中島

日本代表・森保監督、海外視察で香川真司・中島翔哉は見に行かない模様・・・


2/16(土) 19:54配信
<富士ゼロックス・スーパー杯:川崎F1-0浦和>◇16日◇埼玉
J1で2連覇中の川崎フロンターレが、1-0で前年度の天皇杯王者・浦和レッズを下した。新加入のブラジル人FWレアンドロ・ダミアン(29=前インテルナシオナル)の1発で平成最後の王者になった。
日本代表の森保一監督(50)が視察した。アジア杯代表の浦和DF槙野、負傷離脱した川崎FのMF守田らの動きを確認し「槙野はW杯から休みがない中でタフに状態を整えている。守田も、いつでも出られる状態と示してくれた」と評価。
来週にも出発する2度目の海外視察に関しては、今冬に新天地を選んだトルコ1部ベシクタシュ香川、カタール1部アルドハイル中島について「今のところ行く予定はないです」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-60000997-nksports-socc

続きを読む

スペイン各紙の久保建英の大絶賛っぷりがヤバイ!


スペイン各紙が久保建英を絶賛「ハイレベルを証明」
<南米選手権(コパ・アメリカ):日本0-4チリ>◇17日(日本時間18日)◇1次リーグC組◇ブラジル・サンパウロ
MF久保建英(18=レアル・マドリード)の日本代表先発デビュー戦をスペイン紙が絶賛した。
マルカは「日本代表として初めての先発。輝かしい1週間になった」と、13日に移籍したことを絡めて伝えた。
前半に股抜きで相手を華麗にかわしたシーンでは「前半最高のプレー」として「日本の『21』番を知らないチリ人を含めた2万人が押しかけたスタジアム全体をわかせた」と、
名前を知らしめた芸術的なプレーだったと報じた。
また、アス紙でも「すべての面でハイレベルであることを証明した。敗戦にも攻撃の中心で質の高いプレーを見せてゴールに迫った」と、
18歳とは思えないプレーを見せたと伝えた。さらに「(点差がついても)彼は動きを止めず、ゴールを狙い続けた。(敗戦濃厚の)状況は関係なかった。
常に顔を上げて自分のスタイルを貫いた」と諦めないプレーを称賛。「これは偉大な選手の特徴」とスターに必要な要素を兼ね備えていると報じた。
日刊スポーツ 2019年6月18日18時49分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201906180000685.html

続きを読む

「次戦のウルグアイ戦も楽しんで良いサッカーをしたい!」by日本代表・中島翔哉


中2日で迎えるウルグアイ戦も…中島翔哉「楽しんで良いサッカーを
中島翔哉は「流れとかもあるけど、その中でチャンスを作ったり、ボールを奪ったり、試合からいなくなる時間をもっと減らさないといけないと思います」と試合を振り返った。
左サイドで先発した中島は、得意のドリブルやコーナーキックからチャンスを演出するも、日本は無得点で敗戦。グループステージ突破へ痛すぎる黒星を喫した。
次戦は中2日でウルグアイ代表と対戦する。短期間で再び訪れる強豪との戦いとなるが、中島らしく「またウルグアイという良い相手なので、楽しんで良いサッカーをして、みんなでまとまって勝ちに行きたい」と意気込んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00949226-soccerk-socc

続きを読む

中島翔哉がカタールデビュー戦で決勝弾の起点!完封勝利で暫定首位!


2/17(日) 0:39配信
中島翔哉がカタールデビュー戦で決勝弾の起点に!!アルドゥハイルは完封勝利で暫定首位
[2.16 カタール・スターズリーグ第16節 アルドゥハイル1-0アルサイリヤ]
カタール・スターズリーグ第16節が16日に行われ、MF中島翔哉の所属するアルドゥハイルはホームでアルサイリヤと対戦し、1-0で勝利した。今冬に加入した中島は先発で新天地デビュー。後半25分の決勝ゴールに絡み、同44分までプレーした。
中断期間が明け、後半戦に突入したカタール・スターズリーグ。3日にポルティモネンセからの完全移籍が発表された中島は背番号10を着け、ユベントスから加入したモロッコ代表DFメフディ・ベナティアとともにスタメン入りした。
首位アルサッドを勝ち点2差で追いかけるアルドゥハイルは前半をスコアレスで終了。後半9分にはFWユセフ・エル・アラビがPA内中央から左足で強烈なシュートを見舞うが、クロスバーを直撃する。それでも同25分、中島が敵陣中央からスルーパスを送ると、PA内右でMFエジミウソン・ジュニオールがGKとDFを引きつけて折り返し、最後はユセフ・エル・アラビが右足で無人のゴールに押し込んだ。
デビュー戦で仕事を果たした中島は後半44分に途中交代。1-0で逃げ切ったアルドゥハイルはこの後に試合を行うアルサッドを抜き、暫定で首位に浮上した。次節は23日に開催され、敵地でアルガラファと対決する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-29284006-gekisaka-socc

続きを読む

『FIFA』が日本代表・堂安、冨安、南野の特集記事!なお、中島・・・


『FIFA』が日本代表の特集記事を展開…世代交代で主軸は堂安、冨安、南野の3人に
2019年1月~2月に行われたアジアカップで日本は決勝でカタールに敗れ、準優勝に終わった。その現日本代表について『FIFA』が公式メディアで特集記事を組んでいる。
記事では「未来に向けて森保一監督が日本を成長させる」という見出しで、森保ジャパンがいかに世代交代を推し進めているか、次のように伝えている。
「AFCアジアカップ2019で日本代表は大きな変革があったように思われた。これまで10年近く日本のサッカー界を支えてきた香川真司、岡崎慎司、川島永嗣、長谷部誠、そして本田圭佑。彼らは2018年のロシア・ワールドカップでベスト16に到達する原動力となったが、彼らはアジアカップでメンバー入りさえしなかった」
「2011年のアジアカップ決勝でピッチに立った選手で、今も残っているのは吉田麻也と長友佑都だけ。2019年大会の決勝ではカタール相手に1-3で敗れたことは、日本代表を応援する人たちにとってはショックだったかもしれないが、最新のFIFAランキングで27位に浮上。これは2014年以降、日本にとっては最も高いランキングとなった」
その上で、記事では“日本代表の新世代をけん引する3人の選手”として、堂安律、冨安健洋、南野拓実をピックアップ。それぞれの現状についてフォーカスした。
「堂安律(フローニンゲン/20歳):堂安は2019年にAFC U-19選手権で躍進し、大会MVPにも選ばれた。その翌年U-20W杯では3ゴールを記録している。現在はオランダのフローニンゲンに完全移籍で加わっており、日本代表では準々決勝のベトナム戦でPKを決めたように、すでに現代表で中心的な役割を担っている。ピッチ上でのアイデア、テクニックや才能は確かなものだ」
「冨安健洋(シント・トロイデン/20歳):森保ジャパンにおいて、彼はUAEでのアジアカップでは日本が決勝進出を果たすにあたり、大きな役割を担った。(ボランチとして出場した)トルクメニスタン戦で勝利を収めた後、吉田とともに最終ラインでコンビを組むようになった。(ラウンド16の)サウジアラビア戦では決勝点となる打点の高いヘッドを決め、攻守両面で存在感を示した」
「南野拓実(ザルツブルク/24歳):2015年に中央ヨーロッパ(オーストリア)へ新天地を求めたが、その移籍が正しかったのか疑問符がついたこともあった。だが、今やその移籍が間違いではなかったことを代表定着で示している。2018年の森保ジャパン発足後、5試合で最多となる4ゴールを叩き込んだ。攻守の素早い切り替えなど、アジリティが求められる日本のサッカーで、彼の能力は代表の前線でプラスに働いている。岡崎慎司と同様に、南野がピッチ上で見せる抱負な運動量、相手の裏を狙う狡猾な動きが特長だ。イランとの準決勝ではホイッスルが吹かれるかどうかという判断を待つ前に素早い思考で先制点を呼び込んだ。また、決勝カタール戦で見せたフィニッシュも日本にさらなる希望を与えるものだった。今後、日本サッカーのサポーターは、彼の活躍をもっと見ることになるだろう」
アジアカップ2019では惜しくも準優勝に終わった日本代表だが、『FIFA』は現日本代表が世代交代を推し進めていることから、前述の3人が今後も代表の軸になるとしてスポットを当てたようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010007-goal-socc

続きを読む

日本代表・エルサルバドル戦も3バック継続!


森保監督3バック継続を堂々宣言 先発も入れ替え
日本代表の森保一監督(50)が8日、国際親善試合キリンチャレンジ杯エルサルバドル戦(ひとめぼれスタジアム宮城)に向けた公式会見に出席した。
まず、宮城での試合について「貴重な代表強化の試合になる。勝って笑顔になってもらいたい。チームの成長、個の成長、できるように戦ってもらいたい。東日本大震災で日常生活を奪われた方、心に傷を負われた方、今もなお苦しんでいる方々に励ましになるような試合をしたい。復興に尽力している方々にもエールを送れるような試合にしたいと思っています」と話した。
先発メンバーについては「大幅かどうかは分からないですけど、入れ替えて臨みたい」と明言。システムについても、5日のトリニダード・トバゴ戦で初解禁した「3バックでスタートしたいと思います」と堂々と宣言した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-06080542-nksports-socc

続きを読む