優勝

日本代表のアジアカップ初戦苦戦は優勝へのフラグ!?


【日本 3-2 トルクメニスタン AFCアジアカップ グループリーグ第1節】
日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2と逆転勝利を収めた。
苦しみながらも勝ち点3は逃がさなかった。アジアにおける日本は強豪国であり、相手から警戒される存在だ。それだけに思わぬ展開に持ち込まれることも少なくない。
今回のトルクメニスタン戦も26分に失点し、0-1で前半を折り返した。相手は守備に枚数を割き、手数をかけずに攻撃を仕掛けてきた。
アジア勢と対戦する際、日本は攻めあぐねた挙句にカウンターでピンチを迎えることが多いが、この試合の前半もそうした展開だった。
それでも、後半に入ると経験豊富な選手たちが意地を見せる。56分と59分に大迫勇也が連続ゴールを奪って逆転に成功。71分には新鋭・堂安律にも得点が生まれ、森保ジャパンは白星発進となった。
一筋縄ではいかない相手からしっかり勝利を掴んだことは評価できる。また過去のアジアカップを振り返ると、日本代表は初戦で苦しむほど頂点への視界が開けてくる傾向がある。
例えば2004年。ジーコジャパンはオマーン代表と対戦し1-0で何とか逃げ切っている。前半開始から日本はなかなかチャンスを作れず、逆に相手のセットプレーからヒヤリとするシーンがあった。
この試合は中国の重慶で行われたが、当時は反日感情が高まっており、日本は完全アウェイの状況で戦っていた。
それでも34分、日本が試合を動かす。相手がゴール前でクリアミスすると、中村俊輔がいち早くボールに駆け寄る。華麗なタッチで2人をかわすと、左足アウトで技ありゴール。ファンタジスタが輝きを放ち、初戦をモノにした。
例えば2011年。前年に南アフリカワールドカップでベスト16進出を果たした日本は、アルベルト・ザッケローニ監督の下でアジア大会に臨んだ。
本田圭佑、長友佑都、香川真司らを擁したザックジャパンだったが、ヨルダンに大苦戦。前半終了間際の45分に失点してしまう。
後半もゴールを奪えぬまま時間が経過したが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ショートCKから長谷部誠がゴール前にクロスを送ると、走り込んだ吉田麻也が頭でねじ込み、土壇場で引き分けに持ち込んだ。
圧倒的な強さで頂点まで駆け上がった2000年大会や、アジアで存在感を放ち始めた段階の1992年大会は別として、04年と11年は初戦で厳しい戦いを経験したことが優勝に繋がった。
一方、2015年大会は初戦を4-0で勝利するなどグループリーグを3連勝で突破した。しかし、準々決勝ではUAEにPK戦で敗れ8強止まりだった。
出場している選手がそれぞれの大会で異なるのはもちろんだが、強者という日本の立ち位置はそのまま。今回も優勝候補の一角に挙げられている。相手に研究される中、森保ジャパンはどのように勝ち進んでいくのか。
トルクメニスタンという伏兵に苦しめられたことは次節以降の糧となるはず。苦戦によって課題が見つかり、試合を重ねる中でチームの成長につなげることもできる。改めて気を引き締め、優勝を目指したいところだ。
1/10(木) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00304277-footballc-socc

続きを読む

レスターが初優勝かけ1日午後10時からマンU戦!勝てば自力で優勝決定!「これがフットボールだ」

◆プレミアリーグ 第36節 マンチェスターU-レスター (1日・オールドトラフォード)
日本代表FW岡崎慎司(30)が所属するレスターは1日、プレミアリーグ初優勝をかけてアウェーのマンチェスターU戦(日本時間・後10時05分開始)に臨む。
勝てば自力で優勝決定。引き分け以下の場合、2日に予定されているチェルシー-トットナム戦で2位トットナムが引き分けるか負けても決定する。
ラニエリ監督はマンU戦へ向けた会見で「一生に一度のことが起きようとしている。これがフットボールだ。半世紀に一度、小規模クラブがビッグクラブを倒すことがあるんだ」と静かに闘志を燃やした。
20度の優勝を誇るマンUは、前半戦で大きくつまずき現在6位だが、直近の公式戦7試合で6勝1敗と終盤戦に入って上り調子。FA杯では決勝に進出しており、リーグ戦でも欧州CL出場権の4位に入る可能性が残されており士気は高い。
地元ブックメーカーによる開幕前の優勝予想オッズは5001倍。レスターによる史上最大の番狂わせは、最多優勝回数を誇るマンUの本拠で実現することになるか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000076-sph-socc
サッカーch
http://wc2014.2ch.net/livefoot/

続きを読む

韓国がアジアカップで58年間優勝できない理由って?


韓国サッカー協会が15日、1960年のアジアカップ優勝者に本物の金で作った金メダルを代表選手の遺族に贈呈した。15日に英メディア『BBC』が報じている。
韓国で開催された1960年のアジアカップで、韓国代表は優勝を成し遂げた。名誉ある実績を残したものの、代表選手に渡された金メダルは本物の純金ではなく、金色で塗装された偽物で、簡単にコーティングが剥がれるようなメダルだったという。
それ以来、アジアカップで優勝を逃し続けていることから、“偽メダルの呪い”と言われているようだ。1961年から2019年までの間に、14回アジアカップが開催されている。しかし、予選敗退やグループリーグ敗退などで、58年間タイトルを逃していた。
同メディアによると、2014年頃から順次、偽メダルと本物の金メダルの交換を進めているという。今月も、新たに4人の代表選手遺族に贈呈したとのこと。しかし、まだ8人の代表選手遺族は交換を終えていないようだ。なお、2015年のアジアカップは準優勝。今回の大会では現在、決勝トーナメントまで駒を進めている。
1/16(水) 8:20配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00305153-footballc-socc

続きを読む

マンUがWBAに敗戦・・・シティの4季ぶりプレミアリーグ優勝が決定!

プレミアリーグは15日に第33節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに0-1と敗戦。この結果、マンチェスター・シティのリーグ優勝が決まった。
先日首位のマンチェスター・Cがトッテナム相手に勝利したため、負ければライバルの優勝が決定するという状況で試合に臨んだマンチェスター・U。
本拠地「オールド・トラッフォード」での一戦では、序盤から主導権を握るもなかなかゴールを奪えない。すると73分、ジェイ・ロドリゲスにゴールを決められ痛恨の先制点を許してしまう。
結局、最後まで1点の遠かったマンチェスター・Uは、ホームの観衆の前で最下位相手に敗れた。
この結果、首位のマンチェスター・Cのプレミアリーグ制覇が決定。ジョゼップ・グアルディオラ体制2年目にして、33試合消化時点で2位に16ポイント差をつける圧倒的な強さで、4シーズンぶりにリーグ優勝を達成した。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000036-goal-socc

続きを読む

混戦プレミア!元マンUの香川真司が優勝して欲しいクラブは?


ドルトムント時代に共闘したクロップに「リバプールでタイトルを獲得してほしい」
今冬にトルコの強豪ベジクタシュへ移籍したMF香川真司が、かつてドルトムントで共闘した恩師ユルゲン・クロップ監督に対し、「リバプールで優勝してほしい」とエールを送った。トルコサッカーの情報サイト「Turkish Football」が報じている。
今季ドルトムントで出場機会を失っていた香川は、冬の移籍市場の最終日となる1月31日、駆け込みでベジクタシュへ期限付き移籍した。現地時間3日に行われたリーグ第20節アンタルヤスポル戦に途中出場すると、3分間で2ゴールを奪う活躍を披露し、衝撃のデビューを飾っている。また、第21節ブルサスポル戦でホーム戦デビューを飾り、2戦連発とはならなかったが、4万人を超えるサポーターから万雷の拍手が送られていた。
香川がスタープレーヤーとして、トルコの人々から盛大な歓迎を受けている理由は、ドルトムントでの華々しいキャリアにある。2014年にドルトムントに復帰して以降、リーグ優勝を経験することはなかったが、10-11シーズンからの2年間はチームの中心選手としてブンデスリーガ連覇の立役者となった。そして、その際に指揮官を務めていたのが、現在リバプールを率いるクロップ監督だ。
香川は10年夏にセレッソ大阪からドルトムントへ移籍。当時、ドルトムントを率いていたクロップ監督は、初の海外挑戦となった香川の能力を見抜き、中心選手に抜擢した。香川はその期待に応え、ドルトムントで飛躍的な活躍を披露し、瞬く間にブンデスリーガ最高峰のトップ下として評価され、世界から注目を集める選手となった。

香川は恩師に感謝「クロップが壮大な影響を与えてくれた」
クロップ監督が率いるリバプールは今季、プレミアリーグで首位に立ち、優勝争いを演じている。「Turkish Football」は、「香川真司がリバプール指揮官ユルゲン・クロップについて率直にコメント、プレミアリーグ制覇の可能性を語る」と見出しを打って報道。記事内では、香川の「今の僕があるのは、クロップ監督のおかげだ。彼が今季リバプールで優勝してくれることを願っている」という激励のコメントを紹介している。
かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属したキャリアを持つ香川にとって、古巣の最大の宿敵であるリバプールの優勝を願うコメントは、ユナイテッドのファンから反感を買う可能性もある。それだけに、このコメントは恩師クロップ監督が香川の中で、いかに大きな存在であるかを物語っているものと言えそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00170014-soccermzw-socc

続きを読む