大迫

ケルン大迫勇也なぜ今シーズン「開花」したのか?本人に聞いた飛躍の理由

第6節バイエルン戦で見せた大迫勇也のパフォーマンスは驚きだった。
それは、71分にオフサイドで取り消されたとはいえ、絶妙なタイミングで裏に抜け出しゴールネットを揺らしたからではない。
マッツ・フンメルス、ハビ・マルティネスという世界的なCBを背負っては何度もボールを収め、ケルンの攻撃を引き出していたからだ。
この日大迫がパスを受けた回数は29回なのに対し、第2節で対戦したシャルケのフンテラールが11回、第4節で対戦したヘルタのイブセビッチで18回。
大迫は2トップで後者2人は1トップという違いはあるが、いかに大迫がボールを引き出していたかが分かる。
欧州CLで5年連続ベスト4進出を果たしているバイエルンの守備陣を相手にここまでボールを収められるFWはブンデスリーガでもほとんどいないだろう。
ただ、この日本人ストライカーはバイエルン戦のパフォーマンスを淡々と振り返った。
「まあ、2トップでやれればやれる自信はありますからね。キープはできますけど、そこからもっと前に、相手に怖さを与えていかないと」
王者相手にボールを収めるだけでは満足しない。大迫が見据えているのはもっと先だった。
その自信も十分に頷けるほど今季の大迫は好調だ。ベンチスタートとなった開幕戦以降は2トップとして先発に定着しており、
コンビを組むアントニー・モデストと並んでチームに欠かせない存在になっている。
第3節フライブルク戦で今季初アシストを記録すると、翌シャルケ戦ではエリア外から強烈なミドルシュートを突き刺して今季初得点をマーク。
続くライプツィヒ戦では左足でニアハイを撃ち抜いて2試合連続ゴールを決めてみせた。
さらに代表ウィーク明けの第7節インゴルシュタット戦ではスルーパス&PK獲得で2アシストをマークし、好調が一刻のものではないことを証明している。
開幕7試合で2ゴール3アシスト。昨季25試合でマークした1ゴール1アシストという結果をすでに上回った。
■なぜ、大迫の良さが発揮されるようになったのか
専門誌『キッカー』は、大迫が結果を残し始めると「才能がついに開花」という見出しで報じた。
昨季はほとんど結果を残せなかった選手がこれだけのパフォーマンスを見せているのだから地元メディアが驚くのももっともだ。一体、大迫に何が起きたのだろうか?
確かに、現在の大迫には自信が満ち溢れているし、1つ1つのプレーからも好調さが容易に伺える。ただ、今季に入って大迫に大きな変化が起きたかというとそれも違う。
むしろ、大迫の見せているプレーの本質は以前と変わっておらず、周囲が大迫の良さを引き出せるようになってきたように映るのだ。
代表ウィークもケルンに残って練習に励む大迫にそんな疑問をぶつけてみた。
「チームメイトとうまくコミュニケーションも取れてきているし、僕のことをホントに分かってきてくれているなっていうのはあります。まずボールを預けてくれるのはスゴく助かりますね。
去年の最初とかはボールを預けてもらえず、ただ走ってボールが来なくて終わるみたいなのが多かったから。今年は簡単に預けてくれるからそこは大きいかな」
つづく
2016.10.19 12:41
http://www.sanspo.com/soccer/news/20161019/bun16101912410002-n1.html

続きを読む

日本代表・森保ジャパンの理想のスタメン11人

来年1月のアジアカップを見据えてセレクトするなら…

チーム作りで大事なことは全体のバランスである。
勢いがある若手ばかりでも、ベテランばかりでもなく、両者と中堅層をうまく融合させていく中でチーム全体の総力を上げていくのが理想。そういう意味では、後ろにワールドカップ経験者を配置し、守備を計算できる状態にしつつ、前線と中盤に中堅層を入れ、若い選手をサポートし、伸び伸びできるような布陣がベストだ。

各ポジションを個別に見ていくと、GKは東口順昭(ガンバ大阪)と中村航輔(柏レイソル)のロシア・ワールドカップ組が今後は出番を争うことになるが、東口はコスタリカ戦で安定したプレーを披露し、ガンバ大阪でも好セーブを見せている。ワールドカップでプレーできなかった悔しさを抱え、今は結果を出すことに意欲的なので東口に任せてもいいと思う。
DF陣は、ロシア・ワールドカップ組を並べた。
ロシア・ワールドカップでの最終ラインの4名は世界相手に安定感のある守備を見せた。吉田麻也(サウサンプトン)はこのチームでは守備はもちろん、チームにおいてリーダーシップを執ることを期待。昌子源(鹿島アントラーズ)は槙野智章(浦和レッズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)との争いになるが、吉田とのカップリングのおける相性の良さや経験を考えての選択だ。
右サイドバックの室屋成(FC東京)はコスタリカ戦でアグレッシブなプレーを見せたが、総合力では酒井宏樹(マルセイユ)にまだ及ばない。海外での経験値の差も大きく、ここは不動だ。左サイドバックも長友佑都(ガラタサライ)がワールドカップ後も好調を維持しており、来年1月のアジアカップでも代える要素がない。
長友、昌子、吉田、酒井の最終ラインがワールドカップ後、誰も抜けることなく、健在なのはまさに奇跡的。あえて言えば、左サイドバックに山中亮輔(横浜F・マリノス)、松原后(清水エスパルス)を入れ、安定している最終ラインの中で成長させ、長友の後継者を育てることができればよりプラスだ。
ボランチは、遠藤航(シント=トロイデン)を軸に3つのセットが可能になると思っている。遠藤航+柴崎岳(ヘタフェ)、大島僚太(川崎フロンターレ)、井手口陽介(グロイター・フュルト)だ。
第1ボランチは長谷部誠(フランクフルト)が抜けた今、遠藤で問題はないだろう。コスタリカ戦では対人の強さ、読みの良さも見せていたし、アンカーもできるタイプ。キャプテンシーもあり、次代のキャプテン候補でもある。柴崎、大島と組むとやや守備重視になるが、それでもバランスを取れるタイプなので心配はなく、井手口とはリオ五輪でもコンビを組んでいたので違和感なくプレーできるだろう。個人的には遠藤、柴崎のコンビを推す。
9/26(水) 17:03 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00047789-sdigestw-socc

続きを読む

大迫勇也が纏うカリスマにドイツ現地メディアもメロメロ!?

ドイツでさらなる躍進へ
鹿児島生まれの26歳はブンデスリーガの地で大いなる飛躍を続けている。
シャルケ戦で見事なシーズン初ゴールを挙げたケルンのストライカー、大迫勇也が纏うカリスマに現地メディアもメロメロだ。
もちろん彼の得点感覚が洗練されているという事実は高校時代からすでに明白であり、多くの数字がそれを証明してきた。
そして今やそのクオリティはブンデスリーガを象徴するトップストライカーを彷彿とさせるものにまで昇華したのかもしれない。
独『effzeh.com』は2014年に1860ミュンヘンからやってきた日本の“助っ人外国人”を次のように評している。
「大迫は日本では最前線のストライカーとしてレギュラーを張っていたものの、
ペーター・シュテーガーのクラブは真のプレイメーカーを欲している。
総合的な技術力の高さとボール支配力を併せ持つ大迫は昨季、10番の位置やシャドウストライカー、
そしてウインガーとしても起用され、どんなにハードなプレスをかけられようがへっちゃらだった。
しかしそのことが大迫をトップのポジションから遠ざけてしまうことに繋がっている」
「後方からのフライパスが大迫の元へ届けば、彼はそれを胸トラップで巧みにコントロールし、
決して敵に奪われることがない。その様子はどこかロベルト・レヴァンドフスキっぽい雰囲気すらある」
“10番”として起用された背番号13の大迫から、“9番”の才能も多分に感じると主張する同メディア。
そんなありがたい言葉を受けた大迫は次節、25日にホームでライプツィヒとブンデスリーガ第5節を戦う予定となっている。
もちろんこのゲームでもレヴァンドフスキのようなプレイが飛び出すことを期待したいところだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月23日(金)12時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00010010-theworld-socc

続きを読む

ブンデスリーガでトップクラスの高評価のケルン大迫!「今季平均採点」で堂々トップ10入り!


ケルンの日本代表FW大迫勇也は今やハリルジャパンのレギュラーに定着しつつあるが、その実力はブンデスリーガのトップクラスに成長を遂げている。
その事実を示す一つの指標として、現地メディアの平均採点ではリーグのトップ10入りを果たしている。
ドイツ大衆紙「ビルト」は毎試合1が最高、6が最低として選手を採点。開幕から25試合連続でピッチに立っていた大迫はここまで25試合
6得点7アシストとチームに大きく貢献しており、第26節終了時点での平均採点は2.83。ドルトムントのスイス代表GKロマン・ビュルキと並んでリーグ10位タイにランクインした。
http://www.football-zone.net/archives/57345

続きを読む