大迫

フィットできる可能性はある!?絶好調のケルン大迫勇也が選外の理由

復帰が濃厚と見られていたFW大迫勇也の名前はリストに含まれていなかった。
日本サッカー協会は29日、10月に開催されるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦、オーストラリア戦に臨む日本代表メンバー26名を発表した。その中に、絶好調男の名前がなかったのだ。
大迫はケルンで躍動している。昨シーズン、ブンデスリーガで25試合1得点に終わった悔しさを晴らすかのように開幕戦から出場機会を得ると、第2節からレギュラーをつかんだ。チームメートを活かす献身的なプレーに加え、近2試合では得点をマーク。目に見える結果を出していただけに、代表への復帰も期待されていた。
しかし、蓋を開けてみると大迫の名前はリストになかった。ヴァイド・ハリルホジッチ監督によると、招集を“見送らざるを得なかった理由”があるという。「大迫に関しては、クラブ側に2週間前にリストを提出しなければいけないという制約がありました」と、招集が困難だったと明かした。
「彼はここ3試合で先発を勝ち取り、2点を取りました。数カ月先発で出られない時期があり、ケルンのグループにも入っていませんでした。1年経って、ようやく2点取った、というわけです。しかし、(招集するためには)15日前に海外に連絡を入れなければいけなかった。期限が過ぎた後に活躍し始めたんです」
大迫は昨シーズン、ブンデスリーガで25試合に出場しながら1得点に終わっていた。各クラブへ連絡を入れる段階では、これほど活躍すると予想するのが難しかったようだ。
なお、今後、招集する可能性に関して「このまま点を取り続ければフィジカル的にも面白い」とコメント。一方で「ただし、セカンドストライカーという選択になります。我々のシステムと少し異なる」と、戦術面がネックになってくる可能性を示唆した。
もっとも、「フィットできる可能性はあると思います。A代表でプレーするために何が必要か、彼は分かっているはずですから」と、期待を寄せている。
日本代表は10月6日にホームでイラクと、同11日にアウェーでオーストラリアと対戦。ワールドカップ本大会への切符をつかむために、負けられない戦いに臨む。

GOAL9月30日 15時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000007-goal-socc

続きを読む

ケルン大迫勇也なぜ今シーズン「開花」したのか?本人に聞いた飛躍の理由

第6節バイエルン戦で見せた大迫勇也のパフォーマンスは驚きだった。
それは、71分にオフサイドで取り消されたとはいえ、絶妙なタイミングで裏に抜け出しゴールネットを揺らしたからではない。
マッツ・フンメルス、ハビ・マルティネスという世界的なCBを背負っては何度もボールを収め、ケルンの攻撃を引き出していたからだ。
この日大迫がパスを受けた回数は29回なのに対し、第2節で対戦したシャルケのフンテラールが11回、第4節で対戦したヘルタのイブセビッチで18回。
大迫は2トップで後者2人は1トップという違いはあるが、いかに大迫がボールを引き出していたかが分かる。
欧州CLで5年連続ベスト4進出を果たしているバイエルンの守備陣を相手にここまでボールを収められるFWはブンデスリーガでもほとんどいないだろう。
ただ、この日本人ストライカーはバイエルン戦のパフォーマンスを淡々と振り返った。
「まあ、2トップでやれればやれる自信はありますからね。キープはできますけど、そこからもっと前に、相手に怖さを与えていかないと」
王者相手にボールを収めるだけでは満足しない。大迫が見据えているのはもっと先だった。
その自信も十分に頷けるほど今季の大迫は好調だ。ベンチスタートとなった開幕戦以降は2トップとして先発に定着しており、
コンビを組むアントニー・モデストと並んでチームに欠かせない存在になっている。
第3節フライブルク戦で今季初アシストを記録すると、翌シャルケ戦ではエリア外から強烈なミドルシュートを突き刺して今季初得点をマーク。
続くライプツィヒ戦では左足でニアハイを撃ち抜いて2試合連続ゴールを決めてみせた。
さらに代表ウィーク明けの第7節インゴルシュタット戦ではスルーパス&PK獲得で2アシストをマークし、好調が一刻のものではないことを証明している。
開幕7試合で2ゴール3アシスト。昨季25試合でマークした1ゴール1アシストという結果をすでに上回った。
■なぜ、大迫の良さが発揮されるようになったのか
専門誌『キッカー』は、大迫が結果を残し始めると「才能がついに開花」という見出しで報じた。
昨季はほとんど結果を残せなかった選手がこれだけのパフォーマンスを見せているのだから地元メディアが驚くのももっともだ。一体、大迫に何が起きたのだろうか?
確かに、現在の大迫には自信が満ち溢れているし、1つ1つのプレーからも好調さが容易に伺える。ただ、今季に入って大迫に大きな変化が起きたかというとそれも違う。
むしろ、大迫の見せているプレーの本質は以前と変わっておらず、周囲が大迫の良さを引き出せるようになってきたように映るのだ。
代表ウィークもケルンに残って練習に励む大迫にそんな疑問をぶつけてみた。
「チームメイトとうまくコミュニケーションも取れてきているし、僕のことをホントに分かってきてくれているなっていうのはあります。まずボールを預けてくれるのはスゴく助かりますね。
去年の最初とかはボールを預けてもらえず、ただ走ってボールが来なくて終わるみたいなのが多かったから。今年は簡単に預けてくれるからそこは大きいかな」
つづく
2016.10.19 12:41
http://www.sanspo.com/soccer/news/20161019/bun16101912410002-n1.html

続きを読む

日本代表・森保ジャパンの理想のスタメン11人

来年1月のアジアカップを見据えてセレクトするなら…

チーム作りで大事なことは全体のバランスである。
勢いがある若手ばかりでも、ベテランばかりでもなく、両者と中堅層をうまく融合させていく中でチーム全体の総力を上げていくのが理想。そういう意味では、後ろにワールドカップ経験者を配置し、守備を計算できる状態にしつつ、前線と中盤に中堅層を入れ、若い選手をサポートし、伸び伸びできるような布陣がベストだ。

各ポジションを個別に見ていくと、GKは東口順昭(ガンバ大阪)と中村航輔(柏レイソル)のロシア・ワールドカップ組が今後は出番を争うことになるが、東口はコスタリカ戦で安定したプレーを披露し、ガンバ大阪でも好セーブを見せている。ワールドカップでプレーできなかった悔しさを抱え、今は結果を出すことに意欲的なので東口に任せてもいいと思う。
DF陣は、ロシア・ワールドカップ組を並べた。
ロシア・ワールドカップでの最終ラインの4名は世界相手に安定感のある守備を見せた。吉田麻也(サウサンプトン)はこのチームでは守備はもちろん、チームにおいてリーダーシップを執ることを期待。昌子源(鹿島アントラーズ)は槙野智章(浦和レッズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)との争いになるが、吉田とのカップリングのおける相性の良さや経験を考えての選択だ。
右サイドバックの室屋成(FC東京)はコスタリカ戦でアグレッシブなプレーを見せたが、総合力では酒井宏樹(マルセイユ)にまだ及ばない。海外での経験値の差も大きく、ここは不動だ。左サイドバックも長友佑都(ガラタサライ)がワールドカップ後も好調を維持しており、来年1月のアジアカップでも代える要素がない。
長友、昌子、吉田、酒井の最終ラインがワールドカップ後、誰も抜けることなく、健在なのはまさに奇跡的。あえて言えば、左サイドバックに山中亮輔(横浜F・マリノス)、松原后(清水エスパルス)を入れ、安定している最終ラインの中で成長させ、長友の後継者を育てることができればよりプラスだ。
ボランチは、遠藤航(シント=トロイデン)を軸に3つのセットが可能になると思っている。遠藤航+柴崎岳(ヘタフェ)、大島僚太(川崎フロンターレ)、井手口陽介(グロイター・フュルト)だ。
第1ボランチは長谷部誠(フランクフルト)が抜けた今、遠藤で問題はないだろう。コスタリカ戦では対人の強さ、読みの良さも見せていたし、アンカーもできるタイプ。キャプテンシーもあり、次代のキャプテン候補でもある。柴崎、大島と組むとやや守備重視になるが、それでもバランスを取れるタイプなので心配はなく、井手口とはリオ五輪でもコンビを組んでいたので違和感なくプレーできるだろう。個人的には遠藤、柴崎のコンビを推す。
9/26(水) 17:03 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00047789-sdigestw-socc

続きを読む