大迫

海外メディアが大迫勇也を大絶賛!「日本の救世主」「手に負えなかった」


海外メディアが日本戦を採点
サッカー日本代表は9日、アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で3-2の逆転勝ち。
前半を0-1で折り返す苦しい展開も、ロシアW杯でも躍動したエースFW大迫勇也が同点、逆転の2ゴール。 半端ない活躍に海外メディアも採点で最高評価の「9」をつけている。
格下相手に大苦戦した日本代表。やはり頼りになるのは大迫だった。
後半11分に落ち着いて相手DFを交わして同点弾を決めると、その4分後には長友からのクロスを流し込み2点目。圧巻の2ゴールで日本を救った。
米放送局「FOXスポーツ」アジア版では同戦を振り返り出場選手を採点。
大迫に最高評価の9点をつけている。
記事では「日本は2019年AFCアジアカップ開幕戦の最後のビッグチームだ。
サムライブルーは勝利でスタートを切った。
しかしながら、それは辛うじてだ、日本はトルクメニスタンに支配された。
そして、良いプレーを見せた選手もいたが、そうではない選手もいた。彼らの評価を見ていこう」として採点を公開。最高の評価は9点の大迫だった。
大迫に次ぐ高評価は原口と堂安
寸評では「今夜の日本の救世主。ユウヤ・オオサコは試合を大いに楽しみ、2ゴールを挙げてサムライブルーをショックから蘇らせた。
90分間至る所で、トルクメニスタンのディフェンスにとって手に負えなかった」と絶賛している。
他の選手ではMF原口元気と、MF堂安律が大迫に次ぐ8点だった。同メディアの日本代表の採点は以下の通り。
GK権田 5点
DF長友 7点
DF槙野 6点
DF吉田 6点
DF酒井 5点
MF柴崎 7点
MF冨安 7点
MF原口 8点
MF南野 7点
MF堂安 8点
FW大迫 9点
FW北川 6点(途中出場)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00048592-theanswer-socc
1/10(木) 11:09配信

大迫&堂安ゴール!日本代表 トルクメニスタンを撃破 アジアカップ初戦 09/01/2019

続きを読む

「代表からは接触がありました。ただ、メンバーに入るかどうかはわかりません」byケルン大迫勇也

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が好調の要因をドイツ『シュポルト・ビルト』で明かしている。
大迫は今シーズン、好調をキープし、ここまで10試合で4ゴールという結果を残している。また、チームもブンデスリーガで4位につけており、躍進中だ。大迫は自身が輝けるようになった要因にポジションを挙げ「決定的だったのはポジションが変わったことですね。今はストライカーとしてアンソニー・モデストの横でプレーできていますし、とても快適にやれています」と話した。
昨シーズンはわずか1ゴールに終わり、退団のうわさも流れたが、本人は「難しい時間もありましたが、常にクラブがサポートしてくれました。だから出て行こうなんて一度も考えませんでしたね」と明かしている。
例年にない好調ぶりを見せ、ブンデスリーガで4位につけるチームだが、大迫はまだまだ改善の必要があるとし「当然まだ完璧ではありません。互いにピッチの上で何を考えているのかもっと理解し合いたいですね」と話した。
さらに、日本代表のメンバー発表に向けて、JFA(日本サッカー協会)から打診があったことを明かしている。
「代表からは接触がありました。ただ、メンバーに入るかどうかはわかりません」
日本代表はオマーン戦、サウジアラビア戦に向けて、4日にメンバー発表を行う。好調の大迫が久しぶりにサムライ・ブルーに帰ってくるのかにも注目が集まるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000015-goal-socc

続きを読む

金崎夢生が優等生変身!?ハリル監督「金崎が良ければ私も考える。これからも良い選手を選ぶ」


Jリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝が23日に行われ、年間勝ち点3位で第1ステージ(S)優勝の鹿島が同2位川崎を1―0で破り、浦和(同1位、第2S優勝)との決勝に進出。決勝弾の鹿島FW金崎夢生(27)は汚名返上に成功した。
金崎の“みそぎ弾”が試合を決めた。0―0で迎えた後半5分、左クロスから強烈ヘッドをゴールに叩き込んで待望の先制点。この1点をチーム全体で守りきり、勝つしか決勝進出の可能性がなかった鹿島が第一関門を突破。
「良いところで点が取れた。うれしい」と金崎は喜びを爆発させたが、殊勲のゴールまでには紆余曲折があった。
8月20日の湘南戦で途中交代を命じられると石井正忠監督(49)に逆ギレ。反抗的態度を取る前代未聞の騒動を起こし、その影響で石井監督が一時休養した。 他の選手にも動揺が拡大。第1S覇者にもかかわらず、第2Sは11位に沈んだ一因となった。
さらに自身も調子を崩し、第2Sはわずか2得点。 シーズン終盤は勝負どころでことごとく決定機を外すなど、エースとしての働きが全くできなかった。
そうした積み重なったモヤモヤを大一番で吹き飛ばす大活躍。
「石井さんを中心にチームがまとまって良いプレーができた」と反逆児はすっかり改心し、迷惑をかけた指揮官にV弾をささげた。
この日、視察に訪れた日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)の心も動かした。金崎が造反騒動を起こしたことを重く見て、代表チームからも“追放”。 だが、試合後には「金崎が良ければ私も考える。これからも良い選手を選ぶ」と“処分解除”を示唆した。今後のプレー次第では金崎の代表復帰の可能性まで出てきた。
同僚のDF昌子源(23)は「これがエース。彼の存在はデカイ。夢生君と監督の衝突もあったけど、それを乗り越えて決勝に行ける」と頼もしい姿を称賛。
優等生に生まれ変わったエースが、名門の下克上を力強くけん引する。
東スポWeb 11/24(木) 16:31配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000035-tospoweb-socc
◇動画ハイライト

続きを読む