堂安

トルクメニスタン戦の日本代表を金田喜稔が採点!


◆格下のトルクメニスタン相手に3-2と辛勝 2ゴールの大迫に最高評価
1970年代から80年代にかけて「天才ドリブラー」としてその名を轟かせ、日本代表としても活躍した金田喜稔氏が、トルクメニスタン戦に出場した全17選手を5段階で評価(5つ星が最高、1つ星が最低)。
金田氏は日本を勝利に導く2ゴールを奪った大迫に最高評価を与えるとともに、左サイドのコンビが見せた修正力も称賛した。
<FW>
■大迫勇也(ブレーメン)=★★★★★
大会初戦の前半に相手に先制点を奪われるという難しい状況のなか、自らの2ゴールで流れを一変させた。文句なしのこの試合のMVPであり、一番点を取ってほしい選手が、今大会に最高の形で入っていけたのは、チームとしてとても大きい。
ポストプレーではもっと収めてほしいシーンはあったものの、FWとしては守備的な相手に囲まれスペースを見出しに難い試合。そのなかでも得点にしっかりと絡んだポジショニング、決定機での冷静さを見ると、
やはりチームで最も代えがきかない選手だと再認識させられた。
■柴崎 岳(ヘタフェ)=★★★
経験の浅い冨安とコンビを組んだなか、パスやポジショニングなど特に前半は不安定だった。後半はビルドアップでサイドチェンジを多用するなど、相手の足を止めるパスワークはさすがだったが、
今季所属クラブで思うようにプレーできないことで、コンディションを取り戻せていないと感じるシーンもあった。個人的に一番がっかりしたのは、後半42分頃にハーフウェーライン付近で柴崎が完璧に自分の足下にボールが収めてルックアップし、
右サイドを走る堂安の姿を見て相手の背後へと狙いすましてパスを送った場面。柴崎なら、あれは目をつぶっても堂安にパスを通せた場面だが、この時はキックがインフロントにかかってしまい、相手GKへと流れてしまった。
前半には堂安のヘディングを導く好パスを出していたが、全体的には本調子とは言い難いパフォーマンスだった。
<DF>
■酒井宏樹(マルセイユ)=★★★
いつもに比べると、パスミスなどが多かった。前半にイエローカードを受けたこともプレーの積極性に影響したのかもしれないが、全体的なフィジカルコンディションが落ちていた印象で、いつもの酒井らしさを発揮できていなかった。
引き続き堂安と右サイドで縦関係を組んでいるが、もう少し2人で崩す形を作りたかった。
■吉田麻也(サウサンプトン)=★★★
そんなに悪い出来ではなかったが、格下相手の2失点というのはディフェンスリーダーとして不満の残る内容だ。槙野とのベテランコンビでセンターを組みながら、簡単に1本のパスで背後を取られるシーンもあり、
前述したボランチのポジショニングについても、実際に指示は送っていたのだろうが、1試合を通じてバランスの悪さを修正できなかったのは、後方に構える彼らにも責任はある。クラブからの合流が遅かった点も踏まえて、
第2戦以降でパフォーマンスを上げてくることに期待したい。
■槙野智章(浦和レッズ)=★★★
的確なカバーリングで相手の突破を防ぐシーンが見られた一方、1対1の局面では振り切られる場面もあった。吉田とのコンビは経験豊富なだけに、中央の守備は大崩れすることなく安定。
もっとも格下相手に2失点を喫した日本の守備組織を、吉田とともに試合中のコーチングなどでもう少し修正したかった。
<GK>
■権田修一(サガン鳥栖)=★★
1失点目のミドルシュートは、堂安がボールを失って中盤でつながれて、打ってくるような位置ではないところから決められた。相手のシュートは確かに素晴らしいものだったが、初戦という難しい一戦で何が起こるか分からないなか、
あまりにも警戒感がなく、打ってくるかもしれないという構え方ができていなかったと思う。経験のあるGKだけに、そこは慎重に入ってほしかった。今大会のボールがJリーグでの使用球と異なり、伸び方や曲がり方が異なった点も影響したのだろうが、
前半にはCKを1本被って決定機を与えていた。好セーブでピンチを凌いだシーンもあったが、PK献上による2失点目も含めて守備に安定感を生み出せなかった。
1/11(金) 11:42配信 フットボールzone 全文はこちら 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00161059-soccermzw-socc

続きを読む

「アジアだから1-0に満足できないは違う」by堂安律


日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦で1-0と勝利し、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた。数多くのチャンスを作り出しながらも追加点は奪えずに終わったが、20歳MF堂安律(フローニンゲン)は「アジアだから1-0に満足できないは違う」と主張している。
初戦のトルクメニスタン戦は先制されるも、FW大迫勇也(ブレーメン)の2ゴールで逆転すると、堂安が左足で技ありの一撃を叩き込んで追加点を奪った。終盤にPKで1点返されるも3-2で逃げ切り白星スタートを切った。続くオマーン戦では、序盤から好機を創出したなか、前半28分にMF原口元気(ハノーファー)のPKで先制。決定力を欠いて追加点は奪えなかったが、そのまま1-0で勝利を収めている。堂安はオマーン戦の後半39分にMF伊東純也(柏レイソル)と交代してピッチを去った。
「前半に数多くチャンスを作れたので、そこで決めていればもっと楽なゲームになった。(南野)拓実くんと僕のところで、後ろに付かれていても(パスを)出すと話しているし、厳しいところでも(ボールを)つけるという意見を出していたなかで、元気くんのPKは素晴らしい攻撃から生まれたと思う」
PK奪取から時間を少し巻き戻すと、原口の横パスを相手ペナルティーエリア手前で受けた堂安が左足ダイレクトで前方に送る。相手最終ラインの隙間に入り込んでいた南野が、トラップと同時に前を向いてシュートを放った。これは相手GKに防がれるも、そのこぼれ球に飛び込んだ原口がPKを奪取している。
1-0のスコアも無失点勝利を評価 「しっかりゼロで抑え、厳しい戦いを勝ち切れた」
日本のシュート11本、決定機8回を考えれば、1-0のスコアに物足りなさを感じても不思議ではない。しかし、堂安は「結果を見てネガティブになる必要はない」と言い切っている。
「アジア相手だから1-0で満足できないという言い方は違うと思う。しっかりゼロで抑えたことと、1-0で厳しい戦いを勝ち切れたことは評価していいこと」
もっとも攻撃の課題は堂安も感じており、「前線4枚はきつかったと思うし、僕たちの動きが少なかった」と振り返っている。17日の第3戦ウズベキスタン戦に向けて「もっとアグレッシブにいって良かったと思うし、ワクワクするようなゲームも見せられるはず。次の試合も期待してほしい」と改善を誓った。
大迫が右でん部痛でオマーン戦の出場を回避しており、決勝トーナメントを見据えて第3戦もベンチが予想されるなか、2試合6得点1失点のウズベキスタンからゴールを奪い、2試合連続完封勝利を飾れるか。
1/15(火) 20:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00162282-soccermzw-socc

続きを読む

「ステップアップのとき!正しい決断が必要になる!できれば、日本代表での同僚がいるクラブへ・・・」by堂安律


フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律は、オランダ『VI』のインタビューに応じてステップアップについて語ってる。
堂安は2017年6月にガンバ大阪からフローニンゲンへと加入。これまで移籍市場が開くたびにステップアップが注目されてきた人気銘柄であるが、いまだ実現はしていない。それでも、堂安は「ステップアップのとき」と語り、すでに準備はできていることを明かす。
「新しい挑戦、新しい競争への準備はできています。新しいステップに行きたいです。いつかチャンピオンズリーグでプレーするのが夢ですけど、もっと賢くならなければいけません。オリンピックもありますし、そこでプレーしなければなりません。だからこそ、正しい決断が必要になります。できれば、代表での同僚がいるクラブがいいですね」
同メディアの中で挙げられた新天地候補は、吉田麻也の所属するサウサンプトン。堂安はそれについて「プレミアリーグは素晴らしいリーグです」とし、前向きな姿勢を示した。
一方で、フローニンゲンのテクニカル・ディレクターを務めるマルク・ヤン・フレッデルス氏は「我々は彼をとどめたいと思っている。選択肢は多くあるが、ビッグクラブが興味を示してくることも想定している。ただ、売る必要はないし、我々は必ずしもお金は必要としていない」と売却に否定的な様子を見せている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010005-goal-socc

続きを読む

ベトナムメディアが堂安について異例の呼びかけ!「堂安の両親は日本人でベトナムにルーツはない」

2019年1月24日 17時22分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15920365/

ベトナムメディアが堂安について異例の呼びかけ?
日本代表は24日、アジアカップ準々決勝でベトナム代表と対戦する。ベトナム『ボンダー』はこの一戦を前に「堂安律はベトナム人ではない」と異例の呼びかけを行った。
堂安の名前をアルファベット表記にすると「DOAN」。同メディアによると「DOAN」は日本では珍しい名字となる一方、ベトナムではポピュラーな名前となっており、ベトナムの多くのサッカーファンが「堂安はベトナムにルーツを持つ選手ではないか」と考えているという。
そのため同メディアは「MF堂安律は1998年6月16日に兵庫市尼崎市で生まれた」とし、「両親は日本人でベトナムにルーツはない」と注意を喚起している。
堂安は2016年に行われたAFC U-19選手権でベトナムと対戦した当時も、今回と同様に現地で話題となっていた。ベトナムには同じく「DOAN」とアルファベット表記されるDFドアン・バン・ハウがいたが、堂安は同試合を欠場。今回のアジアカップでもメンバー入りしているドアンは左サイドを主戦場としており、堂安が右サイドハーフで先発出場した場合、“DOAN対決”が実現する可能性がある。

続きを読む

日本代表ベトナム戦採点!最高点は柴崎・遠藤・冨安の「6.5」!


1/25(金) 0:15配信
【採点&寸評】ベトナムに大苦戦も堂安VAR弾で1―0辛勝、準決勝進出
◆アジア杯▽準々決勝 日本1―0ベトナム(24日、アルマクトゥンスタジアム)
FIFAランク50位の日本代表は24日、同100位のベトナム代表を1―0で下し、準決勝進出を決めた。DF吉田麻也のゴールがVARで取り消されるなど苦戦を強いられたが、MF堂安律がVARで得たPKを沈めて決勝点を挙げた。
採点と寸評は以下の通り。
GK権田修一【5・0】
自作自演で決定機を止める。安定せず
DF酒井宏樹【6・0】
対人守備で奮闘。冷静に熱くプレー

DF冨安健洋【6・5】
落ち着き払って90分。本当に20歳か
DF吉田麻也【5・5】
守備では安定もパスに大きな乱れ
DF長友佑都【5・5】
自重気味だった。もっと積極性欲しい
MF遠藤航【6・5】
常に周囲確認。リスク管理の鬼と化す
MF柴崎岳【6・5】
長短織り交ぜたピンポイントパス
MF堂安律【6・0】
アジア杯史上初のVAR弾決める
MF原口元気【6・0】
伸び伸びかつ確実なプレーで存在感
MF南野拓実【5・0】
推進力も思い切りも決定力もない
FW北川航也【5・5】
前半動揺も後半修正。決定機は枠外
FW大迫勇也【6・0】
やっと前線に起点ができる。次も頼む
MF乾貴士【―】左MFで途中出場。持ち味発揮
MF塩谷司【―】守備固めで途中出場。欠かせない戦力
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000019-sph-socc

続きを読む

堂安律がマンCに移籍する可能性ってまだある?


▽マンチェスター・シティがフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に本腰を入れているという。イギリス『TEAMtalk』が報じた。
▽昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。
日本代表の常連となりつつある中、フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』が新設した“若手版バロンドール”のコパ・トロフィー最終候補10名にも選ばれ、その存在により一層の注目が集まっている。
▽以前から関心が取り沙汰されるシティはその堂安の獲得に動く意向。チェルシーやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも目を光らせているとされるが、
かつてフローニンへンでプレーした元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の逸材として評される堂安の獲得に自信を深めている模様だ。
2018.12.10 13:15 Mon
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337810

続きを読む

カタール戦に完敗の日本代表どこよりも早い採点!最低点は吉田麻也「4」・・・


前半だけで2失点
【日本 1-3 カタール AFCアジアカップ2019・決勝】】
権田修一 5
まさか打ってくるとは思わなかったか、芸術弾を決められた
長友佑都 5
攻守に気力を振り絞り、後半は対峙する相手を上回った
吉田麻也 4
マークしていたアリにオーバーヘッドを許し、失点後も若干バタついた。ハンドでPKを与えるなど散々だった
冨安健洋 5
プレー水準は低くないが、これまでのような圧倒的な存在感はなかった
酒井宏樹 5
攻撃時に右サイドで堂安と2対1になるも生かせず
塩谷司 4.5
相手の動きにかき回され、ピッチを浮遊するのみ。強さを出せず
柴崎岳 4.5
不用意にボールを失い、守備時には相手を捕まえきれなかった。後半は縦パスが入るようになった
原口元気 5
中央で絡もうとするシーンもあったが、味方と呼吸が合わず
南野拓実 5.5
ゴールをこじ開けようと奮闘。後半に実を結び今大会初ゴール
堂安律 5
時折ドリブル突破を図ったが、抜ける気配はなかった
大迫勇也 5
警戒されてボールを収められず。攻撃も加速させられなかった
武藤嘉紀 5
途中出場。スムーズに入り身体を張った
伊東純也 ? 出場時間短く採点不可
乾貴士 ? 出場時間短く採点不可
森保一監督 4.5
相手の嫌がることができず、自由を与え過ぎてしまった
フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00307777-footballc-socc

続きを読む

やっぱり報知の日本代表採点はセンセある!?「大迫・・・半端なタッチで絶妙アシストも自身は不発」


報知採点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000029-sph-socc
GK権田修一【5・0】「まさか打つとは」では守護神とは言えない
DF酒井宏樹【5・0】後半は押せ押せも得点には絡めず
DF冨安健洋【5・5】前半は後手後手の対応。後半は攻撃で持ち味
DF吉田麻也【4・5】形はどうであれ5バック相手に3失点はダメ
DF長友佑都【4・0】前半の左サイドは常にさびついていた
MF塩谷司【5・0】南野弾起点も守備では飛び出しを捕まえられず
MF柴崎岳【4・0】セットープレーに得点のにおい皆無
MF堂安律【5・5】積極的に攻撃に絡もうとするも空回り感否めず
MF原口元気【4・0】何もできない62分間をただただ過ごす
MF南野拓実【5・5】意地の追撃弾を決めるも2点目は取れず
FW大迫勇也【5・5】半端なタッチで絶妙アシストも自身は不発
森保一監督【5・0】0―2をひっくり返す采配力は現状、ない
FW武藤嘉紀【5・5】効果的斜めランで活力もファール多すぎる
FW伊東純也【―】切り札で投入も…出場時間短く採点なし
MF乾貴士【―】持ち味出すには時間が足りず。出場時間短く採点なし

続きを読む