代表

ロッベン、セスク、あるいはバロテッリが日本へ?

ロッベン、セスク、あるいはバロテッリが日本へ?

左からバロテッリ、セスク、ロッベン、岡崎。いずれも来夏に“ボスマン・プレーヤー”となりそうな名手たちで、その去就が注目されている
2018年シーズンのJ1リーグ最終節(12月1日)は、全国各地で活況を呈した。
もつれにもつれた「3位&16位」を巡る争いは熾烈なバトルが展開され、ともに劇的な幕切れ。全9試合14時の一斉キックオフ前には、元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸入団が“フライング発表”されるなど、話題に事欠かない一日となった。
ビジャは昨年のルーカス・ポドルスキ(神戸)、今年のフェルナンド・トレース(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)と同様、移籍金ゼロ円でJリーグ参戦を果たした。つまりは前所属クラブとの契約がちょうど切れるタイミングでの移籍のため、獲得に際していわゆる違約金が一銭も発生しないケースだ。このルール制定に深く関与した選手の名を冠し、シーズンいっぱいで契約切れとなる選手を“ボスマン・プレーヤー”と呼ぶ場合もある。
30代半ばとはいえ、そこはワールドクラスの大物たち。移籍金を支払うとなればそれなりの出費を覚悟しなければいけないが、それがゼロ円ですむ。つまりは強化資金を選手の報酬やボーナスのほうに思い切って奮発することができるわけで、1~2年の短めの契約で成立する場合が少なくない。昨年には本田圭佑が“ボスマン”でACミランからメキシコへ渡ったが、1年契約で多額のサラリーを保証されていた。Jクラブ勢がベテランの大物を一本釣りで狙うなら、やはりそこは“ボスマン”ということになる。
今回のビジャはMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFC所属で、現行契約が12月末で切れるがゆえの「移籍金ゼロ円」だった。アメリカは日本と同じ春秋制のシーズンで、ほかにも北欧や中国、韓国、中東など多くのアジア諸国がこの暦を採用している。とはいえ、このタイミングで契約満了となる大物となると、ビジャ以外にはなかなか見当たらない。MLSモントリオールの元フランス代表DFバカリ・サーニャ(36歳)、同じくMLSのLAギャラクシーの元イングランド代表DFアシュリー・コール(37歳)のふたりくらいだ。
やはり神戸を筆頭としたJクラブの(そしてDAZNの)視線は欧州に注がれているだろう。来夏(2019年6月末)に“ボスマン”となる注目のビッグネームを見ていこう。
12/2(日) 8:03 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51002

続きを読む

W杯出場決定の日本代表、10月にハイチと対戦する模様・・・

日本サッカー協会(JFA)は31日、10月にキリンチャレンジカップ2017を開催することを発表した。
日本代表は10月6日に豊田スタジアムで1試合目(対戦国未定)を行い、同月10日には日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。
日本は同日にオーストラリア代表とのロシア・ワールドカップ アジア最終予選 第9戦を制し、6大会連続のW杯出場を決めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00010010-goal-socc

続きを読む

「モウリーニョはスペイン代表に大きなダメージを与えた・・・」byイニエスタ


ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今夏のJリーグ移籍後も、ピッチで見せるビッグプレーが故郷スペインをはじめとした世界各国で注目を集めている。
そんななかで、スペインのテレビ局「ラ・セクスタ」がイニエスタのインタビューを敢行。全国紙「マルカ」によると、バルセロナ時代、永遠の宿敵レアル・マドリード勢とスペイン代表で“亀裂危機”にあったと明かしている。その張本人とは――。
イニエスタらが主力時のスペイン代表は、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)制覇に欧州選手権2008、2012連覇など正真正銘の「無敵艦隊」として世界に君臨した。ただその時期、常に一枚岩だったわけではないようだ。「皆さんはバルセロナとレアル・マドリードが快くない状況であったことを知る必要はないんだけど」と切り出したイニエスタは、このように続けた。
「その鍵となる要素はモウリーニョだったんだ」
優勝請負人としてカリスマ指揮官となったジョゼ・モウリーニョがレアルの監督に就任したのは2010年夏のこと。当時ペップ・グアルディオラ監督の下で完成の域を迎えつつあったバルサのポゼッションサッカーに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が対抗するため、規律と闘争心、ショートカウンターで仕留めるポルトガル人指揮官を招聘した。
実際、レアルは2011-12シーズンのリーガ優勝など競争力を取り戻した一方、当時助監督だったティト・ビラノバ助監督(故人)にモウリーニョ監督が“目つぶし”をするなど、バルサとのクラシコは荒れる展開となった。その当時のことについてイニエスタはこう回想する。
「バルサとマドリー間の緊張感は、代表チームと同僚の間にも大きなダメージを与えた」
「誰もがそれを理解できないほど、急進的だったんだ。人々はそれ以前までに常にあったライバル性ではなく、“憎悪”の感情を見たんだ」
そしてイニエスタは、これがラ・ロハ(スペイン代表の愛称)にも悪影響を及ぼしていたと話している。
「その雰囲気が渦巻くことで、耐えがたいものとなったんだ。モウリーニョが引き起こしたバルサとマドリー間の緊張感は、代表チームとチームメイトの間にも大きなダメージを与えたのだから」
結果的に欧州選手権2012を制したものの、暗い影を起こしていた。テクニックとともに連係プレーを何より大事にするイニエスタだからこそ、この期間の葛藤は大きかったのだろう。
11/27(火) 14:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00150407-soccermzw-socc

続きを読む

リオ五輪・日本代表手倉森監督「とにかく初戦。ナイジェリア戦を取るか取らないかで、メダルを取れるか取れないかを占える」

耐えて勝つ。リオデジャネイロ五輪サッカー男子日本代表の手倉森誠監督(48)が18日までに日刊スポーツなどのインタビューに応じ、8月4日に開幕する夢舞台への戦略を語った。欧州選手権を粘って初制覇したポルトガルを参考に、48年ぶりのメダル獲得を目指す。DF室屋成(22=東京)も負傷から返り咲いた代表への思いを語った。チームは今日19日から千葉県内で国内最終合宿を実施。21日に直前合宿地のブラジル・アラカジュへ出発する。
1日に決まった五輪戦士が、1人も離脱することなく発表後のJリーグを終えた。過去20回の国内外合宿は負傷によるメンバー変更の連続だったが、ついにゼロ。今日19日から、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠のFW興梠、DF藤春、塩谷が初めて23歳以下のチームに合流する。
「OAは軸だけど、絶対的レギュラーと決めつけたくない。彼らには、とけ込む覚悟がある。『俺たちがやんなきゃ!』と気負って合流してきても、歯車の回転のスピードが違ったら元も子もなくなる。3人なら大丈夫だと思うし、うまく融合できれば何か大きなことが起きる気がするね」
1次リーグの初戦は、8月4日(日本時間5日)のナイジェリア戦。ここに、まずピーキング(状態を最高にする調整)を持ってくる。
「とにかく初戦。ナイジェリア戦を取るか取らないかで、メダルを取れるか取れないかを占える。燃え尽きてもいけないけど、準備した全部を注ぎ込む覚悟」
貫くスタンスは「耐えて勝つ」だ。ボール保持率50%を下回りながら優勝したアジア最終予選の戦法を洗練する。参考は、タレントぞろいでも粘って欧州選手権を制したポルトガルだ。
「ポルトガルは勝ち切れなかった(3分けで1次リーグ3位通過)けど、耐え忍んだ。あの姿を見て、自分が考えていた『耐えて勝つ』がトレンドだと確信したし、優勝すると予想したら当たって運を使っちゃったけど…。ともかくナイジェリア戦で耐え、勝っても『俺たち強い』と思わず、次も、その次も我慢する」
日本の再浮上も担う。就任した14年はA代表がW杯で敗れ、世代別はU-16、19、21代表がアジアで準々決勝敗退。15年はA代表がアジア杯8強、今年は女子がリオ五輪出場を逃した。
「いま考えると、最終予選は相当な重圧だったね(笑い)。途切らせる可能性があったことを考えればゾッとするけど、あらためてリオに行けて良かったなと思うし、本当に貴重だと思えてくる。(48年ぶりのメダル獲得を目指す戦いは)日本の発展に対して、ものすごく重要な大会になる」
前評判では最終予選敗退もささやかれた代表に、怖いものはない。【木下淳】

日刊スポーツ7月19日 7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000021-nksports-socc

続きを読む