大迫

日本代表・森保監督、国際親善試合に大迫、麻也ら主軸招集回避も…代役に岡崎、香川が候補


サッカー日本代表の森保一監督(50)が今月下旬の国際親善試合にFW大迫勇也(28)=ブレーメン=、DF吉田麻也(30)=サウサンプトン=らの主軸を招集しない可能性があることが4日、分かった。
協会関係者によると、同監督は幅広く選手のテストを行う考えと、W杯予選まで時間がある、この時期に自クラブでの地位確保を促したい思いがあるという。日本代表は22日にコロンビア代表(日産ス)、26日にボリビア代表(ノエスタ)と対戦する。
森保監督が3月のコロンビア、ボリビア戦で、昨年のロシアW杯、1月のアジア杯(UAE)で主力を務めた選手について、招集回避を検討していることが判明した。
協会関係者によると、FW大迫、DF吉田を招集しない見通しで、DF長友佑都(32)=ガラタサライ=、酒井宏樹(28)=マルセイユ=も呼ばない可能性があるという。
これまでの監督とは一線を画す手法だ。連係構築のため、国際親善試合でもベストメンバーの招集にこだわる指揮官が多かった中で、森保監督はさらに広い視野に立つ。
所属クラブでのポジション確保こそ、日本代表の強化につながると考え、代表招集の強制力があっても、時には「日々、ポジション争いで戦っている」という海外組を呼ばない決断も選択肢に入れる。
アジア杯で鹿島からフランス1部トゥールーズに移籍したばかりのDF昌子源(26)を招集しなかったのは、新天地のポジション争いを考慮に入れたからだった。
また、昨夏はロシアW杯で、この冬はアジア杯があったため、大迫らは長い休養を取れていないことも一因。そして、これまで招集していない選手を、幅広くテストしたい狙いもある。
大迫の代役として、今季はクラブで定位置をつかめていないが、森保ジャパン未招集のFW岡崎慎司(32)=レスター=がリストアップされているほか、
2月の移籍初戦で2得点を挙げ、現在は左そけい部痛を抱えているMF香川真司(29)=ベシクタシュ=も候補に。
吉田の代わりには昌子、DF植田直通(24)=セルクル・ブルージュ=らが控える。森保ジャパンは22年カタールW杯に向け、いろいろな角度から強化を図っていく。
3/5(火) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000230-sph-socc

続きを読む

日本代表、鎌田大地"1トップ"の可能性!


ベルギーで点取り屋として覚醒 「クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと」
日本代表の森保一監督は、3月22日のコロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けたメンバー23人に、4選手を初招集した。そのなかで、大きな注目を集めるのがFW鎌田大地(シント=トロイデン)だ。ベルギーの地で、パサーから点取り屋へと進化した新進気鋭の22歳は、「目に見えた結果が欲しい」と貪欲にゴールを狙う姿勢を示した。
鎌田はサガン鳥栖3年目の2017年6月、元日本代表MF長谷部誠も所属するドイツ1部フランクフルトへ完全移籍。開幕戦でリーグデビューを飾ったが、その後は思うように出番を得られず、海外挑戦1年目はリーグ戦3試合の出場にとどまった。2年目の逆襲を誓うなか、18年8月末にシント=トロイデンへの期限付き移籍が決定。これが快進撃のきっかけとなる。
鳥栖ではトップ下やサイドハーフ、ボランチで起用され、パサーとしての役割が多かった鎌田だが、マーク・ブライス監督率いるシント=トロイデンでは2トップの一角やウイングが主戦場。そのなかで3試合連続弾を含むチームトップタイの12ゴールを積み上げ、得点ランキングでも堂々のリーグ5位タイにランクインした。
鎌田自身は「自分としてはそこまで変わったイメージはない」と前置きしたうえで、ゴール量産の理由について分析する。
「何よりもペナルティーエリアの近くでボールを触れているのが大きい。鳥栖の時よりも一つ前のポジションをやっているので、どちらかと言うと点が取れている。ゴール前の最後の部分とかはあまり変わっていないと思います」
ただ、自身でも“前線でプレーする”ことへの免疫はついてきたと感じているという。
「前(のポジション)をやっているので、よりゴールに近い位置でプレーできている。クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと。ボールを受ける前の動きだったり、身体の入れ方だったりは日本にいた頃よりはできるようになったと思います」
3月シリーズではFW大迫勇也(ブレーメン)やFW武藤嘉紀(ニューカッスル)のロシア・ワールドカップ組、FW北川航也(清水エスパルス)らは招集されておらず、FW登録はリオデジャネイロ五輪世代の鎌田とFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)しかいない。1トップ起用に対しては「やったことがないので分からない」としつつも、鎌田は結果に対して貪欲な姿勢を見せる。
「日本代表は上手い選手が多いし、細かくパスを回せるので、チーム(シント=トロイデン)でやるよりもやりやすいかなと。上手くはまれば全然やれると思います。前で使われるなら目に見える結果が欲しい。それ以前の攻撃の部分はなんでもできる。得点以外にも起点になれたらいい」
“FW”鎌田がポジション争いに食い込んでくれば、森保ジャパンは新たなオプションを手にすることができるかもしれない。
3/19(火) 20:10 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00177424-soccermzw-socc&p=2

続きを読む

ブレーメン激おこ!?日本代表、大迫勇也をコパアメリカではなく6月の親善試合に召集か


来シーズンを見据えても、大迫は主力として期待されている。
だが、ブンデス終了後の6月上旬に日本代表の親善試合に招集される可能性が高まってきたことから、ドイツ紙『Kreiszeitung』は「ブレーメンの日本人に与えられる“休息”はまた減らされる」と指摘し、クラブ側は日本サッカー協会(JFA)に対して、疑いと困惑の入り混じった複雑な感情を抱いていると報じた。
「オオサコはコパ・アメリカの代表メンバーにはならないだろうが、その前に行なわれる親善試合に招集されるようだ。これはどういう意味か? クラブは5月22日から休暇に入るが、日本の試合が終わるのは6月9日だ。
会見でコーフェルトは『ユウヤが3週間半~4週間の休息を確保できるかどうかは重要ではない。代表選手に選ばれるということはそういうことだ。ユウヤは日本代表に欠かせない選手であることも事実だから。ただひとつ、彼はコパ・アメリカではプレーしないことは確かだ』とコメントした」
「だが、あちらには2月に彼がプレーできない状態で戻ってきたことの“前科”がある。
親善試合にはJFAに招集する権利があるとはいえ、
これは我々がコパ派遣を拒否したことに対する当てつけではないかという疑いは拭えない」
「日本は2020年に東京五輪を控えている。五輪代表チームスタッフの関塚隆は
『コパ・アメリカ』をその準備のために役立てたいと発言した。
なのに(同大会に参加しない大迫に対して)6月の親善試合の頭数に入れた。こんな奇妙な状態が、いつまで続くのだろう」
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=58613

続きを読む

サッカー東京五輪・・・大迫勇也が出場できなかったらOA枠は誰に?


1月のアジア杯で活躍した大迫。クラブが大迫を東京五輪に派遣しない方針であることが判明した
ドイツ1部リーグのブレーメンは、日本代表FW大迫勇也(28)を、来年の東京五輪に参加させない方針であることが14日、分かった。日本代表のエースとして活躍する大迫は、23歳以下の選手で構成する五輪代表で、3人まで認められる24歳以上のオーバーエージ(OA)枠の最有力候補に挙がるが、クラブは南米選手権(6月14日開幕、ブラジル)に続き、派遣を拒否する構えだ。
母国でのメダル獲得を目指す森保監督に、悩みの種が発生だ。ブレーメンが在籍するFW大迫を東京五輪に派遣しない方針であることが分かった。クラブの幹部は「東京での五輪にも派遣しない。12月のアジアでの大会(東アジアE-1選手権、韓国)も、FIFA(国際連盟)の定める派遣の義務はない」と言い切った。
大迫は日本が準優勝した1月のアジア杯で4試合4得点と活躍したが、クラブ合流後は背中の痛みを訴え、長期の離脱を余儀なくされた。故障を回避するため、クラブは2月に日本協会に対して6月の南米選手権への派遣拒否の考えを伝えた。
A代表と東京五輪代表を兼務する森保監督は、南米選手権を若手とベテランの相性を見定める場と位置づけたが、エースストライカーの不参加で頓挫した。クラブが大迫を東京五輪にも派遣しない方針であることが判明し、OA枠での招集を視野に入れる森保監督は、戦略の見直しを迫られる。
FIFAは、国際Aマッチ期間は各国協会・連盟に選手の招集、拘束力が伴うと定める。アジア杯など大陸選手権で招集する際に各国協会が持つ拘束力は1年で1大会のみ。五輪は各国協会・連盟に拘束力はない。そのため、大迫の東京五輪出場の可否はクラブの判断に委ねられる。
前回の2016年リオデジャネイロ五輪では、クラブが拒否したため、FW久保裕也(当時ヤングボーイズ)を招集できなかった。一方で、ブラジル代表FWネイマール(当時バルセロナ)がOA選手として出場するなど、五輪出場に理解を示すクラブもある。
森保監督は大迫を「代えのきかない存在」と期待する。地元で開催される五輪の舞台で、絶対的なエースが見られない可能性が高まった。
大迫 勇也(おおさこ・ゆうや)
1990(平成2)年5月18日生まれ、28歳。鹿児島・加世田市(現南さつま市)出身。鹿児島城西高3年時の全国高校選手権で、1大会最多記録の10ゴール。2009年にJ1鹿島入り。14年1月に1860ミュンヘン(当時ドイツ2部)、同年6月にケルン(同1部)へ移籍。昨年5月、ブレーメンへ移籍。13年7月の中国戦でA代表デビュー。14年ブラジル、18年ロシアW杯出場。リーグ戦今季20試合3得点。代表通算41試合14得点。182センチ、71キロ。
https://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20190515/bun19051505030001-s.html

続きを読む

コロンビア戦、日本代表フォメ予想!前線は「鈴木×香川」?「鎌田×南野」?「南野×香川」?


鈴木と鎌田に大迫の代わりを求めるだけなら、失望に終わるだろう。
大迫勇也頼みの攻撃からの脱却――。これが、コロンビア、ボリビアと対戦する3月シリーズのテーマのひとつなのは間違いない。

今年1月のアジアカップでは、大迫へのくさびのパスが攻撃のスイッチとなり、大迫のポストワークから連動した攻撃が始まった。逆に、大迫がピッチにいなければ、攻撃のスピードアップすらままならず、不在の影響が大きいことは明らかだった。
実際、森保一監督もメンバー発表の際、「大迫頼みの攻撃の戦術というところは私も質問を受けたり、いろいろなところで見聞きしたりしている」と言及している。
最も簡単な解決策は、“ポスト大迫”と言うべき優れたファーストストライカーを起用することだが、残念ながら今の日本には大迫に匹敵するセンターフォワードはいない。
そこで森保監督が導き出したのは、ポストプレーのスペシャリストを選ばない、という解決策だった。
負傷中の大迫に代わって今シリーズで選ばれたFWは、鈴木武蔵と鎌田大地のふたり。鈴木はスピードや跳躍力といった身体能力が武器で、ゴールに向かって直線的にプレーするストライカーだ。これまで目についた荒削りな面も改善され、トラップの技術やなめらかな動き出し、シュートの正確性に成長の跡が見える。
一方、鎌田の魅力はなんといってもシュートのうまさ。右でも左でも正確にコースを居抜き、今季シント=トロイデンでは12ゴールをマークした。また、力強いドリブル突破と柔らかいボールキープも魅力で、剛柔併せ持つオールラウンダーでもある。
ただし、彼らをただ1トップに入れて大迫の代わりを求めるだけなら、失望に終わるだろう。そもそも鎌田に至っては、適正はトップ下なのだ。では、どうするか。
トップ下の香川真司と南野拓実を含めた4人の組み合わせで考える必要がある。
最もオースドックスなのは、1トップに鈴木、トップ下に香川や鎌田を起用するパターン。香川も鎌田もタメを作って周りを生かせるタイプ。鈴木が裏を狙ってDFを押し下げて生まれるバイタルエリアのスペースで、香川や鎌田が縦パスを受けて前を向く。最前線にくさびのパスを打ち込むのではなく、2列目で起点を作るというわけだ。
振り返れば、大迫も常に最前線でDFを背負っていたわけではない。中盤まで下がってボールを受け、2列目が飛び出すためのスペースや、SBが攻め上がるための時間を作り、自身もゴール前に入っていった。大迫がピッチにいるときから起点はバイタルエリアに作っていたのだ。
周りを生かし、自分も生きるという点で、鎌田は大迫に近い存在だ。
その点で、鎌田を1トップに、よりゴールに向かって仕掛けられる南野をトップ下に置くパターンも考えられる。鎌田が大迫のように中盤に落ちてくさびのパスを収め、入れ替わるように南野が前線へと飛び出していく。
「1トップはやったことがないので、分からないです。でも、日本代表は細かくパスを回すチームなので、うまくハマれば全然できるかなと思います」と鎌田は語る。常にゴール前で相手のCBを背負ってプレーすることがミッションではなく、いかに相手のCBのマークから逃れて、中盤やハーフスペースでボールを収めて前を向くか。周りを生かし、自分も生きるという点で、鎌田は大迫に近い存在だろう。
鈴木×香川なのか、鎌田×南野なのか、はたまた南野×香川なのか……。
森保監督はどの組み合わせを選び、そのコンビがどのような化学反応を見せるのか。大迫不在というピンチが逆に、日本代表の可能性を高めるチャンスに変わるかもしれない。
3/21(木) 20:50 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00055945-sdigestw-socc

続きを読む

大迫勇也が“ハンパない”パフォーマンスを継続していくために必要なこととは?


大迫勇也はウィンターブレイク明けの3試合で全てに先発出場し、チームは2勝1分け。特に、第18節・ダルムシュタット戦は2得点、相手のオウンゴールも含めて5得点に絡む大活躍を見せた。チームに7試合ぶりの勝利をもたらし、『キッカー』や『ビルト』といった大手サッカー専門誌で第18節のMVPを獲得。ブンデスリーガ公式サイトで1月のMVPに選ばれた。
ケルンの攻撃陣にとって不可欠な存在となっていることは間違いないが、そのポテンシャルから考えれば、ここまでリーグ4得点というのが物足りない数字であることも確か。後半戦のゴール量産はあるのか。3試合のパフォーマンスから検証する。
▽1月23日(月)ブンデスリーガ マインツ戦
試合結果:0-0(引き分け)
90分(フル出場)
評価:6.0
武藤嘉紀を擁するマインツを相手に、ケルンは「5-2-3」を採用。3トップの左ウイングを担う大迫は相手サイドバックのダニエル・ブロジンスキとマッチアップしながら、ワイドなエリアにカウンターの起点を作り、そこからクロスを受けるためにゴール前に走り込んだ。ペーター・シュテーガー監督が「0-0にふさわしい内容」と振り返る試合で中盤から後ろのサポートが薄く、前線でキープしてさばいても、良いタイミングでリターンが返ってこないシーンが目立った。
終盤にペナルティエリアの左から惜しいシュートを放つなど、サイドのポジションでアタッカーにとって難しいシチュエーションが続いた中でも、中央のアンソニー・モデストや右のクリスティアン・クレメンス以上に危険な動きを見せていた大迫。この日は“不発”に終わったものの、振り返れば次の試合での活躍につながる試合だった。
▽1月28日(土)ブンデスリーガ ダルムシュタット戦
試合結果:6-1(勝ち)
評価:8.5
最下位のダルムシュタットを相手に大勝を飾ったケルン。その主役は間違いなく大迫だった。この日はシステムを「4-4-2」に戻し、モデストと2トップを組んだ大迫は、まさしく水を得た魚だった。前線を幅広く走り、相手ディフェンスを混乱に陥れ、ヘディングとミドルシュートによってドッペルパック(ドイツ語で1試合2得点の意)を達成した。
チームの2点目となる大迫の1点目はシンプルなポストプレーからゴール前に駆け上がり、レオナルド・ビッテンコートの左からのクロスにドンピシャのヘッドを合わせる形だ。これは大迫が常に意識しているプレー。これまで、なかなかうまくはまらなかったが、大迫も信頼するビッテンコートとのホットラインによって、ついにゴールに結び付いた。
さらに得意のターンから見事なスルーパスでアルチョムス・ルドネフスによるチームの6得点目をアシスト。先制点のオウンゴールも本人は「触っていない」と振り返るが、実質的な彼のゴールに近いプレーであり、アンソニー・モデストによる3点目も大迫の精力的なディフェンスが起点となった。
公式データを見ると大迫はチーム2番目の10.94kmを走り、集中ランがMFのクリスティアン・クレメンスとヨナス・ヘクターに続く3番目の72回。しかも、その質が高く、ことごとくチャンスにつながったという意味でも、文句のないパフォーマンスだった。
▽2月4日(土)ブンデスリーガ ヴォルフスブルク戦
試合結果:1-0(勝ち)
86分(途中交代)
評価:5.5
前節の大活躍もあってか、厳しいマークを受ける大迫はなかなかゴール前で思うような形に持ち込めなかった。2トップを組むモデストと縦の関係を作り、手前に前を向けるスペースを見いだすケースもあったが、ブロックの手前から放ったミドルシュートは精度を欠いた。左のワイドから縦に突破してクロスを繰り出すも、ゴール前の味方に合わず。結局、この日の大迫は決定的なプレーができないまま、モデストのPKで1点リードした終盤に交代した。
相変わらず良かったのは前からの守備で、ヴォルフスブルクの攻撃の起点となるDFジェフリー・ブルマなどに対し、余裕のあるビルドアップを許さなかったことで1-0の勝利に貢献。ただ、ブンデスリーガにおいて継続的してゴールを積み重ねることの難しさを認識させる試合だった。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12643048/

続きを読む

コパアメリカ日本代表、久保建英(17)・安部裕葵(20)・大迫敬介(19)を召集!


6月開幕の南米選手権ブラジル大会に参戦する日本のA代表に、U-20代表から主力3人が飛び級で招集されることが5日、分かった。
FC東京MF久保建英(17)鹿島アントラーズMF安部裕葵(20)サンフレッチェ広島GK大迫敬介(19)で、個別交渉の末に本人とクラブが了承。
A代表初選出とU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の回避が内定した。それぞれ20歳以下で「エース」「司令塔」「守護神」と呼ばれる主軸。
先月から南米派遣の打診を受けており、大会上位を目指すU-20と高いレベルで成長させたいA代表の間で綱引きになっていた。
この日、J2東京V-長崎が行われた味スタにA代表の森保監督と参謀の横内コーチ、日本協会の関塚技術委員長、山本副委員長が集結した。
森保監督は横浜、関塚委員長は町田から視察先を変更しており、メンバー振り分けの“最終会議”が開かれた。
3選手は当初、7日に発表されるU-20W杯メンバーに名を連ねることが既定路線で、出場も熱望していた。
しかし「日本サッカー界の宝である選手たちを伸ばす環境づくり」を最優先したい森保監督の意向を受け、
日本協会が最上位カテゴリーへの引き上げを調整。この日、クラブからの内諾が報告された。
バルセロナの下部組織で育った久保は、17歳ながらJ1で首位を走る東京の原動力に。
6月4日に18歳の誕生日を迎えるため、南米選手権で市川大祐(17歳322日)に次ぐ年少出場記録を樹立することが確実になった。
安部は19歳で鹿島の背番号10を託され、U-20W杯でも10番を背負う予定だったアタッカー。
大迫は広島で開幕から全10試合にフル出場し、第2節から5戦連続完封と半端ない堅守でA代表に上り詰めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-05060067-nksports-socc
5/6(月) 7:43配信

続きを読む