大迫

日本代表・イラン戦どこよりも速い採点!最高点は"半端ない"大迫!「7.5」!


【日本 3-0 イラン AFCアジアカップ2019・準決勝】
権田修一 5.5
今回も自らのミス→ビッグセーブ。劇場開演。飛び出しはいい
長友佑都 6.5
タイミングのいい加速でパスを引き出し、好機を演出
吉田麻也 6.5
相手の長いボールに的確な立ち位置で対応した
冨安健洋 7
アズムンの抜け目ない動き出しにも先読みしてカバー
酒井宏樹 6.5
激しくプレーしながら落ち着きも失わず。駆け引きしていた
遠藤航 6.5
球際で粘り強さを見せ、ワンタッチプレーで推進力を生む
柴崎岳 6.5
テンポの速い展開の中、攻撃でよく顔を出した。彼の縦パスを起点に先制点
原口元気 7
屈強な相手に食らいついた。ドリブルからトドメの3点目を奪取
南野拓実 7
精力的にボールを追い、諦めない姿勢から絶妙クロスでアシスト
堂安律 6.5
3人目の動きからシュート。ゴールへの意欲は見せた
大迫勇也 7.5
開始から抜群の存在感。2ゴールとエースの役割を果たした
塩谷司 6
リスク管理を徹底し、攻守の切り替えでチームを助けた
室屋成 6
酒井宏樹に代わって出場。痛める場面もあったが、最後まで戦った
伊東純也 – 出場時間短く採点不可
森保一監督 6.5
“アジア最強”を相手に集中力の高いゲーム。大きな自信を得る勝利に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00307101-footballc-socc
続きを読む

ケルン大迫勇也の絶好調に思う「代表に呼ばれないこと」のメリット

ケルンの大迫勇也が出だしから好調だ。今季初戦となったドイツ杯BFCプロイセン戦では途中出場ながら2得点。30分足らずの短い出場時間で結果を出し、7-0の大勝に貢献した。
リーグ戦が始まってからは、開幕戦のダルムシュタット戦こそ途中出場だったが、第2節ヴォルフスブルク戦と第3節フライブルク戦では連続して先発出場。3-0で勝利を収めた16 日のフライブルク戦ではチームの2点目をアシストしている。チームもこれで勝ち点を7とし、トップグループに名を連ねている。
好調の大きな要因は、本人曰く「フォワードで出ているから」。フライブルク戦も2トップの一角でプレー。昨季まで主に起用されていた2列目とは違い、動き出しをするにも守備をするにも、高い位置にいることが「やりやすさ」につながっているようだ。
試合後の大迫は開口一番、こう言った。
「前で出てるから、ボールも出てくる」
なによりも指揮官からフォワードだと認識されることに大きな意味がある。ケルンの戦術は、ポゼッションよりもロングボールを使った攻撃が多いのが現状。相手によっては極端な5バックを敷き、守備ありきのゲームとなる。フォワードに求められる特徴のひとつは動き出しということになるが、その点で味方からの信頼を得ているのが過去2シーズンとの大きな違いだ。
「後ろからボールが来るし、見てくれている選手が結構増えてきた。(味方は)『出せば失わない』と言ってくれるし、『もっと走れよ』くらいの感じで言ってくれてるので、そこにやりがいを感じます」
この日は65分に退いているにもかかわらず、スプリントの本数は両チームで最多の26本。シュートが0本だったのはフォワードとしてはいただけないが、退く際には大きな拍手が送られた。サポーターからも評価を得ていることは間違いない。
31分のアシストのシーンは、後方からの浮き玉のボールに抜け出した大迫が、寄せてきた相手DFをかわして運び、ゴール前に入れたボールをレオナルド・ビッテンクールが決めた。中盤からゴールエリア付近まで走ってのアシストを本人はこう振り返る。
「トップ下だったら、あそこまで走っていけないことが多い。今年はやっぱり2トップで高い位置でボールを受けることができている。そこは自信を持ってやっていきたいですね」
ただ、この日は自身のプレーがアシストにつながったが、現在の役割が自分にとって理想的だと考えているわけではない。
「僕がサイドに抜けた時にチャンスができていることが多くて、なかなか自分がセンターにいることはまだないんですけど、これを続けてアシストしながら、これからもさらにそこからの自分の形を出していければと思います」
このところの大迫はとにかく身体のキレがよく、ボールを収める姿を見るだけで一見して好調さがうかがえる。ポジション的なことだけではなく、コンディションのよさも大きな理由だろう。
「コンディションはすごくいいです。いろいろと今年に入って新たに取り組んでいることもあります。自分の身体ももっと変えていって、もっと屈強な体を作っていこうと思ってるし、その辺が徐々にですけど出てきているのかなと思います」
具体的なトレーニングの内容については明かさなかったが、明確な意図と意志を持って取り組んでいるようだった。
チーム内での評価と自身の取り組みが好調の要因ではある。だがもうひとつ、あえて言えば、日本代表から約1年以上遠ざかっていることもプラスに働いているように見える。チームでの仕事に専念できるし、長距離移動もないから代表戦明けに調子を崩すこともない。
原口元気(ヘルタ・ベルリン)のように好調を維持している選手もいるから一概には言えないが、この1週間、欧州でプレーする日本代表選手の多くがコンディショニングに苦しんでいる。代表に招集されて疲労の蓄積から力を発揮できなくなるくらいだったら、よほどの非常事態やW杯本大会前などを除いて、クラブに専念するような生き方もアリなのかもしれない……。そんなことも感じさせる大迫の好調ぶりだった。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2016/09/17/post_1134/index_3.php
続きを読む

日本代表FW北川航也は1トップの適正なし?


日本代表は24日、AFCアジアカップ2019準々決勝でベトナム代表と対戦し、1-0の勝利を収めた。この結果、森保ジャパンはベスト4へ駒を進めている。
この日、1トップで先発出場を果たしたのは清水エスパルスでブレークした北川航也だった。大迫勇也のコンディションも万全とは言えず、武藤嘉紀もイエローカードの累積によって出場停止となったためだ。
北川はここまでアジアカップ全試合出場こそ果たしているものの、重要な「結果」を残すことができていない。
ゴールやアシストなど目に見える結果もなく、プレー内容はお世辞にも良いとは言えず。試合をこなすにつれ、存在感は段々と薄くなっている印象だ。
それはベトナム戦でも同じだった。同選手は2列目の南野拓実や堂安律との連係面が未だ不十分であり、前線で孤立する場面がしばしば見受けられた。
単独で突破するシーンも少なく、前半のうちに試合から消えてしまっていた。後半に入ってもそういった状況を変えることはできず、72分に大迫との交代を余儀なくされたのだ。
そもそも、大迫と武藤が不在となっていた時点で日本代表がかなり厳しい状況に置かれるのは想定内だった。
しかしベトナム戦における北川のパフォーマンスはそれらの不安を上回るほど不甲斐ないものであり、このチームにおいては1トップの適性はないと言わざるを得ない内容であった。
背番号11を1トップの人材と考えるのはここでひとまず区切りをつけた方がよさそうだ。
ではどこで起用するのか。北川が現在の日本代表で最も力を発揮できるのは、南野が務めているセカンドトップのポジションだろう。
俊敏性の高い北川は大迫のようなポストプレーを得意としている選手ではなく、それを求めるのは酷ともいえる。
さらに森保ジャパンにおいて南野のバックアッパーは手薄でもある。今回のパフォーマンスで失格の烙印を押すのはまだ早い。
大迫も武藤も復帰する準決勝や決勝戦で1トップとして出番が回ってくる可能性は極めて少ないが、今後の親善試合では大迫の後ろのポジションでテストしてみる価値は十分にあるはずだ。
1/25(金) 8:30配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00306598-footballc-socc
続きを読む

日本代表・大迫が順調に回復しているようだが、次のベトナム戦・・・


アジア杯でベスト8進出を決めた日本代表は22日、サウジアラビア戦(21日)のスタメンを除いた11人がUAE・シャルジャで練習を行った。
右でん部痛を抱え、サウジアラビア戦も出場しなかったFW大迫は全体練習に合流し、シュート練習などにも参加。 強烈なシュートを何本も決めるなど、回復ぶりをアピールした。また腰痛を抱えていたGK東口も合流した。
1/22(火) 17:11配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000099-sph-socc
続きを読む

日本代表どこよりも早い採点!最高点は冨安!「6.5」!最低点は南野「5.0」・・・


【日本 1-0 サウジアラビア AFCアジアカップ2019・決勝トーナメント1回戦】
権田修一 6
立ち上がりはやや不安定な場面もあったが、無失点で終えた
長友佑都 5.5
仲間と連携して対応したが、彼のサイドから仕掛けられた
吉田麻也 6
ラインを統率し、相手に自由を与えず。終始冷静だった
冨安健洋 6.5
うまくマークを外し、ヘディングで先制点。守備でも存在感を放った
酒井宏樹 6
高い位置を取った際に裏を使われる場面が何度かあったが、相手の出方を見て対処
遠藤航 6
セカンドボールを回収。帰陣が早く、球際も強い
柴崎岳 5.5
精度の高いキックから冨安のゴールをアシスト。しかし守備の強度は低い
原口元気 6
果敢な仕掛けを見せ、それをきっかけにチームはCKから先制点
南野拓実 5
守備面では奮闘。攻撃でも精力的に動いたが、チャンスは訪れず
堂安律 5.5
悪くはないが良くもない。やや気負いすぎか
武藤嘉紀 5.5
前線からボールを追い、守備の出発点に。後半も続けたかった
伊東純也 5.5
攻撃を活性化させるほどではなかったが、快足でファウルを誘発した
塩谷司 – 出場時間短く採点不可
北川航也 – 出場時間短く採点不可
森保一監督 6
セットプレーからの得点は今後への収穫。後半は疲れからか押し込まれた
1/21(月) 21:52 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190121-00305929-footballc-socc
続きを読む