岡崎

「チャンスは少ないのかな・・・」byレスター岡崎慎司


◇イングランド・リーグ杯準々決勝 レスター1―1マンチェスターC
次々と攻撃的な交代カードが切られる中、レスターのFW岡崎はベンチに座ったまま終了の笛を聞いた。
リーグ戦でも出場機会が限られ「今までの流れでいうとチャンスは少ないのかな、と思っていた」。 コンディションは良好だが、「契約をあと半年残して、もしかしたら冬に(移籍の)噂になっている選手を使うよりは未来ある選手を使うのは当然」と自らの厳しい立場に唇をかんだ。
(レスター・田嶋康輔通信員)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000010-spnannex-socc
12/20(木) 6:00配信
続きを読む

岡崎の“カズ超え”目前も賛否両論!?中村俊輔「それは抜かなくていいでしょ(笑い)」

ハリルジャパンがロシアW杯アジア最終予選に進出決定。
9月からロシア行きをかけた注目の戦いが始まるが、日本代表にはもう一つ大きな話題がある。
FW岡崎慎司(29=レスター)は24日のアフガニスタン戦で国際Aマッチ通算48得点目を決め、年内にも元日本代表FW三浦知良(49=J2横浜FC)の持つ通算55ゴールを上回る勢い。
この“キング超え”の偉業が、各方面で賛否両論を巻き起こしそうな雲行きなのだ。
岡崎は25日にさいたま市内で調整を行った。
29日のロシアW杯アジア2次予選シリア戦では、節目の国際Aマッチ通算100試合出場がかかる。
「代表初戦のような気持ちで結果を出したい。(4月16日に)30歳になるベテランが、それでいいのかわからないけど、そういう選手を見て若いやつがつなげてくれたら」と気合十分だ。
シリア戦に出場したうえで「2点取れば(通算)50点。やっぱり、そこへ行ってみたい」(岡崎)と意欲を語ったが、その先に見据えるのは元日本代表のエース、カズの記録。日本代表歴代2位
(※日本サッカー協会の記録、国際サッカー連盟の記録は日本人1位)の通算55ゴールだ。
ハリルジャパンはシリア戦以降、6月のキリンカップや9月から始まるW杯最終予選など、
年内に最大8試合を予定しており、岡崎の“キング超え”は時間の問題。
大きな話題となるのは間違いないが、一方でサッカー界の“聖域”に踏み込むことになり、様々な意見が飛び交う可能性もある。
実際に、元日本代表10番のMF中村俊輔(37=横浜M)は岡崎のゴール記録をたたえつつも、
カズ超えについては「それは抜かなくていいでしょ(笑い)」。
もちろんこれは冗談なのだが、偉大なカズに対するリスペクトの表れでもあるだけに、
記録更新の際に各界からどんな反応が起きるかはわからない。
プロ野球では、2013年にウラディミール・バレンティン外野手(31=ヤクルト)が王貞治氏(75=福岡ソフトバンクホークス会長)のシーズン
最多本塁打記録(55本)を超えるまで、その数字に近づく選手が現れるたびに、記録更新をめぐって賛否両方で大きな議論となった。
岡崎は代表選手でいる限り、今後もゴールを積み重ねていくはず。
カズ本人は記録更新を歓迎すると見られるが、果たしてどんな状況を迎えるのだろうか。
東スポWeb 3月26日(土)16時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000038-tospoweb-socc

続きを読む