南野

ゲンダイ「日本代表の新ご三家、中島・堂安・南野の評価が急上昇中!」


森保ジャパンで売り出し中の欧州組・新ご三家の評価が急上昇中だ。
ポルトガル・ポルティモネンセのMF中島翔哉(24)は、スペイン国内で「移籍金が50億円にまで急騰」と報じられたこともあったが、欧州での適正移籍相場は「20億円前後」ともっぱらだ。
「ポルトガルでビッグ3と呼ばれている欧州CL常連のポルト、ベンフィカ、スポルティングが中島を高評価しており、20億円程度の移籍金はポンと払える。スペインのセビージャも興味津々といわれ、あと元代表FW岡崎慎司の放出が噂されている英プレミアのレスターも触手を伸ばしている」(サッカー関係者)
オランダでプレーしている20歳MF堂安律(フローニンゲン)にはセリエAのユベントス、ドイツのドルトムント、英プレミアのマンチェスターUといった名門クラブが関心を寄せ、オランダの強豪アヤックスとPSVが引き抜きを画策中と国内で話題となっている。
「移籍金相場は4億円前後。ロシアW杯後の移籍期間中に元代表MF本田が所属していたロシアのCSKAモスクワから正式オファーが届き、堂安本人は『欧州CLに出られるのなら』と前向きだったが、移籍話は流れてしまった。フローニンゲン自体、アヤックスとPSVとはクラブ職員も含めて人的交流があり、まずは国内トップクラブに移籍して活躍し、それから欧州4大リーグの英プレミア、スペイン、ドイツ、イタリアを目指すでしょう」(前出の関係者)
2015年にオーストリアに渡り、上位クラブのザルツブルクで4シーズン目を戦っているMF南野拓実(23)。毎年コンスタントに活躍し、森保ジャパンでは「点の取れるトップ下」として存在感をアピールしている。
「ここ数年、ザルツブルクの主力選手が“スポンサーが同じで兄弟クラブといわれる”ドイツ1部ライプチヒに10人以上移籍している。しかし南野はドイツ行きのリストに載ったことがない」(マスコミ関係者)
どうやら欧州内では人気薄のようである
2018/11/24 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/242299/1

続きを読む