中島

アジアカップでの日本代表は南野・中島・堂安の3人と控えに香川と宇佐美が理想?


サッカー日本代表森保一監督(50)が初の欧州視察から帰国。年明けすぐに開幕するアジア杯・UAE大会(1月5日~2月1日)に向け、構想が固まってきた。
11月24日から10日間の日程で、今回はベルギーとドイツを中心に回った。公式戦12試合連続ベンチ外で事実上の「構想外」となっているMF香川真司(29)=ドルトムント、森保ジャパンになってから招集されていないFW宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフと対面し、「招集するとは話していないが、日本代表の貴重な戦力ということは2人に伝えた」という。
森保監督が「大枠は決まっている」とほのめかしたチームの構想の軸が、中島-南野-堂安の若手三銃士であることは間違いない。香川や宇佐美を2軍扱いでスタンバイさせるのが理想だ。
豪州リーグで3戦連続ゴールを決め絶好調のMF本田圭佑(32)について「どう見てます?」と夕刊フジが聞くと、「ダイジェストで試合はみています。勝負強いですよね。監督としても勝っているんですから」と意味深な笑顔を振りまいたが、招集の意欲があるようには見えなかった。
12/5(水) 16:56配信 夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000007-ykf-spo

続きを読む

日本代表・中島翔哉はプレミアで通用する?


中島翔哉のプレミアリーグ挑戦が迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が、ウォルバーハンプトンとの交渉が最終段階に入ったと伝えている。
2シーズン目となったポルティモネンセで、絶対的な存在となっている中島。ここまで10試合に先発し5ゴール4アシストを記録するなど、クラブの10番としてチームをけん引する活躍を見せている。
ポルトガルの地で輝きを見せる24歳の日本代表FWには、ポルトやベンフィカという国内の強豪だけでなく、セビージャやユヴェントスなど、欧州各国のビッグクラブが関心を示していると何度も言われてきた。現地メディアも移籍市場の注目株に上げるなど、去就に関する様々な憶測が流れている。
ポルティモネンセの副会長ロブソン・ポンテ氏も、「膨大な量の嫌がらせがある。留めることは難しいだろうが、拒否できないオファーのときだけ放出する」と語っており、移籍の可能性もあると示唆している。
そんな中島だが、新天地はプレミアリーグになるようだ。『A BOLA』によると、ウォルバーハンプトンとの交渉はすでに最終段階に入っているという。
同メディアによると、2020年まで契約を結ぶ中島の違約金は4000万ユーロ(約51億円)に設定されているというが、最終的に移籍金2000万ユーロ(約26億円)で決着する見込み。正式発表はいつあってもおかしくない状況のようだ。
現在吉田麻也、武藤嘉紀、岡崎慎司が活躍するプレミアリーグ。世界最高峰のリーグに、欧州トップレベルでも結果を残す日本代表ウィンガーが挑戦することになるようだ。
12/6(木) 6:30配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000032-goal-socc

続きを読む

【動画】中島翔哉、首位ポルト相手に絶妙アシスト!


4試合連続で先発フル出場した中島翔哉が、絶妙アシストでチームに先制点をもたらした。
プリメイラ・リーガ第12節が12月7日に行われ、中島の所属する11位ポルティモネンセはアウェイで首位ポルトと対戦。1-4で敗れた。
前節チームを勝利に導いた中島。プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズへの移籍が噂されているなか、首位ポルトを相手に序盤から存在感を示した。
9分、ペナルティエリア左手前でパスを受けた中島は、縦に仕掛けると見せかけて右足でクロス。ファーサイドでフリーとなっていたトルメナにドンピシャで合わせて先制点を演出した。
16分には中島がドリブルでペナルティエリア内に侵入。切り返したところで相手の足がかかり転倒するも、主審の笛は鳴らず、2試合連続でPK獲得とはならなかった。
23分、ポルトが同点ゴール。そして1-1で後半を迎えると、ポルトが怒涛の攻撃で57分、59分、65分と立て続けにゴールを奪い逆転に成功した。
その後、ポルティモネンセは最後まで反撃の糸口をつかめず。中島が先制点をもたらしたものの、ポルティモネンセは首位相手に1-4で敗戦を喫した。
12/8(土) 8:58配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00874237-soccerk-socc

続きを読む

「本当にウォルバーハンプトンにナカジマは必要か?」by英メディア記者


ポルトガル・リーグのポルティモネンセに所属する中島翔哉。先日、ポルトガル紙の報道で、今冬の移籍先としてプレミアリーグのウォルバーハンプトンが浮上。ポルティモネンセの会長は地元ラジオの取材で「交渉の80%は進んでいる。残るは金額面の合意のみ」とコメントした。
ウォルバーハンプトンの愛称である“ウルブス”はポルトガル人のヌーノ・エヌビリト・サンド氏が率いており、選手の多くがポルトガル出身者、もしくはポルトガルのクラブでプレー経験がある。現在、ポルトガルでプレーする中島にとっては、馴染みやすい環境ではないかと予想されている。
そんななか、英国の人気サッカーサイト『HITC』のダニー・オーウェン記者は、中島の移籍に関して、ある疑問を呈している。
「もし噂を信じるとすれば、中島翔哉は来年1月にウォルバーハンプトンへ移籍することになりそうだ。日本代表のウインガーは昨シーズンの開幕以来、ポルティモネンセのトッププレーヤーの座に君臨している。ウルブスは1700万ポンド(約24億6500万円)を提示して交渉中だと、ポルトガル紙『BOLA』が報じ、会長はラジオ番組の取材で『その取引は80%完了している』と明かした。
ただ、気になっていることがある。ウルブスはディオゴ・ジョッタらを中心とした攻撃的布陣を採用し、ここ数日でチェルシー、ニューカッスルを破り、勢いに乗っている。一方のサウサンプトンは監督を交代した初戦のカーディフ戦に0-1で敗れ、ふたたび苦戦を強いられそうな状況だ。
はたして、中島を本当に必要としているのはどちらだろうか? おそらく本気で攻撃的MFを探しているサウサンプトンは、引き続き交渉を続けるつもりだろう」
サウサンプトンがスカウトを送っていたのはトンデラ戦と言われており、タイミング的にはポルトガルでウォルバーハンプトンへの移籍説が報じられる前だった。
チーム事情を鑑みるに、日本代表DFの吉田麻也が在籍するサウサンプトンが諦めずに交渉を進める可能性は低くないだろう。中島の動向には、イングランド・メディアも注目している
12/11(火) 6:43 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010005-sdigestw-socc

続きを読む

【動画】中島翔哉、2戦連続アシスト!右足クロス冴え渡り決定機演出す!


【ポルティモネンセ 3-1 ビトーリア・セトゥバル ポルトガル1部第13節】
現地時間14日に行われたポルトガル1部リーグ第13節でポルティモネンセはビトーリア・セトゥバルと対戦し、ホームで3-1の勝利を収めた。中島翔哉はフル出場で、1アシストを記録している。
今冬の移籍が噂される中島が先発したポルティモネンセは、ホームで8位ビトーリア・セトゥバルと対戦。勝ち点3差で11位のポルティモネンセは、勝てば勝ち点で並ぶことができる。
立ち上がりから主導権を握ったのはポルティモネンセ。開始10分、右からのCKにジャクソン・マルティネスがヘディングで合わせると、GKが弾いたこぼれ球をジャドソンが詰めて先制した。
ボールに触れる回数が限られた中島だが、少ない見せ場でチャンスを演出する。35分には左サイドでパスを受けると、すかさず右足でクロスを供給。ファーサイドでフリーのジャクソン・マルティネスに完璧なパスを通したが、GKに当たったボールはクロスバーに嫌われた。
それでも42分、ジャクソン・マルティネスのゴールでリードは2点となり、良い形で前半を終えた。
後半に入ると、再び中島がクロスで魅せる。58分、左サイドでパスを受けた中島が右足で中にパス。このボールが走り込んだジャクソン・マルティネスの頭にピタリと合い、ポルティモネンセのリードがさらに広がった。
その直後に1点を返されると終盤は猛攻に遭ったポルティモネンセだが、GKの奮闘もあって3-1で勝利。勝ち点3を手にした。
【得点者】
10分 1-0 ジャドソン(ポルティモネンセ)
42分 2-0 ジャクソン・マルティネス(ポルティモネンセ)
58分 3-0 ジャクソン・マルティネス(ポルティモネンセ)
60分 3-1 アグ(ビトーリア・セトゥバル)
12/15(土) 5:54配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00301158-footballc-socc

続きを読む

ポルト中島翔哉、CL予選で移籍後初スタメン!なおチーム・・・


UEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグ、ポルト対クラスノダールが現地時間7日に行われた。試合は日本代表FW中島翔哉が所属するポルトが2-3で敗れた。2試合合計で3-3となるもアウェイゴールの差で敗れた。
この試合で中島はポルト移籍後初の先発出場を果たす。1stレグを1-0で勝利したポルトだが開始3分に失点をしてしまう。これで出鼻をくじかれたポルトは9分後にもカウンターからスレイマノフにゴールを許し主導権を奪われる。
リズムに乗れないポルトは34分にもスレイマノフにこの日2得点目を決められ3点ビハインドで折り返す事になる。
エンドが変わった57分、テレスのアシストからゼ・ルイスがゴールを決めポルトが1点返す。勝ち上がるためには得点が必要なポルトは攻撃を続けるも74分の中島のクロスはGKにキャッチされる。しかしその3分後にマルランダがミドルシュートをゴール右下に決め同点に追いつく。
その後もポルトは得点を奪い攻撃を仕掛けるも、85分に打った中島のシュートはゴールを捉える事が出来ない。さらに終了間際にはパワープレーに出るもゴールネットを揺らす事は出来なかった。
このまま試合は終了、ポルトはアウェイゴールの差で9季ぶりの本大会出場を逃した。
【得点者】
3分 0-1 デ・ヴィリェナ(クラスノダール)
12分 0-2 スレイマノフ(クラスノダール)
34分 0-3 スレイマノフ(クラスノダール)
57分 1-3 ゼ・ルイス(ポルト)
77分 2-3 マルランダ(ポルト)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00334278-footballc-socc
8/14(水) 6:00配信
フットボールチャンネル編集部

続きを読む