日本

「GKが『日本の弱点』って言われるのはすごく辛い」by楢崎正剛


担うべきは“次世代守護神”の育成
偉大な守護神は引退を決断したが、今後の日本サッカー進化の担い手になるべき存在なのは間違いない。とりわけ、昨今の日本人GKの苦境は彼にとって見過ごせない現実だ。
「今はJリーグに数多くの外国人GKが来て試合に出ていますけど、日本人GKのレベルアップ含め、何とかしなきゃいけない。代表にしても永嗣にプレッシャーをかけるやつがどんどん出て来なきゃいけないとロシア(・ワールドカップ)の前から感じていました。技術的には昔に比べてうまい選手は沢山いるけど、GKって精神的なことが多くを占める。もっと強い個性を持った選手が出てこないと。『日本の弱点』って言われるのはすごく辛い。これまで日本では『いいGKの基準』に目が向いていなかったような気がする。そういうことを含めて変えていきたいと思ってます」
近い将来、彼はコーチングラインセンスを取得し、日の丸を背負うGK育成に携わる可能性も高い。選手時代に切磋琢磨し続けた川口と協力しながら、圧倒的な存在感を誇る“次世代守護神”を育てる未来を望むサポーターや関係者も多いのではないだろうか。それを現実にするために、彼が力強くエネルギッシュな第2の人生を踏み出してくれることを祈りたい。
1/15(火) 20:00配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00892655-soccerk-socc&p=3

続きを読む

「日本には負けたくない。日本と戦うときは、特別な戦闘力を持って試合に臨んでいる」byチョン・ソンホ

日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000126-nksports-socc
G大阪がACL1次リーグ突破をかけて対戦する城南FC(韓国)が5日、試合会場の万博で前日会見を行った。
すでに1次リーグ突破を決めている城南だが、キム・ハクボム監督は「初戦から最後の試合まで挑戦的なサッカーをして臨みたい」。
会見に同席したMFチョン・ソンホ(26)は「日本には負けたくない。日本と戦うときは、特別な戦闘力を持って試合に臨んでいる」とライバル心をあらわ。 同監督も「特別なプライドをかけて戦っている」と気持ちを高ぶらせた。

続きを読む