日本代表

高校サッカー決勝で対戦する青森山田と前橋育英が輩出した5名の日本代表


第95回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝は青森山田(青森)と前橋育英(群馬)の対戦となった。
両校とも高校サッカー界では言わずと知れた名門校であるが、共に最高成績は準優勝でどちらが勝っても初優勝となる。
決勝戦は9日14時5分にキックオフ、試合は埼玉スタジアム2002で行われる。
さて、両校は過去に数多くのJリーガーを輩出しており、その中には日本代表にまで上り詰めた者もいる。その選手とは?また、その数はどちらが多いのだろうか?
山口素弘
出身校:前橋育英(1984-1987)
日本代表58試合4得点(1995-1998)
現所属:引退
群馬県高崎市の出身で、1984年に前橋育英に入学した山口。
当時の群馬県は前橋商が県内一の強豪校であったが、山口は主将を務め、母校を高3の冬に初めて全国大会へと導いた。
高校卒業後は東海大学を経て全日空へ入社し、Jリーグ開幕後はフリューゲルスの主将としてチームを牽引。1995年1月、加茂周監督によって日本代表へ初選出され、前橋育英の卒業生で最初の代表選手となった。
その後、韓国戦での「伝説のループシュート」など代表でも主力となった彼は、日本が初めて出場した1998年ワールドカップでレギュラーを務めている。
母校を全国大会へ、母国をワールドカップへ導いた彼は、前橋育英の先駆者的な存在と言えるのかもしれない。
松田直樹
出身校:前橋育英(1992-1994)
日本代表40試合1得点(2000-2005)
松本山雅に在籍中の2011年8月、練習中に倒れ34歳で帰らぬ人となった松田直樹。
彼は中学時代までFWだったが、前橋育英に入学して以降DFに転向し、3年連続で選手権に出場。井原正巳、小村徳男らに憧れて1995年にマリノス入りを果たした。
その後の英雄的な活躍はご存知の通りで、中田英寿らと共にトルシエジャパン不動のレギュラーとして2002年ワールドカップに出場し、マリノスへの在籍は16年にも及んだ。
彼のプレーは猛々しく人間的にも不器用な一面があったが、いつまでもサッカー少年のような純粋さを持ち合わせ、サポーターから愛された。日本代表での出場は40試合だが、潜在能力では日本歴代でも有数のセンターバックであったといえるだろう。
青木剛
出身校:前橋育英(1998-2000)
日本代表2試合0得点(2008-2009)
現所属:サガン鳥栖
鹿島で15季プレーし、昨年途中サガン鳥栖へ移籍した青木。
彼は山口素弘と同じ群馬県高崎市の出身で、1998年に前橋育英に入学。2年先輩に大島秀夫、1年先輩に佐藤正美、岩丸史也、茂原岳人、1年後輩に大谷昌司、坪内秀介、相川進也、2年後輩に吉田正樹、小暮直樹と後のJ経験者がずらり。高校2年の時に全国大会でベスト4を成し遂げている。
若い頃はボランチのイメージが強い彼であるが、当時のチームでは松下、茂原が中盤を務めていたため、現在と同じセンターバックでの出場であった。
その彼は2008年にイビチャ・オシム体制の日本代表へ招集されデビューを果たしている。
細貝萌
出身校:前橋育英(2002-2004)
日本代表29試合1得点(2010-2013)
現所属:シュトゥットガルト(ドイツ)
海外で7シーズン目を迎える細貝も、前橋育英高校の出身だ。
プロ入り後、センターバック、サイドバックでもプレーしながら最終的に守備的MFへと落ち着いた彼であるが、高校時代は意外にも司令塔。同期の青山直晃(現ムアントン・ユナイテッド)、1歳下の田中亜土夢(現HJKヘルシンキ)と、3人が揃って海外でプレーしているのも面白い。
細貝は山口、青木と同じボランチで、彼の武器でもある球際の強さは松田を彷彿とさせるものがある。これが前橋育英のカラーということだろうか。
彼が現時点では前橋育英が最後に輩出した日本代表である。
※茂原岳人、青山直晃は日本代表への招集経験を持つが、試合に出場していないため除外した

続きを読む

日本代表入りも?南米で活躍中の「キムラ・ノゾミ」を知ってるか

南米チリで注目される日系人選手が現れたようだ。『as』チリ版が伝えている。
チリ2部のサンティアゴ・モルニンに所属するDFノゾミ・セイジロウ・キムラ・エレディア(Nozomi Seijiro Kimura Heredia)だ。

彼は1997年1月23日生まれの19歳。クラブではすでに50試合に出場するなど主力になりつつあり、チリU-20代表にも選ばれたという。
そんなノゾミ・キムラだが、国籍上は日本代表でもプレーできるようだ。
ノゾミ・キムラ(サンティアゴ・モルニンDF)
「僕の曽祖父(ひいおじいさん)であるセイジロウ・キムラは日本人で、何年も前にチリに渡ってきた。
そのおかげで僕は2つの国籍を持っている。
先日、日本のU-20代表が自分のことをチェックしているというニュースがあったけど、僕のところには何もきていないよ。公式な情報は何もない」
「( 日本に行ったり、繋がりを維持する機会はあった?)
一度も行ったことはないんだ。でも行ってみたいね。行く計画を立てているよ。
父方の叔母や従弟が数人住んでいるんだ。父さんが彼らとコンタクトをとっている」
「( いつか日本のリーグでプレーするというアイデアはある?)
もちろん。でも将来的なプロジェクトだね、長期的な。
高い大会(リーグ)の環境で自分自身を成長させたい。自分はそういうことを望む選手さ」
「( 日本代表チームから接触があったらどうなる?あなたの状況は?)
決断を下す状況と向き合いながら生きていくほうが自分は好きだね(?)。
(日本代表を選ぶかは)それは多くのものによるだろうね。
今のところ僕はU-20代表だけど、もしその可能性がきたなら、自分を手助けしてくれる人と話し合うだろうし、自分にとってベストなことを見定めるだろう」
動画を見る限り、タイトな守備をするセンターバックのようだ。
体躯データは公式では175cm75kg、その他では178kg74cmという情報もある。
http://qoly.jp/2016/11/19/santiago-morning-nozomi-seijiro-kimura-heredia-iks-1

続きを読む