代表

世界的ビッグネームが相次いでJリーグ参戦する理由・・・


(左から)トーレス、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャ、ジョー
元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸への移籍が発表された。プレーするのは来季からだが、これで神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ビジャとワールドカップ優勝経験者を3人擁することになる。
スペイン代表の最多得点者であるビジャは、バレンシアやバルセロナなどでプレーした後、ニューヨーク・シティFCの契約第1号選手となり、2015~18年まで4シーズンにわたってプレー。124試合で80ゴールと、37歳となった今も得点力は衰えていない。
神戸の3選手以外にも元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)、元ブラジル代表FWジョー(名古屋グランパス)と立て続けにビッグネームがJリーグに参入している。来季から外国籍選手の登録が無制限(J1の試合出場上限は5人)になることもあり、こうした流れは今後も続きそうだ。
1993年にJリーグが開幕した頃は、海外から「年金リーグ」と揶揄されていたものだ。元イングランド代表FWギャリー・リネカー(名古屋)、元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー(ジェフユナイテッド市原/当時)、元アルゼンチン代表FWラモン・ディアス(横浜マリノス/当時)、元ブラジル代表MFジーコ(鹿島アントラーズ)など、すでに第一線を退いたスターたちが集結していたからだ。
当時のJリーグは好景気で、年俸が高かった。イニエスタについては破格だが、現在は年俸なら中国のほうがJリーグよりもはるかに好待遇である。つまり、かつてとは外国籍選手にとってのJリーグの魅力も違ってきているのだ。
欧州第一線から退いた選手にとって大切なのは、家族が快適に暮らせる環境
移籍で見逃せないのは「環境」だ。選手が単身赴任で日本に来るわけではなく、大抵は家族も一緒である。あまり表には出ないかもしれないが、奥様方の意向は無視できない。いや、むしろかなりのウエイトを占める。すでにヨーロッパの第一線から退いたスタープレーヤーにとって、お金はそこまで重要ではない。それよりも家族が快適に暮らせる環境が第一と言っていいかもしれない。
元デンマーク代表MFのミカエル・ラウドルップが1996年に神戸へ移籍してきた時、「一つ階段を下りる」と話していた。ヨーロッパのトップレベルから少し楽にプレーできる場所として、Jリーグを選んでいる。階段を下りるといっても二段も三段も下りるのではなく、ヨーロッパほど厳しくはないが、そこそこのレベルではプレーしたい。過度のプレッシャーからも解放されたい。そういう選手にとって、Jリーグはちょうど良いわけだ。ラウドルップは神戸からオランダのアヤックスに移籍して再びヨーロッパに戻っているが、もう一度階段を上りたいと思う選手はそんなにはいないだろう。
家族が生活する場として、日本ほど安心して暮らせる国はそうない。オーストラリアは快適そうだがAリーグのレベルが落ちる。中国の年俸は素晴らしいが、家族が住む環境としては微妙だ。そうなると現在は、アメリカか日本かという選択になるわけだ。
日本は治安も良く、サッカーに対する過度のプレッシャーもない。億万長者のスターにはあまり関係ないかもしれないが、最近は物価も安い。リーグやクラブのオーガナイズもしっかりしている。言葉の問題はあっても、あまりストレスなく暮らせるはずなのだ。
Jリーグには元々ブラジル人選手が多い。どの国のリーグにもブラジル人は多いのだが、日本とブラジルの関係の良さもあるのだろう。さらにスーパースターのジーコが、かつてプレーした国というイメージもある。そうしたなかで、意外と馬鹿にできないのが「口コミ」なのだ。
12/8(土) 18:30 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/152887

続きを読む

川口能活、日本代表GKコーチ就任へ!


今季限りで現役引退したサッカー元日本代表GK川口能活(43)が、前代未聞の指導者転身を果たす。来年から、森保一監督(50)が兼任で率いるA代表とU-22代表のGKコーチに就任することが6日、分かった。96年アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を起こし、98年から4大会連続のW杯出場を誇る日本最高峰GKが、来年1月開幕のアジア杯UAE大会を皮切りに、20年東京五輪、22年W杯カタール大会を目指す。
◇ ◇ ◇
今月2日に現役ラストマッチを終えたばかりの川口が、引退、即、日本最高カテゴリーの代表コーチに転じる仰天人事が判明した。複数の関係者によると、引退発表を受けて日本協会の関塚技術委員長が極秘裏に接触。A代表とU-22(東京五輪)代表のGKコーチ就任を要請し、内諾を得たという。J3相模原で25年のプロ生活に幕を閉じた直後。現役時代同様、華麗に第2の人生も幕を開ける。
聞いたことがない。一般的にはクラブの下部組織、代表でも世代別など育成年代から指導を始めるところだが、コーチ歴なしでピラミッドの頂点A代表のスタッフ入り。日本人初の兼任指揮官になった森保監督でさえ、引退翌年は小学生の普及現場から。専門職のGKだからこそ実現したであろう、前例のない起用だ。
とはいえ、川口以上に影響力ある男はいない。日本代表GK歴代最多の国際Aマッチ出場116試合を誇り、アトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」の主役に。W杯は初出場の98年から4大会連続でメンバーに選ばれ、日本人GKとして初めて欧州に渡った先駆者にもなった。
一方で苦労も知る。右すね骨折、右アキレス腱(けん)断裂。全治半年以上の大けがから、よみがえってきた。10年W杯南アフリカ大会には基本的に出番がない第3GKで招集され、チーム主将として岡田監督と選手の橋渡し役に徹した。J2、J3も経験。あらゆる相談に対応できる経験を積み、代表では潤滑油になる役割が期待されそうだ。
先月の引退会見では「W杯ロシア大会を見て、日本は世界で戦えると感じた。違う形で貢献し、若い世代に還元したい」と引退理由を語っていた。いつか代表に-。そのタイミングは未来ではなく来年だった。抜てきには、世界的コーチへの英才教育の側面もある。
初仕事はアジア杯。04年中国大会では準々決勝ヨルダン戦でPK2本を止めて勝つなど奇跡の優勝に導いた。その説得力は計り知れない。森保ジャパンでは下田GKコーチと2人体制になり、A代表と五輪代表の活動が重なる場合は下田コーチがA、川口が五輪を分担する方針という。炎の守護神が、炎の日の丸コーチへ。東京五輪、W杯カタール大会へ。胸が高鳴る人事が発表の日を待っている。
◆川口能活(かわぐち・よしかつ)1975年(昭50)8月15日、静岡県富士市生まれ。富士市立天間小3年でサッカーを始め、同4年からGK。東海大一中2年で全日本ジュニアユース優勝。清水商(現清水桜が丘)では1年から正GKとなり、主将の3年時に高校選手権優勝。94年に横浜入り。01年からポーツマス(イングランド)などの海外クラブでプレーし、05年に磐田でJ復帰。J2岐阜、J3相模原と渡り歩き、今季限りで現役を引退した。日本代表で国際Aマッチ通算116試合出場は歴代3位タイで、GKでは最多。180センチ、78キロ。血液型A。
12/7(金) 4:37 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412496-nksports-socc

続きを読む

ロッベン、セスク、あるいはバロテッリが日本へ?

ロッベン、セスク、あるいはバロテッリが日本へ?

左からバロテッリ、セスク、ロッベン、岡崎。いずれも来夏に“ボスマン・プレーヤー”となりそうな名手たちで、その去就が注目されている
2018年シーズンのJ1リーグ最終節(12月1日)は、全国各地で活況を呈した。
もつれにもつれた「3位&16位」を巡る争いは熾烈なバトルが展開され、ともに劇的な幕切れ。全9試合14時の一斉キックオフ前には、元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸入団が“フライング発表”されるなど、話題に事欠かない一日となった。
ビジャは昨年のルーカス・ポドルスキ(神戸)、今年のフェルナンド・トレース(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)と同様、移籍金ゼロ円でJリーグ参戦を果たした。つまりは前所属クラブとの契約がちょうど切れるタイミングでの移籍のため、獲得に際していわゆる違約金が一銭も発生しないケースだ。このルール制定に深く関与した選手の名を冠し、シーズンいっぱいで契約切れとなる選手を“ボスマン・プレーヤー”と呼ぶ場合もある。
30代半ばとはいえ、そこはワールドクラスの大物たち。移籍金を支払うとなればそれなりの出費を覚悟しなければいけないが、それがゼロ円ですむ。つまりは強化資金を選手の報酬やボーナスのほうに思い切って奮発することができるわけで、1~2年の短めの契約で成立する場合が少なくない。昨年には本田圭佑が“ボスマン”でACミランからメキシコへ渡ったが、1年契約で多額のサラリーを保証されていた。Jクラブ勢がベテランの大物を一本釣りで狙うなら、やはりそこは“ボスマン”ということになる。
今回のビジャはMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFC所属で、現行契約が12月末で切れるがゆえの「移籍金ゼロ円」だった。アメリカは日本と同じ春秋制のシーズンで、ほかにも北欧や中国、韓国、中東など多くのアジア諸国がこの暦を採用している。とはいえ、このタイミングで契約満了となる大物となると、ビジャ以外にはなかなか見当たらない。MLSモントリオールの元フランス代表DFバカリ・サーニャ(36歳)、同じくMLSのLAギャラクシーの元イングランド代表DFアシュリー・コール(37歳)のふたりくらいだ。
やはり神戸を筆頭としたJクラブの(そしてDAZNの)視線は欧州に注がれているだろう。来夏(2019年6月末)に“ボスマン”となる注目のビッグネームを見ていこう。
12/2(日) 8:03 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51002

続きを読む