川島

岡崎慎司と川島永嗣のコパアメリカ日本代表招集に波紋!?


6月14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカ(南米選手権)に参戦する森保ジャパンの招集メンバーが話題になっている。
まずは代表116試合・50得点のFW岡崎慎司(33=レスター)と88試合出場のGK川島永嗣(36=ストラスブール)の<今季成績>である。
岡崎は今季0得点。クラブを離れることが決まっている。
28日に帰国して「情熱は変わっていない」とコメントした川島も、今季出場は24日の最終節のみ。
2人ともJリーグ復帰が取りざたされているが、それにしても<ゴールと無縁のストライカー><試合勘に乏しいGK>の代表入りには違和感がつきまとう。
「2人とも引退する気はサラサラなく、6月前半に国内で行われるキリンチャレンジ杯2試合とコパで元気にプレーすることで<好条件の移籍先を探したい>という思惑がある。もちろん森保監督の<6月に元気にプレーして再就職先を決めてもらいたい>という温情があったればこそ、です」(サッカー関係者)
日刊ゲンダイ 19/05/30 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/254907

続きを読む

川島永嗣への異常バッシング・・・このままでは日本でGKやる子供消える!?

「GKやる子供消えます」 川島永嗣へのW杯異常バッシング、専門家警鐘
7/8(日) 16:37配信 J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/07/08333308.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000007-jct-ent
ロシアW杯に全4戦フル出場のGK川島永嗣(2018年6月撮影)

(長いので抜粋です、ソーす元をご確認ください)
サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16に進出し、列島を熱狂させた日本代表メンバーの中で、GK川島永嗣は批判にさらされ続けた。
「ミス多すぎ」「川島出すな」。インターネット上ではそんな声が絶えずあがった。
こうした論調に警鐘を鳴らすのが、ツイッターやブログでGK情報の発信を続ける元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣氏だ。
W杯での川島のプレーと、ネットの論調について何を思うのか。J-CASTニュースは山野氏に話を聞いた。
■完全なミスは「セネガル戦の1失点目だけ」
川島はロシアW杯全4試合にフル出場し、失点は7。とりわけ批判された失点シーンが3つあった。 グループリーグ(GL)第1戦・コロンビア戦の1点、第2戦・セネガル戦の1点目、決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦の1点目だ。
だが山野氏は、「川島の完全なミスと言っていいのは、セネガル戦の1点目だけだと考えています」と指摘する。
セネガルのDFユスフ・サバリが、日本側から見てペナルティエリア内右から打ったシュートを、川島がパンチング。 だが中途半端になり、正面に詰めていたFWサディオ・マネの足に当たってゴールネットを揺らした。
山野氏は「明らかに川島のミスです。批判されて仕方のないプレーです」とした上で、「ただ、何がミスだったのかを冷静に考える必要があります」と話す。
「『キャッチしたら良かった』という論調もありますが、確実にキャッチできる状況だったかといえば、私はそうは思いません。まずボールをゴールから遠ざけるために、キャッチングでなくパンチングを選んだ判断は理解できるのです。しかしボールの中心に当てられず、目の前に落としてしまった。実際のパンチングは擁護できません」
◆コロンビア戦のFKの失点「状況を考慮すべき」
「難しいシュートでした。壁の下を通すFKは、世界トップクラスのGKでも1歩も動けない場合が少なくありません。諦めずに最後まで食らいついたから、逆に批判されるというのは、非常に酷です」
◆ベルギー戦のヘディング、ニアポスト付近に立った川島
「世界最高峰のフィジカルを備えるルカクと競り合ったことを考えると、あのパンチングはペナルティエリア外に出すのは不可能な状況で、それでも先に触ってサイドに弾いています。触れもしないとか、目の前に弾いたのであれば『ミス』と言えますが、そうではありませんでした。失点はしましたが、防ぐのは困難なゴールであり、川島のポジショニングや対応がそこまで批判されるものとは思えません」
ネット上の川島への批判は「感情的に叩き過ぎではないか思いました」とし、「どのプレーがどういうミスなのか、根拠を示し、建設的な議論をすべきです」と主張する。
◆W杯で見えた「最大の問題点」
山野氏は「強豪国のGKを美化しすぎではないか」との懸念も示した。
W杯で見えた「最大の問題点」は、「川島批判が高じて、良いプレーまで叩く風潮ができたこと」だという。
象徴はポーランド戦の前半32分、日本の左サイドからDFバルトシュ・ベレシンスキが上げたクロスに対し、FWカミル・グロシツキがペナルティエリア内の中央で放ったヘディングシュートを、川島がラインギリギリでセーブした場面だ。
山野氏は言う。「称賛されるべきなのに、価値を落とすような言動がされました。一度『川島はダメだ』という空気ができると、全てのプレーが否定されるようになっていったと感じます」

続きを読む

「先週末、約2ヶ月ぶりにベンチに入った・・・GKというのはつくづく難しいポジション」by元日本代表・川島永嗣


■昨夏に仏1部ストラスブールへ移籍 今季出場がない現状について心境明かす
フランス1部ストラスブールの元日本代表GK川島永嗣が自身の公式ブログを更新し、公式戦出場から遠ざかる現在の心境について綴り、「日々もがいている」「どんな状況においても、ただただ前に進み続けたい」と明かしている。
大宮アルディージャでプロキャリアをスタートさせた川島は、名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレを経て2010年にベルギーのリールセへ移籍。その後は同国のスタンダール・リエージュを経て、スコットランドのダンディー・ユナイテッドに在籍し、2016年から2シーズンにわたってフランスのメスでプレーした。
2018年夏からストラスブールに籍を置いているなか、川島は14日の自身のブログを更新。「ヨーロッパの生活ももう9年目。9年目になるもなると、空気感で季節が変わるのを感じるようになると、自分もこっちに来てからいろんなものを経験してきたのだな、と感じさせられる」としみじみとした心境を記している。
その一方、今季はいまだ公式戦の出場がなく、「先週末のLyon戦で約2ヶ月ぶりにベンチに入った。GKというのはつくづく難しいポジションだ」と言及。さらに自身の置かれた状況を冷静に見つめながら、次のように振り返っている。
「ポジションは1つしかないし、そのポジションは頻繁に変わることはない。12月、年末にはベンチに入る回数が増えてきたことで、少しずつだけど、状況を変えられているという自信があった。でも年が明けると、カップ戦以外はベンチにすら入れない日々が続いていた」
目標はベンチ入りではなく出場 「この状況において自分にできるのかを考え抜いている」
昨夏のロシア・ワールドカップでは正GKとして日本代表のベスト16に貢献した川島だが、新天地でもがき苦しんでいた。今の心境をこう吐露している。
「日々もがいている。1日1日、何か変えられるのではないかと思ってトレーニングしているし、何がこの状況において自分にできるのかを考え抜いている」
ベンチ入りの回数が増えている状況をポジティブに受け止めている一方、「ベンチに入るのが自分の目標ではない。でも自分の目標はあくまで試合に出ること、そして、より高いレベルのパフォーマンスを出すこと」と強調した。
「どんな状況においても、ただただ前に進み続けたい」
海外で戦い続ける守護神は、地道に出場機会を狙いながら努力を続けていく構えだ
3/15(金) 8:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00176300-soccermzw-socc

続きを読む

川島永嗣、日本代表復帰もチーム内から不安の声!『エイジさんは安定感が……』

ロシアW杯2次予選の残り2試合
(24日・アフガニスタン戦、29日・シリア戦=埼玉スタジアム開催)の日本代表メンバー24人が17日、発表された。
注目はスコットランド1部ダンディーでプレーしているGK川島永嗣(32)だ。
15年5月にベルギー1部リエージュを退団した後、同6月16日のW杯2次予選・シンガポール戦を最後に日本代表から遠ざかり、今回が約9カ月ぶりの代表復帰となるからである。
リエージュを離れてからベルギーのクラブ、イタリア・セリエBのクラブ、あと日本代表FW岡崎慎司(29)がプレーしている英プレミア・レスターなどの練習に参加したが、
契約にまで話がまとまらず、昨年末にようやくスコットランド1部ダンディーと契約を交わした。
日本代表ハリルホジッチ監督は、川島の経験値の高さを高評価。
無所属の間も川島サイドと常にコンタクトを取り、所属先が決まった時点で「代表に呼び戻す」ことが既定路線となっていた。
「川島は、超の付くスーパーセーブを見せた次のプレーで想定外の凡ミスを犯すこともあり、代表チーム内から『エイジさんは安定感が……』という声も聞こえてきた。
しかし、欧州組選手を“2割増し”で評価するタイプのハリルは、所属先が決まった時点でレギュラーは川島と決めているようです」(マスコミ関係者)
メンバー入りしたGK4人の代表出場歴は①川島71試合②西川周作(29=浦和)23試合③東口順昭(29=G大阪)1試合④林彰洋(28=鳥栖)0試合。
出場数もさることながら10年南ア、14年ブラジルと2度のW杯を経験した川島を、ハリルホジッチが第1GKに指名しても、他の3選手は表だって文句も言えない。
「そうはいっても川島不在が続いた時に『正GKは西川でいい。DF陣とのコミュニケーションも取れているし、左足から繰り出すキックの正確さも大きな武器になっている』と話すチームメートも多かった。
温厚な性格で知られる西川も、川島が復帰した途端に第2GK降格は納得がいかないだろうし、東口も林も序列が下がったことは面白くない」(前出の関係者)
ハリル監督が猫かわいがりする川島の代表復帰が、不協和音の火種になりそうだ。
日刊ゲンダイ 3月19日(土)9時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00000018-nkgendai-socc

続きを読む

「36歳になった今も『うまくなりたい』と思い続けてる」by川島永嗣


【代表欧州組 直撃行脚】(20)
川島永嗣(ストラスブール・36)
◇ ◇ ◇
2018年限りで川口能活(現U―17日本代表GKコーチ)、楢崎正剛(現名古屋CSF)の偉大なGKがそろって現役を退いた。彼らとともに日の丸を背負った川島永嗣は
「あれだけ人を感動させ続けられた選手のプレーが見られなくなる悲しみは大きい」と寂寥感を覚えつつ、彼らの残したものを引き継いでいく覚悟だ。
■川口、楢崎の引退に「泣きました」
98年フランスから4大会連続でW杯に出場した川口と楢崎。日本サッカー界に君臨した2大守護神に真っ向から挑んでいったのが川島である。
「永嗣は野心があふれまくっていた。名古屋での20年間で、激しくポジション争いをしたという感覚を唯一、抱いたのが永嗣」と楢崎も述懐したが、闘争心を先輩2人にぶつけたからこそ、10年南アフリカW杯から3度の世界舞台に立つことができたのだろう。
「能活さんの引退をニュースで知った時は、すごいショックでした。ナラさんからは年明け早々にメールで連絡をもらいましたけど、正直、泣きました(苦笑い)。僕はずっと2人の背中を追いかけてきたから」と川島は神妙な面持ちで言った。
とりわけ名古屋時代の3年間は、楢崎を超えるための挑戦の日々だった。
「ナラさんを超えない限りは試合に出られないし代表入りして海外に行く夢も果たせないと思っていた。ホントに<最大の関門>でした。GK論なんか一度も交わしたことはないし、いつも隣で一挙手一投足を見ていた。圧倒的に技術が高くて、
『なんであんなプレーができるんだろう』と感心することばかりでした。当時のナラさんは27歳だったけど、僕は35歳になって、あの頃の彼に少し近づけたかなと思えるくらいですよ」と偉大な先輩に敬意を表する。
その2人に追いつけ、追い越せという思いが川島の向上心をかき立てた。
ベルギー、スコットランド、フランスで足かけ9年間プレーした。
欧州5大リーグでレギュラーをつかんだ唯一の日本人GKとなった。
今季は一度も公式戦に出られない苦境を味わっているが、前進することをやめるつもりはない。
「16年夏に(フランスの)メスへ行った時には『こんなに高いモチベーションを持った33歳のGKを見たことがない』と驚かれました。日本にはカズ(三浦知良=横浜FC)さんを筆頭に年齢が高くても戦えている選手は何人もいますけど、
欧州の場合は30代になると気力が低下するのも結構多いから。僕は36歳になった今も『うまくなりたい』と思い続けています」 (つづく)
(元川悦子/サッカージャーナリスト)
日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月19日 9時26分
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_536680/

続きを読む