宇佐美

「宇佐美は僕のためにゴールしてもらいたいですね」by原口元気

「宇佐美は僕のためにゴールしてもらいたいですね」と語り、同僚宇佐美へのエールを贈っている。
現地時間17日、ブンデスリーガ2部デュッセルドルフvsG・フュルトの試合が行われるが、この試合でMF宇佐美貴史の出場が有力視されている。負傷で欠場確実となっているMF原口元気が、同僚宇佐美に対してエールを贈った。
現地メディア『ビルト』は原口元気の「まだ目めいがする」という言葉を紹介。今月2日に行われたザントハウゼン戦で頭部を強打し、その後まだ万全の状態になっていないと伝えている。
そこで、次節は宇佐美貴史の出場が有力視されている状況。本人は「スタメンでようやく出場できるかもしれない。今季、初めて90分フル出場できることを願っています」と述べている。
欠場が確実となっている原口は宇佐美に対して「宇佐美は僕のためにゴールしてもらいたいですね」と語り、同僚宇佐美へのエールを贈っている。
前節、ベニート・ラマンがイエローカードを受け、次節は累積警告で欠場が確定。その代役として宇佐美の先発を予想する声も多いが、デュッセルドルフのフリードヘルム・フンケル監督は「ベニートの代わりに誰が出場するか、複数の選択肢がある」と述べ、スタメンについては明言していない。果たして宇佐美はヒュルト戦で先発起用されるのか。そして、同僚原口の期待に応えてゴールを記録することができるのか、注目が集まる。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?238000-238000-fl

続きを読む

「腐らずやれてるってやつです」「継続することができてる自負があることが今一番の手応えです」by宇佐美貴史


アウクスブルクに所属する日本代表FWの宇佐美貴史が今シーズンの前半戦を振り返り、現在の思いを語った。自身のブログにつづっている。
宇佐美は今シーズン、ガンバ大阪からアウクスブルクに加入。3年ぶりにドイツの地での挑戦に挑んだ。しかし、指揮官のディルク・シュスターがフィジカルの優れた選手を好むこともあり、なかなかチャンスをつかめていない。ブンデスリーガ第12節が終了した時点で出場試合数はわずか「2」。いずれも試合終盤での途中出場と、苦しい日々を過ごしている。
もっとも、宇佐美はあくまでも前向きに日々を過ごしているようだ。
現状について「
自分にとっては悔しく歯痒い日々が続いてます。もちろんプレイできてないですから。選手としてこの感情を抱く事は当たり前です
」とした上で「
ただそんな状況でも自分に必要な努力を探し出して実行する。それとそれを継続することができてる自負があることが今一番の手応えです」とコメント。さらに「まあ簡単に言うと腐らずやれてるってやつですね
」と、気持ちを切らすことなく挑戦し続けていると明かした。
「今できてる積み上げ作業が必ず今後自分に返ってくると信じてやり続ける事が大事かなと思いますし、それ以外自分が出来ることはないと思います」
「とにかく継続。これに尽きます」
宇佐美は第12節のケルン戦で開幕戦以来となる出場機会をつかんだ。これからさらにチャンスを得ていくために、日々の鍛錬を続けていく。
GOAL12/1(木) 12:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000002-goal-socc

続きを読む

【悲報】宇佐美はバイエルンが獲得した史上最悪の選手の1人!?日本の才能がワーストイレブンに選ばれる・・・

2016年04月11日(月) 00時47分配信
10代の頃より世界から注目されていたが……
長らくブンデスリーガを支配してきたバイエルンは、常にその強さを維持してきた。その背景には巧みな補強があり、彼らは度が過ぎた移籍金を支払うことなく優秀な選手を揃えてきた。
しかし、そんなバイエルンにも失敗はあった。英『Squawka』はバイエルンが21世紀に獲得した選手の中から史上最悪の選手をピックアップしてワーストイレブンを作成し、過去の失敗を振り返っている。そしてそのイレブンには日本代表FW宇佐美貴史も入ってしまった。
GK:ミヒャエル・レンジング
DF:アンドレアス・ゲルリッツ、ダニエル・ファン・ブイテン、ブレーノ、エドソン・ブラーフハイト
MF:ホセ・エルネスト・ソサ、アンドレアス・オットル、フリオ・ドス・サントス、ダニエル・プラニッチ
FW:宇佐美貴史、ニルス・ペーターゼン
以上が同メディアの選出したワーストイレブンだ。GKのレンジングは一時オリバー・カーンを凌ぐほどの才能と言われたが、パフォーマンスは不安定なままだった。
フリオ・ドス・サントスはカーンと同じくドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラックの後継者とも言われたが、こちらもほとんど出場機会を与えられないままバイエルンを去っている。
2人とも未来の活躍が期待されていた有望株 だったが、ドイツ最大の名門で成長することはできなかった。
宇佐美も同じだ。当時世界から注目される10代の1人だった宇佐美は、その前評判にふさわしくバイエルンから引き抜かれた。しかし世界の壁は厚く、ただ衝撃的なチームメイトの活躍を見守るだけとなってしまった。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:

宇佐美はバイエルンが獲得した史上最悪の選手の1人 日本の才能がワーストイレブンに選ばれる


※関連板
http://wc2014.2ch.net/livefoot/
サッカーch
http://hanabi.2ch.net/soccer/
国内サッカー
http://hanabi.2ch.net/football/
海外サッカー

続きを読む

【J1】ガンバ宇佐美4試合連続ゴール!チームも湘南を破り4連勝!

湘南 0 – 2 G大阪 Shonan BMWスタジアム平塚(14,538人)
前半26分(G大阪)宇佐美貴史
後半45分(G大阪)遠藤保仁
[19:00]名古屋-清水
Yahoo! J1試合速報:
http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j1/6/1st
J.league.jp J1順位表:
http://www.jleague.jp/standings/j1
SKY PerfecTV!:
http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague
明治安田生命:
http://www.meijiyasuda.co.jp/
関連スレ
【サッカー】明治安田生命J1 1S第6節 アウェーの鹿島が柏に3-1勝利、鹿島下位脱出[04/16]
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429185416/
【サッカー】明治安田生命J1 1S第6節昼 川崎が仙台との激戦制す
鳥栖がアウェーで甲府に快勝 新潟神戸山形松本ドロー[04/18]
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429340349/
【サッカー】明治安田生命J1 1S第6節夕 広島がFC東京に逆転勝利、武藤が開始36秒ゴールもFC東京首位陥落[04/18]
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429347264/
【サッカー】明治安田生命J1 1S第6節夕2 浦和が横浜Mを下し単独首位&無敗キープ[04/18]★2
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429355802/

続きを読む

【動画】3戦連発!1G1Aの宇佐美貴史は日本代表復帰ありえる!?

宇佐美貴史、1G1Aで4試合ぶりの勝利もたらす…デュッセルドルフは首位返り咲き
ブンデスリーガ2部第25節が4日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとザンクト・パウリが対戦した。
脳しんとうで離脱を余儀なくされていた原口元気が先発復帰、2試合連続でゴールを挙げている宇佐美貴史との共演が実現した。すると8分に幸先よく先制。宇佐美のコーナーキックからDFアンドレ・ホフマンが体に当てて、ネットを揺らす。
左サイドで先発した原口は、果敢な仕掛けで試合勘のなさを感じさせない。66分までプレーした。
さらに75分には、宇佐美がディフェンスラインから浮き玉のくさびを巧みなトラップで受けると、左足でミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、貴重な追加点を挙げた。
終盤にザンクト・パウリが1点を返したものの、デュッセルドルフが2-1で逃げ切った。リーグ前半戦のザンクト・パウリ戦ではゴールを挙げた宇佐美が、同じ相手に今度は1ゴール1アシストの働きを披露。チームに4試合ぶりの勝利をもたらし、デュッセルドルフは首位へと返り咲いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000030-goal-socc

続きを読む

宇佐美貴史、CKから2ゴールを演出!4試合ぶり白星に大きく貢献!


DFアイハンが2ゴール
ブンデスリーガ第15節が15日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとフライブルクが対戦した。
デュッセルドルフの宇佐美貴史は2試合連続の先発。右サイドのアタッカーに入った。前半はあまり見せ場なくスコアレスで推移すると、後半の55分に試合は動く。
右サイドのコーナーキックで宇佐美がアウトスイングで鋭いボールを入れると、ドンピシャで合わせたのはDFカーン・アイハン。高い打点で叩き込み、先制に成功する。
さらに79分、またも宇佐美の右足から追加点が生まれる。右からのコーナーで、宇佐美のボールをマルチン・カミンスキが折り返すと、再びアイハンが押し込んで、貴重な追加点を奪う。
3点目のチャンスもあったが、ドディ・ルケバキオが決めきれず、試合は2-0のまま終了。フル出場となった宇佐美の活躍もあり、4試合ぶりの白星を手にした。
12/16(日) 1:21 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010003-goal-socc

続きを読む