南野

南野拓実、東京五輪OA候補に急浮上!


日本が誇るイケメンストライカーが東京五輪オーバーエージ(OA)の有力候補に急浮上した。日本代表は10日のカタールW杯アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)で6―0と圧勝して2連勝。MF南野拓実(24=ザルツブルク)が3戦連発となる先制弾を決め、日本をゴールラッシュへと導いた。抜群の決定力は日本の大きな武器となっており、来夏の五輪で金メダルを目指す森保ジャパンでもエースの働きが求められそうだ。
国際サッカー連盟(FIFA)ランキング31位の日本は、同183位の格下モンゴル相手に序盤からゲームを支配しながらも分厚い守りに攻めあぐねた。そんな嫌なムードを払拭したのが、今季絶好調の南野だ。前半22分、MF伊東純也(26=ゲンク)のクロスに豪快ヘッドでゴール左隅に突き刺した。
2日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグで昨季王者の強豪リバプール(イングランド)を相手に1ゴール1アシストと活躍した勢いのまま、待望の先制点をもたらした。その後はゴールラッシュで圧勝し「試合の中で、そこでチャンスになる場面が多かったし、それは狙っていた。うまくゴールにつながってよかった」と充実の表情を浮かべた。
これでW杯予選2戦連発を含め代表3試合連続ゴールで森保体制で最多となる8ゴール目。日本が誇るゴールゲッターとして着実な進化を見せている。そこで注目されるのは、東京五輪でのOA招集だ。五輪世代にはMF久保建英(18=マジョルカ)をはじめ有望株が多いが、国際舞台で決定力を見せられるストライカーはOAによる補強ポイントとなっている。
さらに、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)はOA候補について「セオリーとしては中心(センターライン)だよね。あとはやっぱり五輪に出ている選手がいいかな。リオ(デジャネイロ五輪)とかね」と話したように、コミュニケーションが深められる東京五輪世代に近い年齢で、五輪の舞台を経験している選手を“推奨”している。
そのため、すでにリストアップ済みのFW大迫勇也(29=ブレーメン)やFW鎌田大地(23=Eフランクフルト)に加えて、森保ジャパンでは最多となる18試合に出場し、1トップも務めるリオ五輪世代の南野がOA候補に浮上。世界を舞台に活躍する9番が、悲願の金メダル取りの最終兵器となるか。
10/11(金) 16:32配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000024-tospoweb-socc

続きを読む

「明日の日本戦は保守的な試合をする」byモンゴル代表監督


モンゴル代表のミヒャエル・ワイス監督は8日、日本代表と対戦するカタールW杯アジア2次予選の前日会見に出席した。1勝1敗で迎える3試合目。冒頭では「英語、日本語、どっちがいいですか?」と流暢な日本語で“逆質問”し、報道陣を沸かせる一幕もあった。
かつて2001~04年に京都でコーチを務めていた経験を持つドイツ出身のワイス監督。日本には「21年間福岡に住んでいた日本人と結婚しているので、特別な思いがある」といい、基本的には英語で行った会見の中でも「完敗したくない」と日本語を織り交ぜるサービス精神も見せた。
しかし、そうした特別な思いも公式戦となれば話は別。「それを脇に置いて」と姿勢を示した指揮官は「日本のサッカーはフォローしているし、多くの知人がいる。日本については深い知識がある」と自信を語り、「どれほどモンゴルのサッカーが成長しているかを見せたい」と意気込みを述べた。
日本代表の試合はコパ・アメリカをはじめ、9月のパラグアイ戦とミャンマー戦もスカウティングした様子。「その知識に基づき、攻撃的なリスクをとる試合ではなく、保守的な試合をする。圧倒されないように、自分たちの持つものをしっかり発揮できるような試合をしたい」と守備的な戦術を採用するという。
また当日は元横綱・朝青龍氏が観戦に訪れる予定で「自分たちの存在を横綱が応援してくれて、サポートしてくれるのは素晴らしいし、やる気が出る」と喜びの言葉。「日本の攻撃的なアクションあふれるプレーに照準を合わせており、メンタル面でも日本に対応する準備はできている。準備してきたものを実践することが大事」と不敵な笑みを見せた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-43472603-gekisaka-socc
監督が守備的宣言してるよw
永井浅野で大丈夫か?

続きを読む

南野拓実と香川真司・・・上手いのは?


10/13(土) 17:00配信
南野を持ち上げ過ぎるべきではない。トラップやターンの質はまだ香川のほうが上だ
ピッチの外から試合を観察していた長友佑都が「(攻撃面で)ちょっとチグハグな部分があった」と言うように、パナマ戦の日本はどこか組織美を欠いていた。

スコアこそ3-0だが、内容的にはまだまだというのが正直な感想だ。確かに、2ゴールに絡んだ南野拓実は結果を出した。しかし、衝撃的というほどの活躍ぶりではなかった。
例えば先制点のシーン。「イメージ通りではなかったけど、なんとか前を向いてゴールにつなげられて良かった」と南野自身が認めるとおり、トラップのところで少しミスをしているように見えた。
4-2-3-1に近いシステムでトップ下を担った南野は「前を向いてリズムを作る必要があった」と話していたが、その点に限れば十分ではなかったのではないか。
なにより気になったのは、トラップのクオリティ、そしてCFの大迫勇也にそこまで効果的なスルーパスを入れられなかった点だ。「僕が前を向いて迫君が動き出した時にスルーパスを増やせれば」という南野のコメントからも、改善の余地があることは明確だ。
走った状態でのトラップやターンの質は、現状で南野よりも香川真司のほうが上ではないだろうか。
香川は足もとに入ってくるボールの処理が抜群に上手い。それを動いたままでもかなり正確にボールを収めて、スムーズに味方へとつなぐ香川に比べると、この日の南野は仕掛けや崩しの局面でスムーズさをあまり出せなかった。だから、現時点で南野を持ち上げ過ぎるべきではない。
ポイントのひとつは次のウルグアイ戦(10月16日)。南米の強豪を相手にどんなパフォーマンスを披露できるか。森保ジャパンで確固たる地位を築くには今後、チャンスメイクの部分で香川以上の輝きを示す必要がありそうだ。
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00048613-sdigestw-socc

続きを読む

日本代表ウルグアイ戦のFWに南野という選択肢はアリ?

うーん、原口伊東はもういいかな
大迫もイマイチだったか、ウルグアイ戦でどうなるか
森保ジャパンで現状だとこうだね
ーーーーー〇〇ーーーーー
中島ーーー南野ーーー堂安
ーーー青山ーー三竿ーーー
佐々木ーーーーーーーゴリ
ーーー〇〇ーー冨安ーーー
ーーーーー川又ーーーーー
〇〇ーーー〇〇ーーー〇〇
ーーー柴崎ーー遠藤ーーー
〇〇ーーーーーーーー室屋
ーーー槙野ーー吉田ーーー
ゴリ吉田も大迫みたいに疑問符がつく可能性も否めないが
とりあえずウルグアイ戦で見極めだね
長友はすでに政治力使って自分のための代表構築してるかもしれんなw

続きを読む

「真司くんのプレーをそのままマネするわけじゃない」by日本代表・南野拓実

パナマ戦でトップ下に入り2試合連続弾の南野、ポジションを争う香川について言及

日本代表は16日の国際親善試合でFIFAランキング5位の強豪ウルグアイを埼玉スタジアムで迎え撃つ。ここまで2試合連続ゴールの活躍を見せ、新エース候補に名乗りを上げているMF南野拓実(ザルツブルク)が、ロシア・ワールドカップ(W杯)でトップ下に君臨したMF香川真司(ドルトムント)に言及。ポジションを争うなか、自分のプレーに対する矜持を口にした。
9月のコスタリカ戦(3-0)で、森保一体制の第一号となるゴールを決めた南野は、続く12日のパナマ戦でも1ゴールをマーク。MF伊東純也(柏レイソル)と同様、新体制で2試合連続ゴールと強烈なインパクトを残している。
パナマ戦ではFW大迫勇也(ブレーメン)が最前線に入り、南野は時に2トップのような形を見せながらもトップ下でプレー。MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)からの縦パスを受けると、鋭いターンで中央を突破し、鮮やかに先制ゴールを叩き込んだ。
「満足していない。チームメイトに信頼してもらえるように、結果だけじゃなく、チームを助けるプレーをやっていきたい」
結果に貪欲なアタッカーは2試合連続ゴールもどこ吹く風で、「サバイバルのなかで勝ち残っていきたい気持ちがある」と熾烈な競争に危機感を強めている。トップ下と言えば、ロシアW杯で10番を背負い、コロンビア戦で1ゴールを決める活躍を見せた香川の存在を外せないだろう。香川は9月と10月シリーズで未招集となっているが、森保監督はいずれ招集に踏み切るはず。その際に、ライバルの一人となるのが南野だ。
南野が“前を向くプレー”にこだわる理由とは? 香川との類似性と両者を比べる評価ポイント
「僕は新顔の選手ですし、まずは思いきりプレーしようと。考えすぎると自分の良さが消えてしまう」と強調した南野。ポジション争いにおいて香川は脅威となるが、南野は秘めたプライドを垣間見せている。
「真司くんのプレーをそのままマネするわけじゃない」
それは強がりでもなければ、変にかしこまったわけでもない。南野はあくまで自身のプレーを追求し、ストロングポイントを最大限に発揮することだけに集中しているという。「常にアクションを起こして自分の周りのスペースを活性化させたい」と語っており、なかでも“前を向くプレー”にこだわりを見せる。その理由は明白だ。
「監督も、顔を出して、前を向くプレーをチームのためにできる選手を必要としていると思う。そういうところは自分の長所でもあるので、そのために呼ばれているところもある。自分の特長をしっかり生かしたい」
森保監督が招集している理由を熟考し、「そのために呼ばれている」と自覚している南野は「動きながらボールを受けるのは常に意識している」と明かす。身長174センチと決して大柄ではないため、相手を上回る敏捷性がカギとなる。その点は175センチの香川と似た状況で、狭い局面でいかに脅威を与えるプレーができるか。守備の貢献といった要素もあるとはいえ、当面は両者を比べるうえで、そこが評価ポイントと言えるだろう。
10/15(月) 20:55 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00141514-soccermzw-socc

続きを読む

日本代表・南野拓実、リバプールへ!?


オーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実に、リバプールが関心を示しているという噂が浮上している。イタリアメディア『カルチョメルカート』が5日付で伝えた。
リバプールとザルツブルクは現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグの試合で対戦。
ホームのリバプールが前半に3点のリードを奪ったが、ザルツブルクはそこから3-3の同点に追いついてみせた。
南野は鮮やかなボレーでのスーパーゴールで2点目を記録し、さらに3点目の同点ゴールもアシストするなど、驚異的な追い上げに大きく貢献していた。
最終的には4点目を奪ったリバプールが競り勝つ結果となったが、南野のパフォーマンスは欧州王者に強烈な印象を残したのかもしれない。
『カルチョメルカート』が英国メディアからの情報として伝えたところによれば、南野はレッズにとって「特別なスカウト対象」になっているという。
直接対決で活躍をみせた直後には、SNS上のリバプールファンからも、ユルゲン・クロップ監督に対して南野の獲得を勧める声が盛んに上がっていた。
現時点では噂レベルかもしれないが、少なくともそういった噂を生み出すだけの衝撃を与えたとは言えそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191006-00341451-footballc-socc

続きを読む