堂安

「堂安律は香川ver2.0!」堂安律の争奪戦にドルトムントも参戦!?


10/31(水) 18:30配信 SOCCER DIGEST Web
「香川ver2.0だ」と高い期待を寄せられている
9月のコスタリカ戦で日本代表にデビューし、10月のウルグアイ戦でさっそく代表初ゴールを挙げた堂安律に、マンチェスター・シティやアトレティコ・マドリー、さらにはユベントスといった名門クラブが関心を寄せているという。
そしてもうひとつ、ここに新たに加わろうとしているクラブがある。ドイツのスポーツ専門サイト『SPORT.DE』によれば、現在ブンデスリーガで首位を走るドルトムントが、香川真司に次ぐ存在として、堂安に着目しているようなのだ。
「ドルトムントのスカウトは、堂安のプレーをチェックするために日本代表の試合を観戦していた」と報じている。
「ロシア・ワールドカップで活躍した日本代表の香川真司は、ドルトムントでスーパースターに成長した。そのドルトムントが香川に次ぐ存在として狙っているのが、日本の新しい“宝石”、堂安律だ。
オランダのエールディビジ、フローニンヘンでプレーするウインガーは昨シーズン、29試合に出場して9ゴール・4アシストという記録を残し、国内外の多くのクラブの関心を呼び起こした。
彼は日本で最も優れたレフティーのひとりで、右サイドに陣取り、スピードとパワフルなドリブルが印象的だ。172cmのアタッカーはまだ20歳。選手としてさらなる成長が見込まれている。その成長の場所として、ドルトムントの首脳陣は自分たちこそ最適だと考えているようだ」
また、海外クラブの動向についても、改めて触れている。
「ドルトムントだけでなく、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティも堂安に目を向けている。ジョゼップ・グアルディオラ監督は彼を“非常にエキサイティングな選手”と評したことがある。フローニンヘンが今夏、ガンバ大阪から保有権を買取る際には共同保有を申し出たが、これは拒否されていた。
フローニンヘンと堂安は2021年まで契約を結んでいるが、ドルトムント、シティに加えてユベントス、アトレティコ・マドリーとの争いになった場合、ドイツのチームに勝ち目はあるだろうか」
堂安には、オランダ国内でもPSV行きの噂が浮上しているが、フローニンヘンは現在、エールディビジで1勝1分8敗と低迷。10節終了時点で最下位に沈んでいる。もっとも前節では、強豪PSVを相手に1点差に迫るなど、少しずつ復調の兆しは見えつつあるが…。
そんなフローニンヘンは次節、11月2日にエクセルシオールとアウェーで対戦する。堂安は今シーズン、トップ下やワントップなども経験しているが、PSV戦では本職の右MFで躍動した。再びキレのいい堂安の姿が見られるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00049637-sdigestw-socc

続きを読む

【日本代表】伊東純也、堂安律、久保建英のレギュラー争い


“欧州組”として凱旋した伊東純也…挑むのは堂安律、久保建英とのレギュラー争い
「ベルギーでのタイトル獲得? 半分と言うか途中からの優勝なので、ちょっと喜びは薄かったですけど、次のシーズンが大事かなと。来シーズンはチャンピオンズリーグもありますし、色々なことを経験できるので、大事にやりたいと思います」
キリンチャレンジカップ2連戦に向けて始動した日本代表。“欧州組”になって初めて代表合宿に参加した伊東純也(KRCヘンク)は、半年前とは少し違う雰囲気を醸し出していた。
今年1月に開催されたアジアカップでは、柏レイソルの先輩・酒井宏樹(マルセイユ)の傍らで遠慮がちに行動していた。ところが、今回の合宿では周囲と笑顔で会話する場面が見受けられ、硬さが取れたように映った。それも“欧州組”の仲間入りを果たした効果かもしれない。
異国で実績を積み上げたことは、もちろん大きい。伊東は2月にベルギーへと赴き、2月21日のヨーロッパリーグ・決勝トーナメント1回戦、スラビア・プラハ戦で新天地デビューを飾った。そこからコンスタント出場機会を得て、3月にはリーグ初得点を決めた。ヘンクはプレーオフ1に進出すると、重要局面でもゴールを記録した。伊東の活躍もチーム躍進の原動力となり、2010-11シーズン以来8シーズンぶりのリーグタイトルを手にした。
矢のようなスピードで駆け上がり、ゴールに突き進むという特長は新天地でも十分通用し、フィリップ・クレメント監督からの信頼を勝ち取るまでに時間はかからなかった。もともと口数が少なく、外国人相手の意思疎通で苦労するのではないかと見られたが、「まずは環境に慣れることと、監督に試合に出してもらえるように練習からしっかりやることしか考えてなかった。あんまりいろんなことを考える暇もなかったです」と無心になれたのが奏功したのだろう。
欧州における「冬の移籍」はシーズン途中からチームに加入することを意味する。そこから競争を勝ち抜き、出場機会を得ることは容易ではない。「もともと僕は好きなことへの集中力がすごくて、サッカーもそうですけど、ポケモンとかゲームも極めてました」と少年時代を述懐したことがあったが、高度な集中力がここ一番で発揮されたからこそ、伊東は難局を乗り切れたのだ。
一回り成長して戻ってきた日本代表では、より大きな存在感を発揮したいところだ。森保一監督はここまで右サイドのファーストチョイスとして堂安律(フローニンゲン)を起用してきた。が、その堂安も今季はリーグ戦5得点と前年(9得点)を下回る結果に終わっている。
「去年より体の調子はよかったけど、点がついてこなかった。そのへんはメンタルから来るものなのか分からない。アジアカップで空回りして感情のコントロールが難しかった」(堂安)
20歳のレフティーが壁にぶつかっている。となれば当然、伊東にとっては絶好のチャンス到来ということになる。ただ、今回はもう1人、規格外のアタッカーが名を連ねた。代表初招集となった久保建英(FC東京)だ。
「彼のプレーはあんまり印象はないです。ハイライトとかは見ますけど」と伊東は淡々としていたが、将来の代表を担う逸材との競争は避けられない。定位置獲得は熾烈を極めるが、タテに抜けるスピードは誰にも負けない。そこは自信を持てる最大の武器だ。その推進力に加えて、今は一工夫加えたプレーも出そうとしている。
「仕掛ける部分はベルギーでも通用すると思いました。向こうの監督に求められていたのは、中で受けてのターンとか。そこもうまくできたかなという印象はあります。サイドハーフで張っているじゃなくて、中で受けたりするプレーは森保さんにも求められている。ヘンクで色々経験して自分も幅が広がっていると思いますし、もっとチャレンジしたいです」
森保ジャパン発足では初戦当初のコスタリカ戦、続くパナマ戦で連続ゴールを挙げた。しかし、その後は7試合無得点に終わっている。それだけに、“ゴール”という形で強烈アピールを見せる必要がある。
森保監督「このキリンチャレンジカップは9月から始まる2022年カタール・ワールドカップ アジア予選に向けての強化」と話している。2018年のロシアW杯出場を逃した伊東にとっては、29歳になる3年後は勝負をかけるべき大舞台だ。欲を前面に出さず、飄々とした姿勢が彼の良さでもあるが、ライバル心を前面に押し出してもいい頃だろう。勇敢で貪欲な伊東純也を見ることができるのか。まずは5日のトリニダード・トバゴ戦での一挙手一投足が楽しみだ。
文=元川悦子
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00944024-soccerk-socc

続きを読む

日本代表・堂安律、かつて中村俊輔がいたセルティックへ!?


敏腕スカウトの復帰が有力視され、獲得ターゲットにフローニンゲン堂安の名前が浮上

セルティックと言えば、かつてMF中村俊輔(現ジュビロ磐田)やMF水野晃樹といった日本人選手が所属したチーム。
現在は中村と当時チームメートだったニール・レノンが監督を務めているが、現地紙はその右腕である敏腕スカウトがオランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律をターゲットにし得る、と報じている。
セルティックはブレンダン・ロジャース前監督のレスター指揮官就任に伴い、レノン監督が指揮を執っている。この体制変更によってスカウティングにも変更が出るとスコットランド紙「デイリー・レコード」は分析。
レノン監督が2010年から14年にかけて指揮を執った際にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(現リバプール)、ナイジェリア代表MFビクター・ワニアマ(現トットナム)らを発掘したジョン・パーク氏のスカウト復帰が有力と報じている。
それだけに新たな才能発掘に期待がかかるとし、その「エキサイティングな才能」の1人として堂安が紹介された。
「日本人ウインガーには今冬、マンチェスター・シティとニューカッスルが接触した。
現状700万ポンド(約10億5000万円)の評価額だが、同国出身の香川真司(ベジクタシュ)とセルティックで愛される中村と似たタイプで、日本のスター候補だ」
堂安について同紙は「彼の評価は高まり続けていて、次の移籍でさらなる移籍金を生み出す可能性がある」と、チーム強化だけでなく資金を生み出す将来的な戦略にまで言及している。フローニンゲン後のステップに注目が集まる堂安。各国から引く手数多な状況となった場合、どんな将来を選択するのか。
3/17(日) 19:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00176956-soccermzw-socc

続きを読む

CLでレアルを破ったアヤックス!夏の大補強のターゲットはやはり堂安!?


オランダの事情通コメンテーターが断言!
かねてから複数のクラブがオファーしているとの噂が絶えない20歳。ステップアップ移籍は実現するだろうか。
3月22日のコロンビア戦、26日のボリビア戦に臨む森保ジャパンに選出された堂安律。先日オランダから帰国し、国内合宿に参加している。
インターナショナル・ウィークということで各国リーグ戦が休止しているなか、オランダではチャンピオンズ・リーグでレアル・マドリーを破ってベスト8入りを果たしたアヤックスの新戦力リサーチが話題になっているようだ。
「アヤックスは、3人のAZ所属選手を含む若手たちにターゲットを絞っている」と明かしたのは、スポーツ専門チャンネル「FOX SPORTS」オランダ版の取材に応じた元エールディビジ・プレーヤーのハンス・クラーイ・ジュニアだ。
かつてデフラースハプなどでプレーした後、2部クラブの監督を歴任し、現在はフットボール界の事情通としてコメンテーターとしても活躍している彼は、以下のように語っている。
「アヤックスは今夏、GKアンドレ・オナナ、DFマタイス・デリフト、MFフレンキー・デヨング(バルセロナ内定)、MFハキム・ジイェフ、DFニコラス・タグリアフィコら、主力が去ると仮定して、非常にアクティブに新戦力を探している。彼らの売却により、クラブは2億ユーロ以上の収入が見込めるので、 補強には凄まじい大金を使うだろう」
そして、実際に新戦力獲得の動きは、水面下で活発になっているという。
「もちろん、ドゥシャン・タディッチのような国際経験豊かなプレーヤーの獲得を目指す可能性もあるが、スカウトたちが注目しているのは若い選手だ。毎回、AZのMFトゥーン・コープマイネルス、MFフース・ティル、FWカルフィン・ステンフスをチェックしている。
そして毎週誰かが、フローニンヘンの堂安を観に行く。練習にも足を運んでいるようだ。クラブが望む選手たちへのチェックはこまめに行なっているので、ターゲットは絞り込まれている段階だ

アヤックスが堂安の獲得を目指しているという噂は、昨夏にオランダ・メディアで取り上げられて以降、継続して囁かれ続けている。今シーズン終了後の主力放出が具体化するにつれ、堂安獲得への姿勢は本格化しているといえそうだ。
背番号21を背負う堂安は日本代表での親善試合の後、再びオランダに戻る。リーグ再開は3月31日のAZ戦とのアウェーマッチということで、アヤックスのスカウトも注目する一戦となりそうだ。
3/20(水) 18:02 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00055875-sdigestw-socc

続きを読む

今季5季ぶりにリーグ優勝を果たしたアヤックスに堂安の加入はありえる?


[5.15 エールディビジ第33節延期分 デ・フラーフスハップ1-4アヤックス]
オランダ・エールディビジは15日、最終節後に延期されていた第33節を消化し、アヤックスが5シーズンぶり34回目の優勝を決めた。KNBVカップ(オランダ国内杯)に続いて2冠を達成。年間ゴール数はリーグ歴代3位の記録となる119点に到達した。
アヤックスがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝に進出していたため、最終節の終了後に組み込まれた第33節。引き分け以上で優勝が決まる首位のアヤックスは、敵地で入れ替え戦圏内17位に沈むデ・フラーフスハップと対戦した。
前半37分、MFラセ・シェーネのゴールで先制したアヤックスだったが、同44分に失点。それでも同44分にDFニコラス・タグリアフィコのゴールで勝ち越すと、後半にFWドュサン・タディッチが2得点を挙げ、見事に4-1の快勝を収めた。
シーズン通算成績は28勝2分4敗。ウィンター・ブレイク以降はやや苦しむ時期もあったが、119得点32失点の得失点差+86という圧倒的な攻撃力を誇り、2位のPSVを勝ち点3差で振り切った。
欧州CLこそ劇的な逆転負けを喫してしまったが、KNVB杯に続いて国内2冠を達成。中盤の主軸を担うMFフレンキー・デ・ヨング(21)のバルセロナ移籍が決まり、19歳で主将を担うDFマタイス・デ・リフト、MFドニー・ファン・デ・ベーク(22)もビッグクラブ流出が取りざたされている中、世界にその名を轟かせた若きチームが集大成を飾った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-43467055-gekisaka-socc

続きを読む

香川・宇佐見が加わった日本代表、2列目はどうなる?

攻撃の“スイッチ役”である左の中島は不動 右の堂安とトップ下の南野は…

森保ジャパンは3月22日、キリンチャレンジカップでコロンビア代表(日産スタジアム/19時20分キックオフ)と対戦する。今シリーズの大きな見どころは、ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となったMF香川真司(ベジクタシュ)の起用法だが、それに伴い浮上するのが新体制を牽引してきたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)の処遇だ。“2列目トリオ”は不動なのか。選手たちの言葉も基に、組み合わせを探る。
ロシアW杯後に就任した森保監督は、リオデジャネイロ五輪世代を積極的に起用。なかでも、トップ下・南野、左に中島、右に堂安という2列目は、推進力と連動性を備えた攻撃の重要なオプションとなった。今年のアジアカップは中島が不在だったものの、FW大迫勇也(ブレーメン)を頂点に据えた顔ぶれが、これまでの森保ジャパンにおける“ベストメンバー”だった。
そのなかで今回、香川がロシアW杯以来の代表復帰。2列目に新旧融合の可能性が浮上している。
2列目で最も「不動」なのが中島だろう。ドリブル突破を含めて個で局面を打開し、チャンスメークする力は、南米の強豪ウルグアイのDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)やDFマルティン・カセレス(ユベントス)も苦しめたほど。南野も「翔哉がボールを持って前を向いて仕掛けるのは武器になる」と話しており、攻撃の“スイッチ役”として同じサイドアタッカーのMF乾貴士(アラベス)をリードしていると言える。
では、右の堂安はどうか。現状では、ロシアW杯以来の復帰となったMF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)よりも森保ジャパンで試合数をこなし、中島や南野とのコンビネーションも上を行く。“香川との共演”という面では宇佐美が経験値で勝るが、堂安自身は不安はないと話している。
「(僕は)イメージでやるタイプじゃない。感覚でピッチに立って、このへんに出してくれるだろうなとか、このへんに出したらいるだろうなという感覚でやるタイプ。(香川は)僕がいちいち説明する必要もないくらいの素晴らしいトップクラスの選手」
宇佐美の方が試合途中に流れを変えるジョーカー役の適性があることを踏まえても、現時点では堂安が最有力候補だろう。
A代表初招集の鈴木は香川を称賛「技術も高くて頭もいいし、守備のことも考えている」
そして、最大の焦点となるのが、再び「10番」を託された香川が、南野が君臨してきたトップ下に割って入るかだ。
新体制初陣でキャプテンを務めたMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)は、森保監督が“9.5番”タイプの役割を求めていると明かしていた。香川が「タイプは違うと思っている」と言うように、南野がよりストライカーに近いトップ下で、縦への推進力とスピードを持ち味とするのに対し、香川は実質的なゲームメーカーとして、スペースを上手く使いながら、周囲の選手と連動して攻撃にリズムを生んでいく。新体制で初招集とはいえ、香川にはそのハンデを埋められるだけの技術と経験がある。
また、A代表初招集のFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)は、香川の守備面にも、「技術も高くて頭もいいし、見ていた以上に守備のことも考えているなという印象」と太鼓判を押している。実際、過去にはMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)の“0トップ起用”でトップ下として守備のタスクをこなす経験もしており、ハードワークの部分でも不安はない。
3/22(金) 6:15配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00177956-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】堂安律、今季5ゴール目!スーパーゴール!


1点をリードした状態でゴラッソを決めた
現地時間5月12日にエールディビジ第34節が行なわれ、フローニンヘンはフォルトゥナ・シッタルトとホームで対戦。2-0で勝利した。フローニンヘンの堂安律は右サイドハーフで先発し、勝利に貢献した。
中盤でのせめぎ合いが続いた末の39分、ポール・グラドンのゴールで先制したフローニンヘンは始終主導権を握って試合を支配するが、なかなか追加点を奪えない。
前半を折り返した53分、中盤右サイドでボールを受けた堂安は中央に切り込みながらDFをかわし、迷うことなく左足を振り抜く。ゴールまでの約25m距離から放ったそれは、素早くもゆるやかな弧を描きながらゴール左上ポストに当たり、吸い込まれた。
敵どころか味方すらも不意を突かれたゴールに、スタンドは総立ち。堂安にとっては、12月2日以来のリーグ戦でのゴールとなった。
このゴールに沸いたのはサポーターのみならず、関係者席のゼネラルマネージャー、ハンス・ナイラント氏もガッツポーズ。サポーターは「世紀のゴールだ!」、「ベストすぎる」、「これこそ世界レベルだ!」と絶賛の声を上げている。
また、「RTV Noord」によれば、「この堂安のゴールは、エールディビジにおける1000番目のゴール」であると報じている。
試合は後半アディショナルタイムにCKの混戦から獲得したPKをサメル・メミシェビッチが決め、試合を決めた。
フローニンヘンは今季ホームでの最終戦を3-0の快勝で締めくくった。また、この勝利によって来季ヨーロッパリーグ参加権獲得の可能性も残している。
また同時刻に、ズウォーレのホームで行なわれたVVV戦では、中山雄太が右CBで同リーグ初先発を飾ったが、2-4で敗れている。
5/12(日) 23:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190512-00058504-sdigestw-socc

続きを読む