中島

「カタール移籍は自分の意思で決めたこと!後悔はしません!」by中島翔哉


ポルトガルのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルへ移籍したことが3日に発表された日本代表MF中島翔哉は、移籍を決断した理由や、欧州ビッグクラブではなく中東のクラブを移籍先に選んだ理由について自身の公式ブログで説明を行っている。
ポルティモネンセでの活躍で大きく評価を高めた中島に対しては、欧州の有力クラブなどが獲得に関心を示していると盛んに噂されてきた。プレミアリーグのウォルバーハンプトンが一時は中島の獲得に近づいていると報じられていたほか、ポルトガルの名門ポルトや、スペインのセビージャなどが特に具体的な移籍先候補として報じられたことがあった。
しかし移籍先となったのは、一般的には欧州クラブからの「ステップアップ」であるとはみなされない中東のクラブだった。チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグなど、世界からの注目度も高い華やかな舞台で中島が活躍することを期待していたファンの中には、今回の移籍を残念に感じる者もいたかもしれない。
4日に公式ブログを公式した中島は、こういった見方に対して「僕自身も様々なニュースが流れていることは知っていました。その中でニュースを見ている方やいつも応援してくれている方々が今回の移籍に関して少し誤解をしているかもしれないと感じています」と述べた上で、移籍を決断するに至った思いについて説明している。
まず中島は、アル・ドゥハイルへの移籍はポルティモネンセや代理人ではなく「自分の意思で決めました」と強調。ポルティモネンセに対しては強い感謝の思いを表し、「僕の中でまた戻ってきたいと思えるようなクラブです」と述べている。
その上で、移籍を決断するにあたっては「お金や名声、リーグのレベルやチームの知名度ではなく、一般的な知名度やレベルを一度忘れて、自分の目で見て、自分の中でそのチームの強さを決め、自分のプレースタイルに合っているかどうかを見極めること」を何より重視していると中島は語る。
「CL等の大会自体には大きなこだわりはありません」としつつ、それよりも移籍先が自分に合っていることや、「一番楽しそうだなと思えるプレースタイルであり、普段の生活でも楽しいと感じる環境であること」が重要だと中島は語る。実際にカタールを2回訪れてアル・ドゥハイルの環境を熟考した上で、自身のサッカーを楽しめる場所、家族とともに幸福に暮らせる場所だと判断したとのことだ。
「もしかしたら甘いと言われるかもしれないですが、僕はこれから先ずっとあくまでもサッカーは楽しいスポーツとしてやっていきたいと思っています」と中島。「自分の意思で決めたことに対して後悔はしません。そして、これからも必ず自分の中のサッカーのレベルを上げて行こうと思っています」と述べ、自身の決断について理解と応援を求めている。
2/4(月) 17:08配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00308215-footballc-socc
続きを読む

【悲報?】中島翔哉、カタール移籍が決定した模様・・・


ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉(24)が、カタール1部の名門アルドゥハイルに移籍することが決まった。
30日、クラブ関係者が「中島は既にメディカルチェックを受け、契約書にサインをした。移籍金の額は明かせないが、既にクラブ間契約も終わった」と明かした。
現在はビザなどの事務手続きを進めており、2月1日以降に正式発表される見通しという。
ポルティモネンセのフォリャ監督は29日、中島の退団を明言。地元メディアによると、中島がベンチ外だったシャベス戦後に「ポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得されたからだ」と説明。
移籍先については「知らないし、知りたくもない」と明かさなかった。「彼と一緒に仕事ができたのは素晴らしいことだった。これからも凄いプレーをして成功してくれることを願っている」とエールを送った。
1/30(水) 18:05配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000136-spnannex-socc
続きを読む

「中島はポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得された」byポルティモネンセ監督


1/30(水) 9:53配信
ポルティモネンセ中島が移籍退団 フォリャ監督明かす
サッカーのポルトガル1部リーグでMF中島翔哉が所属するポルティモネンセのフォリャ監督は29日、中島が移籍退団すると明言した。地元メディアによると0―1で敗れたホームでのシャベス戦後に「ポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得されたからだ」と述べた。中島はベンチ外だった。
24歳の中島は一昨年8月にJ1のFC東京からポルティモネンセに1シーズンの期限付きで移籍し、活躍が認められて昨年に完全移籍した。3月に日本代表デビューし、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のアジア・カップ代表にも選出されたが、けがで辞退した。(共同)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000043-kyodonews-socc
続きを読む

「カタールに行くつもりはない!」by中島翔哉


中東カタールのクラブから関心が寄せられていると伝えられた中島翔哉。すでにクラブ間で移籍合意しているとの報道もあったが、本人はあくまでヨーロッパでプレーしていくつもりのようだ
ポルトガルメディア『Record』は、カタールのレフウィヤSCへの移籍話が取り沙汰されている中島について「ナカジマはヨーロッパでプレーするつもりだ」という見出しで、本人が中東行きを否定したと強調した。
「日本のウイング、中島は日本のTV番組の取材に応じ、レフウィヤSC行きを否定した。本人は『今の段階ではヨーロッパでプレーし続けるつもりです』と明言している」
また、記事ではモウリーニョの片腕としてこれまでアシスタントコーチをしてきたルイ・ファリア氏を指揮官として招聘するなど、積極的な動きを見せるレフウィヤSCの動向や、中島の状況も伝えている。
「ポルトガルの指揮官(ルイ・ファリア氏)を招き、さらには中島のような選手も引き抜こうとするこの動きを見せた。一時は約3800万ユーロ(約49億円)の契約解除金で移籍交渉が行われているものと思われた。だが、これは本人の意向もあり、現実的な話ではないようだ」
「中島にはレスター、ウォルヴァー・ハンプトン、サウサンプトンなどが関心を示しており、これらプレミアのクラブと交渉となった場合は2000万ユーロ(約26億円)ほどの契約金で決着するだろう」
カタールへの移籍が急浮上した中島だったが、本人はあくまでヨーロッパでのプレーを第一に考えており、選択肢に中東はないようだ。果たして今冬の移籍市場で中島はポルティモネンセに留まるのか、それともヨーロッパの異なるクラブへのステップアップを決断するのか、その去就が注目される。
1/23(水) 7:17 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000033-goal-socc
続きを読む