久保

「韓国代表イ・ガンインは出発点や技術面で同じ17歳の久保建英より上!」by韓国メディア

バレンシア所属のイ・ガンインがプレーでも実績でも上回ると強調

U-19アジア選手権の準決勝で、日本はサウジアラビアに0-2で敗れたが、準々決勝でインドネシアを破りベスト4に進出したことで、来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の出場権を獲得した。
今大会でも注目を浴びた日本の久保建英について、韓国メディアはバレンシアに所属する17歳のMFイ・ガンインと比較している。
スポーツ専門サイト「スポータルコリア」は、「U-19アジア選手権での久保のプレーはとても良かった。北朝鮮とのグループリーグ初戦では、芸術的なFKを決め、イラクを相手にアシストも記録した」と評価している。
そして、「韓国サッカー界が久保に注目する理由は、イ・ガンインと同じ2001年生まれだからだ」と、才能あふれる日韓の若きフットボーラーについて比較を始めた。
「久保とイ・ガンインは『FOXスポーツ・アジア』が選定する『世界のサッカーを支配するアジアの有望株5人』の中に入った。ただ、イ・ガンインが1位だった。久保がそこに入ったからといって、実力が同じだということではない。それは所属チームでの状況を見ればよく分かる。久保は日本のJリーグ、イ・ガンインはスペインリーグでプレーしている」
さらに同サイトは、「久保は今年8月にヴィッセル神戸を相手に、横浜F・マリノスでデビューゴールを決めた。今季は(横浜FMで)リーグ3試合に出場している状態。一方、イ・ガンインは10月31日にスペイン国王杯4回戦で、トップチームデビューを果たした。有望株とはいえ、出発から違い、技術の差も明らかだ。そもそも比較対象ではない。久保がイ・ガンインを超えるためには、実力の証明が必須だ」と報じている。
現状の結果においては、イ・ガンインが一歩前を進んでいるのは確かだが、久保が国際大会で活躍すればするほど、韓国での注目度は、これからも高くなるだろう。日本と韓国が生んだ若き才能の、今後の成長が楽しみだ。
11/2(金) 20:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00145384-soccermzw-socc

続きを読む

U19日本代表、サウジ封じられず無得点…準決勝で敗退


11/1(木) 23:22配信
サウジ封じられず無得点…9人変更で3バックスタートのU-19日本代表、準決勝で敗退
[11.1 AFC U-19選手権準決勝 U-19日本代表 0-2 U-19サウジアラビア代表]
U-19日本代表は1日、AFC U-19選手権準決勝でサウジアラビア代表と対戦し、0-2で敗れた。2大会連続の大会制覇とはならず、準決勝で敗退となった。
日本は準々決勝インドネシア戦(2-0)からDF橋岡大樹(浦和)、MF伊藤洋輝(磐田)を除く9人を変更。3-4-2-1のフォーメーションを採用し、GK若原智哉(京都)が大会初先発。最終ラインは右からDF橋岡大樹(浦和)、MF瀬古歩夢(C大阪)、DF三國ケネディエブス(青森山田高)。右ウイングバックにDF石原広教(湘南)、左ウイングバックにDF荻原拓也(浦和)。伊藤とMF山田康太(横浜FM)のボランチで3トップはFW田川亨介(鳥栖)を頂点に、シャドーは右にFW原大智(FC東京)、左にMF滝裕太(清水)が入った。
前半はサウジアラビアが約70%のボールポゼッションとなり、スピード満点のアタッカー陣に切り裂かれた日本は守勢に回った。前半29分、萩原が左サイドを駆け上がると、前掛かりになった裏を突かれ、カウンターから失点。10番トルキ・アランマルが角度のない位置からシュート性のクロスを入れると、GK若原の手をすり抜けてゴールイン。直後も立て続けに決定機を与えたが、橋岡が体を張ってクリアするなど苦しい時間を耐え凌いだ。
前半40分前には4-4-2に変更。4バックは右から橋岡、瀬古、三國、石原。ボランチは変わらず、右SHが滝、左SHが萩原で2トップは原と田川。大きなフォーメーション変更で反撃に出ようとしたが、次の1点を奪ったのもサウジアラビアだった。前半アディショナルタイム、右サイドから三國を振り切ってエリア内に進入したMFマンスル・アルベシェが角度のない位置からシュート。若原が防いだが、こぼれ球をFWハリド・アルガンナムが右足で押し込んだ。
チャンスをつくれず、0-2で前半を折り返した日本は後半開始と同時に2人を変更。田川に代えてFW久保建英(横浜FM)、三國に代えてFW宮代大聖(川崎F U-18)をピッチに送り込んだ。4バックは右から石原、橋岡、瀬古、萩原。右SHに久保、左SHに滝。宮代と田川が2トップを組んだ。後半も相手の勢いは衰えず、同6分には15番ファラジ・アルガシャヤンにミドルシュートを打たれたが、GK若原がセーブした。
後半14分、PA左手前の位置でFKを獲得し、キッカーの久保が左足で浮かせたボールを蹴り入れると、DFが弾いたボールをPA内右の橋岡が狙ったが、ゴール上へ。プレスが激しく、ブロックを敷くサウジアラビアの堅守を崩せない。後半22分には宮代とのパス交換から久保が鋭い仕掛けで突破し、PA内左からシュート。右サイドを石原が突破するなど、徐々に攻撃の形をつくる。後半26分には原に代えてFW斉藤光毅(横浜FCユース)を投入し、交代枠を使い切った。日本は最後までゴールをこじ開けられず、0-2で敗戦した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-04112272-gekisaka-socc

続きを読む

15才・久保建英がFC東京のトップチームで初練習!5日の長野戦で“J最年少出場記録”の可能性

長野戦に出場すれば、“15歳と5か月1日”と最年少出場記録に。
16年11月4日、FC東京U-18所属の久保建英がトップチームで初練習。おそらくメンバー入りするだろうJ3の長野戦に向け、小平グラウンドで調整した。

クラブの関係者に加えて複数のテレビクルーも見守るなか、久保はおよそ1時間半のトレーニングをこなし、パスやシュート練習では正確なキックを披露していた。その久保について、FC東京U-23の中村忠監督は練習後にこう述べている。
「技術的に非常に高く、判断力も優れていて可能性のある選手。(明日の長野戦で)試せるチャンスがあれば使いたいと思いますけど、そこは明日になってみないと分からない。流れを見て、決めたいと思う。出場した場合は、攻撃のクオリティーの部分を出してもらいたい。
正直、(久保が)メンバーに入るかもわかりません。試合当日にスタメンを決めるので、なんとも言えないところがあります。メンバーのバランスなんかもみて決めたいと思いますが、全員の選手に先発でもサブでもちゃんと準備するように言いたいです」
FC東京U-18在籍の平川怜が10月30日の相模原戦でJ3最年少出場記録を更新(16歳と6か月10日)したばかりだが、仮に2001年6月4日生まれの久保が長野戦に出場すれば“15歳と5か月1日”と新たなレコードを樹立することになる。
ちなみに、J1の最年少出場記録は森本貴幸(当時・東京V)の15歳と10か月6日、J2のそれは菊池大介(当時・湘南)の16歳と2か月25日。J1~J3の枠を取り払い、Jリーグという広い範囲で見ると、久保が長野戦に出場すれば“Jリーグ最年少出場記録”を更新することになる。
注目の長野戦は11月5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で13時にキックオフ予定だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161104-00020279-sdigestw-socc

続きを読む

「久保建英は驚異的な日本のアタッカー!PSGなども注目!」by英誌

U-19アジア選手権でも存在感を示している17歳

10月28日(現地時間)に開催されたU-19アジア選手権の準々決勝で、U-19日本代表は7万人収容のスタジアムがほぼ地元サポーターで満員になるなか、インドネシアと対戦し、2-0で勝利。準決勝へと駒を進め、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ行きを決めた。
初戦の北朝鮮戦に続き、注目を集めたのは、スタメン出場し、宮代大聖のゴールをアシストした久保建英だ。英国のサッカー専門誌『Four Four Two』は、同大会でも輝きを放つ久保を、「ブレイク必至のアジアで注目すべきヤングスターベスト5」に選出している。
久保についてはこう綴られている。
「彼はすでに“和製メッシ”として知られた存在だ。バルセロナの下部組織で選手としての基盤を形成する時期を過ごしたが、FIFAの制裁を受けて14歳で一度故郷に戻ることを余儀なくされた。
日本のFC東京に移籍した久保は、15歳10カ月で日本のトップリーグでデビューを飾った最年少の選手となった。2017年にはU-17ワールドカップとU-20ワールドカップに参加。現在はU-19アジア選手権に参加しており、監督はビッグマッチでの起用を考えてか、控えめな起用となっている(事実日本はノックアウトステージに進出した)。
この驚異的な日本のアタッカーは、Jリーグでアンドレス・イニエスタを擁するヴィッセル神戸との対戦で得点を挙げた。彼の“株”は引き続き上昇中で、18歳になったらバルセロナに戻るとも噂されている。ほかにもパリSGを含む欧州クラブが追跡し続けていると噂されている」
このほか、バレンシアの2部に所属するイ・カンイン(17歳)、イランのアッラーヒャル・サイヤッド(17歳)、中国の陶强龙(16歳)、インドネシアのイギー・マウラナ・ヴィキリ(18歳)の名前が挙がっている。
U-19日本代表は11月1日(現地時間19:30、日本時間21:30)、本日開催されるサウジアラビア対オーストラリア戦の勝者と対戦する。はたして、久保を擁する若きタレント軍団は、どこまで上に行けるだろうか。
10/29(月) 17:10配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00049528-sdigestw-socc

続きを読む