吉田

カタール戦に完敗の日本代表どこよりも早い採点!最低点は吉田麻也「4」・・・


前半だけで2失点
【日本 1-3 カタール AFCアジアカップ2019・決勝】】
権田修一 5
まさか打ってくるとは思わなかったか、芸術弾を決められた
長友佑都 5
攻守に気力を振り絞り、後半は対峙する相手を上回った
吉田麻也 4
マークしていたアリにオーバーヘッドを許し、失点後も若干バタついた。ハンドでPKを与えるなど散々だった
冨安健洋 5
プレー水準は低くないが、これまでのような圧倒的な存在感はなかった
酒井宏樹 5
攻撃時に右サイドで堂安と2対1になるも生かせず
塩谷司 4.5
相手の動きにかき回され、ピッチを浮遊するのみ。強さを出せず
柴崎岳 4.5
不用意にボールを失い、守備時には相手を捕まえきれなかった。後半は縦パスが入るようになった
原口元気 5
中央で絡もうとするシーンもあったが、味方と呼吸が合わず
南野拓実 5.5
ゴールをこじ開けようと奮闘。後半に実を結び今大会初ゴール
堂安律 5
時折ドリブル突破を図ったが、抜ける気配はなかった
大迫勇也 5
警戒されてボールを収められず。攻撃も加速させられなかった
武藤嘉紀 5
途中出場。スムーズに入り身体を張った
伊東純也 ? 出場時間短く採点不可
乾貴士 ? 出場時間短く採点不可
森保一監督 4.5
相手の嫌がることができず、自由を与え過ぎてしまった
フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00307777-footballc-socc

続きを読む

「もしかしたらハンドかもという感じはあった・・・AFCも審判もVARの前例を作るために使いたがるのは分かっていた」by吉田麻也


試合前から吉田はVARに関する様々な想定をしていたという
[アジアカップ・準々決勝]日本 1-0 ベトナム/1月23日/アルマクトゥーム・スタジアム
1月24日、アジアカップの準々決勝で日本はベトナムと対戦。立ち上がりから相手のタイトな守りに苦しめられるも、時間の経過とともに前にボールを運べるようになった。
そして、迎えた57分に原口元気の縦パスを受けた堂安律がペナルティエリア内に侵入。ドリブルで局面の打開を図ると、相手DFに足を掛けられて倒される。
これはノーファウルの判定となるが、主審がこの準々決勝から導入されたビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)を要求。これで判定が覆ると、PKを堂安が自ら沈めた。
このまま最後までリードを守り切り、2大会ぶりにベスト4へ進出した日本。VARに救われる形となったが、前半は逆にVARでゴールが取り消されていた。

24分の出来事だ。柴崎岳の左CKから吉田麻也がヘディングシュートでゴールをこじ開ける。一度は得点を認められたが、VARによって先制点は幻に。
吉田は2017年11月に行なわれたブラジルとの親善試合でネイマールを倒し、VARによってPKを献上している。2度もVARに泣かされた吉田だが、試合後のフラッシュインタビューでは冷静にその場面を振り返った。
「この準々決勝から導入されるということで、AFC側も審判側もVARの前例を作るために使いたがるのは分かっていた。なので、もしかしたらハンドかもという感じはあったので仕方なかった」
準々決勝から採用された新たな施策に対して、様々なシチュエーションを想定していた吉田。そのため、気持ちの切り替えはスムーズにできたようだ。実際に判定が変更されると、真っ先に自陣に戻って落ち込む様子も見せずに守備へと付いていた。
その後もインタビュアーに質問に対し、冷静な言葉で受け答えをしていた吉田は、すでに気持ちも準決勝に向けている。「試合のテンポを速めて、質を上げて、アタッキングサードのところの質を高めていかないと勝てない。なので、まずはしっかりと休んでいい準備をしたい」
どこまでも冷静な日本の主将はセミファイナルにも、様々な想定をして万全の状態で臨む。
1/25(金) 0:45配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00053321-sdigestw-socc

続きを読む

サウサンプトンは吉田麻也を過小評価しすぎ?チェルシー戦MVPに!インターセプトとクリア数は最多記録


サウサンプトンは2日、プレミアリーグ第21節でチェルシーと0-0で引き分けた。この試合にフル出場したDF吉田麻也は、ディフェンス面で見事なスタッツを残している。
敵地スタンフォード・ブリッジに乗り込んだサウサンプトン。これまで4試合連続で失点していたチームだったが、チェルシーの攻撃を防ぎ続け、スコアレスドローで試合を終えた。4位相手に、敵地で勝ち点1ポイントを持ち帰っている。
この試合で3バックの真ん中でフル出場果たした吉田は、87分にはボックス内に侵入したカンテを吉田がタックルで防ぎ、さらに後半アディショナルタイムにもボックス内でアザールのドリブルを止めるなど存在感を放った。
『Opta』データによると、クリア「11回」、インターセプト「8回」は両チーム最多に。ブロック「2回」も両チーム最多タイと、ディフェンス面で見事なスタッツを記録。上位相手の無失点に大きく貢献している。
そんな吉田は、英『スカイスポーツ』では最多タイの「8」と採点され、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。
1/3(木) 7:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000023-goal-socc

続きを読む