岡崎

シティのペップ監督に警戒される岡崎!なお、・・・

シティのペップ監督が岡崎を名指し レスター攻撃陣を警戒「オカザキも非常に危険だ」
シティのペップ監督が対戦を前にレスターについて言及
レスター・シティはアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの練習欠席が続き、FW岡崎慎司も膝の負傷で全治2週間と前線の人員不足に陥っている。しかし、10日に対戦するマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は試合の前日記者会見で岡崎らレスター攻撃陣は「危険」だと警戒を示した。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。
その左足のキックと変幻自在のドリブルでレスターの攻撃に違いを作り出していたマフレズは、今冬の移籍市場でシティから熱烈なオファーを受けたが、クラブは放出を頑なに拒否した。
移籍を熱望していたレフティーはクラブの対応に不満を持っているとされ、移籍マーケット閉幕後にチーム練習不参加が続いている。シティ戦も欠場は確実と見られている。
それだけではなく、レスターはマフレズの同胞FWイスラム・スリマニ(→ニューカッスル)をはじめ、プレミアリーグ昇格直後のチームを支えたFWレオナルド・ウジョア(→ブライトン)、ナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(→CSKA)と三人のFWを放出。岡崎も負傷で戦線離脱が決まり、前線は一気に人員不足となった。
フォクシーズ(レスターの愛称)はピンチを迎えているが、グアルディラ監督は2季前のプレミアリーグ王者への警戒を怠っていない。負傷欠場が確実な岡崎も名指しするなど、レスター攻撃陣の強力さを強調している。
かつてシティ戦で岡崎は強烈ボレー弾
「レスターには長い間チームを支えた基礎がしっかりとある。それがプレミアリーグ制覇の一因だった。そこに彼(クロード・ピュエル監督)が新しいものを加えた。彼らはお互いによりパスを使うようになった。我々が忘れてならないのは、彼らがチャンピオンになったのは100年前ではなく2シーズン前だということ。当時から二、三人を除けば今も同じ選手が残っている。(ジェイミー・)ヴァーディ、(マーク・)オルブライトン、もしプレーできればオカザキも非常に危険だ」
グアルディオラ監督はこう語った。岡崎とヴァーディの黄金コンビをはじめ、プレミア初制覇当時からチームを支えてきた選手の脅威は健在だと主張した。
岡崎は昨年5月13日に行われた2016-17シーズン第37節でシティ相手に強烈なボレーシュートを決めているだけに、グアルディオラ監督の脳裏に危険な選手として強い印象を残しているようだ。
フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00010023-soccermzw-socc
Oh no!岡崎いません

続きを読む

ついに正式決定!マラガ岡崎慎司、爆誕!


岡崎慎司のマラガ移籍がついに正式決定! 初の2部挑戦も「ずっとスペインでやりたかった」と意気込む
「カテゴリーは関係ない」とやる気をみなぎらせる
ベテランの去就がついに決着した。現地時間7月30日、ラ・リーガ2部のマラガが、日本代表FW岡崎慎司の獲得を正式に発表した。
現在33歳の岡崎は、2018-19シーズン限りで、15年8月から在籍したレスターを契約満了により退団。以降は、本人が希望する欧州で新天地を模索していた。主な移籍先候補には、イングランドの2部に属するノッティンガム・フォレストや長友佑都がプレーしているトルコのクラブなどが挙がっていたが、マラガ行きが急転直下で決定した。
マラガは、現在はスペイン2部だが、2012-13シーズンにチャンピオンズ・リーグでベスト8進出を果たしたこともあるアンダルシアの有力のクラブのひとつ。1年での1部復帰を目指した昨シーズンは、2部リーグで3位となって、昇格プレーオフで敗退。迎えた新シーズンに再昇格をするため、このオフシーズンは経験豊富な新戦力の獲得を目指していた。

今月26日からクラブの練習に参加しながらも、クラブの抱えていた経済面での問題が解消されずにサインに至っていなかった岡崎。それでも辛抱強く待ち続けてようやく合意にこぎ着けた。
現地時間7月25日にメディカルチェックを済ませるためにマラガ空港に登場した際には、『Deportes Cope』など地元メディアの直撃取材に対し、「ずっとスペインでプレーしたいと思っていた。いまは2部だけど、カテゴリーは関係ない」と力強い意気込みを口にしていた。
自身の選手キャリアで初の2部リーグの舞台で岡崎はいかなるパフォーマンスを見せるのか。いずれにしても、熟練の点取り屋のゴールを期待したいところだ。
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00061914-sdigestw-socc

続きを読む

岡崎慎司のマラガ移籍が消滅する可能性!?


スペイン2部のマラガに加入することが確実な状況となっていた日本代表FW岡崎慎司だが、いまだ正式決定に至っていない。地元メディアは、このままでは加入が消滅することにもなりかねないという懸念を示している。
レスター・シティを退団してフリーとなっていた岡崎は、現地時間24日にマラガに到着。すでにメディカルチェックも済ませたとみられており、26日に入団発表が行われるとの見通しも伝えられていたが、まだクラブから加入の発表は行われていない。
地元紙『オピニオン・デ・マラガ』が28日付で伝えたところによれば、岡崎はマラガの練習場でチームとは別メニューでの調整を行いつつ契約を待っている状況だという。だが、サインは行われないまま到着から4日目を迎えている。
正式契約が行われていない理由は「(クラブオーナーのアブドゥラー・)アル=タニのみが知っている」と地元紙は明確な理由が不明であることを伝えている。このまま決定しない状況が続けば、岡崎側がしびれを切らすことにもなりかねないと懸念されている。
岡崎自身はスペイン移籍を強く望んでいたこともあり、現時点ではマラガで契約を待つ考えだとみられる。だが「岡崎の我慢にも限界がある」「他にもオファーはある」「すぐにでも契約しなければ代理人が彼を別の場所へ連れて行くことを決めるかもしれない」と地元紙は述べている。
『オピニオン』紙は岡崎について、プレミアリーグ優勝経験もある「スペイン2部にとってはレベルが上の選手」であり、日本での人気の高さからメディアへのインパクトという点でも大きな期待が持てる選手だと歓迎している。このまま無事にマラガへの加入が決まるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190728-00332333-footballc-socc

続きを読む

レスター岡崎慎司、欧州に複数クラブからオファー!?


サッカーのプレミアリーグ、ハダースフィールドを含む複数のクラブがレスターFW岡崎慎司(32)の獲得に興味を示していると10日、英スカイスポーツが報じた。
岡崎は今季限りでレスターとの契約が満了するが、2022年のワールドカップ(W杯)へ欧州でのプレーを希望しているという。
レスター加入4年目となる岡崎は今季、ここまでリーグ戦で先発1試合にとどまっている。
関係者によると、ハダースフィールドは既にレスターと接触を図ったとしているが、
ハダースフィールドのワーグナー監督は「私は何も聞いていない。個人名について語ることは好きじゃない」と話すにとどめた。
岡崎は昨年12月にレスターマーキュリー紙に「レスターを家族のように愛しているが、欧州で新たな挑戦がしたい。 残るか出て行くか分からないが、ただ欧州には残りたい。ただW杯までまだ4年ある。もう一度W杯でプレーがしたい」などと答えている。
ハダースフィールドは現在2勝4分け15敗の勝ち点10で最下位と苦しんでいる。
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00442489-nksports-socc

続きを読む

レスターが初優勝かけ1日午後10時からマンU戦!勝てば自力で優勝決定!「これがフットボールだ」

◆プレミアリーグ 第36節 マンチェスターU-レスター (1日・オールドトラフォード)
日本代表FW岡崎慎司(30)が所属するレスターは1日、プレミアリーグ初優勝をかけてアウェーのマンチェスターU戦(日本時間・後10時05分開始)に臨む。
勝てば自力で優勝決定。引き分け以下の場合、2日に予定されているチェルシー-トットナム戦で2位トットナムが引き分けるか負けても決定する。
ラニエリ監督はマンU戦へ向けた会見で「一生に一度のことが起きようとしている。これがフットボールだ。半世紀に一度、小規模クラブがビッグクラブを倒すことがあるんだ」と静かに闘志を燃やした。
20度の優勝を誇るマンUは、前半戦で大きくつまずき現在6位だが、直近の公式戦7試合で6勝1敗と終盤戦に入って上り調子。FA杯では決勝に進出しており、リーグ戦でも欧州CL出場権の4位に入る可能性が残されており士気は高い。
地元ブックメーカーによる開幕前の優勝予想オッズは5001倍。レスターによる史上最大の番狂わせは、最多優勝回数を誇るマンUの本拠で実現することになるか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000076-sph-socc
サッカーch
http://wc2014.2ch.net/livefoot/

続きを読む

「不良品から王者に」「戦力外とバーゲンセール」岡崎らレスターの成り上がり軍団の軌跡を英メディアが大特集!

守護神は英3部、エースは英5部で修行の日々
創設132年でプレミアリーグ初優勝を遂げたレスターだが、日本代表FW岡崎慎司が「これまで日の目を見ることがなかった男たち」と語る通り、これまで無名だった選手たちが中心となって奇跡を成し遂げた。英国営放送「BBC」では「不良品からプレミアリーグチャンピオンに」との特集を組んでいる。
7シーズン前には3部リーグに所属するなど典型的な弱小クラブだったレスターだが、今季はクラウディオ・ラニエリ監督のもとで一致団結して首位の座を守り切った。
同局ではレスターを「クビになり続けた監督が率いて、戦力外とバーゲンセールされた選手たちのチーム」と表現し、主力選手の数奇なキャリアとエピソードを紹介している。
まずは守護神として最後方から支えたのはデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル。
現在29歳のカスパーはマンチェスター・シティでプロとしてのキャリアを歩み始めたが、その後はイギリス国内のクラブを転々とした。スコットランドリーグからウェールズのクラブ、イングランド3部のクラブでプレーしたこともあった。2011年にレスターに移籍し、弱小の頃からチームを支えてきた。
ディフェンダー陣も苦労人が勢ぞろいする。右サイドバックのダニー・シンプソン(29歳)はマンチェスター・ユナイテッド時代にはクリスティアーノ・ロナウドらとチームメートだった経験を持つが鳴かず飛ばず。
左サイドバックのオーストリア代表DFクリスティアン・フクスも代表通算74試合出場を誇りながら、
15年のレスター移籍は移籍金ゼロで加入している。
センターバックで主将のウェズ・モーガンも12年1月のクラブ加入の際に支払われた移籍金は約100万ポンド(1億5600万円)だった。モーガンの相棒で元ドイツ代表DFロベルト・フートは、プレミアの強豪チェルシーを“お払い箱”になり、ミドルスブラ、ストークと渡り歩いた末に15年にレスターに加入。 チェルシー時代にはラニエリ監督の指導を受けており、再びレスターの地で師弟関係となって優勝に貢献する ドラマチックなキャリアとなった。
チームの生命線・高速カウンターの起点役となったダブルボランチは、無名の存在から一気にその名を轟かせた。
岡崎がMVP級の働きを見せたと称するMFエンゴロ・カンテは母国フランスのブルーニュ、カーンを経て今季からレスターの一員に。強烈なタックルを連発し、ボール回収役を担っている。
MFダニー・ドリンクウォーターは9歳の頃からマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に所属した。
イングランドの世代別代表に名を連ね、09年にはトップチーム登録されたものの、毎年レンタル移籍に出され“赤い悪魔”での公式戦出場はかなわなかった苦い過去がある。 カンテはフランス代表、ドリンクウォーターはイングランド代表にも選出され、6月の欧州選手権メンバー入りを期待されるまでに成長している。
前線も“お値打ち選手”がそろい踏みする。MFマーク・アルブライトンはアストン・ビラから2014年に
移籍金ゼロで加入している。そして大番狂わせの主役となったアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、
イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディのふたりだ。
マフレズは15歳の時に父親を心臓発作で亡くす不幸に見舞われながら、プロとしてのキャリアを歩んだ。
細身のサイドアタッカーはスキルフルな足技で相手マーカーを切り裂くが、
幼少時代ストリートサッカーに明け暮れていた影響か、2010年頃まではスローインの投げ方を知らなかったという逸話もある。
2014年にわずか約40万ポンド(6240万円)でレスターの一員となったマフレズは、
今季17得点11アシストの大活躍でイングランドサッカー協会MVPに選出された。
高速カウンターのフィニッシャーとして22得点を挙げ、一気にスターダムに駆け上ったヴァーディは
文字通り“成り上がり”のサッカー人生となった。
キャリア最初のクラブとなったストックスブリッジ・パーク・スティールズの入団当初は
週給わずか30ポンド(4700円)だけだった。しかし下部リーグで得点を奪い続けることで自身の存在価値を証明。
12年から所属するレスターでも主力の座をつかみ、今季の大ブレークにつなげた。
.

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160503-00010006-soccermzw-socc&p=2

続きを読む

【岡崎ピンチ?】レスターがスポルティングFWスリマニ獲得!移籍金約34億5000万円!

時事通信 9月1日(木)7時51分配信
【ロンドン時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグ昨季王者で、岡崎慎司が所属するレスターは31日、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(28)をスポルティング(ポルトガル)から獲得したと発表した。5年契約。移籍金は3000万ユーロ(約34億5000万円)で、英メディアによるとクラブ史上最高額。
スリマニは2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でアルジェリア初の16強入りに貢献。昨季のリーグ戦では33試合で27得点を挙げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000031-jij-spo

続きを読む

見直されつつある岡崎慎司の献身性…レスターが「主人公になれた理由」を思い出した日

「献身的という言葉ほど危険なものはない。監督から『いい動きだ』と言われても点が取れないと代えられてきた。褒め言葉じゃなく危険信号だと思った」
昨シーズン、レスター・シティの潤滑油となっていた岡崎慎司は、得点を挙げなくても周囲から高い評価を受ける状況を危惧して、そう口にした。ゴールを渇望していた日本代表ストライカーにとって、数字で示されない「献身的」という曖昧な言葉は自身の身を滅ぼす悪魔のささやきに聞こえていたようだった。
もっとも、その「献身」が見直されようとしている。
つい5カ月前、おとぎ話の主人公になった小さなキツネたちは、持っていた2つのカギを無くしてしまった。『マッチ・オブ・ザ・デイ』の司会を務めるガリー・リネカーの言葉を借りれば、一つは「ヌゴロ・カンテがチェルシーに移籍してしまったこと」、もう一つが「オカザキの出場機会が減ったこと」だ。
ポジションや役割が違うにせよ、この2人に共通することこそ、「献身」だった。
■再び光を浴びる献身性
ポジションの特性上、ストライカーの評価基準はどうしてもゴールの数になってしまう。だからこそ、岡崎は自身への危機感を煽る意味で「献身的という言葉は危険」と口にしたのだろう。
例えばプレミアリーグ第9節のクリスタル・パレス戦で岡崎が称賛を集めたのはゴールというわかりやすい指標があったからだ。得点を挙げられなければ、同じパフォーマンスを示したとしても英国各紙が「Shinji Okazaki」の名前を見出しで使うことはなかっただろう。
ただし、一方でゴールだけで多くの称賛を集められたかというと、おそらくそうはならなかったはずだ。
事実、高級紙『ガーディアン』は「オカザキが生んだグルーヴ(波、うねり)によってクリスタル・パレスを下した」と伝え、地元紙『レスター・マーキュリー』は「岡崎がいないとレスターは固すぎる。前線と中盤がはっきり分かれてしまい、その間を繋いで円滑に動かす選手がいない」と、得点シーン以外にフォーカスし、その存在の大きさを伝えている。
■主人公になった理由を思い出したレスター
繰り返しになるが、ストライカーの最大の評価基準はゴールの数である。「チームを円滑に回すためのFWの動き」は「ストライカーは結局のところ、ゴールを取らなければダメ」という声によって過小評価されがちだ。
しかしながら今のレスターに求められているのは献身性である。『レスター・マーキュリー』が「(次節のトッテナム戦でも)岡崎を先発で起用するべき」と論じているように、ジェイミー・バーディーやリヤド・マフレズといった強力な個と個をつなぎ合わせる潤滑油としての働きが必要とされている。
岡崎がクリスタル・パレス戦で記録した走行距離は11キロ以上に上った。スプリントの回数もチームでトップだった。前線からの積極的なチェイシングで相手にプレッシャーを与え、時には自陣の深い位置まで戻って守備陣を助けた。

続きを読む