしたわ」と続けた。
「あんなドリブル凄いんだ、と。(ウルグアイの)右サイドバックのカセレスも元ユベントスで今はラツィオでやっているけど、そういう選手をチンチンにしていたんでね。おそらくこのままの勢いでいったら、ビッグクラブに行けるだけの能力はあると思いますよ」
そして、あのアタッカーに例えてさらに称賛した。
「若い時に出てきた香川真司を見ているような、あの勢いと能力と才能を感じましたね」
そう話す長友は、堂安律や南野拓実など活躍した若手選手も含め「あそこまで堂々とプレーできるのは、ある意味、芸術ですよね。観ていて気持ちいいし、面白いですよ」ともコメント。中島をはじめとするヤング世代の台頭に目を細めていた。
10/16(火) 23:16サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00048801-sdigestw-socc

続きを読む