代表

「僕は日本で2019年を迎えたよ!」by元ドイツ代表GKアドラー


マインツの元ドイツ代表GKレネ・アドラーが、日本での滞在を楽しみ、年越しを東京で迎えたようだ。
アドラーは12月26日、女優である妻リリーとともに来日したことをSNSで公表。その後、串カツ、ラーメン、寿司、居酒屋料理など、和食を中心に日本ならではのグルメを満喫している。
渋谷のスクランブル交差点や明治神宮、そのほかにも新宿、赤坂などを訪れ、著名観光スポットでの写真や動画をSNSで次々に投稿した。
日本時間1日未明には『インスタグラム』で「親愛なるみなさんへ。みんなにより良い2019年が訪れますように。僕にとっては(負傷で)苦しい時期が続いているけど、多くの挫折から新たに得ることもある。
そんな中でも、いつも支えてくれるマインツのみんなに心から感謝したい。という新年のあいさつを東京から発信している。
1985年生まれのアドラーはレヴァークーゼンの下部組織育ちで、06-07シーズンにトップデビューを果たすと、すぐさま正GKに定着。
2008年に初キャップを刻んだドイツ代表では、2009年のロベルト・エンケ投身自殺に伴い2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前まで、同世代のマヌエル・ノイアーと正GK争いを展開した。
度重なるケガに悩まされながらも、2012年にハンブルガーSVへ移籍し、2017年からマインツに在籍。だが現在はひざの負傷で2018年5月から長期離脱を余儀なくされている。
ハンブルガーSVでは酒井高徳と、マインツでは武藤嘉紀とともにプレーするなど、日本人選手とも親しみのあるアドラー。
年末年始のオフ期間を利用して日本行きを決めた背景には、元同僚からの影響があったのかもしれない。
1/1(火) 16:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000011-goal-socc
ttps://www.instagram.com/reneadler/?hl=ja

続きを読む

「久保建英は間違いなくA代表でも戦える!」by日本代表・森保監督


来夏の東京五輪開幕まで、いよいよ1年を切った。サッカー男子で、史上初の金メダル獲得を目指す森保一監督(50)が本紙のインタビューに応じ、強化プランを明かした。A代表を含めた兼任監督としてのメリットを最大限に生かし、9月から始まるA代表でのカタールW杯アジア2次予選などで、東京五輪世代の選手を積極的に起用して2つの代表チームを強化。五輪世代の若手にも国際経験を積ませて、悲願達成につなげる。<以下、森保監督インタビュー(1)>
◇ ◇
-五輪本大会まで、およそ1年。感覚としては“まだ1年”か、“もう1年”なのか。
「“もう1年”ですね。チーム作りにおいて活動の回数や日数が多ければ多いほど良いと思うが、招集できる回数は限られている。そういった意味ではもう、あと1年しかないという思いですね。(五輪代表監督としては)2017年の12月からでしたけど、あっという間にここまで来ています。少しでも一回の活動を実りある、濃いものにしていかなければいけないなと」
-多くの五輪世代の選手をA代表に選出して臨んだ南米選手権は、若手の堂々としたプレーも印象的だった。
「まだまだ経験の浅い彼らが、A代表の常連組の力を持っているかというとまだ足りないところはあると思います。ただ伸び幅、成長を感じさせてもらいましたし、さらに伸びしろもある。世界のトップの選手たちと『自分たちもできるんだぞ』と、メンタル的に同じ目線で戦っているところは見ていてすごくうれしかった」
-特に、レアル・マドリードへ移籍した久保建英は存在感があった。今後、若い才能をどう育てていくか。
「久保に関しては、間違いなくA代表でも戦えるという力を見せてくれていた。表現がどう言って良いかわからないが、今後の日本サッカーを支えていくというか背負っていくというか。本人のプレッシャーにならないようにっていうのはあります。ただ、世界トップレベルのレアル・マドリードで試合にどう出られるかというのも(今後の成長に関わる)。まだ身体的にも技術的にも伸びていかないといけない選手だと思うので。本当に試合に出て、また招集させてもらいたい」
-9月からはA代表のW杯予選も始まる。南米選手権で得た手応えから、五輪世代を積極的に起用するプランもあるのでは。
「ずっと頭の中にあります。何が一番良いのかなと考えながらやっていきたい。その時、その時でベストな選択をしたい。東京五輪はもちろん大切で、日本サッカーの将来がかかっていると言っても過言ではない。(五輪代表に)A代表で常連組として活躍する選手が出てこそ、金メダルが獲得できる。そこは選手にも強く言っています。チーム作り、選手の強化をして東京五輪で結果を出すというのを考えている。W杯の予選のところでも、チャンスがあれば起用していきたいという思いはある」
-若手には成長の機会で、A代表としてはチームの層を厚くすることにもつながる。
「若い選手だけが日本サッカーを引っ張っているわけでも、(五輪後に)引っ張って行くわけでもない。すべての選手を見つつ、その時で一番良い、現状のベストの戦いをしていきたい。周囲の方から見れば、(2次予選は)若い選手が行っても勝てると(思う人もいる)。でも開始前から勝っている試合はない。きっちりと勝ち進むことが大切で、その中でこの選手は使えると思えば、若い選手を入れていきたい」
8/1(木) 10:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000044-dal-socc

続きを読む

堂安律、ドルトムントに?


夏に渡英するプリシッチの後釜に堂安、T・アザール、ハドソン=オドイらをピックアップ
ドルトムントは2日、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチを移籍金6400万ユーロ(約79億円)でイングランド・プレミアリーグのチェルシーに売却したことを発表した。同選手はチェルシーからレンタル移籍をする形で今季終了まではドルトムントでプレーするが、このニュースを受けてドイツメディア「sport.de」は早速、プリシッチの後継者候補をピックアップ。日本代表MF堂安律(フローニンゲン)を含め、U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)らを、プリシッチの後継者として推薦した。
同メディアは「プリシッチが去ることで、ドルトムントは夏に将来有望なアタッカーを一人失う。さまざまな報道を信じるとすれば、BVB(ドルトムントの略称)はすでに適切な後継者に目を付けているようだ」と述べ、“非常に期待の持てる候補者”をリストアップした。
その一人が日本代表MFの堂安で、同メディアは「フローニンゲンでサイドアタッカーを務める20歳のドウアンは、ドリブルに強く、何度も危険なスペースを作り出している」とその特徴を紹介。「BVBはかつて、シンジ・カガワという日本人をスターにしている」と、同クラブで輝いた日本代表MFの先輩・香川真司という存在にも触れながら、「(フローニンゲンの地元メディア)『フローニンガー・ヘジンスボーデ」によれば、BVBはすでに複数のスカウトをフローニンゲンに送り込んでいる」と、ドルトムントが以前からその才能に注目していることを伝えている。
同メディアは、今季ドイツ・ブンデスリーガでチームトップタイの9得点を挙げるなど、ブレーク中のベルギー代表FWトルガン・アザール(ボルシアMG)も有力候補の一人としてピックアップ。同じベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの存在が、同選手を引き寄せる鍵となる可能性を伝えた。さらに、バイエルンが積極的に獲得を狙っている18歳のU-19イングランド代表FWハドソン=オドイも、ドルトムントが買い物リストに入れているとした。
ドルトムントがプリシッチの後継者として狙っていると、「sport.de」が挙げた候補選手は以下のとおり。
堂安律(日本代表/MF/フローニンゲン)
トルガン・アザール(ベルギー代表/MF/ボルシアMG)
カラム・ハドソン=オドイ(U-19イングランド代表/FW/チェルシー)
ペドリーニョ(ブラジル人/FW/コリンチャンス)
ルーカス・ダ・クーニャ(U-18フランス代表/FW/レンヌ)
ヘンリー・オニェクル(ナイジェリア代表/FW/ガラタサライ)
クリシュトフ・ピアテク(ポーランド代表/FW/ジェノア)
ビクトル・グズマン(メキシコ代表/MF/パチューカ)
マキシミリアーノ・ゴメス(ウルグアイ代表/FW/セルタ)
ジョナタン・バンバ(U-21フランス代表/FW/リール)
ニコラス・ペペ(コートジボワール代表/FW/リール)
セバスティアン・アレ(元U-21フランス代表/FW/フランクフルト)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00159217-soccermzw-socc

続きを読む

アジアカップ開幕!ザッケローニ監督率いるUAE代表はハリルのPK弾で初戦ドロー!


【スコア】
バーレーン1-1アラブ首長国連邦
【得点者】
78分 0-1 モハメド・マルズーク・アル=ロマイヒ(バーレーン)
87分 1-1 アーメド・カリル(UAE)
http://www.the-afc.com/asiancup/news/group-a-uae-1-1-bahrain
アジアカップ開幕! ザッケローニ監督率いるUAEはハリルのPK弾で初戦ドロー
アジアカップ2019は5日に開幕した。開催国のUAE代表とバーレーン代表が開幕戦を行い、1-1のドローで終えた。
大会ファーストゴールはバーレーン。後半33分、右サイドからのクロスをFWモハメド・アル・ロマイヒが頭で合わせるが、相手DFにブロックされる。しかし再びロマイヒが左足で押し込んで、クロスバーに当たりながらゴール。バーレーンが先制に成功する。
追い込まれたUAEを率いるのは、元日本代表指揮官でもあるアルベルト・ザッケローニ監督。先制を許したUAEは後半36分にFWアフメド・ハリルを投入する。すると、この采配が的中。同43分にPKを獲得すると、ハリルが豪快に決め切り、1-1の同点となった。
試合はそのまま1-1で終了となり、痛み分けのドローとなった。UAEは10日にインド代表と、バーレーンは同日にタイ代表と対戦する。日本代表は9日にトルクメニスタン代表との初戦を迎える。
1/6(日) 6:43配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-15635077-gekisaka-socc

続きを読む

【アジアカップ試合結果】Jリーガー擁するタイはまさかの4失点大敗…インドが初戦を白星で飾る


[1.6 アジアカップ2019 タイ1-4インド アブダビ]
アジアカップ2019は6日、グループリーグ第1節2日目を行い、グループAはタイ代表とインド代表が対戦。インドがタイに4ー1で勝利した。
タイは札幌所属のFWチャナティップや神戸所属のDFティーラトン、元広島のFWティーラシンといったJリーグと関わりが深い選手たちをスタメンで起用。東南アジア屈指の実力を持つタイが頂点を狙うべく、初戦でインドに挑んだ。
しかし、思わぬ形でインドが先制に成功。前半11分、PA内でGKに跳ね返ったボールがティーラトンの腕に当たり、ハンドの判定に。PKを獲得したインドはFWスニル・チェトリが冷静にゴール左に決め、1-0とスコアを動かした。
失点を食らったタイだが、慌てた様子は見せない。前半26分、中盤でFKを獲得すると、キッカーのティーラトンが左足でPA中央に蹴り込む。ティーラシンが頭で流し込んで、すかさず同点に追いついた。
前半は1-1で折り返したが、インドが後半1分に追加点を決める。鋭いカウンターから右サイドのFWウダンタ・シンがクロスを上げ、チェトリが右足を振り抜いてこの試合2点目を挙げた。さらに同23分には再びカウンター。最前線のシンがPA内に入って後方にパスを出すと、最後はMFアニルドゥ・タパが右足でループシュートを放ち、飛び出したGKを越えてゴールに吸い込まれた。
タイは1-3とリードを広げられても諦めず、後半28分には先発したチャナティップを下げて、FWシロー・チャットーンを投入する。しかし流れは変わらないまま、インドは同35分にFWジェジェ・ラルペクラがダメ押しの4点目を挙げた。
試合はそのままインドが4-1で圧勝。Jリーガーを擁したタイは大量失点での大敗を喫した。インドは10日にUAEと、タイは同日にバーレーンと対戦する。
1/7(月) 0:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-15862422-gekisaka-socc

続きを読む

「不良品から王者に」「戦力外とバーゲンセール」岡崎らレスターの成り上がり軍団の軌跡を英メディアが大特集!

守護神は英3部、エースは英5部で修行の日々
創設132年でプレミアリーグ初優勝を遂げたレスターだが、日本代表FW岡崎慎司が「これまで日の目を見ることがなかった男たち」と語る通り、これまで無名だった選手たちが中心となって奇跡を成し遂げた。英国営放送「BBC」では「不良品からプレミアリーグチャンピオンに」との特集を組んでいる。
7シーズン前には3部リーグに所属するなど典型的な弱小クラブだったレスターだが、今季はクラウディオ・ラニエリ監督のもとで一致団結して首位の座を守り切った。
同局ではレスターを「クビになり続けた監督が率いて、戦力外とバーゲンセールされた選手たちのチーム」と表現し、主力選手の数奇なキャリアとエピソードを紹介している。
まずは守護神として最後方から支えたのはデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル。
現在29歳のカスパーはマンチェスター・シティでプロとしてのキャリアを歩み始めたが、その後はイギリス国内のクラブを転々とした。スコットランドリーグからウェールズのクラブ、イングランド3部のクラブでプレーしたこともあった。2011年にレスターに移籍し、弱小の頃からチームを支えてきた。
ディフェンダー陣も苦労人が勢ぞろいする。右サイドバックのダニー・シンプソン(29歳)はマンチェスター・ユナイテッド時代にはクリスティアーノ・ロナウドらとチームメートだった経験を持つが鳴かず飛ばず。
左サイドバックのオーストリア代表DFクリスティアン・フクスも代表通算74試合出場を誇りながら、
15年のレスター移籍は移籍金ゼロで加入している。
センターバックで主将のウェズ・モーガンも12年1月のクラブ加入の際に支払われた移籍金は約100万ポンド(1億5600万円)だった。モーガンの相棒で元ドイツ代表DFロベルト・フートは、プレミアの強豪チェルシーを“お払い箱”になり、ミドルスブラ、ストークと渡り歩いた末に15年にレスターに加入。 チェルシー時代にはラニエリ監督の指導を受けており、再びレスターの地で師弟関係となって優勝に貢献する ドラマチックなキャリアとなった。
チームの生命線・高速カウンターの起点役となったダブルボランチは、無名の存在から一気にその名を轟かせた。
岡崎がMVP級の働きを見せたと称するMFエンゴロ・カンテは母国フランスのブルーニュ、カーンを経て今季からレスターの一員に。強烈なタックルを連発し、ボール回収役を担っている。
MFダニー・ドリンクウォーターは9歳の頃からマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に所属した。
イングランドの世代別代表に名を連ね、09年にはトップチーム登録されたものの、毎年レンタル移籍に出され“赤い悪魔”での公式戦出場はかなわなかった苦い過去がある。 カンテはフランス代表、ドリンクウォーターはイングランド代表にも選出され、6月の欧州選手権メンバー入りを期待されるまでに成長している。
前線も“お値打ち選手”がそろい踏みする。MFマーク・アルブライトンはアストン・ビラから2014年に
移籍金ゼロで加入している。そして大番狂わせの主役となったアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、
イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディのふたりだ。
マフレズは15歳の時に父親を心臓発作で亡くす不幸に見舞われながら、プロとしてのキャリアを歩んだ。
細身のサイドアタッカーはスキルフルな足技で相手マーカーを切り裂くが、
幼少時代ストリートサッカーに明け暮れていた影響か、2010年頃まではスローインの投げ方を知らなかったという逸話もある。
2014年にわずか約40万ポンド(6240万円)でレスターの一員となったマフレズは、
今季17得点11アシストの大活躍でイングランドサッカー協会MVPに選出された。
高速カウンターのフィニッシャーとして22得点を挙げ、一気にスターダムに駆け上ったヴァーディは
文字通り“成り上がり”のサッカー人生となった。
キャリア最初のクラブとなったストックスブリッジ・パーク・スティールズの入団当初は
週給わずか30ポンド(4700円)だけだった。しかし下部リーグで得点を奪い続けることで自身の存在価値を証明。
12年から所属するレスターでも主力の座をつかみ、今季の大ブレークにつなげた。
.

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160503-00010006-soccermzw-socc&p=2

続きを読む

コパアメリカでは「日本代表・香川真司」復活!?


サッカー日本代表の森保一監督(50)が、南米サッカー連盟の招待で20年ぶりに出場する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)にドルトムントMF香川真司(29)を招集する考えがあることが13日、明らかになった。今季はドルトムントで構想外となった影響で試合勘欠如などの懸念があり、アジア杯(UAE)は招集メンバーから外れたが、指揮官は依然として香川の実力を高く評価。今冬、香川の移籍先が確定次第、日本協会側は招集の可能性を見据えて下交渉に入る意向とみられる。
森保監督は「前背番号10」のことを忘れてはいない。今夏の南米選手権。指揮官の強い意向によって、東京五輪世代で臨む方針から一転、年齢制限のないA代表を編成することが決定済みだが、関係者の話を総合すると、その招集候補のリストに香川の名前が挙げられているようだ。
森保監督は昨年11月28日、欧州CLのドルトムント-クラブ・ブリュージュ戦を視察した。香川がベンチ外だったため、翌29日にはドルトムントの練習場を訪れてトレーニングをチェックし、本人と直接会談も持った。最終的にアジア杯への招集こそ見送ったが「日本代表の貴重な戦力であることは伝えた」という熱の入れようだった。
香川本人も昨年末に一時帰国した際「(森保監督に)ドルトムントまで来ていただいて、現状や今後について、いろいろな話をすることができた」と新たな所属クラブでの活躍とともに、22年W杯カタール大会を見据えた早期の代表復帰を強く望んでいる。
アジア杯と異なり、所属する大陸連盟主催の大会ではない南米選手権に関しては、日本協会側に選手を招集する拘束力はない。欧州クラブにとってはシーズンを戦い終えた選手の貴重なオフ期間が削られるため、選手の派遣を認めるかどうかの見通しは立っていない。
関塚技術委員長は「しっかりとしたA代表で臨む考えは変わらない」として、各所属クラブと信頼関係を築き、丁寧な交渉で協力を求めていく考え。所属先での復権証明を前提条件に、香川招集の可否を探っていくことになりそうだ。
2019.1.14 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/01/14/0011977820.shtml?pg=2

続きを読む