代表

日本代表・森保監督が「出場0の川島」「得点0の岡崎」召集の理由を語る!


長年にわたって日本代表の主力を担ってきたGK川島永嗣(ストラスブール)とFW岡崎慎司(レスター・シティ)が23日、ロシアワールドカップ以来となるA代表復帰を果たした。所属クラブでは定位置を失っているが、森保一監督は「たくさんの経験をチームに還元してもらえれば」と信頼を語った。
今季からストラスブールに所属する川島はリーグ・アン最終節を残した現段階で、プロ1年目の2001年以来となる公式戦出場ゼロ。すでに全日程を終了したプレミアリーグで21試合に出場した岡崎も、先発は1試合にとどまっており、プロ2年目の2006年以来となるシーズン無得点に終わった。
それでも森保監督は2人の初招集に踏み切った。メンバー発表会見の場では「プレーできるだけのコンディションであることをリサーチした上で招集させてもらっている」と述べ、それぞれの選出理由を語った。
川島は「なかなかトップで試合に出場できていないが、しっかり練習を積めていることと、まだ最終節があるので出場に向けてやれている」と日々の練習を評価。岡崎については「試合の出場時間は短いが、継続してやれている中で、最終節のチェルシー戦も映像でチェックして十分プレーできると招集した」と述べた。
森保監督は前回合宿を控えた会見で「基本的にロシアW杯に参加していた選手たちはみんな力があると思っているし、私が監督になってからも全員招集したいと思っていた」と立場を表明。今回川島と岡崎が招集されたことで、大会後に代表引退を表明したMF長谷部誠、MF本田圭佑、DF酒井高徳の3人を除くロシア組全員が一度は再招集に至ったことになる。
前回合宿でMF香川真司(ベシクタシュ)を抜擢した際にも語っていたが、森保監督がロシアW杯組に求めるものは明確だ。「プレーの面でチームに貢献することがまず第一だが、彼らが持っている経験というものを、プレーとピッチ内外のコミュニケーションで経験が浅い選手に伝えてもらえればと思っている」。
「私が監督をさせていただいている中で、A代表と東京五輪チームの代表の中で、世代間の融合をしたいと思っている。これまでたくさんの経験をしてきて、日本代表を支えてきた選手たちの持っているものを少しでもチームに還元してもらえれば、活かしていければと思っている」(今回の会見より)。
今回の合宿には新たなロシアW杯組だけでなく、U-20世代のGK大迫敬介(広島)とMF久保建英(FC東京)、東京五輪世代のDF中山雄太(ズウォレ)といった次世代の若武者たちも初めてメンバー入り。カタールW杯に向けた“世代間融合”を進めていく上でも、経験豊富なベテラン勢に求められる役割は大きい
5/23(木) 16:08配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-43467331-gekisaka-socc

続きを読む

国際Aマッチ14試合2得点のガンバ宇佐美!“合格ライン”には達していない

キリンカップ初戦ブルガリア戦(3日、豊田)に臨む 日本代表FW宇佐美貴史(24=G大阪)が“特別枠”選出に危機感を募らせた。
ここまでJ1リーグ戦14試合2得点とスランプ中だが、ハリルホジッチ監督は「日本で彼のようなタレントを持った選手はまれ」「国内では最も能力がある」と実力を高く評価する。
今回も当たり前のように代表メンバー入りを果たしたが、こんな待遇がいつまでも続くとは限らない。
宇佐美も「常に結果を出さないといけない世界に身を置いている以上、居場所を失うのは間違いない」。
日本代表でも国際Aマッチ14試合2得点と“合格ライン”には達していないだけになおさらだ。
このままでは宇佐美を選出し続ける指揮官の眼力も疑われかねない。
G大阪のエースは「もっとやらないといけないのは自分自身が感じている。
自分自身が持っているものを全て開放する術を身につけないといけないと思う」と、再起に向け揺るぎない決意を語った。
かつて日本サッカー界の期待を背負った若手ストライカーも覚醒しないまま24歳になった。
まずは欧州の強豪国と対峙するキリンカップで真価を発揮したいところだ。
東スポWeb 6月2日(木)11時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00000014-tospoweb-socc

続きを読む

発表されたサッカーのフランス代表メンバーが話題!


フランス代表が14日、ユーロ2020予選に臨むメンバーを発表した。
ロシア・ワールドカップの優勝メンバーを中心に選んだディディエ・デシャン監督。しかし、今季は14ゴールで好調をキープするアーセナルのFWアレクサンドレ・ラカゼットが外れ、マンチェスター・シティでスタメンを確保しているDFアイメリク・ラポルテも選外となった。
一方で、キングスレイ・コマンやアントニー・マルシャルといった選手が復帰。負傷のウスマン・デンベレもメンバーには選ばれていない。
なお、フランスは22日にモルドバ、25日にアイスランドと対戦する。
メンバーは以下の通り。
GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム・ホットスパー)
スティーヴ・マンダンダ(オリンピック・マルセイユ)
アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)
DF
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
レイヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)
ジブリル・シディベ(ASモナコ)
バンジャマン・パヴァール(シュトゥットガルト)
リュカ・ディーニュ(エヴァートン)
クルト・ズマ(エヴァートン)
サミュエル・ウムティティ(バルセロナ)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)
MF
タンギ・エンドンベレ(オリンピック・リヨン)
ブレイズ・マテュイディ(ユヴェントス)
エンゴロ・カンテ(チェルシー)
ムサ・シッソコ(トッテナム・ホットスパー)
ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
FW
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)
キングスレイ・コマン(バイエルン)
フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
ナビル・フェキル(リヨン)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00010001-goal-socc

続きを読む

U20日本代表が戦う3ヶ国ってどんなチーム?


U-20日本代表、U-20W杯で戦う3ヶ国ってどんなチーム? 南米王者に優勝候補、実力屈指の猛者たち
U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップに臨む。グループリーグではU-20イタリア代表、U-20メキシコ代表、U-20エクアドル代表と対戦することが決まっているが、この3ヶ国は一体どんなチームなのだろうか。今回は注目選手と合わせて紹介していく。
●U-20イタリア代表
U-20イタリア代表
2大会連続7回目の出場
前回大会成績:3位
UEFA U-19欧州選手権:準優勝
U-20日本代表とグループリーグ最終節で激突するU-20イタリア代表は、今大会の優勝候補という呼び声が高い。昨年夏まで行われた2017/18 UEFA U-19欧州選手権大会では安定感ある強さを見せつけ無傷で決勝進出を果たしており、その力を世に証明した。ファイナルでは惜しくもポルトガル代表に敗れたが、準優勝で2大会連続7回目のU-20ワールドカップ出場を決めている。2017年に行われたU-20ワールドカップ韓国大会では3位に終わっているため、今回はそのリベンジに燃えているはずだ。
本大会に挑むメンバーは上記の通り。ユベントスに所属するモイーズ・キーンらは選外となったが、アンドレア・ピナモンティやルカ・ペッレグリーニらセリエAでコンスタントに試合に出場している実力者は多く揃っている。その中で、注目選手にはMFアンドレア・コルパーニを挙げる。アタランタの下部組織でプレーし、同クラブのキャプテンも務める20歳は、今季のプリマヴェーラ1で25試合10得点5アシストという申し分ない成績を収めている。同チームは主に4-3-3のフォーメーションをベースとしているが、コルパーニはインサイドハーフ、ボランチの両方でプレーすることが可能。守備にも積極的ながらゴールに直結するプレーも連発できるなど、日本代表にとっては攻守両面で厄介な存在となりそうだ。
●U-20メキシコ代表
U-20メキシコ代表
5大会連続16回目の出場
前回大会成績:ベスト8
CONCACAF U-20選手権:準優勝
U-20ワールドカップ出場が今回で16回目となるメキシコ代表は、過去に同大会で準優勝も経験するなど持っている実力は十分だ。前回大会もベスト8まで進出し、イングランド代表と対戦。0-1で敗れたものの、後の優勝国相手に大健闘を見せた。昨年行われたCONCACAF U-20選手権ではグループリーグ5試合で31得点を叩き込むなど、爆発的な攻撃力を発揮。決勝ではアメリカ代表に敗れたが、大会を通して強さを見せつけ、見事ポーランド行きの切符を掴んだ。
注目選手はFWのディエゴ・ライネス。U-20メキシコ代表では10番を背負うエースであり、すでにメキシコ代表デビューも果たしている同選手は、今年1月にスペインのべティスへと移籍を果たしており、今季ここまでリーガ・エスパニョーラで12試合に出場している。第28節の対バルセロナ戦では1アシストも記録するなど、チームの新たな顔として印象的なプレーを見せていた。本人も大きな自信を持って今大会に挑んでくるだろう。日本代表もライネスには要警戒だ。
●U-20エクアドル代表
U-20エクアドル代表
2大会連続4回目の出場
前回大会成績:グループリーグ敗退
南米ユース選手権:優勝
日本代表の初戦の相手はこのU-20エクアドル代表だ。2017年に行われたU-20ワールドカップ韓国大会ではグループリーグ敗退に終わっている同国代表だが、今大会は2年前と一味違うチームになっていると見ていいだろう。というのも、エクアドル代表はU-20南米選手権でブラジルやウルグアイ、アルゼンチンといった強豪国を抑え、見事同大会の初優勝を成し遂げてポーランド行きの切符を掴み取っている。凄まじい自信と勢いを持って、今大会に挑んでくることだろう。
今冬よりスペインのバジャドリーに所属するスティベン・プラサはすでにエクアドル代表デビューも果たしている大器であり、今大会でも活躍が期待される選手だ。身長188cmを誇る大柄FWであり、フィジカルの強さを兼備する。日本代表はセットプレー時などに注意が必要だ。シーズン終盤に負った怪我が心配だが、ピッチ立てばその存在感を大いに発揮してくるだろう。
フットボールチャンネル
メンバーはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00010003-footballc-socc

続きを読む

日本代表には鈴木武蔵より伊藤翔を呼ぶべき!?公式戦6試合7ゴール!


◇明治安田生命J1第4節 鹿島3―1札幌(2019年3月17日 札幌ド)
横浜から今季加入した鹿島で好調をキープするFW伊藤翔(30)が敵地での札幌戦で2ゴールを挙げ、チームをリーグ戦2連勝へと導いた。
前半12分に華麗なループシュートで先制ゴールを決めると、同23分にはドリブル突破から斜めに走った安西の絶妙なスルーパスを決めて2点目を挙げた。
「GKが前に出てきているのが見えたのでGKの位置を見て冷静に流し込むことができた」と1点目を振り返った伊藤は、
2点目については「前の試合でも逆サイドでああいうシーンがあって、いい形で僕のことを見てくれてたんで、
あれは本当に0・5点ぐらいは幸輝(安西)のゴールかなと思います」と日本代表に初招集されたばかりの23歳を称えた。
今季出場した公式戦6試合で7ゴールの荒稼ぎ。「色々な要素が重なり合ってこういう風になってると思います」
と自己分析したヒーローは「皆に感謝して、地に足つけてやっていきたいなと思います」と今後に向けても最後まで冷静だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000174-spnannex-socc
3/17(日) 16:23配信

鹿島が伊藤翔2発&レアンドロ復帰弾で連勝!札幌は代表初選出の鈴木武蔵が不発、苦手克服ならず
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019031703.html
試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
得点ランク
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/900520/120
成績
所属チーム名FC FERVOR愛知-中京大付属中京高-グルノーブルフット38/フランス-清水エスパルス-横浜F・マリノス-鹿島アントラーズ

続きを読む

中村俊輔、「史上最高のFKキッカー11人」に堂々の選出!


フットボールにおいて、FKは勝敗を分けるポイントの一つだ。鮮やかにネットを揺らす芸術性は観る者を魅了するが、英サッカーサイト「90min」ブラジル版は「フットボール史上最高のFKキッカー11人」と特集。日本が世界に誇るレフティーの元日本代表MF中村俊輔が登場し、改めて称賛されている。
「フットボール愛好家にとって最大の楽しみの一つは、間違いなく美しい直接FKのゴールを見ることだ」
このように切り出し、最初に紹介されたのが中村だ。希代のレフティーは2005年にレッジーナからセルティックへ移籍。リーグ優勝3回、リーグカップ優勝2回、スコティッシュカップ優勝を1回達成し、2006-07シーズンにはリーグ年間MVPに年間ベストイレブン、年間ベストゴール賞を受賞した。
セルティックで公式戦166試合34ゴールを決めた中村だが、そのなかでもファンの記憶に深く刻み込まれているのが、直接FKによるゴールだ。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで、マンチェスター・ユナイテッドから2試合連続で決めたFK弾は伝説となっている。
記事では、「我々は中村俊輔とともにリストをスタートさせる。日本の40歳はすでにジーコによって称賛されている」と、“サッカーの神様”である元ブラジル代表MFジーコ(現・鹿島アントラーズ・テクニカルディレクター)も認める存在だと伝えている。
「狙った場所にボールを置ける能力、そして幻想的なゲームビジョンを持つテクニカルな選手だ。彼(中村)はフットボールの歴史上、最も偉大なレフティーの1人だ」
ロナウジーニョら名手を抑え、G大阪でもプレーした元ブラジル代表MFカリオカが1位
Jリーグでも通算24本のFKを決めており、これは2位につける元日本代表MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の17本を大幅に上回るJ1最多記録となっている。今企画に登場する11人のうち、中村とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)だけが現役選手での選出となった。
なお、元ブラジル代表MFロナウジーニョや元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロら数多くの名手を抑えて1位に輝いたのは、2002年にG大阪でもプレーした元ブラジル代表MFマルセリーニョ・カリオカだった。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは選外となっている。
「90min」ブラジル版が選出した「世界最高のFKキッカー11人」は以下の通り。
11位 中村俊輔(ジュビロ磐田/元日本代表MF)
10位 アレッサンドロ・デル・ピエロ(元ユベントスほか/元イタリア代表FW)
9位 ロベルト・カルロス(元レアル・マドリードほか/元ブラジル代表DF)
8位 ロベルト・バッジョ(元ユベントスほか/元イタリア代表FW)
7位 デイビッド・ベッカム(元マンチェスター・ユナイテッドほか/元イングランド代表MF)
6位 ロナウジーニョ(元バルセロナほか/元ブラジル代表MF)
5位 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル代表FW)
4位 ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(元リヨンほか/元ブラジル代表MF)
3位 アンドレア・ピルロ(元ミランほか/元イタリア代表MF)
2位 ディエゴ・マラドーナ(元ナポリほか/元アルゼンチン代表MF)
1位 マルセリーニョ・カリオカ(元コリンチャンスほか/元ブラジル代表MF)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00176898-soccermzw-socc

続きを読む

「男30歳、ここからでしょ。楽しみです!日本代表の若手にももっと刺激を与えていかなければ!」by香川真司


W杯ロシア大会以来約9カ月ぶりに日本代表復帰したトルコ1部ベシクタシュのMF香川真司が、30歳の誕生日を迎えた17日、成田空港着の航空機で帰国した。
16日は本拠ギョズテペ戦で移籍後2度目の先発。後半45分まで出場し、1-0の2連勝に貢献した。フル出場に近いプレー時間で左鼠径(そけい)部の負傷も問題なし。「楽しみ」と語った30代の第1歩を、18日の代表合宿初日から踏む。
◇ ◇ ◇
代表戦ではW杯後の昨年7月以来となる香川の帰国に、同空港は騒然とした。
米メジャーリーグ開幕戦の応援団を乗せた米国機とも時間帯が重なり、到着ロビーで一時、立ち往生。その中で30歳の誕生日について「男は30から?」と聞かれると「ここからでしょ。楽しみです」と笑顔で語った。
上り調子で代表に返り咲く。20代ラストマッチのギョズテペ戦はトップ下で先発。2戦連発こそ逃したものの、18-19年シーズン最長の後半45分までピッチに立った。「正直(体力的に)きてました」と笑いつつ「90分近く出られたことは非常に良かった」。日本代表の森保監督にとっても自身にとっても収穫だった。
ロシア以来の代表については「フレッシュ。個人的にはまた新たなスタート。
また競争が始まる」と新たな思いを口にした。一方、今回の招集メンバーで国際Aマッチ最多出場(95試合)の立場も自覚する。
主将の吉田や長友ら主力の招集見送りに「(吉田)麻也もいないんで、責任を感じている」。ほかの22人の国際Aマッチ出場が平均14試合と浅い中、引っ張る決意を持って日本に降り立った。
代表から離れていた間に頭角を現したのが、中島、南野、堂安。三銃士の突き上げを「歓迎」と受け止めた上で「もっと刺激を与えていかなければ。レベルの高い競争が生まれてこなければ成長はないし、欧州には到底、追いつけない」。
W杯16強の日本をさらなる高みへ導くため、簡単に定位置を渡す気はない。帰国便の中で30歳になった香川が背中で示す。
○…日本代表の森保一監督がFC東京-名古屋グランパス戦を視察後、W杯後初招集した香川に言及した。
この日30歳の誕生日を迎えて帰国したMFに対し「長く日本代表を引っ張ってきた選手には、経験を若い選手に伝えてほしい」とあらためて期待。
「言葉だけでなく背中でもプレーでも引っ張ってほしいし、自分も監督として歴史をつなぐ仕事をしていきたい」と融合を意識した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03171136-nksports-socc
3/17(日) 23:25配信

続きを読む

「6月の日本代表戦、キリンチャレンジとコパアメリカは五輪代表を中心にやるべき!」byセルジオ越後


サッカー解説者のセルジオ越後が様々なスポーツについて語る企画。今回はサッカー日本代表について語った。
セルジオ越後コメントー
キリンチャレンジカップは6人交代制だからどうかな?というのはありますね。コパアメリカとキリンチャレンジカップを合わせると最低で6試合できるんですね。
(メンバーの入れ替えで)別々のチームになったらボクはもったいないんじゃないかなと思います。チームは継続的にやって試合毎に良くなっていくことが前提でチームを分けることはナンセンスじゃないかな。
キリンチャレンジに出たA代表がコパアメリカにも行くのだったら良いと思うけど。ただ五輪世代はいつ強化するのかな?まさか五輪代表は(U-20W杯)ポーランドに行ったチームじゃないでしょ?
コパアメリカは3人交代だから本番の強化として考えてもらいたい。2020年の強化に(コパアメリカは)もってこいのチャンス。
もしJリーグのチームが五輪世代の選手を出さないということがあれば、これはサッカー界のコミニュケーション不足で大きな問題。
ボクは個人的には、できたら五輪世代で挑んで欲しい。オーバーエイジも使えるから。2020年はこのチームがベースになって、もしかしたらというところを見せて欲しい。
OA(オーバーエイジ)枠は(最大)3人五輪代表に入ることができるけど、そういうチームをまだ一度も試してないから。予選もないし。ボクはもう(他の国より)遅れていると思ってるから。今回は(コパアメリカで)森保一監督が実際に指揮を取って(選手たちの)モチベーションを上げて、良い成績をあげて帰ってくる。試すいいチャンスだと思います。
だからボクはもう代表を二つにするより、海外組はほとんどシーズンオフですから、無理させないで。キリンチャレンジ、コパアメリカ今は五輪代表を中心にやってほしいと思っています。
5/19(日) 22:41配信 テレビ東京
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010004-tvtokyos-socc

続きを読む