南野

南野拓実、2018年のELでブレイクした若手11人に選出「前線で多様な役割をこなし、目を引いた」


◆南野拓実、2018年のELでブレイクした若手11人に選出! 「前線で多様な役割をこなし、目を引いた」
1月5日開幕のアジアカップに挑む日本代表のメンバーに選出された南野拓実が、2018年のヨーロッパリーグ(EL)で「ブレイクした若手11人」に選出された。
UEFAのヨーロッパリーグ公式サイトは、EL出場チームから「24歳以下で、かつ2018年にELデビューもしくはこれまで限られた出場機会だったが今年になって活躍が目立った選手」から11人をピックアップ。南野は3-4-3の左FWで選ばれた。
オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクは、今季ヨーロッパリーグのグループBを首位通過し、決勝トーナメント進出を決めている。南野はグループステージの全6試合に出場。11月7日(現地時間)のローゼンボリ戦では6分、19分、45分とゴールを重ね、ELでは日本人初となるハットトリックを達成した。
UEFA公式は南野について「11月のローゼンボリ戦でハットトリックを達成。しかしゴール以外にも前線で縦横無尽に動いて多様な役割をこなし、プレーに関与するたび、つねに目を引いた」と評している。
このほか、3トップの中央には、長谷部誠所属のフランクフルトから20歳のルカ・ヨビッチ(セルビア代表)、右FWにはレンヌ所属の20歳、イスマイラ・サール(セネガル代表)が選出され、乾貴士が所属するベティスからも、MFジオバニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン代表)、DFジュニオル・フィルポ(スペインU-21代表)の2名が選ばれた。
若手の有望株たちと肩を並べ、ELでブレイクした11人に名を連ねた南野。年明けに控えるアジアカップでの活躍にも期待がかかる。
また、ELの決勝トーナメントは、第1戦が来年2月14日、第2戦が2月22日に行なわれ、ザルツブルクはベルギーの名門、クラブ・ブルージュと対戦する。

ちなみに、UEFAヨーロッパリーグ公式が選出した「2018年ブレイクスルーした11人」はこちら。掲載順は公式発表に準ずる。
GK
ドミニク・リバコビッチ(クロアチア代表/ディナモ・ザグレブ)
DF
パペ・アブー・シセ(セネガル代表/オリンピアコス)
ジョセフ・アイド(ガーナ/ヘンク)
ジュニオル・フィルポ(スペインU-21代表/ベティス)
MF
ミヤト・ガチノビッチ(セルビア代表/フランクフルト)
ジオバニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン代表/ベティス)
カイ・ハベルツ(ドイツ代表/レバークーゼン)
パブロ・フォルナルス(スペイン代表/ビジャレアル)
FW
イスマイラ・サール(セネガル代表/レンヌ)
ルカ・ヨビッチ(セルビア代表/フランクフルト)
南野拓実(日本代表/レッドブル・ザルツブルク)
SOCCER DIGEST Web – Yahoo!ニュース 2018/12/25(火) 16:50
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00051856-sdigestw-socc

続きを読む

【動画】ザルツブルク南野拓実&奥川雅也、2人そろって2試合連続ゴールを決めてしまう!


ザルツブルクに所属するMF南野拓実とMF奥川雅也が、4日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第2節のマッテルスブルク戦で共にゴールを記録した。
2試合連続で先発出場を果たした南野は8分、ショートコーナーから左サイドでボールを受けると、ペナルティエリア手前で一人かわして右足を振り抜く。これがゴール左下に突き刺さり、先制点をマーク。前節のラピード・ウィーン戦に続く2試合連続弾となった。
さらに直後の11分には同じく先発出場をした奥川が、パトリック・ファルカスのクロスに頭で合わせて追加点を挙げた。奥川も前節に続き2試合連続ゴールとなった。
南野と奥川の活躍もあり、試合はザルツブルクが4-1で勝利を収め、開幕2連勝を飾った。
【スコア】
ザルツブルク 4-1 マッテルスブルク
【得点者】
8分 1-0 南野拓実(ザルツブルク)
11分 2-0 奥川雅也(ザルツブルク)
37分 3-0 アーリング・ハーランド(ザルツブルク)
50分 4-0 パトソン・ダカ(ザルツブルク)
54分 4-1 マルティン・プシッチ(マッテルスブルク)
8/5(月) 7:42サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00964499-soccerk-socc

続きを読む

【動画】ザルツブルク開幕戦!南野拓実と奥川雅也が共にゴール!


現地時間26日、オーストリア・ブンデスリーガ開幕戦が行われ、南野拓実と奥川雅也の所属するRBザルツブルクがラピッド・ウィーンと対戦した。
この試合に左サイドで先発出場した南野は35分、アーリング・ハートランドのスルーパスに反応すると、飛び出してきた相手GKの上を通す巧みなシュートでネットを揺らして先制点をマーク。これがザルツブルクの今シーズン初ゴールとなった。
ザルツブルクの1点リードで試合は終盤を迎えると、今夏にザルツブルクに復帰した奥川が、先制点をアシストしたハートランドに代わりピッチに。すると、交代出場からわずか2分後の82分に貴重な追加点をマークして、点差を2点に広げる。
試合はこのまま2-0で終了し、ザルツブルクはリーグ戦7連覇に向けて開幕戦で白星を飾っている。
7/27(土) 7:01配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00010002-goal-socc

続きを読む