大迫

大迫より「半端なかった」怪物・平山相太が伸び悩んだ理由・・・

元サッカー日本代表FWの平山相太氏(33)が、8日放送のTBS「消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡~」(後7・00)に出演。高校時代に歴代最高のストライカーと呼ばれながらも伸び悩んだ要因を自ら分析し、テレビ初告白する。
高校サッカー選手権100年の歴史で歴代最多となる17ゴールをあげた平山氏は、ロシアW杯での活躍で、高校時代の異次元なプレーが再脚光を浴びた「大迫半端ないって」でおなじみの大迫勇也(28)らを抑え、「高校サッカー歴代最高のストライカー」と呼ばれる。19歳でU―23日本代表としてアテネ五輪に出場し、20歳になるとオランダ1部リーグでチーム得点王に輝くなど、順風満帆なサッカー人生を歩んでいた。
ところが、オランダのクラブを1年でクビになり帰国すると、Jリーグでも10年間で目立った成績を残せないまま今年1月にひっそりと現役引退を発表した。日本代表としては通算わずか4試合。とうとうW杯に出場することがないまま、現役を退くこととなった。
なぜ、オランダのクラブを1年でクビになったのか。なぜ、怪物は伸び悩んだのか。平山自身がその理由をテレビ初告白。また、ユース時代に当時無名だった1歳下の本田圭佑(32)との間に起きたエピソードを語り、W杯で結果を残す本田と自身の違いを分析する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000073-spnannex-socc

続きを読む

【大迫&岡崎】サッカー日本代表はいよいよ2トップを検討すべき!

攻撃の軸になるだろう大迫勇也。所属するケルンでも2トップには慣れている。

ロシアW杯の予備登録メンバーの期限が、5月14日に迫っている。
西野朗監督は「日本人の良さが発揮される戦い方をしたい」と話すが、戦い方は勝つための「手段」である。
チームの「目的」はグループリーグ突破へつながる勝点を稼ぐことにあり、そのためには得点を奪わなければならない。
コロンビア、セネガル、ポーランドのゴールを、いかにしてこじ開けるか。これまでの日本にあって、今回のチームに欠けているのはリスタートのキッカーだ。
人材がいないわけではない。右足なら吉田麻也、清武弘嗣、柴崎岳、宇佐美貴史、井手口陽介らがキッカーを務めてきたが、予備登録メンバーはともかく23人入りが微妙な選手もいる。
左足のキッカーは本田圭佑になるはずだが、日本代表でもクラブでも直接FKのスペシャリストといった印象は薄れている。
南アフリカW杯のデンマーク戦のインパクトは、もはや記憶の彼方だ。彼もまた、メンバー入りに当確の印はついていない。
◆グループリーグは試合ごとに消耗する。
ペナルティエリア付近のデュエルに挑むDFは、「相手に直接FKを与えてはいけない」との心理を抱くものだが、W杯で対戦する3カ国のDFはそこまで神経質にならない気がする。
直接FKが脅威になるとのイメージを、日本は感じさせることができていないからだ。
そうなると、FWへの圧力が強まる。1対1の攻防でそもそも劣勢が予想されているだけに、前線に起点を作れないとの危惧が増す。
ポストワーカーとして成長を遂げてきた大迫勇也でも、厳しい状況に立たされることは想定しておくべきだ。
グループリーグは10日間で3試合を消化する連戦であり、試合ごとに消耗していく前提にも立つべきである。コロンビアとの第1戦と同じプレーを、ポーランドとの第3戦でもできるとは限らないのだ。
考えるべきはシステムである。
◆起点を作りやすい2トップはどうだ?

ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督は4-3-3を基本として戦ってきたが、攻撃の矢印がタテに太い一方で、連動性には乏しかった。
最前線でDFを背負ったCFがワンタッチでボールをさばき、リターンパスを受けるといったコンビネーションは例外的だった。
西野監督は「日本人の良さが出るシステムにしたい」と話している。4-3-3を踏襲するとしても、システムを変えるとしても、連動性や距離感は重要なファクターになってくるはずだ。
2トップはどうだろう。ふたりのストライカーを横並びにする4-4-2か、タテ関係の立ち位置をとる4-2-3-1に近い2トップかはともかくとして、前線の中央で起点を作りやすいようにするのだ。
ボールの収まりどころには守備側も人数を割かざるを得ないので、2トップにすることで相手を中央へ寄せてサイドへ展開し、
ボランチやサイドバックの攻め上がりによってタッチライン際で数的優位を作る、といった攻撃のパターンを導き出すことができる。
NUMBER 5/11(金) 17:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180511-00830731-number-socc

続きを読む

日本代表・香川真司、次回のカタールW杯も日の丸を背負う覚悟!

サッカー日本代表MF香川真司(29=ドルトムント)がベースキャンプ地カザンで取材に応じ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のベルギーに敗れて初の8強入りを逃したことに「これもサッカー。残酷な部分だけど、それを含めて僕たちは負けた。そう(自分に)言い聞かせている」と悔しさをにじませた。
長年、ともに日本代表を支えてきた主将のMF長谷部誠(34=Eフランクフルト)、MF本田圭佑(32=パチューカ)が今大会で代表引退を宣言した中、自身の処遇について「代表を引退することはないと思う」と2022年カタールW杯に向けて引き続き、日の丸を背負う覚悟を語った。

7/4(水) 11:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000027-tospoweb-socc

続きを読む

日本代表、セネガル戦は1トップに大迫!トップ下に香川!

会見に現れた西野監督には余裕が漂っていた。「スタートメンバーはコロンビア戦でと現時点では考えている」と、異例とも言える“予告先発”で1トップにFW大迫、トップ下に香川を配置する4―5―1で臨むことを明かした。
外国人記者から、セネガル戦のプランを問われると「チームの中の(最軽量)乾に5キロ増量せよ、(最小兵)大島に5センチ身長を伸ばせという調整に失敗して、それ以外での調整を余儀なくされた。軽い体、軽い頭の中で考えたい」と珍回答で爆笑を誘った。
ひと笑い取った後には相手の印象について誠実に対応した。「肉体的な強さ、速さだけではない。非常にオーガナイズされている。守備にも規律がある」と警戒。マネら超一流選手への恐怖心についても質問が飛ぶと「恐れることはまったくない。チーム力に自信を持って臨む。楽しみにしている。どう攻略するかを見せたい」とさらり。過度の緊張はなく、日本史上初めて開幕からの2連勝を狙う。

ソース/スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034053/20180624-OHT1T50014.html

続きを読む