代表

【アジアカップ試合結果】Jリーガー擁するタイはまさかの4失点大敗…インドが初戦を白星で飾る


[1.6 アジアカップ2019 タイ1-4インド アブダビ]
アジアカップ2019は6日、グループリーグ第1節2日目を行い、グループAはタイ代表とインド代表が対戦。インドがタイに4ー1で勝利した。
タイは札幌所属のFWチャナティップや神戸所属のDFティーラトン、元広島のFWティーラシンといったJリーグと関わりが深い選手たちをスタメンで起用。東南アジア屈指の実力を持つタイが頂点を狙うべく、初戦でインドに挑んだ。
しかし、思わぬ形でインドが先制に成功。前半11分、PA内でGKに跳ね返ったボールがティーラトンの腕に当たり、ハンドの判定に。PKを獲得したインドはFWスニル・チェトリが冷静にゴール左に決め、1-0とスコアを動かした。
失点を食らったタイだが、慌てた様子は見せない。前半26分、中盤でFKを獲得すると、キッカーのティーラトンが左足でPA中央に蹴り込む。ティーラシンが頭で流し込んで、すかさず同点に追いついた。
前半は1-1で折り返したが、インドが後半1分に追加点を決める。鋭いカウンターから右サイドのFWウダンタ・シンがクロスを上げ、チェトリが右足を振り抜いてこの試合2点目を挙げた。さらに同23分には再びカウンター。最前線のシンがPA内に入って後方にパスを出すと、最後はMFアニルドゥ・タパが右足でループシュートを放ち、飛び出したGKを越えてゴールに吸い込まれた。
タイは1-3とリードを広げられても諦めず、後半28分には先発したチャナティップを下げて、FWシロー・チャットーンを投入する。しかし流れは変わらないまま、インドは同35分にFWジェジェ・ラルペクラがダメ押しの4点目を挙げた。
試合はそのままインドが4-1で圧勝。Jリーガーを擁したタイは大量失点での大敗を喫した。インドは10日にUAEと、タイは同日にバーレーンと対戦する。
1/7(月) 0:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-15862422-gekisaka-socc

続きを読む

堂安律、ドルトムントに?


夏に渡英するプリシッチの後釜に堂安、T・アザール、ハドソン=オドイらをピックアップ
ドルトムントは2日、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチを移籍金6400万ユーロ(約79億円)でイングランド・プレミアリーグのチェルシーに売却したことを発表した。同選手はチェルシーからレンタル移籍をする形で今季終了まではドルトムントでプレーするが、このニュースを受けてドイツメディア「sport.de」は早速、プリシッチの後継者候補をピックアップ。日本代表MF堂安律(フローニンゲン)を含め、U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)らを、プリシッチの後継者として推薦した。
同メディアは「プリシッチが去ることで、ドルトムントは夏に将来有望なアタッカーを一人失う。さまざまな報道を信じるとすれば、BVB(ドルトムントの略称)はすでに適切な後継者に目を付けているようだ」と述べ、“非常に期待の持てる候補者”をリストアップした。
その一人が日本代表MFの堂安で、同メディアは「フローニンゲンでサイドアタッカーを務める20歳のドウアンは、ドリブルに強く、何度も危険なスペースを作り出している」とその特徴を紹介。「BVBはかつて、シンジ・カガワという日本人をスターにしている」と、同クラブで輝いた日本代表MFの先輩・香川真司という存在にも触れながら、「(フローニンゲンの地元メディア)『フローニンガー・ヘジンスボーデ」によれば、BVBはすでに複数のスカウトをフローニンゲンに送り込んでいる」と、ドルトムントが以前からその才能に注目していることを伝えている。
同メディアは、今季ドイツ・ブンデスリーガでチームトップタイの9得点を挙げるなど、ブレーク中のベルギー代表FWトルガン・アザール(ボルシアMG)も有力候補の一人としてピックアップ。同じベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの存在が、同選手を引き寄せる鍵となる可能性を伝えた。さらに、バイエルンが積極的に獲得を狙っている18歳のU-19イングランド代表FWハドソン=オドイも、ドルトムントが買い物リストに入れているとした。
ドルトムントがプリシッチの後継者として狙っていると、「sport.de」が挙げた候補選手は以下のとおり。
堂安律(日本代表/MF/フローニンゲン)
トルガン・アザール(ベルギー代表/MF/ボルシアMG)
カラム・ハドソン=オドイ(U-19イングランド代表/FW/チェルシー)
ペドリーニョ(ブラジル人/FW/コリンチャンス)
ルーカス・ダ・クーニャ(U-18フランス代表/FW/レンヌ)
ヘンリー・オニェクル(ナイジェリア代表/FW/ガラタサライ)
クリシュトフ・ピアテク(ポーランド代表/FW/ジェノア)
ビクトル・グズマン(メキシコ代表/MF/パチューカ)
マキシミリアーノ・ゴメス(ウルグアイ代表/FW/セルタ)
ジョナタン・バンバ(U-21フランス代表/FW/リール)
ニコラス・ペペ(コートジボワール代表/FW/リール)
セバスティアン・アレ(元U-21フランス代表/FW/フランクフルト)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00159217-soccermzw-socc

続きを読む

「僕は日本で2019年を迎えたよ!」by元ドイツ代表GKアドラー


マインツの元ドイツ代表GKレネ・アドラーが、日本での滞在を楽しみ、年越しを東京で迎えたようだ。
アドラーは12月26日、女優である妻リリーとともに来日したことをSNSで公表。その後、串カツ、ラーメン、寿司、居酒屋料理など、和食を中心に日本ならではのグルメを満喫している。
渋谷のスクランブル交差点や明治神宮、そのほかにも新宿、赤坂などを訪れ、著名観光スポットでの写真や動画をSNSで次々に投稿した。
日本時間1日未明には『インスタグラム』で「親愛なるみなさんへ。みんなにより良い2019年が訪れますように。僕にとっては(負傷で)苦しい時期が続いているけど、多くの挫折から新たに得ることもある。
そんな中でも、いつも支えてくれるマインツのみんなに心から感謝したい。という新年のあいさつを東京から発信している。
1985年生まれのアドラーはレヴァークーゼンの下部組織育ちで、06-07シーズンにトップデビューを果たすと、すぐさま正GKに定着。
2008年に初キャップを刻んだドイツ代表では、2009年のロベルト・エンケ投身自殺に伴い2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前まで、同世代のマヌエル・ノイアーと正GK争いを展開した。
度重なるケガに悩まされながらも、2012年にハンブルガーSVへ移籍し、2017年からマインツに在籍。だが現在はひざの負傷で2018年5月から長期離脱を余儀なくされている。
ハンブルガーSVでは酒井高徳と、マインツでは武藤嘉紀とともにプレーするなど、日本人選手とも親しみのあるアドラー。
年末年始のオフ期間を利用して日本行きを決めた背景には、元同僚からの影響があったのかもしれない。
1/1(火) 16:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000011-goal-socc
ttps://www.instagram.com/reneadler/?hl=ja

続きを読む

「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ?この2年間は幽霊・・・」byアーセナルOBプテイ


プティ氏も30歳レフティーの現状に厳しい評価 「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ」
アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、2018年ラストゲームとなる現地時間29日の敵地リバプール戦の遠征メンバーから外れた。低調なパフォーマンスが続き、批判にさらされている司令塔に対し、クラブOBでもある元フランス代表MFエマニュエル・プティ氏も「この2年間は幽霊だ」などと苦言を呈した。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。
エジルは試合前日の練習には参加していたようだが、膝の痛みを訴えたために遠征メンバーから外れたと報じられている。前節のブライトン戦(1-1)では前半のみの出場でベンチに下がり、ウナイ・エメリ監督は「戦術的な理由」としていた。
このところの低調なパフォーマンスと出場機会の減少から、冬の移籍市場で新天地を求めるのではという報道が盛んになっているエジル。首位リバプールとの大一番は負傷欠場のようだが、去就に関わる憶測がさらに加速する材料となりそうだ。
同紙では、元フランス代表MFプティ氏のエジルに対するコメントを紹介。同氏は「私はエジルの大ファン」と語る一方で、「しかし、この2年間は幽霊だ」と近年は求められているプレーができていないと厳しい評価を与えている。
「いくつものアシストやゴールを重ね、世界でも屈指の選手だったエジルはどこへ行ったんだ。私は彼がピッチ上での欲望を失っているように思うよ」
セリエAインテルやトルコのバシャクシェヒルといったクラブへの移籍が噂されるエジル。30歳のレフティーはアーセナルで本来の輝きを取り戻すことができるのか。それとも、このままチームを去ることになってしまうのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00157804-soccermzw-socc

続きを読む

「ビジャとポドルスキと並べば、神戸にもたらすことのできるトライアングルを形成できる!」byイニエスタ


ヴィッセル神戸は29日、アメリカを拠点とするプレシーズンツアーを実施することを発表した。Jリーグクラブにとってアメリカでのツアーは史上初の試みとなるが、今夏に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは「日本サッカーの代表として戦うことにワクワクしている」と意欲を示している。スペインメディア「スポルト」が報じた。
今季をリーグ10位で終えた神戸は来季に向け、MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCから元スペイン代表FWダビド・ビジャを獲得。イニエスタ 、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを含め、ワールドカップ(W杯)優勝経験者が3人集うこととなった。
現在は母国スペインでオフを満喫しているイニエスタは、バルセロナや代表で共闘した元同僚の加入について「ビジャの隣でプレーするのはとても嬉しいことだ。すでにデビューの時が楽しみだよ。ビジャとポドルスキと並べば、神戸にもたらすことのできるトライアングルを形成できるだろう」と語っていた。
また、ビジャも所縁のあるアメリカでのツアーは1月24日から2月7日で実施されるが、これについても「アメリカでMLSのクラブと戦うことにとてもワクワクしている。Jリーグと同様に発展中のリーグであり、ファンからの関心が日を増して増幅している」と、日本サッカーを代表してアメリカ遠征に臨むことに力強い意欲を示していた。
日本の強豪クラブとしての立場を確立するべく、来季は神戸にとって勝負のシーズンとなりそうだが、Jリーグで最大の注目株となるであろうビジャの“神戸初戦”も、アメリカの地で実現することになりそうだ。
12/30(日) 11:10 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00158013-soccermzw-socc

続きを読む

2018年世界のトップスコアラー1位はメッシ!・・・ではない!?

日本人の年間最多得点者は?
2018年も終わりを迎えようとしている。
今年もサッカー界では、様々な出来事があった。フランスの20年ぶりのワールドカップ優勝、レアル・マドリーの前人未到のチャンピオンズ・リーグ3連覇、鹿島アントラーズのアジア制覇など、その話題は尽きることがない。
そうした数々の戦いの記憶を語るうえで欠かせないのが、名ストライカーたちの幾多ものゴールだろう。ここでは、この一年の各国のトップリーグで、いったい誰が最も多くのゴールを挙げたのかを探る。
まず紹介したいのは、リオネル・メッシの得点数だ。
今夏のロシアW杯ではわずか2ゴールにとどまった天才も、5大リーグではダントツでトップの47ゴールをマーク。代表戦の得点を加えれば合計51ゴールと、圧巻の数字を叩き出している。 また、今夏に9年間在籍したレアル・マドリーを離れ、イタリアの絶対王者ユベントスに移ったC・ロナウドの成績も、やはり称賛に値すると言っていい。
33歳になっても、運動能力に衰えが見えない生粋のゴールハンターは、合計47ゴールを記録。苦戦が予想されたセリエAでも、公式戦23試合で13ゴールと順調に得点を量産。稀代のスターの存在感は、今年も健在だったというしかない。
しかし、世界は広い。この二人を上回るスコアを記録した男がいる。その名はバグダード・ブーンジャー。カタールのアル・サッドに所属する、27歳のアルジェリア代表FWだ。
184センチの長身を利したプレーが売りの点取り屋は、この1年で凄まじい戦績を残した。
代表戦を含めた公式戦全38試合で55発とゴールラッシュを決め込み、メッシ超えを果たしたのである。所属リーグのレベルに差はあるにせよ、その得点力はあっぱれだ。
ちなみに海外組も含めた日本人のトップスコアラーは、今シーズンのJ2得点王となった大宮アルディージャの大前元紀で、24ゴールをマークした。
これにレンタル先のレノファ山口で気を吐いたオナイウ阿道(22点)と興梠慎三(20点)が続いている。
【2018年トップスコアラーランキングトップ10】
1位:バグダード・ブーンジャー(FW/アル・サッド/アルジェリア代表)=55点
2位:リオネル・メッシ(FW/バルセロナ/アルゼンチン代表)=51点
3位:エリク・ソルガ(FW/FCフローラ/エストニアU-19代表)=48点
4位:クリスチアーノ・ロナウド(FW/ユベントス/ポルトガル代表)=47点
5位:ロベルト・レバンドフスキ(FW/バイエルン/ポーランド代表)=46点
6位:モハメド・サラー(FW/リバプール/エジプト代表)=43点
6位:ディオゴ(FW/ブリーラム/ブラジル国籍)=43点
7位:ハリー・ケイン(FW/トッテナム/イングランド代表)=41点
8位:デイブ・トゥルペル(FW/デュデランジュ/ルクセンブルク代表)=40点
8位:アントワーヌ・グリエーズマン(FW/A・マドリー/フランス代表)=40点
9位:ジョン・シフエンテ(FW/ウニベルシダ・カトリカ/エクアドル代表)=38点
9位:ルイス・スアレス(FW/バルセロナ/ウルグアイ代表)=38点
10位:マルクス・ベリ(FW/アル・アハリ/スウェーデン代表)=37点

12/29(土) 12:17配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00010008-sdigestw-socc

続きを読む

日本代表“本田外し”に本人が反論!「今の時点で自分が外される理由がない」

「自分が代表に相応しい選手か、そうじゃないか、自分で判断できる」
「本田は試合のリズムが足りないのが確認できた。サウジアラビア戦が控えているが、一番良いパフォーマンスの選手が誰かは、これから確認していかないといけない」

オマーン戦におけるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の“本田評”である。要所で攻撃に絡んだ反面、簡単に奪われるなど“らしくない”プレーが続いた。
しかし、11月12日の練習後に取材に応じた本田圭佑は、交代の時間は想定内であり、プレーの感覚も良かったと振り返る。
「昨日に関してはむしろ感じは良かった。ちょっと新しいことを始めようとして、いつも以上に余裕を持ってトライしてみたので、タッチとか感覚も取り戻せたかなと」
今季はミランで出場機会に恵まれず、試合勘の欠如が懸念され続けている。
しかし、本田自身は試合に出る出ない以上に、メンタルによる影響が大きいと改めて感じたという。
「試合に出る出ないよりも、自分の精神的な状態がそういうものを左右すると改めて思いました。
自分の頭の中をどう持って行くか。試合に出ていないことで、体力が不安なんじゃないか、ボールタッチはどうなんだ、試合勘はどうなのか。
その“言葉”が頭に入ってくることが問題であって、精神的な意識がプレーに反映すると思うので」
オマーン戦に関して、本田とハリルホジッチ監督の見解は異なる。それに対しては、少なからず「ギャップは感じている」という。
ただし、にわかに囁かれるサウジアラビア戦でスタメンから外される可能性については、自分が納得できる理由が必要だと口調を強める。
「メンバーは監督が決めること。ただ、外すという選択をするということは、それなりに意味があると思います。
監督はその意味を説明する義務があるし、当然ながら自分自身が納得できるものであれば、
(俺はそれを)受け入れる必要がある。今の時点で、何か自分が代表において外される理由がない」
本田は、自身が代表で結果を残してきたプライドを滲ませながら、言葉を続ける。
「俺はこれまで、代表でそれなりに自分の力で道を切り開いてきたと思っている。
監督に選ぶ権利はあるものの、自分が代表に相応しい選手か、そうじゃないか、自分で判断できるので」
果たして、サウジアラビア戦で本田はスタメンか、それともベンチスタートか。その行方から目が離せない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161112-00020525-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 11/12(土) 14:07配信

代表に貢献してきたプライドを滲ませた本田。「今の時点で、自分が外される理由がない」と語った。

続きを読む